ニッポンノワール-刑事Yの反乱-|2話ネタバレと感想。才門が隠している真実とは?!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年10月20日(日)にドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第2話が放送されました。

ドラまる
先週はベルムズとかガルムフェニックスの姿とか魁皇高校とか、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』のキーワードが続出してワクワクしたね。
ラマちゃん
そして、物語本編も「自分が犯人かもしれない」と思いながら捜査に当たる警察官なんて斬新なのよね。

今日はどんな展開になるのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第2話あらすじネタバレと感想

自分を襲った名越時生(工藤阿須加)をなかば拉致し自宅に連れ帰っていた遊佐清春(賀来賢人)は、事件に使用された銃が自宅にあることに驚きます。

そこへ遊佐が問題の銃を所持しているという情報を得た理事官の本城諭(篠井英介)率いる部隊が突入してきました。

しかし、中では遊佐と名越が乳首相撲中です。

何というごまかし方。ふざけ方が斜め上を言っていますね(笑)

突入までの短時間でしたが、隠し部屋に本城が探していた銃と強盗の計画書を隠していました。

遊佐は自宅にベルムズのアジトと一緒のものを作らせていたというのです。

元リーダーのKは更生したのですね。

自宅の防犯カメラには銃と計画書を部屋に仕込んでいる本城の姿が映っていました。

遊佐は真実を突き止めて10億を手に入れようと決意します。

まず、無くなった3か月の記憶を埋めるために碓氷薫(広末涼子)が追っていた10億円強奪事件を追いかけることにします。

犯行当日、銃を持って銀行に押し入ってきた強盗。

強盗団は監視カメラをハッキングし姿を消していました。

少年院にいた男たちを操っていたのは警察関係者ではないか。

再び沸いたこの疑惑。

捜査会議でも南武修介(北村一輝)が、碓氷から亡くなる直前にこの情報を提供されていたと証言します。

碓氷は10億円のありかも特定しており、そのために殺害されたのだと南武は推理していました。

そして言い渡された10億円事件の再捜査。

捜査には、才門要(井浦新)が新たに加わった旧碓氷班が任命されました。

上層部から無理やり捜査終了を言い渡されていたことに、南武も疑問を抱いていた一人だったのです。

強盗団が使っていたハッカーが、ベルムズの構成員だったということで遊佐たちは、強盗団が本城の娘・芹奈(佐久間由衣)とつながりがあったことをつかみます。

しかし、芹奈は碓氷にすべてを話したといい、遊佐たちには何も語ろうとはしません。

事件の証拠は仕事部屋にある。

碓氷の残した言葉を頼りに碓氷の息子・克喜(田野井健)と克喜を任されたフリーライターの深水咲良(夏帆)が向かったのは、碓氷の親戚の住んでいた空き家。

そこで見つけたのは死を覚悟した碓氷の残したDVDでした。

事件の証拠を収めたUSBメモリーは克喜の持つヒーロー・ガルムフェニックスに預けてあることが記録されていました。

その事実を遊佐に報告していた咲良は、後ろから近づいていた本城に襲われ気絶してしまいます。

そして遊佐が到着するとそこに克喜の姿はありませんでした。

そこへ、本城から誘拐した克喜を帰す代わりに、USBメモリーを持って来るように指示する脅迫電話が入ります。

本城は、娘が強奪事件に関わったワゴン車を持ち帰ったことを隠ぺいするため不正に処分したことを何者かに知られ、脅迫されていたのでした。

言われた通りマスコットを持ち、現れた遊佐。

娘を守るために何としても10億円強奪事件の証拠を隠滅しなければならない本城は、遊佐に死ぬように迫ります

「もう後戻りはできない」という本城に、「引き返すことはできないが抜け出すことはできる」と答える遊佐。

救援に到着した碓氷班。

それでも遊佐に銃口を向ける本城に対し、遊佐は咄嗟に引き金を引きました。

「君のおかげで人として死ねるよ。ありがとう。」

父としての役割と警察官としての役割の狭間で戦っていた本城はそう言って息を引き取りました。

芹奈の憎悪の目を受ける遊佐は、呆然とします。

才門「撃たなければ、絶望が待っていた。罪を犯した警察官にやり直しはきかない。」

遊佐「生きて償う選択肢もあったはずだ。」

才門「彼を救う方法はこれしかなかった。」

才門は本城の望み通り芹奈に疑惑が及ばないようにすると約束しました。

しかし、後日報道されたのは本城が10億円事件の首謀者であり、碓氷殺しの犯人であるというものでした。

才門「全ては警察の名誉のため。」

遊佐「終わらせてたまるかよ。」

そして、最後の捜査会議に出て行く遊佐たちを見ながら、才門が手にしていたのはヘリウムガス。

才門「ご協力ありがとうございました~。」

それは本城を脅迫していた声でした。

スポンサーリンク

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
3Aで出てきたヒーロー・ガルムフェニックス、何回も登場してきたね。

人質になってた生徒もカラオケ店員で出てたよ。

ラマちゃん
半グレ集団ベルムズの元リーダーK、今回はアジトの作り方教えてたり、めちゃくちゃ味方になっていて面白いわ。

ドラまる
再調査を命じた南武の本当の狙いは何なのかな?

ラマちゃん
名越と遊佐、何してんの~(笑)


ドラまる
黒幕ではなかったけど、早々に本城が悪事を働いていることが明らかになったね。

ラマちゃん
碓氷班の高砂明海とも裏で関係があるみたいだし、才門は果たして敵なのか味方なのか。

超重要ね。

スポンサーリンク

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』(第2話)の動画を無料で見る方法はこちら

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第3話あらすじ

2019年10月27日(日) 22:30時から放送のドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第3話のあらすじをご紹介します。

「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」と「十億円強奪事件」。

警視庁捜査一課が追い続けた2つの事件は死亡した理事官・本城諭(篠井英介)の犯行ということで幕を閉じた…かのように見えた。

「本当に本城が首謀者なのか…」

「俺にハメようとした黒幕も本城だったのか…」

明らかに何者かによる事件の早期幕引きの狙いが見え隠れする中、遊佐清春(賀来賢人)は警察上層部に対する疑念を拭えないでいた。

一度は捜査終了を命じられるも、捜査一課長・南武修介(北村一輝)の独断で、捜査を続ける清春ら旧碓氷班。

すると十億円強奪事件の実行犯の1人・風間岳人が、実は警察が作り上げた架空の経歴である可能性が浮上する。

なぜ警察は十億円強奪事件の実行犯グループに風間を送り込んだのか。

謎が謎を呼ぶ中 清春は、風間の正体と公安のエース・才門要との間に過去にあった意外な接点の存在に気が付く。

才門が事件の黒幕だったのか…?

裏切りに次ぐ裏切り…止まらない謎の連鎖はさらに加速。

主人公を含め誰も信用できない—第3話 開幕。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

本城親子の葛藤を切り捨てる才門の判断。

碓氷が隠していた事件のデータを才門に渡してしまっていますが、遊佐たちは中身を確認できるのでしょうか。

才門は中身にあまり興味はなく、保管できていればいいという感じでしたね。

ということは、才門は事件の真相をすべて知っているということ?

喫茶店のマスター・深水喜一(笹野高史)の亡くなった娘と婚約していたことや、高砂明海(立花恵理)とも何やらアイコンタクトを取っていましたし、まだまだ目が離せません。

ドラまる
才門は黒幕に見えて、まだ何かを隠している味方でいてほしいと僕は思ってるんだ。
ラマちゃん
碓氷の近くにいた人物ということでは、10億円の再捜査を命じた南武も真意がまだはっきりしていないね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA