【リーガルV】2話ネタバレと感想。パワハラ裁判!録音データに隠された秘密とは。

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年10月18日(木)にドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話が放送されました。

ドラまる
弁護士資格を失った事務所管理人・小鳥遊翔子。

今回はパワハラの裁判に挑戦だよ。

ラマちゃん
今度もFelix & Temma法律事務所相手に戦うことになるわ。

ポチくん(青島圭太)は、ちゃんと裁判を維持できるかしら?

こちらの記事では、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話あらすじネタバレと感想

弁護士資格を失った元法曹界の女神・小鳥遊翔子(米倉涼子)が開いた京極弁護士事務所に弁護の依頼が入ってきました。

支出が経営を圧迫していた事務所の面々は喜びます。

話をしに来たのは世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)。

自分が部下にパワハラをしたと濡れ衣を着せられ、不当解任されていました。

このことに対し、損害賠償を求める民事訴訟を起こしていました。

しかし、弁論の直前に弁護士が降りてしまったため、京極事務所に力を借りに来たのです。

翔子は、弁護士が降りたということは勝てない案件だと、永島を追い払おうとしますが訴訟額が3億だと聞き態度を一変させます。

太陽製紙側の弁護士事務所はFelix & Temma法律事務所、担当は白鳥美奈子(菜々緒)でした。

再び決戦の火蓋は切って落とされます。

Felix & Temma法律事務所を訪れ、白鳥が提示した録音データを聞き、敗訴を感じる青島圭太(林遣都)達。

録音されていたのは「飛び降りろよ。死んでお詫びするんでしょ?」という永島の声でした。

社員への調査を進めるが、聞こえてくるのは彼女が部下想いの優しい人だったということ。

さらに、永島と特に親しかった生産事業部長・城野優(平山浩行)には原告側証人として出廷してもらう約束を取り付けました。

そして、録音データに違和感を覚えた翔子は、永島本人の本性を確かめるために会食をセッティングします。

足を踏んだ側は忘れていても踏まれた側は忘れない。ハラスメントとはそういうもの。という言葉が身に染みます。

そのレストランで、虫を混入させたり、ワインをこぼしたり、挙句席の移動までお願いされても嫌な顔一つ見せない永島の態度に、ハラスメントをするようには見えないと確信する翔子。

そして、連れて行った行きつけの鉄道バーで永島は城野に証言をさせることを断りました。

出世の道が閉ざされてしまうと言っていましたが、二人の間に特別な何かが存在しているようでした。

裁判の日。

第一回口頭弁論では社員の角野が、日常的に「無能。役立たず。」と言われていたと証言します。

永島は否定しますが、PTSDの診断書まで提示されます。

反対に原告側証人として呼び込んだ城野ですが、出廷しておらず尋問は中止となってしまいました。

証人もちゃんと呼べないのかと、ポチからクズへと降格してしまった青島くん。頑張れー!

根っからの正直者の青島は、城野を心配し会社へと急ぎます。

そこで証言をした角野が事件後に部長に出世したことを知ります。

京極事務所でも翔子たちが被害報告が同じ週に集中していることに気づいていました。

被害を訴えた3人とも昇進しており、彼らは大垣専務派で、永島は対立している社長派だということもわかりました。

第二回の口頭弁論では、もう一人の被害者が同じような証言を繰り返していました。

そして、京極雅彦(高橋英樹)が見つけてきたという新たな原告側証人でしたが、京極が日付を間違えていたため再び現れませんでした。

その様子を見た白鳥は早々に結審すべきだと主張しますが、慌てた青島はこちら側の情報をすべて話してしまいました。

手の内を明かしてしまったら、証拠を隠ぺいされてしまうと焦る翔子。

不安は的中し、城野は会社側の証人として出廷することになってしまいました。

「証人を奪い返しましょう。」

決定的な録音をした被害者である松尾係長をこちら側に引きこむことにした翔子は、現役ホストのパラリーガル茅野明(三浦翔平)を使い、松尾の弱みを作ることにします。

もう弁護士ではないからやりたい放題の翔子さん、怖い怖い。

そして永島と城野の間にあった、秘密の話も聞き出すことに成功しました。

永島は自分のお気に入りだった城野の婚約者を退職に追いやった過去があると言うのです。

ここにきて永島に怪しい空気が流れてきました。

3回目の公判。

城野が被告側証人尋問にやってきました。

そこで、白鳥の質問に永島はパワハラをするような人間ではないと答えました。

予定外の答えに狼狽する白鳥。

そして反対尋問では、専務から出世をちらつかせて証言をするように言われたと話しました。

さらに原告側の証人として録音データを取っていた松尾が入廷します。

公開された録音データは、前後の文脈が欠如していましたが、ないと思われていたその前後が存在したのです。

永島をあおるような会話をけしかけてわざと怒らせ、あの録音の言葉を言わせていました。

暴言の誘導は大垣の命令で、自分は逆らえなかったと。

その証言に裁判中にも関わらず逆ギレしてしまう大垣。

罪を認めた会社側は1億ほどの和解交渉で進めてほしいと申し入れてきました。

永島とSLの旅で祝杯を挙げる翔子。

永島に「過去を清算しなくちゃ。」と告げます。

裁判で公開された録音データにはさらに続きがありました。

そこには城野の彼女に嫌がらせメールを送ったこと、そして彼女が会社を辞めて実家に引きこもったという会話が録音されていました。

その女性の元に永島を連れて行きますが、永島は謝ろうとはしませんでした。

「お金で解決させてもらう。」

会社から払われる慰謝料を彼女への示談金にするために多額の損害賠償を求めていたんですね。

もちろん謝罪の意味もあるでしょうが、可愛がっていた部下に、お気に入りの男性を取られた一人の女の意地も感じられました。

そして、Felix & Temma法律事務所では所長の天馬壮一郎(小日向文世)に翔子の調査報告書を手渡す秘書の中沢淳美(宮本茉由)が、失言により天馬を怒らせ頭からワインをかけられていました。

衝撃のラストです。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
最初から、楽しくて目が離せなくなっちゃったわ。

駅弁も美味しそうだった~。

ドラまる
ホストのテクを存分に発揮し、そして超前向き。

結構好きなキャラクターになりそうだよ。

ラマちゃん
ポチが今日も頑張りました。

途中でクズになったけど、再びポチに返り咲いてよかったわ。

ドラまる
米倉さん、向井さん、菜々緒さんが一つの画面に収まると途端に二次元の比率になるね。

ラマちゃん
小日向さんが悪役をやると、本当に怖いのよ。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話あらすじ

2018年10月25日(木) 21:00時から放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話のあらすじをご紹介します。

親睦会でキャンプ場にやって来た「京極法律事務所」の面々は、ヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)と出くわす。

実は、このキャンプ場を流れる川は、2カ月前に女性の撲殺体が見つかった場所。

その後、事件当日に被害女性と夫・浅野洋平(桐山漣)が一緒に現場にいたことが判明したばかりか、浅野には愛人がおり、妻に多額の生命保険を掛けていたことまで発覚! 

浅野は世間から“女の敵”と袋叩きにされ、殺人容疑で逮捕されたのだ。

しかも、ただでさえ情状酌量の余地がないというのに、浅野はなんと「自分は先に帰り、犯行時刻には愛人と会うために新宿にいた」と、無罪を主張! 

大鷹はそんな無謀ともいえる、浅野の弁護を引き受けたのだという。

話を聞いた元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は、裁判で勝った場合は「京極法律事務所」の手柄だと大々的に宣伝するという条件で、調査協力を約束。

さっそく事務所のメンバーに、事件当日の目撃証言を洗い直させる。

一方、肝心の浅野はというと、態度も記憶もいい加減。

どの供述も嘘としか思えないほど、まったく裏付けを取ることができず…。

そんな中、浅野がやっと無実証明のカギとなりそうなことを思い出す。

新宿で高校時代の美術教師・蟹江光晴(岡本信人)夫妻を見かけ、会釈したというのだ! 

翔子と大鷹はすぐさま、蟹江夫妻が暮らす静岡へ。

だが、蟹江も妻の光代(原日出子)も新宿へは行っていないという…。

アリバイ証言ゼロの状態に、頭を抱える大鷹。

そんな中で迎えた公判の日、浅野から飛び出した供述内容に、翔子は引っかかり…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
ゲストの斉藤由貴さんが、足を踏んでも気が付かないタイプを演じるわけないと思っていました。

靴を踏んだと言ってきた人は嘘をついていましたが、踏んだと自覚のある人に示談金を渡すために起こした訴訟だったんですね。

不器用な女性です。

そんな気持ちもちゃんと踏まえて翔子は、山中との示談交渉を受けると言ったのですよね。

裁判の中でポチくんが一生懸命のあまり、暴走してしまい翔子と一緒になって焦りました~。

途中でいったんクズにまで格下げになっていたのは笑ってしまいました。

それでも、Felix & Temma法律事務所相手に青島くんは二勝と言っていいのではないでしょうか。

これからも弱い立場の人の味方でいてほしいですね。

ドラまる
最後の小日向文雄さんの怪演は背筋が凍ったね。

翔子も気を付けないと。

ラマちゃん
次回は保険金狙いのクズ夫を弁護することになるのよね。

ゲストは桐山漣さんよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA