ドラマ【リーガルV】6話ネタバレと感想。打倒・結婚詐欺グループ!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年11月22日(木)にドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話が放送されました。

ドラまる
今度は結婚詐欺に関する裁判で戦うよ。

被害者に矢部太郎さん。気弱な感じがなんともピッタリだね。

ラマちゃん
そしてもう一つ、翔子がポチに託した裁判の方も気になるわ。

こちらの記事では、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話あらすじネタバレと感想

誰かを尾行しているパラリーガルの馬場雄一(荒川良々)。

尾行相手の藤原夏純(逢沢りな)は他の男性と楽し気に去ってしまいます。仕事ではなく、恋人に騙されてしまったようです。

ポチこと青島圭太(林遣都)は不動産トラブルの対応に当たっていました。

婚約者の勧めで3000万円の土地を買った塩見一郎(矢部太郎)は、その土地が日当たりも環境も劣悪なことを相談していました。

さらにこの土地は地盤も悪く相場が500万程度だというのです。

名義を婚約者にしてしまっていたことから、中間業者を訴えることもできません。

小鳥遊翔子(米倉涼子)に言われ急いで婚約者に連絡を取ろうとしますが、まったく連絡が取れませんでした。

考えられるのは結婚詐欺。

翔子の一言「結婚詐欺=基本サービス業」とは。突き刺さりますね。

塩見は入会30万円を支払い入会した高級婚活相談所「ローズブライダル」で夏純と出会い、結婚が決まったはずだったのです。

そして、冒頭の馬場の相手も同じ人物でした。

馬場もバッグや洋服で200万円の損害が出ていました。

女をこてんぱんにやっつけてやると生き生きとする翔子。

しかし、「ローズブライダル」側は夏純の情報は出せないというので、潜入することになります。

潜入には条件に合った伊藤理恵(安達祐実)が行くことになりました。

美尻に反応する理恵さん。可愛いです。

そして、青島は翔子に頼まれていた守屋至(寛一郎)に会いに行っていました。

懲役9年の実刑判決を言い渡された守屋は全く話をしようとはしてくれません。

拘置所から出てくるところをFelix & Temma法律事務所の白鳥美奈子(菜々緒)に見られてしまったので、この件でも後に天馬壮一郎(小日向文世)と闘わなくてはいけないようですね。

またまた秘書が、翔子の件で天馬にワインをかけられてしまいます。それにしてもこの秘書に対して、ひどすぎますね。

どんどんきれいになっていく理恵。本気で婚活始めちゃったみたいです。男性への貢ぎ癖が出ないといいのですが。

理恵が本命だと言っていた男性も夏純に騙されている一人でした。

馬場の尾行の結果、複数の男性を食い物にしていることがわかり夏純を訴えようとしますが、難色を示す塩見。

そんな塩見に、きちんと彼女に償ってもらって示談に持ち込もうと翔子は説得をします。

ようやく交渉の場に夏純がやってきました。

しかし、彼女は結婚の約束はしていないと言います。数々の男たちに貢物をさせてきましたが、結婚指輪だけは買わせない用意周到さです。

青島はプレゼントを転売していた証拠を突き付けますが、逆に塩見の音声データを突き付けられこてんぱんにやられてしまいました。

あっさりと土地の返却を認めた夏純の行動に違和感を覚えた翔子は、夏純がローズブライダルのさくらではないかと考えます。

塩見から自己開発プログラムという特別なコースがあったことを聞き、「ローズブライダル」が脅迫まがいのことをして多額のセミナー受講料を巻き上げていた事実を知ります。

「ローズブライダル」が不動産会社やレストランもグルの完全な詐欺グループだとわかり、翔子は1億円の損害賠償を求める裁判を起こすことにしました。

ローズブライダルの被告代理人は詐欺を完全否定。相手は海崎勇人(向井理)でした。

そんな中、茅野明(三浦翔平)がさくらの女性に話しを聞くことができました。さすがです。一番仕事ができる男ですね。

東京地裁での口頭弁論。

尋問の相手は代表の相田栞(東ちづる) です。

セミナーの強要、さくら疑惑、すべて否定します。

しかし、茅野が見つけてきたさくらの女性たちが真相をベラベラと話している映像が流れると相田の表情が一変します。

詐欺のあぶりだしに成功し、裁判は勝てたかと思いましたが、茅野が証拠の採取に際し違法行為を行っていたと反撃されてしまいました。

茅野が持ってきた証拠が採用されるかどうかが争点となり、次回の裁判で判決が出されることになります。

翔子の非弁行為でも注目を集めてしまった今回の裁判。

結審の日。

判決は原告敗訴。

納得のいかない翔子はとうとう傍聴席から声をかけ、裁判官に暴言を吐いてしまいました。

「詐欺師を守ることが正しいのか?」

その様子の中継を見ていた天馬とミカド通信会長の我妻は翔子をつぶすことを再確認しあっていました。

裁判後、事件サイトでは盛り上がりを見せていましたが、これはわざと翔子が世間の目をこの裁判に向けさせていたのでした。

裁判官に対する挑発的な態度や、異常なまでの記者の集まりはすべて作戦だったのです。

そして今度は27億円を求める集団訴訟を考えていました。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話ネットの反応や感想

ラマちゃん
今日のポチも可愛かったけど、翔子姐さんに言われた「ポチは私のものだから」がメガヒットよ。

ドラまる
理恵さん、危うくまた貢いじゃうところだったね。危ない危ない。

ラマちゃん
詐欺に精通している強敵の夏純ちゃん、ゴーオンイエローだったのね。

ドラまる
負けちゃった~と思ったら、次週再度戦うんだ!

今回の1億からジャンプアップの27億だよ。

ラマちゃん
今でもお互いのことを気にかけあってる感じがしたわ。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年11月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話あらすじ

2018年11月29日(木) 21:00時から放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のあらすじをご紹介します。

代表・相田栞(東ちづる)が中心となり、会員を相手に婚活詐欺を繰り返す高級婚活相談所「ローズブライダル」。

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」は被害者・塩見一郎(矢部太郎)を弁護し、「ローズブライダル」を訴えるも、被告代理人である「Felix & Temma法律事務所」の敏腕弁護士・海崎勇人(向井理)に急所を突かれ、第一審で破れてしまうことに…。

だが、翔子はすでに次の手を考えていた。なんと塩見の控訴審と並行し、全国の被害者を集めて集団訴訟を起こすというのだ! 

しかし、肝心の被害者たちは二の足を踏み、なかなか立ち上がってくれない。

そんな中、弁護士・青島圭太(林遣都)とともに各地で集団訴訟の説明会を開いた翔子は、原告団集めの切り札になりそうな情報を手に入れる。

なんでも、社会学者・高市哲也(野間口徹)もかつて「ローズブライダル」にだまされた一人らしいのだ! 

人気コメンテーターでもある高市が声を上げれば、世の流れは一気に変わるはず――。

翔子と青島は期待を胸に、さっそく接触を図るが、当の高市は自分がだまされた事実を認めようとはせず…!?

早くも暗礁に乗り上げる集団訴訟。

だが、翔子らはあきらめず、第一審で立証できなかった詐欺マニュアルの存在を突き止めようと奔走する。

その矢先、パラリーガル・茅野明(三浦翔平)が思いがけず、“ある意外な人物”に関する“実に興味深いネタ”を入手してきて…!

一方、「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)は翔子を徹底的に潰すため、いよいよ動き出す!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のネタバレ感想と第7話のあらすじをご紹介いたしました。
結婚詐欺にあった塩見を演じた矢部太郎さんの演技力(?)が、なんとも見事で全く違和感がなかったことに感動すら覚えました(笑)

母親に騙されたことを言えない優しさ、泣き寝入りしそうになる感じと言い素晴らしかったのではないでしょうか。

本当にピッタリの役でした。

そして、そんな塩見を翔子がグイグイひっぱり、裁判を起こしますが、さすが海崎先生です。

ポチくんも頑張りましたが、一歩及ばず敗訴となってしまいます。

しかし、それも見越したうえでの翔子の先を読む力が次回の集団訴訟へとつながります。

天馬が恐れているのも、翔子のこの行動力なのでしょう。

ドラまる
海崎と翔子、そして天馬の過去も少しずつ見えてきたね。
ラマちゃん
次週は集団訴訟を起こす証拠をつぶすべく天馬に動きがありそうよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA