リーガルV|8話の動画見逃し無料視聴はこちら【12/6配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話(2018年12月6日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月6日(木)放送終了後〜2018年12月13日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットとdtvとビデオパスで配信されています!

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『ハゲタカ』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
10月を例に出すと、10月1日〜10月31日が無料期間になります。

仮に10月29日に登録をしてしまうと、無料期間は10月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画をお得に見る方法3

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじ

2018年12月6日(木)放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじを紹介します。

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。

そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。

実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。

しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。

それを探ろうとしていたのだ!

弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。

一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。

ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。

しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ! 

翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ…!?

一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。

そんな折、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃し…!

徐々に浮き彫りになっていく、とんでもない真実。

一体なぜ至は殺人事件を起こし、翔子は弁護士資格を失ってしまったのか!? 

そして、解散危機に陥った「京極法律事務所」の運命とは…!?

番組公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

neko
今回は弱い立場の原告たちが、始めは翔子に押されるように原告団を結成。

翔子たちとともにローズブライダルに関わる疑惑を解き明かしていった。

少ない証拠?と呼べるかも分からないものを探し集め、裁判で争う…。

裁判とは、とても精神的にも体力的にも傷つけられたり疲弊するものである事がこのドラマでは強く伝わってくる。

今回は理恵が横領に至った経緯が裁判で話され、他の被害者や関係者の心を打った。

そしてそこからトントン拍子で証言者が見つかり、裁判をひっくり返す展開に。

毎話このような感じで、最初どん底⇒モヤモヤ展開⇒一気に逆転!という最終的にとても気持ちがいい。

ペンネーム:neko(40代・女性)

ぱん
今回は7話で完結せず8話に続くパターン。

どうなっていくのかが、いつも以上に気になるところです。

マスコミの報道を使った世間から婚活事務所の被害者を集うという大胆な作戦ではあるが、各地にいる被害者をどうやって召集し戦っていくのかも気になります。

もちろん勝算あっての作戦であることは間違いないので、いつも通り強気で色々手を打っていく小鳥遊のキレっキレな対応は楽しみ所間違いない。

また、同時進行の小鳥遊が弁護士資格を失うキッカケになったかもしれない雰囲気の負けられない戦いの方もどうなっていくのか見所になります。

ペンネーム:ぱん(30代・女性)

トマト
小鳥遊が以前弁護を担当していた守屋至から会いたいと告げられた小鳥遊。

守屋から一体何が語られるのか?

刑務所へ面会に訪れた小鳥遊の前に天馬代表が現れる。

彼は一体何故刑務所へ。

守屋を助ける為弁護士資格を無くしてしまった小鳥遊。

無事彼の無実を晴らす事が出来るのか?

そんな中突如小鳥遊が姿をくらます。

小鳥遊が居なくなってしまった京極法律事務所は解散の危機に一体どうなってるのか、小鳥遊は天馬代表と法廷決戦へ。

天馬代表に勝利して天馬代表が悔しがる表情を見たいです。

そして小鳥遊は弁護士資格を取り戻してくれたら良いなと思いました。

ペンネーム:トマト(30代・女性)

nonちゃん
翔子はなぜFelix & Temma 法律事務所を辞めなければ行けなかったのかが分かるのではないかと期待してます。

Felix & Temma 法律事務所の代表との因果関係が徐々に明かされて行くのではないだろうか。

法律事務所がいつまでやっていけるのか潰されてしまうのではないだろうかという危機がくるろではないかと心配になっています。

翔子含む弁護士法律事務所が楽しくこれまでと変わらない状態で存続していってほしいと思っています。

駅弁をいつも美味しそうに食べている所も好きなので次回出る事を期待しています。

ペンネーム:nonちゃん(20代・女性)

ちょろ
守屋が翔子に会いたいといい、ついに守屋との再会を果たすが、なにを話しどうなっていくのかが気になる。

そした、今回も負ける形になった天馬は、とてもおもしろくないはずなので、どのようにこれから翔子に対して攻撃していくのか、そして翔子はどう戦っていくのかとても楽しみなところ。

でも、そろそろ天馬のパワハラが問題になってくるのではないかとも予想できる。

次もすさまじいパワハラがあるのかなと思うとなんか怖い気もする。

予告では、翔子が失踪してしまいそうだがなぜ失踪するのかも、次回のストーリ展開がとてもきになる所。

ペンネーム:ちょろ(30代・男性)

あーちゃん
次回以降第8話からは、いよいよリーガルVも最終段階に突入していきます。

今回小鳥遊翔子がポチにお願いしていた案件も、少しずつ展開していく様子を伺えました。

今後楽しみなポイントは、どのような事件を小鳥遊翔子始め京極法律事務所の方々が解決をしていくのか。

そして、京極法律事務所はどうなっていくのかが楽しみだなと感じております。

そして、小鳥遊翔子の過去や何故弁護士資格を剥奪されてしまったのかも、次回以降はっきりとしてくるのではないかと思います。

小鳥遊翔子が不正を働いて弁護士資格を剥奪されたのではなく、正義のために動いた結果だったのにも関わらず、圧力や力に屈し、弁護士資格を剥奪されるまでに至ってしまったのではないかと考えておりますが、今後小鳥遊翔子の過去やその弁護士資格を剥奪された事件が明らかになるのが楽しみです。

ペンネーム:あーちゃん(20代・女性)

2018年秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

シャワーズ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじとネタバレ

調布刑務所で小鳥遊は天馬に遭遇した。

京極法律事務所には様々な依頼人がやってきた。

青島は大事な話があると言い出した。

小鳥遊と対面した守屋は小鳥遊が変わっていないと実感した。

青島は守屋の事件の経緯について話した。

小鳥遊が非弁行為をしているため警告するとの手紙が天満から来た。

天馬は、小鳥遊が愚かな抵抗を続けているのを利用されている、事務所を続けたければ小鳥遊を切り捨てるのだと京極に忠告した。

守屋はNPOの人だという市瀬を殺しており、小鳥遊は暴力団の調査をしていた。

だが小鳥遊は姿を消したため、もう解散だという声も出て、青島以外みんなも去って行った。

それでも青島は調査し続けることにした。

NPOにおける貧困を救う会にて大峰は講演した。

小鳥遊は守屋の妹に会いに行った。

市瀬は着服していたのだと伊藤は潜入捜査で突き止めた。

茅野も捜査をしていた。

守屋は嘘の供述をしたのだと青島らは確信した。

青島は、少しは小鳥遊のことを考えて欲しいと守屋に訴えた。

守屋は情熱を注げるものが何もないから、青島を見ると惨めになるからもう来ないでくれと話した。

小鳥遊は守屋に、妹は大学を辞め、偽名を使って旅館で働いていると教えた。

守屋は市瀬を殺した犯人にすることで、子供を守れるのだという花田に言われたようだ。

それで守屋は市瀬を殺した。

守屋は脅迫され、妹を守るために人を殺していた。

「私と一緒に戦わない?」と小鳥遊は提案した。

守屋は鍵があると話した。

天馬は「弁護士会会長として力不足だったが、今の私は違う。もう少しだけ待ってほしい」と話した。

だが小鳥遊は京極法律事務所に戻ってきた。

大峰の母と天馬が同じゼミだったと京極は突き止めた。

天馬を被告とする訴訟が入った。

原告は小鳥遊だ。

小鳥遊の弁護士資格を失ったことで損害賠償を要求するとのことだ。

裁判の本当の目的は事件を明らかにすることで、1円だけで真実を突き止めようと小鳥遊は提案した。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の感想

初めて守屋の笑顔が見れたことに驚いてしまった。

小鳥遊に対してあのような笑顔を見せたにも関わらず、結局小鳥遊に帰らせるのは衝撃的だった。

小鳥遊が弁護士資格を失った時、随分と長い間に姿を消したとのことに驚いた。

小鳥遊ら次々へといなくなるというのは「そして誰もいなくなった」とのキャッチフレーズが一瞬頭に過ってしまった。

京極が様々な資格を持っているというのが面白かった。

それらの資格が法学教授に関係ないというのがなおさら面白かった。

皆はただ事務所から去って行ったのではなく、個別に捜査をしていたなんて感動した。

さすが期待を裏切ってくれない京極法律事務所の方々なのだと感じた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ちょろ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじとネタバレ

団訴集訟の勝利により、相談者が増えた。

小鳥遊は以前弁護していた、守屋と1年ぶりに会う。

1年前にNPO法人「貧困を救う会」幹部の市瀬を殺害した罪で9年の実刑判決が決まっているが、当時から証言の不自然さに隠されて何かがあると直感し探っていた。

そんな中、青島から事情を聞いた事務所の皆は一丸となり事件の洗い直しを始めたが、天馬の差し金で、業務停止処分の可能性の通知が届き、小鳥遊は姿を消し、青島以外の皆はやめてしまう。

一方、海崎は小鳥遊から事件を引き継いだ白鳥に当時のことを再確認し、調べるとNPO「貧困を救う会」の大峰に天馬が近寄るのを目撃する。

やめたと思った皆は、それぞれ調査をしていて、その中で一瀬が募金を着服していた事、守屋は妹と貧困を救う会のボランティア似参加していた事、暴力団と繋がりがあったことを見つける。

そんな中、小鳥遊が守屋のところに現れる。

そして、妹を見つけ会った小鳥遊は妹が色々苦労していることを伝え、本当は殺しを依頼したのは誰かと詰め寄る。

やっと口を開いた守屋は、大峰から一瀬を殺すように頼まれたことを話す。

妹に危害を加えられるのを恐れた守屋は犯行に及んでしまった。

その話を聞いた小鳥遊は本当に悪いやつと戦おうといいまた動き出した。

天馬に接触した小鳥遊はもう少し待てば弁護士に戻してやると言われ、それを受け入れた。

大峰と大峰の母と天馬と同じゼミの先輩後輩だった事がわかり、白鳥と海崎も天馬と大峰の接点を見つける。

事務所に戻った小鳥遊は裁判をするとつげ、天馬の元に弁護士資格剥奪の損害賠償の訴えを起こす訴状が届く。

弁護人を海崎がやるという。

守屋の真実を明らかにするために小鳥遊びは天馬と戦う事を決めた。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の感想

今回も凄く楽しかった。

小鳥遊の人望の厚さがすごく伝わってきたし、事務所のみんなもそれをわかっていて慕っているのがよくわかった。

事務所も解散かと思ったけど、それぞれ事件の捜査をしていて、色んな真実を見つけてきたシーンはとてもかんどうしてしまった。

また、天馬を相手取り裁判をすることを決めた、小鳥遊は凄いなとも思ったし、凄く面白くなりそうだなと思った。

守屋の真実が明らかになったときも、なんかスカッとした。

今回も凄く楽しかったし、京極事務所のみんなの良さがすごく出ていてとてもよかった。

ストーリー展開もたのしかった。

ペンネーム:ちょろ(40代・男性)

パンダ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじとネタバレ

判決が確定したのに、何故、小鳥遊が受刑者の守屋に会うのかと天馬が釘を刺します。

守屋は行きずりのNPO法人の幹部の市瀬を殺した容疑者でした。

しかし小鳥遊が何故、守屋が殺人を犯したのに他人事のように言えるのかと言いますが守屋は不機嫌になり帰れと言います。

天馬は小鳥遊の非弁行為を咎め弁護士会から業務停止処分を警告します。

しかし小鳥遊はいなくなり青島以外は事務所を去ります。

1年前、小鳥遊が暴力団幹部から情報を求めて接蝕し現金を渡したことがマスコミに発覚したのです。

海崎は天馬に内緒で、白鳥に協力を求めます。

殺されたNPO法人貧困を救う会代表の大峰は厚労大臣の支援で政界進出を狙っていました。

一方、小鳥遊は守屋の妹が旅館の仲居をしているとわかり接蝕します。

妹は、あの事件で大学も辞めたと言います。

市瀬はNPOを渡り歩く悪で募金を着服していたと伊藤は言います。

茅野は守屋の兄と妹が施設を出てNPOにいたとわかります。

大鷹はNPO法人で騒ぎがあり、小鳥遊が接蝕した暴力団が絡んでいたと大鷹が掴みます。

さらに京極は大峰の母親が天馬と同じ大学の同棲で知り合いだと掴みます。

青島は守屋に会いますが、情熱を持てるものはないから諦めて欲しいと真相を語りません。

小鳥遊は天馬を弁護士資格を失ったことに対する民事訴訟を起こします。

海崎は天馬と大峰の関係を知っていると匂わせ、自分が弁護すると言います。

小鳥遊が天馬の脅しに屈して事務所を解散したときは、もう終わりかと思いました。

しかも、逃避行した小鳥遊が、まさか守屋の妹を探していたとは意外でした。

小鳥遊が妹が恋人とも別れ偽名でひっそりと暮らしていると伝えると守屋は心動かされます。

大峰は自分が面倒を見た守屋の妹を守るとの条件で守屋は暴力団と会い、市瀬を殺せと言われます。

守屋に殺人をさせたのが大峰だとわかります。

小鳥遊は天馬相手に民事訴訟を提起します。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の感想

自分の妹が守られていたと思った守屋が小鳥遊から妹が不遇な生活をしていると聞き、大峰に裏切られたと知り、小鳥遊が本当の悪を叩くように決意させ、守屋が心変わりしたのは、小鳥遊の巧みな人心誘導話術だと思います。

一方、天馬は小鳥遊に、いずれ弁護士に戻す条件に守屋の件から手を引けと暗示しますが、小鳥遊は天馬に、かつて言われたように信念を曲げないと言います。

小鳥遊が天馬の狡猾な口約束に乗らなかったのは、賢かったと思います。

それにしても、小鳥遊は大峰を訴えるのかと思ったら、まさか、天馬を訴えるとは思いませんでした。

天馬が大峰の母親を通じて大峰の悪事に加担をしているとの確証があるのか心配ではあります。

ペンネーム:パンダ(60代・男性)

アップル

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじとネタバレ

守屋至の面会に訪れた小鳥遊。

守屋が現れたところで笑いを取り、守屋の緊張をほぐす。

その後事件の話を聞くと今まで和気藹々としていた場が一転、突然守屋は小鳥遊に帰れと言い放つ。

京極法律事務所に戻ると天馬代表が小鳥遊達を追い出そうと策を講じていた。

そしてその後小鳥遊が姿を消す。

その事により、事務所内は分裂してしまい残ったのは青島弁護士ただ1人になってしまう。

小鳥遊はとある旅館に来ていた。

そこには守屋至の妹が働いていた。

妹は偽名を使い旅館の仲居として働いていた。

兄の至弁護をしていた元弁護士だと告げると妹未久は仕事があるとその場を去る。

一方青島弁護士は守屋至に面会しに訪れていたが守屋から真実を語られる事は無かった。

青島弁護士が刑務所を後にしようとすると小鳥遊がその場に現れる。

そして至に面会をする。

小鳥遊は妹の今の現状を伝えると至は顔色を変える。

そして至に殺人をさせたのは誰だと問うと至は重い口を開き始めた。

NPO法人の代表大峰から子供達を守る為に市瀬を殺せと命じられたと言う。

断ると暴行を受け、妹を餌に脅しをかけられ殺人をやらなければいけない状況に追い込まれたという。

その話を聞いて小鳥遊はため息をつく。

何故あの当時言ってくれなかったのか、至も被害者だと妹に生きる勇気を与える為に共に戦おうと伝える。

すると至は鍵があると伝える。

その後京極法律事務所には従業員全員戻り、NPO法人の大峰代表と天馬代表の接点を見つけて意気揚々としていた。

みんなで守屋の事件を話していると小鳥遊が現れる。

そして天馬代表の元に弁護士資格の剥奪の件での損害賠償の民事訴訟の訴状を送った事を告げる、請求額は1円だと言う。

この裁判の目的は事件の真相を明らかにする事だと、そしていざ戦いへと挑む小鳥遊達でした。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の感想

京極法律事務所の従業員達が、一旦はバラバラになってしまいそれぞれの道を歩むのかと思っていたら、みんなそれぞれ守屋至の事件に関して調査をしていた事に驚きました。

やはり仲間の絆というのは凄いなと感じました。

NPO法人の代表大峰と天馬代表に接点が見つかったのにも思って驚きました。

この事により小鳥遊達は守屋至の刑を軽くして、妹美久に生きる希望を与えて欲しいなと思いました。

妹美久は何もしていないのに、ただ兄至の妹だという理由で人生を奪われたのはとても可哀想に感じました。

悔しい気持ちをみんなで晴らして欲しいと思いました。

ペンネーム:アップル(30代・男性)

幸美

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじとネタバレ

小鳥遊翔子が弁護した受刑者の至の妹は、今は大学を辞めていました。

そして偽名を使って旅館で仲居見習いとして働いています。

小鳥遊翔子はそのことを至に伝え、彼に事件の真相を聞きだします。

至は「貧困者を救う会」代表の大峰に脅迫されて、この事件を起こしてしまったことが分かりました。

そして天馬が大峰と関係があることが分かり、翔子は天馬に対して訴訟を起こそうとします。

内容は翔子が弁護士資格を失った損害賠償ですが、賠償金は1円です。

この訴訟をきっかけに、翔子は至の事件の真相を明らかにし、彼と彼の未来を変えていきたいという思いがありました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の感想

貧困者を救う会の代表が悪事に手を染めていたという事実はとても残念なことだと思いました。

確かに慈善事業を行っているからと言って、全ての人が善人だということはありません。

慈善事業を目的としたビジネスだと考えれば、代表が裏で悪事を働いていてもおかしくはない話です。

それでも自分の手を汚さずに、至を脅迫してやらせたというのは、かなりの問題があると思いました。

至は妹のことを引き合いに出されてしまい、やるしかないと思ってしまったのかも知れません。

しかし、その後のことを考えれば、妹はもっと悲劇の状態になってしまいます。

タラレバで言っても仕方がありませんが、やはり今はこの事件の真実を明らかにするべきだと思いました。

ペンネーム:幸美(50代・女性)

nonちゃん

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじとネタバレ

弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には隠された何かがあると直感し、再捜査をする。

その矢先にFelix & Temma 法律事務所の代表弁護士の天馬壮一郎の差し金で、弁護士会から京極法律事務所に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。

しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ。

大峰は幼少期に貧困で苦しんだ経験があり、同じ境遇の児童たちを救うために「貧困を救う会」を発足。

食事の無料提供や教育就労支援を通して、多くの貧困児童を救ってきた。

募金イベントもするが募金額は私物にしている。

かたくなに至は、刑務所内で話さなかったが、至が起こした事件のせいで大学にも居づらくなって退学したうえに恋人とも別れ温泉宿で仲居見習いとして働いていると伝え、写真を見せた。

その結果、小鳥遊翔子がかつて弁護した受刑者である守屋至は、NPO法人の貧困を救う会の代表の大峰聡に脅され、殺人の罪に手を染めたと本音を漏らした。

翔子は自身が原告となり、大峰と深い関係にあるFelix & Temma法律事務所」の代表弁護士の天馬壮一郎を提訴。

至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して、弁護士会会長でもある天馬に、たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話の感想

弁護士資格を失った小鳥優翔子が弁護士資格を取り戻すために戦うのと同時に刑務所の中にいる至の容疑を晴らすことら至の妹の人生を狂わせた人達に対して裁判を起こすというのがいいと思う。

小鳥遊翔子がもっとも後悔しているからこそ力を注ぎたいと言うのが、たった1円で訴訟を起こすという気持ちに繋がったのだと思います。

また、法律事務所の仲間が潜入しNPO法人の貧困を救う会の代表の大峰聡が何者であるのかどういう経緯で至繋がっているのかが分かる内容でした。

NPO法人の貧困を救う会の代表の大峰聡のような人は現実にも多くいると思います。

騙される人が悪いと感じられる内容ですが騙す側にも非があると思います。

偽善者を演じカレーなど炊き出しを無料で行ったり、仕事を紹介していればゆう事を聞くわけではないと思います。

ましては、妹の人生がどうなってもいいのかと脅され、自分がしなければ妹の人生が犠牲になると考え仕方なく本人はしてしまったのだと思いますが、罪をおかせばその分自分の人生だけでなく周りの人生も滅茶苦茶になってしまいます。

自分で抱え込みすぎず周りの警察や弁護士や家族などに相談すべきだったのではないかと改めて思いました。

ペンネーム:nonちゃん(20代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画をお得に見る方法3

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA