【獣になれない私たち】8話ネタバレと感想。橘カイジのキャストに衝撃!

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・新垣結衣&松田龍平主演『獣になれない私たち』
ドラまる
2018年秋ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』第8話が2018年11月28日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
ついに京谷に別れを告げた晶。

しかし、9話では京谷の元カノ・朱里が晶の会社の面接を受けに来るようだし一難去ってまた一難って感じね!

こちらの記事では、ドラマ『獣になれない私たち』第8話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第8話のあらすじネタバレと感想

呉羽(菊地凛子)の夫でヒットゲームクリエイター・橘カイジの会社の上場を手伝うことを決めた恒星(松田龍平)。

ですが、打ち合わせを何回も直前にキャンセルされていました。

それを聞いた晶(新垣結衣)は、「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジは恒星を意識していて会いたくないのではないか?」という仮説をたてます。

そんな晶は、ツクモ・クリエイト・ジャパンの業務改善に向けてついに積極的に動き出しました。

業務改善の提案として、社長の九十九(山内圭哉)にスタッフを増やすことを提案ました。

すると、思いの外あっさりと了承をした九十九。

退職届を提出した佐久間(近藤公園)から「経営者に向いていない」と言われショックを受けていたのでした。

先日、面接希望があったことを知った晶はその面接希望者に早急に来てもらうことに。

そして面接当日現れたのは、なんと京谷(田中圭)の元カノ・朱里(黒木華)でした!

最初は朱里の採用に異論を示していた九十九でしたが、朱里が晶の知り合いと知った途端、即採用を決意。

そこで、朱里から京谷がマンションを出ていったことを聞きます。

一方、会計監査の仕事中の恒星に一本の電話が。

失踪していた兄・陽太(安井順平)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして警察に捕まったという連絡でした。

陽太は失踪してから日雇いの現場を転々としていたそうですが、ケンカに巻き込まれて怪我を負ってしまい働けなくなってしまったとのこと。

それで食べていくのに困ってついついやってしまったというものでした。

陽太には妻子もいますが、失踪中は妻と子供にも会っていなかったことから妻子だけは連絡しないで欲しいと刑事に頼み込んだ陽太。

そこで、陽太の処分が決まるまで自分の事務所に連れてきた恒星でしたが、目を離した隙に陽太が事務所から逃走。

陽太を追っていた時に偶然晶と遭遇した恒星は、陽太が戻ってくるかもしれないからと晶に事務所で待っていてくれと頼みます。

結局陽太は見つかっず事務所へ戻ってきた恒星。

そこで、晶に陽太のことについて話し始めます。

陽太は父親の工場を継いでいましたが、震災により工場の経営が困難に。

その後自転車操業を始めたもののうまくいかず借りてはいけないところから借金をした挙句、会社は倒産。

心身共に傷ついた陽太は、失踪してしまった…とのこと。

そんな兄を本心では助けたいと思っている恒星でした。

一方、朱里は正式にツクモ・クリエイト・ジャパンの社員となりましたが初日から遅刻。

初日から休もうとしている朱里に、遅刻でもなんとか来るようにと伝えた晶。

なんとか昼過ぎに出勤してきた朱里でしたが、そこに仕事の用事で京谷が現れました。

思わず隠れる朱里でしたが、晶は朱里に京谷への土産を渡すよう動きます。

京谷は元カノ2人と仕事場で顔を合わせることとなり驚愕。

そんな京谷の姿を見て笑いあう晶と朱里でした。

その夜、「5tap」に京谷が現れます。

京谷は晶に「恒星と付き合うのか」と聞きますが、晶は恒星とはあくまで飲み友達だからその発想はなかったと言います。

その後、恒星がいつものように「5tap」で飲んでいるとタクラマカン斎藤(松尾貴史)との会話に入ってきた男が。

なんと、呉羽(菊地凛子)の夫・橘カイジ(飯尾和樹)でした。

夢ばかりを語るカイジに思わず当たってしまった恒星。

しかし、呉羽と波長の合いそうな調子のい男でした。

そんな中、晶は恒星の事務所の前で立ち尽くしていた陽太と遭遇。

それが陽太だと察した晶は「手を貸して欲しい」と言って三郎(一ノ瀬ワタル)が働くラーメン屋へ行きます。

そこで晶は自分と陽太が似ていると恒星に言われたことがあるという話をしました。

それを聞いた陽太は、晶に32583円貸して欲しいと頼みます。

陽太の頼みを聞いてお金を貸した晶。

それを晶から聞いた恒星は、そのお金が別居中の奥さんへ送金するための金だと陽太の妻から聞きます。

しかし、陽太の妻はお金は送らなくていいから、その代わり離婚届を送って欲しいと言ってきました。

その後、陽太は初犯だることから不起訴処分に。

妻とのことを聞いた恒星は、陽太を妻のところへ連れていきます。

離婚を希望していた妻でしたが、陽太が目の目に現れると思わず陽太に抱きついていきました。

陽太を送り出した恒星は、その夜また晶と飲みました。

飲み友達だった2人の関係が少しずつ変化し出して…?

…以上が「獣になれない私たち」8話の大まかなあらすじ。

今回は、恒星中心の回でしたね。

恒星と陽太兄弟の関係がよく描かれていたのではないでしょうか。

そして、ずっと視聴者が注目していた「橘カイジ」の正体がついに判明!

これは驚愕でしたね。。

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第8話のネットの反応や評価は?

ドラまる
カイジ役がまさかのずんの飯尾和樹さんだったことに衝撃!
ラマちゃん
まさかのキャスティングだったわよね。。

ドラまる
演技力も不評だったようね。。

ドラまる
晶と朱里が結束したシーンは面白かったね。
ラマちゃん
まさかの結束のシーンだったわね。

でも、朱里もこれからだいぶ変わっていくんじゃないかしら?

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『獣になれない私たち』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『獣になれない私たち』8話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』9話のあらすじは?

2018年12月5日(水)放送のドラマ『獣になれない私たち』9話のあらすじをご紹介します。

晶(新垣結衣)が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモクリエイトジャパンの雰囲気はどんどん良くなっていた。

松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も仕事の結果がだせるようになり、入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいる。

そんな中、社長の九十九(山内圭哉)が今度は晶を『営業部の特別チーフクリエイター部長』に昇進させることを発表。

その代わり、今まで晶がやっていた細々とした業務は全て新人の朱里が「社長秘書」としてやることになり、驚く社員一同。

晶と朱里はとまどう。

恒星(松田龍平)と呉羽(菊地凛子)の5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載された。

橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返され、みんなのオアシスだった5tap前にも記者が張り込むようになってしまう。

夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が京谷(田中圭)のマンションに突如遊びに来る。

そこで鉢合わせたのはとっくに別れたと聞いていた朱里!

朱里はなんとかマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』第8話のあらすじネタバレと感想と9話のあらすじをご紹介しました。

今回は、恒星と陽太の兄弟愛が印象的でした。

新垣結衣さんと松田龍平さんのW主演とのことでしたが、ここにきてようやくW主演ぽくなってきたのではないでしょうか。

そして、橘カイジの正体も判明!

こちらは衝撃的でしたね。。

ドラまる
カイジの出番は今後もあるのかな?
ラマちゃん
どうせなら呉羽や晶とも絡んで欲しいわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA