獣になれない私たち5話ネタバレと感想。母・千春の馴れ初めに感動!

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・新垣結衣&松田龍平主演『獣になれない私たち』
ドラまる
2018年秋ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』第5話が2018年11月7日(水)に放送されたね!
ラマちゃん
晶と朱里がついに対面!

この修羅場は5話の大きな見どころになること間違いなしよね!

こちらの記事では、ドラマ『獣になれない私たち』第5話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第5話のあらすじネタバレと感想

晶(新垣結衣)は、京谷(田中圭)の家に4年も暮らし続ける元カノ・朱里(黒木華)と向き合うため1人でマンションに会いに行きました。

元カノと今カノが彼不在のまま同じ部屋にいるという異様な空気が流れます。

そんな異様な空気の中、晶は朱里を責めるつもりはないと前置きをしつつ、核心に触れる質問をぶつけました。

「ここを出て行くつもりありますか?」

それに対して、「もし出ていくつもりがないと言ったら?}と朱里。

その朱里の問いかけに対し、晶は「別れる」と即答しました。

そのころ、晶と一夜を共にしたと聞いて思わず恒星(松田龍平)を殴ってしまった京谷は、我に返り恒星に謝罪。

自分が恒星を殴れる資格はないと反省をします。

一方、晶と朱里の修羅場はまだ続いていました。

あくまで生活のためにここを出ていきたくないと話す朱里。

京谷が好きだからではないのかと晶から問いかけられると、朱里は「(晶と)付き合うから出ていけ」と言われたのになぜ自分だけ京谷を好きでい続けなければならなのかと言います。

さらに、感情的になって晶に主張をぶつける朱里。

それをみて、晶は自分との違いを改めて突きつけられました。

マンションに帰ってきた京谷は、、客用のティーカップを見つけました。

「誰かきてたのか?」と朱里に聴きますが、晶がきたことは言わずにごまかしました。

一方、晶は朱里と会ってから、今まで以上に笑顔で仕事を完璧にこなします。

社長の九十九(山内圭哉)に対しても素直になり、ご機嫌な九十九。

プライベートでも鼻歌を歌ったりと妙に明るくテンション高くなり、恒星はそんな晶を不審に思います。

そんな中、京谷は朱里に改めて話をします。

また説教されるのかと身構えする朱里でしたが、そんな朱里に対して京谷が口にしたのは意外な言葉でした。

「ここを出ていかなくていい。」

京谷から意外なことを言われ驚く朱里でしたが、それは京谷がマンションを出ていくという京谷の出した結論故の言葉でした。

「愛せなくてごめん。」

こう言い残した京谷はこうして、朱里の前から去っていきます。

そして、晶に連絡。

ですが、今京谷に会えばまた許してしまうと思った昌は京谷に会いたくありません。

偶然、恒星と遭遇した晶は恒星とキスをしているところをわざと京谷に見せつけて…。

…というのが、けもなれ5話の大まかなあらすじ。

なんかすべての登場人物が面倒くさいですね。

いろいろこじらせてます。

ようやく朱里の元から離れる決断をした京谷でしたが、朱里がこのまま大人しくはしないだろうと思ってましたが、予告を見る限りやはり朱里の反撃がありそうですね。

まだまだ京谷は安心できなさそうです。

しかも、晶と恒星のキスを目撃!

こりゃこれまでのツケがまわってきたか?

6話以降も目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』第5話のネットの反応や評価は?

ドラまる
朱里に自分との違いを突きつけられた晶が鼻歌を歌いながらテンション高くなってたシーンは怖かったね。。
ラマちゃん
ホラー要素あったわね。

でも、この状況じゃ晶はいつ壊れてもおかしくないわ!

ドラまる
千春さんの馴れ初めが明らかに!
ラマちゃん
千春と克巳のエピソードは素敵だったわね。

なんか別のドラマを見てる気分にすらなったわ!

スポンサーリンク

ドラマ『獣になれない私たち』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『獣になれない私たち』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『獣になれない私たち』5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』6話のあらすじは?

2018年11月14日(水)放送のドラマ『獣になれない私たち』6話のあらすじをご紹介します。

晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の路上でのキスを目撃した呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)。
そのまま4人で5tapで飲むことに。呉羽は2人のキスを見ても全く態度が変わらず上機嫌。

今からみんなで夫の橘カイジの仕事関係のパーティーに行こう!と誘うも、恒星は晶と約束があるからいかないと冷たく断る。
しかしカイジのことが気になっている恒星は、後日パーティーの様子を三郎から聞き出そうとするも肝心のことがよくわからない。そんな中、恒星は呉羽とカイジの結婚についての「不穏な噂」を聞いてしまう…

一方、朱里(黒木華)が居座り続けるマンションから遂に出てきたことを晶に告げられないままの京谷(田中圭)。
朱里は部屋に残された京谷の荷物の中から、晶からきていた年賀状を見つける。
住所をみた朱里は晶の家に向かうも、ふらっと5tapに立ち寄る。そこではちょうど恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)が話し込んでおり、なぜか朱里も一緒に話の輪に入って飲み始め・・・

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』第5話のあらすじネタバレと感想と6話のあらすじをご紹介しました。

やはり、晶と朱里の対決は見ごたえありましたね!

京谷がマンションを出て行ったことで、晶と朱里のバトルはまだまだ続きそうです。

また今回は、千春の馴れ初めが素敵でした。

唯一の癒しでしたね。

一方、晶はだいぶメンタル壊れかけてきましたが、6話ではそんな晶を呉羽が抱きしめるようで…これはムネアツです!

ドラまる
橘カイジの存在も気になるね!
ラマちゃん
もしかして、呉羽自身だったりして?

6話も見どころ満載ね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA