ドラマ【リーガルV】3話ネタバレと感想。大鷹弁護士が大活躍!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年10月25日(木)にドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話が放送されました。

ドラまる
高視聴率をたたき出しているリーガルVの3話が放送されたね。
ラマちゃん
今回は、殺人も絡んでくる案件ね。

ゆるーい京極事務所の人たちがどうやって勝利をつかむのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話あらすじネタバレと感想

御岳山鉄道に乗る京極事務所の面々は観光旅行に来ていました。

鉄道マニアの事務所管理人の小鳥遊翔子(米倉涼子)にプランを任せてしまったので、一日鉄道に乗ることになるところでしたね。

パラリーガルの伊藤理恵(安達祐実)が観光スポットを見つけてくれたので、バーベキューを行うことになりました。

鉄道から降ろされた翔子は不機嫌なまま山を散策していると、ヤメ検の大鷹高志(勝村政信)と出くわします。

大鷹は二か月前、この山中で起きた殺人事件の捜査にやってきたのでした。

容疑者は被害者の夫・浅野洋平(桐山漣)。

犯行時刻に、山にいるところを写真に撮られていましたが、自身はその時刻には愛人と新宿にいたと証言していました。

浅野は愛人がいたことや、多額の保険金を妻に掛けていたことから「女の敵」と世間からバッシングを受け、裁判は難航することが予想されました。

しかし、話を聞いていた翔子はこの話に乗ってきます。

裁判で無実が証明された暁には、京極事務所の宣伝をしてね、と大鷹に命じます。

「目指せ、行列のできる法律事務所。」一応、目指していたんですね。

拘置所に浅野に会いに行く大鷹。

なかなかチャラ男満開ですね。

そんな浅野ですが、新宿で高校時代の恩師・蟹江光晴(岡本信人)とその妻と出会ったことを思い出しました。

その証言を基に蟹江に会いに行く大鷹と翔子でしたが、蟹江も妻の光代(原日出子)も東京には行っていないと話をしました。

今も現役の高校教師の蟹江の元に、同僚の若い女教師が二人でみかんをお土産に持ってやってきました。

東京に帰った大鷹に、裁判は第一話でも尻込みしてしまったあの先輩検事と裁判官のコンビだと知らせが届きました。

検察と裁判官が癒着していたら、正常な裁判なんてできないですよね。

そんな中、第一回公判が行われます。

証拠となる写真について、犯行当時着ていた赤いパーカーは量販店で誰でも購入でき、写真を見ても浅野だと判別しにくいと主張しますが、反対にこちらの証拠として提出した映画館で映っている人物も浅野だとは判別できないと言われてしまいます。

そして、浅野の愛人である島聡美が証人として呼ばれ、検察側はアリバイ作りに利用されたのでは?と問いただしました。

その様子に怒りを表した浅野は、本当に蟹江と若い奥さんと新宿で会ったと発言します。

その言葉を聞いた大鷹と翔子は、再び蟹江の自宅に向かいました。

光代は蟹江は仕事で不在だと言いましたが、馬場雄一(荒川良々)に尾行させた蟹江の姿は東京にありました。

一緒にいたのは、以前訪ねてきた同僚の杉田先生でした。

蟹江先生、嘘をついていましたね。

そのことを裁判で使えないという大鷹。

自身も裁判に失敗した時に娘が学校でいじめられたり、妻と離婚することになったりしたため踏ん切りがつかないのです。

優しすぎるんですね。

後日、ネットに新たな写真が公開されました。

犯行時刻に山の中にいたという浅野の写真でしたが、今回はより鮮明に顔が映っていました。

しかし、写真に違和感を感じる所長の京極雅彦(高橋英樹)。

フォトマスター検定一級まで持っていたんですね。

さらに様々な技術(?)を持っている伊藤のおかげで、投稿者が真壁修一であることもわかりました。

伊藤さんもなかなか難しい技術を習得されているようで、頼もしい限りですね。

そして翔子は蟹江の勤務校に向かっていました。

そこで、杉田に新宿へは行っていないか再び尋ねますが、あくまでも新宿へ入っていないという彼女に「じゃあ、一緒にいたのは吉沢先生かな?」と蟹江と吉沢が映っている写真を見せました。

その後、光代に会いに行った翔子は、捨ててあったみかんを見つけました。

奥さんも、あの二人と蟹江が不倫してることは知っていたんですね。

その頃、大鷹はFelix & Temma法律事務所の天馬壮一郎(小日向文世)に呼び出されていました。

天馬の登場に、怯えっぱなしの大鷹も面白かったですが、大鷹を引き抜いてどうしようとしていたのでしょうか。

とにかく翔子の邪魔をすることしか考えていないようでしたね。

公判の日。

なかなか現れない大鷹に、伊藤たちはFelix & Temma法律事務所に移ってしまったのだとあきらめていましたが、時間ぎりぎりで現れました。

証拠を集めに行っていたという大鷹。

本日の証人・真壁に対し、浅野の顔が映っている写真に入り込んでいた時計の針が修正されているという事実を持ってやってきました。

さらに、証人が現場近くで浅野が着ていた服と同じものを購入したことも調べ、もう一枚の浅野と思われる写真に写っていた靴のサイズが浅野のものとは違うということも突き止めていました。

「本当はあなたが犯人ですね。」

しかし、尋問に対しあっさりと異議を認められてしまいます。

どこまでも裁判官は検察官に有利に裁判を運びます。

そしてこの日、検察側証人として呼ばれたのは蟹江でした。

新宿で浅野とは会っていない。と証言する蟹江。

浅野に対し、罪を償うよう言葉をかけようとすると、翔子が咳を連発し、証言の邪魔をします。

そして、翔子の視線の先には妻と杉田の姿がありました。

「反省するのはあなたでしょ。」「吉沢先生とも付き合ってたのよね。ホテルのレシートもある。」と二人に暴露されてしまう蟹江。

裁判所から二人は連れ出されてしまいますが、蟹江は不貞を隠すために証言を偽っていたことを白状しました。

無罪を勝ち取った大鷹は記者会見を開いていました。

今回の勝利はある法律事務所の絶大なる協力があったからだと。

そして、その事務所の名前を言うのをためらっていると、そこへ大鷹の娘が入ってきました。

感動の再会に涙する翔子以外の面々。

その後、大鷹はFelix & Temma法律事務所に赴きますが、時すでに遅し。

すぐに天馬に協力しなかったために、ヘッドハンティングの話はなかったことになっていました。

結局、京極事務所の宣伝ができなかったとお怒りの翔子ですが、そこへ大きな荷物を抱えてやってきた大鷹を正式に一員として迎え入れたのでした。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
今日は大鷹さんがいっぱい頑張ったね。

ラマちゃん
あんまり出番がなかったけど、今日もポチは安定の可愛さ。

ドラまる
科捜研の女からライダーつながりで楽しめたね。

ラマちゃん
個性があふれまくってる法律事務所だけど、大鷹さんと娘の抱擁で泣いちゃう人たち大好きよ。

ドラまる
来週のゲストは島崎遥香さんだよ。

黒ぱるるなのかな?

ラマちゃん
次週は海崎もちゃんと登場するわ。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話あらすじ

2018年11月1日(木) 21:00時から放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話のあらすじをご紹介します。

入院先の病院で深夜、「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。

その遺産は200億円! 

峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。

ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れたことで、状況は一変する。

昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張! 

なんでも玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したのだという。

法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て!

峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。

一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼するが…。

やがて裁判の日がやってきた! 

玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。

ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷! 

さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!? 

最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。

一方、原告側を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井理)は、秘密裏に怪しい動きを見せ…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

ヤメ検の大鷹さんが活躍の回でした。

さすが勝村さんです。米倉さんとの相性もばっちりで、大鷹が京極事務所に正式に入所したことでこの二人のやり取りが増えるのではと今後も楽しみになりました。

ポチ×翔子と大鷹×翔子。どちらも見られるなんて贅沢ですね。

そして、被告人役の桐山漣さんのチャラさは、三浦翔平さん演じる茅野に匹敵するダメ男でしたね。

殺人こそ犯していませんでしたが、最低な発言もちらほら。

冤罪を許さないという大鷹の姿勢に感謝してほしいです。

ドラまる
大鷹さん頑張ったね。

海崎の出演シーンがなかったから、女性陣は悲しんだだろうね。

ラマちゃん
来週の第4話は海崎が再登場よ。

そして、ぱるること島崎遥香さんがゲストで出演するわよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA