獣になれない私たち6話ネタバレと感想。呉羽の結婚の真相が判明!

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・新垣結衣&松田龍平主演『獣になれない私たち』
ドラまる
2018年秋ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』第6話が2018年11月14日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
ようやく朱里と別れる決断をした京谷。

しかし、6話では朱里の反撃が…!

こちらの記事では、ドラマ『獣になれない私たち』第6話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第6話のあらすじネタバレと感想

晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の路上でのキスを目撃した呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)。

4人は、その足で5tapで飲むことにしました。

すると、呉羽はこれから夫・橘カイジの仕事関係のパーティーに行こうと4人を誘います。

晶と約束があるからと恒星が断ったことで、結局橘カイジのパーティは三郎だけが行くことに。

晶との約束というのは、パーティに行く勇気がなかった恒星が、断る口実としてとっさについた嘘でした。

しかし、カイジについて気になって仕方ない恒星は、三郎にパーティーについて聞きだします。

すると、三郎から聞き捨てならない情報が。

呉羽とカイジが偽装結婚かもしれないというのです。

それを聞いた恒星は、「メタモルポセス」へ。

カイジのパーティーに参加した従業員から、偽装結婚について聞き出そうとしたのです。

そこで、呉羽が前の事務所に訴えられたことを聞きます。

恒星は5tapへ行き、斎藤と情報共有を。

そこへ、1人の女性が入ってきます。

朱里(黒木華)でした。

部屋に残された京谷の荷物の中から、晶からきていた年賀状を見つけた朱里は、ふと京谷の会話を思い出し5tapへ寄ることにしたのでした。

斎藤と恒星の会話に「橘カイジ」の名前が出てきたことをきっかけに、ゲームについて楽しく語りだした朱里。

ところがそこへ晶も入ってきて、朱里は思わずトイレに隠れます。

今度は晶も交えてカイジの話題に。

晶は、呉羽が前の事務所は契約違反で訴えられたという事実を知っていました。

その事実を共有した2人は、呉羽の偽装結婚の真相について可能性を考えました。

もし呉羽が契約違反を理由に訴えられ、裁判を強いられたとした場合、なおかつ呉羽の会社とカイジの会社が提携をしていたら、カイジと結婚することで裁判を回避できるかも…と。

一方、トイレに隠れたままの朱里は結局晶にバレないよう店を出るため飲み逃げをしてしまました。

顔を隠したまま店を出ていったものの、晶はそれが朱里ではないかと察します。

その後、恒星は呉羽がカイジと結婚したのと同時に裁判が取り下げられたことも知り、偽装結婚説はますます濃厚に。

そんな中、再び「メタモルポセス」へ訪れた恒星。

すると、晶の呉羽が話をしていました。

「なんで結婚したんですか?」という晶の言葉をきっかけに、カイジとの結婚の真相について語りだした呉羽。

実は呉羽は子宮を摘出する手術をしており、子供が作れない体になっていました。

恒星とは楽しく過ごしていたけれど、そのことを恒星に話せなかったと話す呉羽。

恒星は「子供を作れないことは大したことではない」と言ってくれるだろうと思いつつも、打ち明けることはできなかったと晶に本音を話しました。

一方、カイジにはそれを話せたという呉羽。

そのやり取りを聞いてしまった恒星はその場から立ち去ります。

恒星がいたことに気づいた呉羽は、晶に恒星のフォローを頼みます。

そこで晶は、呉羽が思っている以上に恒星は呉羽が好きだってことを伝えた方がいいと告げます。

そのころ、朱里は飲み逃げで警察に突き出されることを恐れ、5tapに電話を。

そこで斎藤から代金は晶が代わりに支払ったと聞き晶への怒りがこみあげた朱里は、千春(田中美佐子)からの届け物を勝手に受け取ってしまい…。

…というのが「獣になれない私たち」6話の大まかなあらすじ。

6話は恒星中心の回でしたね。

呉羽の結婚の真相が明らかとなりました。

ちょっと意外な理由でした。

しかし、結局6話では「橘カイジ」の正体は明らかになりませんでしたね。

呉羽との関係についてはそれ以上のものはない気もしますが、やはり橘カイジはキーパーソンとなっている気がします。

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第6話のネットの反応や評価は?

ドラまる
一見軽そうな呉羽だけど、実は繊細な女性だったんだね。
ラマちゃん
そこに気づいていなかった恒星。

晶の言うように、もっと呉羽に対する思いを伝えた方がいいかもしれないけど、そこをちゃんと理解しないと続かない気もするわ。

ドラまる
晶の荷物を勝手に受け取る朱里と「今の晶はかわいくない」と言う京谷。

この2人には相変わらずイライラするねー。

ラマちゃん
結局、朱里に愛想をつかした京谷にとって、晶はそれを忘れさせてくれるだけの存在だったってことかしら?

ドラまる
田中圭ファンもイライラするほどの京谷のクズ度!
ラマちゃん
ファンすらイライラさせる田中圭さんの演技力もすごいってことも言えるわね!

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『獣になれない私たち』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『獣になれない私たち』6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』7話のあらすじは?

2018年11月21日(水)放送のドラマ『獣になれない私たち』7話のあらすじをご紹介します。

恒星(松田龍平)が封筒に入った大量の現金を持っているのを目撃してしまい、とまどう晶(新垣結衣)。恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話す。その告白を真剣に聞く晶に「…という映画の話」と言って話を変えてしまう恒星。

社長の九十九(山内圭哉)の発案で、録音機能付き監視カメラがついたツクモクリエイトジャパン 。
その息苦しさと緊張感に松任谷(伊藤沙莉)も上野(犬飼貴丈)もバテ気味・・・。
強引な社長のやり方に会社全体の空気が停滞していることを晶と佐久間(近藤公園)は心配する。

一方、寝たきり状態だった京谷(田中圭)の父の容態が悪くなり、病院にいれるかどうかで千春(田中美佐子)と家族の間はもめていた。
京谷とケンカしたままでそんな状況をしらない晶は、千春と連絡がつかないことを心配しながら夜遅くに帰宅。すると、アパートのドアの前でなぜか眠り込んでいる朱里(黒木華)を見つけ・・・。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』第6話のあらすじネタバレと感想と7話のあらすじをご紹介しました。

今回は、呉羽のシーンに胸を打たれました。

呉羽を誤解していた恒星。

今後、カイジとの対決となるのでしょうか?

ドラまる
呉羽と恒星、そして晶の三角関係の行方は?
ラマちゃん
京谷は朱里をどうにかするって問題もまだ消えていないわね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA