ドラマ【リーガルV】5話ネタバレと感想。ポチの頑張りに翔子が動く!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年11月15日(木)にドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話が放送されました。

ドラまる
今回は学生ベンチャー企業の代表をめぐる事件。

その弁護に”ポチ”こと青島圭太が活躍するね。

ラマちゃん
全国のポチファンの皆さん、準備はいいですか?

こちらの記事では、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話あらすじネタバレと感想

鉄道バーで駅弁をほおばる小鳥遊翔子(米倉涼子)と茅野明(三浦翔平)。

京極法律事務所では仕事が来ないと嘆くな中、青島圭太(林遣都)が以前から抱えている案件に取り組んでいました。

海辺で暴行され倒れていた町村誠(瀬戸利樹)。それを見つけ救急車を呼んだ友人の武藤正洋(戸塚純貴)が犯人として逮捕されました。

人気学生ベンチャー企業・トゥモローで代表を務める大学生・町村が、そのトゥモローを解散することにしたことへ異を唱えた武藤が暴行したとされていました。

しかし青島が弁護をしている武藤は無実を主張しましたが、暴行を受けた被害者・町村が彼に襲われたと証言し一審では有罪となってしまいました。

翔子と初めて会った崖は、その事件現場であったと同時に、武藤の母・武藤望(片岡礼子)の自殺した現場でもありました。

青島は控訴審を一緒に戦ってほしいと翔子たちに協力を仰ぎますが、金にならないと渋る翔子。

仕方なく青島は一人で武藤の面会に向かいますが、投げやりになった武藤は控訴をする意思も失せてしまっていました。

帝国大学の4年生で、天才大学生の町村が起こした企業が年商10億円だと聞いた翔子はガゼンやる気に。

いつものことですが、見事な手のひら返しです。

青島と一緒に現場へと向かう翔子は、午後4時に駅につき10分後に現場に到着した武藤に、被害者へ50か所もけがを負わせるのは難しいと考えましたが、その4時に駅に到着したことを証明できていませんでした。

二人は自殺現場で手を合わせる武藤の父・紘一(志垣太郎)に声をかけますが、紘一は青島を許していませんでした。

必死に息子の無罪を証明しようとしていた妻が、息子へのネットの誹謗中傷に悩まされ、次第にその矛先が妻に向いてしまったことが自殺の原因だと考えていました。

最初の裁判で勝てなかったことが妻の死につながったのだと考えていたのですね。

「無念を晴らそう」という翔子の言葉を聞き、紘一は、小さいころから正洋がいじめられていた時、いつも助けてくれていたのは町村だったこと、そして町村にあこがれて同じ帝国大学に進学したことを話してくれました。

ずっと、素晴らしい友人関係を気づいてきたはずの二人がどうしてこうなってしまったのか。父にもわかりませんでした。

事件後、トゥモローの解散を撤回した町村。

実は自身が起こした企業の裏の部分を半グレやくざに取り仕切られていたのです。

町村たちの後輩の中西仁(金子大地)が、半グレであることを突き止めた翔子たち。

辞めようとしていた町村を引き留めるためにハニートラップを仕掛けたが、拒否されたため暴力で脅したのでは?と考えました。

いつになく力を入れて弁護活動に協力する翔子には、ある過去がありました。

自営業を営んでいた翔子の父親が、人に騙され大金を失い母親と逃げ延びたという暗い過去でした。

「法律さえ知っていれば避けられる悲しみがある」それは以前、翔子が語った言葉でした。

いつもお金お金と言っている翔子ですが、根底には人を救う、人を守るという信念が流れているのだと感じました。

事故現場の近くのラブホテルの受付嬢(YOU)を証人として呼んだ青島は、彼女が事件当日午後4時に駅で武藤と会ったことを証言させました。

武藤にとって大事な証言でしたが、証言をする代わりに翔子からドラマ「現場百回」の非売品キーホルダーをもらったことを言ってしまいます。

ところで、「現場百回」の鎧塚刑事。とうとうお顔が見れました!

中西への尋問で、凶器となったナイフを購入したのが中西だったと突き付けますが、事態は好転しません。

次は町村への尋問。しかし、武藤から暴行を受けたという証言が変わることはありませんでした。

そこで一通の手紙を取り出した青島。

それは武藤の母から被害者・町村への手紙でした。

「どうしてこんなことになったのか。息子を助けてくれていた町村のやさしさ。もし息子が犯人ならば、命を持って償いたいと思う。しかし、それでも息子の無罪をまだ信じている。また二人がこの困難を乗り超えて再び友達となることを願っている。」

その手紙を聞いた町村は、過去に自分が武藤を助けてきたとあったが、自分の方が武藤から勇気をもらってきたのだと話し始めました。

そして、その武藤に罪を着せたと涙しました。そして、真犯人の名を。

町村「武藤ではありません。暴行は中西から受けました。」

母の思いが真実を呼び出しました。

手紙の存在を知らなかった紘一からの質問に、ポチの対応が怪しかったですね。

裁判が終わった翔子は「お母さんの敵も取らなくちゃね。」と次の行動を起こしていました。

事件サイトの情報開示請求をしていた翔子は投稿者を見つけ出していました。

次々に投稿者へ損害賠償を求める書面が届き、ある意味で行列のできる法律事務所になった京極法律事務所。

抗議に集まった人々に翔子は「軽い気持ちで書いたことで人を殺しているんだ」と、一喝しました。

ポチも、「法廷でお会いしましょう」と跳ね返します。成長しましたね!

そして、翔子の部屋に呼び出されたポチ、借りてきた猫みたい(笑)。

翔子は自身が取り組んでいた殺人事件の弁護をポチへと引き継ぐことを決意したのでした。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話ネットの反応や感想

ラマちゃん
翔子の過去、想像以上に辛かったわ。

お金ももちろん大切だけど、やっぱり人を守ることを大切にしてるのよね、翔子は。

ドラまる
仮面ライダーの友情と、おっさんずラブの敵対だね。

ラマちゃん
始める前からポチ待機が続出よ~。

みんな楽しめたかしら?

ドラまる
とうとう鎧塚刑事の正体が明かされたね。

ちなみに僕の予想は外れてたよ。

ラマちゃん
慌てたり、かっこよかったり、いろんな表情だったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年11月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話あらすじ

2018年11月22日(木) 21:00時から放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のあらすじをご紹介します。

「京極法律事務所」に不動産トラブルを抱えた男性・塩見一郎(矢部太郎)が相談に訪れた。

婚約者に超お得だと言われ、3000万円一括払いで土地を購入したものの、後から陽当たりが悪くて騒音もひどい土地だったことが判明。

だが、土地はすでに引き渡し済みで、契約解除は不可能…。

しかも、名義人が婚約者であるため、塩見が仲介業者を訴えることも厳しい状況だ。

そこで、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)はすぐ婚約者に連絡するよう、塩見に指示。

ところがいざ連絡を試みると、婚約者の携帯も勤務先の番号も現在使われておらず…!

これは結婚詐欺に違いない――そう確信する翔子たち。

よくよく問い質せば、塩見は相田栞(東ちづる)が代表を務める高級婚活相談所「ローズブライダル」に、30万円も支払って入会。

婚約者を紹介してもらったのだという。

さらに、ここに来てとんでもない事実も発覚する。

つい先日、「京極法律事務所」のパラリーガル・馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手・藤原夏純(逢沢りな)と、塩見の婚約者が同一人物だったのだ!

しかも、馬場も例に漏れず、夏純に大金を注ぎ込んでいたらしい。

翔子らは夏純を訴えようと立ち上がるが、唯一の情報源である「ローズブライダル」は個人情報の提供を拒否。

そこで、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が婚活中を装い、潜入捜査を試みることに…。

巡り巡って、翔子らは夏純との接触に漕ぎつけるが、相手は想像以上にふてぶてしくて用意周到!

翔子たちは彼女をやり込めるつもりが、逆に窮地に追い込まれてしまい…!?

その頃、「京極法律事務所」の弁護士・青島圭太(林遣都)は、翔子が以前弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会するのだが…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。
今回も、仮面ライダーとおっさんずラブの登場人物が出演で、ネットでも話題になっていましたね。

また、ドラマ「現場百回」の鎧塚刑事の正体も判明。

ずっとシルエットだけだったのですが、勝野洋さんでした。皆さんわかりましたか?

そして、ポチくんと翔子の距離が今回はとっても近くて、ドキドキしてしまいました。

年上の女性に振り回されているポチ、おどおどしていましたね。

そんな青島ですが裁判では頑張っていました。かっこよかったです。

第一話からずっと引きずっていた問題でしたね。

次回は、翔子が取り扱っていた守屋の事件を青島が引き継ぐことになります。

頑張れー、ポチ!

ドラまる
ポチ回ということで、みんな楽しみにしていたね。

本当にいろんなポチを見れたんじゃないかな。

ラマちゃん
翔子にもいつも以上に振り回されちゃった可愛かったわ~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA