ドラマ【リーガルV】7話ネタバレと感想。海崎先生の驚く顔が可愛いすぎる!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年11月29日(木)にドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話が放送されました。

ドラまる
先週に引き続き、結婚相談所の詐欺事件の裁判だね。
ラマちゃん
前回は一人が訴訟を起こしたけれど、残念ながら負けちゃったの。

でも、今回は同じローズブライダル相手に集団訴訟よ。

こちらの記事では、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話あらすじネタバレと感想

高級結婚相談所「ローズブライダル」が詐欺企業であることを突き止めた小鳥遊翔子(米倉涼子)たちでしたが、塩見一郎(矢部太郎)の起こした裁判では負けてしまいました。

翔子は被害者が塩見一人ではないことから集団訴訟の準備を始めました。

全国で被害者たちを集めるために大好きな電車に乗って駆け回る翔子とポチ・青島圭太(林遣都)。

被害者の情報を集めてきた二人ですが、どの男性も被害を訴えることに消極的でした。

その中には社会学者・高市哲也(野間口徹)もいましたが、世間的な目を気にし詐欺にはあっていないと言い張ります。

そこで女性会員にも声をかける伊藤理恵(安達祐実)。潜入とはいえ、かなり本気で婚活をしていましたからね。

その甲斐もあって次々と立ち上がる被害者たち。特に女性たちはいち早く原告団に加わってくれました。

その頃ローズブライダルでは、詐欺マニュアルを破棄するなど証拠隠滅を図っていました。

さくらの女性たちも口頭で勧誘するなど狡猾でしたね。

被害者の中には会員番号770番・白鳥美奈子(菜々緒)の名前もありました。

菜々緒(ナナオ)さんですね。

訴訟に加わることは考えられませんでしたが、白鳥もローズブライダルの詐欺の被害者でした。

さらに伊藤の力を借りて調べを進めると、この集団訴訟を気にしていたミカド通信の我妻会長から多額の資金がローズブライダルに流れていることをつかんだ翔子たち。

裁判のためにこの線から攻めていこうと考えていましたが、原告の男性たちが翔子の非弁行為を煽る週刊誌の記事を見てこぞって原告を降りてしまいました。

裁判の日を迎え、相変わらずローズブライダル代表の相田栞(東ちづる)は高慢な態度でした。

その裁判には、傍聴人として高市もやってきていました。

その日行われた伊藤の尋問で海崎は、銀行員時代の横領事件を持ち出し証言の信ぴょう性に疑問が残ると言います。

この裁判での「過去に過ちを犯した人間の証言は、信用に値しないと言いたいんですか?でも、罪は償ったんです。私にだって、幸せになる権利はあるでしょう?」という伊藤の言葉には引きこまれてしまいました。

その話に心を動かされたのは高市でした。今まで認めていなかった詐欺被害者であることを公にし集団訴訟に加わることを決めてくれたのでした。

そしてさらに裁判を傍聴していた被害者男性陣も原告団に参加を決めてくれたのです。

我妻を尾行していた馬場雄一(荒川良々)の元に、ローズブライダルの元副代表・籔谷が近付いてきました。

立ち上げた当初は健全な婚活相談所だったのですが、徐々に相田が会員からお金を引き出す提案をするようになってきたと言います。

詐欺マニュアルを手に入れたので和解交渉をしたいとFelix & Temma法律事務所に赴くポチと翔子。

原告団は50人和解金は27億円を求めますが、ポチがはったりをかましているのが見え見えでした。

そのことに気が付かれ、詐欺マニュアルを使ってさくらを指導したことを証明することが必要となってしまいます。

そんな証明はできないと和解をあきらめかけたその時、我妻を尾行していた時に偶然撮れていた映像を発見します。

そこには我妻と相田が逢瀬を重ねている姿が映っていました。

不倫が発覚することを恐れていたんですね、我妻会長。

我妻に捨てられた相田の元に謝罪を求めて原告団が集まっていました。

プライドが邪魔をして土下座できない相田に我慢ができなかったのは白鳥でした。

海崎先生、驚き方が可愛すぎました。お目めぱちくりです。

そして、塩見は多額の和解金と新しいパートナーを見つけることができました。

事件の顛末を受刑者の守屋至(寛一郎)に伝える青島。

そのおかげで守屋は翔子に会う気になり、一年ぶりに対面することになります。

しかし、そこには天馬壮一郎(小日向文世)の姿がありました。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
Missデビルの再来かなと思ったよ。

菜々緒さんかっこよかったね。

ラマちゃん
海崎先生のキャラがいつも通りかっこよくて、いつも以上に可愛かったわ。

ドラまる
海崎先生の翔子を見る目は、いつも暖かさを感じるんだよね。

二人の過去のスピンオフ見てみたいね。

ラマちゃん
三浦翔平さんのチャラ男がすごくいい塩梅なの。

愛されキャラだわ~。

ドラまる
安達祐実さんの演技は一瞬で人の心を捕まえるね。さすが。

ラマちゃん
ポチくんの成長が楽しみなの。

そして、来週の放送は林遣都さんのお誕生日なのね。おめでとうございます。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年11月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話あらすじ

2018年12月6日(木) 21:00時から放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話のあらすじをご紹介します。

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。

そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。

実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。

しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。

それを探ろうとしていたのだ!

 弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。

一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。

ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。

しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ! 

翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ…!?

 一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。

そんな折、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃し…!

 徐々に浮き彫りになっていく、とんでもない真実。

一体なぜ至は殺人事件を起こし、翔子は弁護士資格を失ってしまったのか!? 

そして、解散危機に陥った「京極法律事務所」の運命とは…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。
先週の訴訟に引き続き、高級結婚相談所を相手に集団訴訟を起こし見事に勝利した翔子たち。

弱小弁護士事務所ならではのそれぞれの特性を活かした戦い方でしたね。

馬場さんの撮ってきた映像が、まったくの偶然に撮れたものというのが気になるところではありますが、人生の面白さととらえましょう。

そして、翔子が気にしていた守屋至の事件にも動きが見られそうです。

翔子が弁護士として活動ができなくなった原因となった事件ですね。

この事件に天馬がどう関わっていたのか、なぜ翔子を目の敵にするのかも明かされそうですね。

ドラまる
ついに翔子が弁護士資格を剥奪された理由が明らかになるよ。
ラマちゃん
最終回に向けて天馬との戦いもヒートアップする予感ね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA