このマンガがすごい!|10話の動画見逃し無料視聴はこちら【12月7日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『このマンガがすごい!』を無料で見る↓

ドラマ『このマンガがすごい!』第10話(2018年12月7日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『このマンガがすごい!』第10話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『このマンガがすごい!』第10話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『このマンガがすごい!』第10話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『このマンガがすごい!』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『このマンガがすごい!』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『このマンガがすごい!』第10話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月7日(金)放送終了〜2018年12月14日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『このマンガがすごい!』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『このマンガがすごい!』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『このマンガがすごい!』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『このマンガがすごい!』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『このマンガがすごい!』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額540円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『インベスターZ』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioでも見られる?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のリンクからご覧ください!

『このマンガがすごい!』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『このマンガがすごい!』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2018年秋ドラマ『このマンガがすごい!』第10話のあらすじは?

2018年12月7日(金)深夜0時50分より放送のドラマ『このマンガがすごい!』第10話のあらすじをご紹介します。

ナビゲーター蒼井優がお届けする、11人の役者が実写化したいマンガを選び、独自の役作りで、キャラクターと一体化するまでを追った挑戦の記録。

第10回は、神野三鈴。

2012年に「三谷版『桜の園』」と『組曲虐殺』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。舞台で鍛えられたその存在感と演技によって、活動の幅を広げ数々のドラマ・映画に出演している。

実写化したいマンガは、『火の鳥』。

古代から未来、そして地球や宇宙を舞台に生命の本質・人間の業を、火の鳥の視点で描いた手塚治虫のライフワーク。

『火の鳥 望郷編』に登場する地球外生物のムーピー役に神野が挑む!

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『このマンガがすごい!』第10話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『このマンガがすごい!』第10話の見どころや期待度をご紹介いたします。

飛べないアヒル
次回も蒼井優がナビゲーターを務め、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した神野三鈴さんが、手塚治虫さんが描いた「火の鳥 望郷編」を実写化することに挑戦するようです。

これまでの漫画の実写化には、役者の表情や動きを中心としたもので対応が可能なものが選ばれた傾向がありましたが、「火の鳥」に登場する地球外生物をいかに女優神野さんが表現するのかが見ものであり、これまでとはテイストの違う仕上がりが期待できそうな作品の選択のように思われます。

実写化するために必要な要素を蒼井優さんがいかに引き出すかも注目でき、映像化される内容とのギャップがどの程度になるかも楽しみな点となりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

はるか
楽しみな所は、手塚治虫先生の漫画が好きで「火の鳥」も呼んでいたので実写化が、どうなるのかです。

展開予想としては、「火の鳥」では、フシギな世界観が、演出として使われると思います。

CGなども駆使して火の鳥が、登場するシーンを演出すると思います。

「火の鳥」は、テーマも深くて見ごたえが、ありそうです。

演じる神野三鈴さんは、演劇で活躍したそうなので演技の方も楽しみです。

蒼井優さんとの対談では、三谷幸喜さんの舞台についての話を聞いてみたいです。

三谷幸喜さんの舞台は、面白かったので舞台稽古の時のエピソードなども聞きたいです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

あんこ
次回は女優の神野三鈴さんがゲストでですね。

実写化したい漫画は手塚治虫さんの名作、火の鳥だそうです。

私は神野さんのことはあまりわからず、火の鳥のストーリーもぼんやりとしかわからないのですが、実写化したい役がムーピーで地球外生物ということに驚きました。

人間以外を実写化するのってこのマンガがすごい開始から始めてじゃないですかね。

アメーバみたいなキャラクターをどう実写化するのかとてもワクワクします。

予告ではお寺を訪れて写経みたいなことをしていたのでそれも実写化するにあたってのプランなのかなと思います。

面白くなりそうです。

ペンネーム:あんこ(30代・女性)

2018年秋ドラマ『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

はるか

『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレ

今回の実写化する漫画は、「火の鳥」で演じる俳優は、神野三鈴さんです。

神野三鈴さんは、「火の鳥」は、一巻からきちんと読んでほしいと話します。

そして、二人は、神野三鈴さんの希望で鎌倉の長谷寺で写経を始めます。

そこで住職と「火の鳥」の漫画について語ります。

その後は、女性三人で語らいます。

漫画の実写化では、物語の説明をきちんとしてくれたので漫画の世界観が、よく分かりました。

手塚治虫先生の絵柄もかわいらしく「火の鳥」の漫画のフインキを思い出しました。

神野三鈴さんの声の演技もとても素晴らしくて良かったです。

『このマンガがすごい!』第10話の感想

神野三鈴さんの演じたい役が、地球外生物という役柄なのが、驚きました。

「火の鳥」が、テーマなので火の鳥を演じると思っていましたが、なぜかムービーというキャラクターでした。

「火の鳥」は、読んだのですが、思い返せば地球外生物のフシギなキャラクターも登場していたなと思いました。

漫画を読んでいる時は、伝えたいテーマに集中していてキャラクターが、人とか地球外生物とか全然意識していませんでした。

「火の鳥」で印象的だと思える話もあるのですが、主人公は、ムービーではないですが、地球外生物でした。

そう考えるとやはり手塚治虫先生の漫画の世界観は、すごいなと感じます。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

飛べないアヒル

『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレ

漫画に描かれたコマに役者がハマるように映像化するために、今回は「組曲虐殺」で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した神野三鈴さんが、手塚治虫の火の鳥のキャラクターに挑戦されています。

作品の中で、他者の欲望を具現化することに役目を感じて、相手が望むものに姿を変えるムーピー役に挑戦することを宣言し、実際に如何に演じるかに苦悩される姿が描かれています。

如何に役になりきるかを知るために、鎌倉の僧侶や痴女系風俗嬢と対談することで、自らが如何に演じるかのヒントを得て漫画の一コマの一部として演じられています。

声や仕草を漫画に合わせた表現に近づけられています。

『このマンガがすごい!』第10話の感想

11人の役者が漫画の登場人物になりきって映像化するドラマの中で、それぞれの役者が漫画の中で演じたいキャラクターの人柄や性格、場面の状況に応じた表現を模索する役者の裏側の姿が描かれることに面白さがあります。

映像に結果として表現される役者の演技に、どういった考えや思いが秘められているのかを、その思考過程を明らかにしたうえで映像として表現することに面白さがあります。

しかも、今回の神野三鈴さんが希望したキャラクターは、手塚治虫の火の鳥のキャラクターでも人ではなく地球外生物であるムーピー役ということで、これまでのストーリーよりも難関であったと思われ、役者さんの苦悩が垣間見れました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

カンナ

『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレ

今回のゲストは女優の神野三鈴さんでした。

ナビゲートの蒼井優さんとも親交があり、神野さんの家から撮影がスタートしました。

蒼井さん曰く神野さんほど芝居が好きな人は居ないそうです。

そんな神野さんが実写化したい漫画に選んだのは手塚治虫の火の鳥でした。

そこに登場するムーピーとい地球外生物に挑むことになります。

実写化するにあたって長谷寺の住職に話を聞きに行きます。

2人は欲望と献身について学び、次は風俗嬢の女性に会いに行きます。

風俗嬢の掟から彼女の仕事ぶりの話を聞いて、布を一枚まとう姿でムーピーの実写化に挑みます。

『このマンガがすごい!』第10話の感想

ゲストの方の自宅からスタートするのは初めてで新鮮な感じがしました。

2人の仲の良さも伝わってきてとても雰囲気が良かったです。

長谷寺の住職の方も火の鳥のことを知っているのにはさすがだなと思いました。

一度の人生だからこそ、欲望にまみれて生きていいとうのはステキな言葉でした。

その後にまさか風俗嬢の方に会いにいくとはびっくりでしたが、話を聞いていると神野さんが実写化したいムーピー像が伝わってくるような感じがして興味深く聞いてしまいました。

布一枚で見事に実写化できていたのは凄かったです。

見応え十分な回でした。

ペンネーム:カンナ(30代・女性)

マスカット

『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレ

女優の神野美鈴さんが、手塚治虫の火の鳥の中から、ムーピーという生命体を演じるという第10話、なかなか難しい役を最後は声もムーピーみたいでさすがだと思いました。

まずは、お芝居を終えたばかりで、心がざわざわしているという神野さんが、鎌倉、長谷寺で写経を体験します。

住職さんのお話もとても貴重で、その後観音菩薩像を見学したり、心が落ち着くような体験をされていました。

そしてまた風俗関係の女性との貴重な会話は、体験しているからこそのリアルなお話が聞けて、すごいと思いました。

火の鳥とどう結びついていくのか期待感が高まりました。

『このマンガがすごい!』第10話の感想

最初に蒼井優さんが、神野美鈴さんのご自宅でお話をしていたようで、その素敵なご自宅に心奪われました。

なんて素敵なおうちなのと羨ましく思いました。

鎌倉にある長谷寺での写経体験も自分がやってみたいことだったので、興味深く拝見しました。

住職さんが火の鳥についても詳しく、ムーピーを演じたいという神野さんに賛同されていたのが微笑ましかったです。

やりたいと思うことをどんどんやればいいというお言葉は、元気をもらえるようでした。

その後の風俗の女性の飾らないお話にも釘付けになりました。

普段では絶対聞けない貴重な話を聞けるこの番組は、このマンガがすごいというタイトルですが、この番組もすごいと思いました。

ペンネーム:マスカット(40代・女性)

ドラマチェッカー

『このマンガがすごい!』第10話のあらすじネタバレ

ナビゲーターの蒼井優が招いたのは、舞台女優の神野三鈴。

蒼井と神野は、2017年のドラマ「先に生まれただけの僕」で共演している。

蒼井が抱く神野の印象は「お芝居が好きなのがダダ漏れ」意外にも小さい頃は親の目を盗んで漫画を読んでいたという神野が選んだ作品は、手塚治虫の「火の鳥」神野は、火の鳥の第6巻望郷編に登場する、地球外生物、ムーピーに挑むという。

ムーピーは、相手が望めばどんな姿にも変わることができる。

しかも、100パーセントと以上の奉仕と努力をもって、相手の欲望に忠実になる。

欲望と献身を両立させる、ムーピーに意思はあるのかという疑問を持ちながら、神野と蒼井は、鎌倉の長谷寺に向かう。

長谷寺の僧侶とムーピーについて意見を交わした後は、性風俗に携わる女性の元へ。

神野は、この邂逅でムーピーにアプローチできるのか。

神野が表現するムーピーとは・・・

『このマンガがすごい!』第10話の感想

神野三鈴さんは、あの蒼井優さんが驚愕するほどの芝居好きなので、ムーピーという困難な目的地を選んだのだろう。

神野さんが言っていた通り、相手の望みに従って、己の姿を変えて、その上に献身と努力を重ねていくムーピーの意思をつかむのはかなり困難だと思いました。

神野さんが、長谷寺を訪問し、写経をして、自らにまとわりつくものをはぎ取る姿を見て、芝居をする人は、これまでの人生の積み重ねをときに捨て去らなければいけないのだと感じました。

性風俗という、人の欲望がむき出しになる場所で働いている女性との出会いもあり、欲望と献身の両立という、途方もない山を見据えながら、白いシーツ1枚を携えて本番へ。

すごい!より前に、アプローチの1歩1歩を確かめ直したいので、繰り返し放送を見直しています。

ペンネーム:ドラマチェッカー(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『このマンガがすごい!』第10話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
11話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『このマンガがすごい!』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『このマンガがすごい!』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA