【リーガルV】1話ネタバレと感想。米倉涼子はドクターXを超えられるか?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年10月11日(木)にドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話が放送されました。

ドラまる
ついに米倉涼子さんの新しいドラマが始まるね。

今回は失敗しない医者じゃなくて、失敗しちゃった弁護士だよ。

ラマちゃん
”V”ictoryのために、いわくつきの元弁護士が活躍するのよね。

こちらの記事では、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話あらすじネタバレと感想

マッキンリー商社のスミス社長の葬儀に喪服姿で現れた小鳥遊翔子(米倉涼子)

献花をしつつ情報収集をしていました。

その葬儀で翔子の姿を見たFelix & Temma法律事務所のエース弁護士・海崎勇人(向井理)は怪訝な顔をしました。

海崎と同じくFelix & Temma法律事務所に所属していた翔子は、一年前に事務所を退社し海外逃亡していたはずだったからです。

スミス社長の葬儀に出席した後、翔子は別の代議士の葬儀に参列し、また情報を集めていました。

お金になりそうなもめ事を探していたようですね。

そしてところは変わり、お墓参りをしている若手弁護士の青島圭太(林遣都)を見つけた翔子。

青島が請け負った裁判の敗訴が原因で自殺した女性のお墓参りに来ていたのでした。

その女性が自殺した崖に佇んでいると、後ろから翔子に声をかけられます。

そのまま翔子行きつけの鉄道バーに連れて行かれた青島は、翔子がFelix & Temma法律事務所に採用試験を受けに行った時の面接官だったことを思いだしました。

極度の緊張から面接に失敗し、落とされてしまいましたが翔子はそんな彼を「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう。」と誘います。

翔子は、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)にも声をかけ”正義の法律事務所”を立ち上げていました。

その京極が大学教授を退官する日。

教え子の元検事の弁護士(通称ヤメ検)・大鷹高志(勝村政信)も駆けつけていました。

大鷹は京極から事務所開設の話を聞いて、詐欺ではないかと怪しみました。

そもそも携帯もつながらないですし、もらった名刺も名前しか書かれていないものでしたよね。

翌日、話自体を疑っている大鷹と一緒に京極が事務所の前に出向くと、ちょうど翔子がやってきました。

そこには「京極法律事務所」の看板があり、用意された名刺に書かれた代表弁護士という言葉に上機嫌の京極さん。

京極さんの楽天的な性格がお茶目でかわいいですね。

同じ日、青島が出勤しようと電車に乗っていると、痴漢騒ぎに遭遇しました。

被害者は大学生の三島麻央(山谷花純)。

容疑者は一流企業「君島化学」の社員・安田勉(児嶋一哉)でした。

やっていないと容疑を否認する安田に名刺を渡しす青島。

その後、事務所に到着した青島はFelix & Temma法律事務所に採用されたと思っていたと翔子にかみつきますが、「弱者のための事務所よ」という言葉を聞き京極法律事務所で働くことになりました。

そして、続いて事務員のパラリーガルの面接が行われました。

やってきたのは元銀行員の伊藤理恵(安達祐実)と元警備員の馬場雄一(荒川良々)です。

二人とも経歴に国家ミッション=服役がある人物でした。

しかし翔子は意に介さず更生した弱者を見放せないという理由から採用してしまいます。

パラリーガルも決まり、意気揚々と発進した京極法律事務所ですが、青島が最初に持ってきた案件が痴漢冤罪と知りやる気をなくす面々。

クズ案件とまで言ってしまった翔子ですが、青島による駅弁誘導で安田の接見に行くことになりました。

痴漢の無実の証明は悪魔の証明とまで言われるほど難しいものでした。

示談を勧める翔子たちに、安田は断固反対の意志を示します。

さらに、逮捕された日が特許出願の日だったと聞き目の色が変わる翔子。

安田が開発した特許の見込み利益は300億の価値がありました。

一方、君島化学の顧問弁護士だった海崎も安田と接見し、否認を続けるならば会社を辞めてもらうと脅しをかけてきました。

海崎と遭遇した青島くん、早速翔子から「ポチ」の名前を与えられてしまいましたね。頑張って!ポチ!

海崎との接見後、すべてを放り投げてしまった安田は示談を受け入れようとします。

しかし、翔子は「白旗、揚げちゃいけない時がある。今がその時。あなたには戦う権利がある。」と、これを認めませんでした。

無実を勝ち取るために、翔子たちは現場に戻ります。

目撃者探しや、被害者の身辺調査を行いました。

そして、被害者の三島麻央が水商売のバイトをしていることをつかみます。

25歳と偽って、麻央が務めているお店に面接に行く翔子のふてぶてしさに脱帽です。でも美しいから許される?

公判の日。

しどろもどろになる青島に、傍聴席の翔子は苛立ちを隠せませんでした。

次回の公判はヤメ検の大鷹に頼もうとしますが、大先輩の検事や裁判官だと知り尻込みしてしまいます。

結局、再度開かれることになった公判では再び青島が法廷に立つことになりました。

公判の前、三島に偽証罪は罪になることをそれとなく伝える翔子。

これ、大学生にはかなりのプレッシャーになりましたよね。

公判で呼び込まれた新たな証人・鉄道の専門家とは、鉄道検定1級を持つ翔子のことでした。

被害者が乗っていた車両の違和感、並びに被害を受けたはずなのに同じ車両に再び戻ってきたこと、そして、窓に映った被告の顔が当日のその車両では見ることができなかったことなど、次々に彼女の証言の嘘を暴いていきました。

嘘を暴かれてしまった被害者は泣いて謝罪を繰り返しました。

後日、被害者からの被害取り下げが申請され安田は無実で釈放されることになりました。

無事に特許が出願された君島化学では安田の同僚の冨樫が部長に昇進していました。

そこへ安田が無実になったという知らせと共に、京極法律事務所から100億の損害賠償通知書が届きます。

さらに京極本人が乗り込んできて、特許に関する内紛の告発をすると通達しに来ました。

その場に同席していた海崎は、「こちらの負けです」と白旗をあげます。

その頃、無実の知らせを聞いた富樫は安田の家に駆けつけていました。

表向き「次の仕事を探す手伝いをする」という富樫でしたが、翔子はある映像を入手していました。

ホストクラブで麻央が、50万で安田に対する痴漢冤罪を依頼されたという話をしている映像でした。

依頼主の名前は「富樫」。

友人だと思っていた安田にはショックだったことでしょう。

和解交渉の末、勝ち取れた金額は3億。

京極法律事務所の船出は上々となりました。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
キャストが豪華すぎると思ってたけど、みんなきっちり個性が際立っていて楽しかったね。

ラマちゃん
鉄道オタクが裁判で発揮されるなんて思わなかったわ~。

ただのキャラ付けかと思ってたわ。

ドラまる
安定のコンビだね。掛け合いが最高!

ラマちゃん
始まる前からけんとくん人気が大変だったわ。

しっかりポチと命名されちゃったわね。

ドラまる
どっちの青島も熱い男だね。

ラマちゃん
国家ミッションって(笑)

懲役のことをこんな風に言えちゃうんだっていう驚きが。

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はビデオパスで全話見放題視聴可能です。

Tverはこちら

ビデオパスはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信状況が変更になっている場合もありますので、詳細は各サービスの公式ホームページにてご確認ください。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話あらすじ

2018年10月18日(木) 21:00時から放送のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話のあらすじをご紹介します。

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。

女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に…。

納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったのだという。

知的で奥ゆかしく、とてもパワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は懐疑的。

そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だとにらみ、弁護を断ろうとする。

ところが…美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることに。

美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。

ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データを聴いた「京極法律事務所」の面々は、早くも敗訴を確信してしまうことに…。

そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!

しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。

やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。

ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

大門未知子から小鳥遊翔子へとバトンタッチです。

あくまでもただの管理人という割には、しっかり裁判に食い込んできましたね。

拡大版だったことを忘れるくらい楽しんで視聴することができました。

林遣都さんや小日向文雄さん、向井理さんに高橋秀樹さんと言いだしたら切りがないほどの豪華キャスト。

皆さんの魅力を余すところなく堪能できる秀逸なドラマとなっていました。

今回救った被告人は痴漢冤罪のアンジャッシュの児嶋さんでしたが、いろんなドラマで拝見しますがいい演技をされますね。

翔子によって、スカッと冤罪が証明されて本当によかったと感情移入してしまいました。

ポチの青島くんもただ青いだけじゃなくて、一本筋の通った青年弁護士でこれからの成長に期待です。

ドラまる
次回は、ゲストに斉藤由貴さんだよ。
ラマちゃん
パワハラで訴えられちゃうのよね。

裏方のはずなのに表舞台に出てきちゃう翔子がどこで出てくるのか楽しみだわ~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA