ハラスメントゲーム|2話の動画見逃し無料視聴はこちら【10月22日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

唐沢寿明さん主演ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話(2018年10月22日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ハラスメントゲーム』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ハラスメントゲーム』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ハラスメントゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ハラスメントゲーム』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ハラスメントゲーム』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年10月22日(月)放送終了〜2018年10月29日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送前ですが前クール『ラストチャンス 再生請負人』の傾向から、最もお得に『ハラスメントゲーム』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハラスメントゲーム』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハラスメントゲーム』の配信状況は以下のようになると思われます。

ドラマ『ハラスメントゲーム』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ハラスメントゲーム』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
一応、有名動画サイトへのリンクを貼っておくけど、自己責任で視聴するようにしてね!
ラマちゃん
もし上記の動画アップロードサイトで見られない場合は、以下のParaviへのリンクからご覧ください!

2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじは?

2018年10月22日(月)22時00分より放送のドラマ『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじをご紹介します。

開店を3日後に控えた品川店で騒動が勃発。

大竹満寿子(余貴美子)を始めとするパート18人が突然辞めると言い出したのだ。

秋津(唐沢寿明)の巧みな話術で社長・丸尾隆文(滝藤賢一)のセクハラが原因だと判明するが、詳細はわからぬまま。

しかも丸尾には身に覚えがなかった。

さらに店内で女性社員に対する満寿子(余貴美子)らの“世話焼きハラスメント”も明らかに。

その話を聞いていた高村真琴(広瀬アリス)は社長のある言葉を思い出す。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ラベンダー
マルオースーパー品川店開店前にパート従業員18人が辞めると言い出したので、品川店が無事にオープンを迎えることができるのかが楽しみなポイントである。

パート従業員が辞めると言い出した原因が丸尾社長のセクハラだと秋津が言っているが、丸尾社長に身に覚えがないようなので本当のところはわからないままで終わるような気がする。

パート従業員たちのおかげもあって、スーパーは成り立っていることもあるので、そういう面も盛り込まれると思う。

パートの大竹さんが女性社員に世話焼きハラスメントを行っていることが明らかになるが、大竹さんみたいな人がいることで、うまくコミュニケーションが成り立っていることに社員たちも気づいてくると予想する。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

たま
予告では、開店を控えたマルオースーパーのパートさんがたくさん辞めるとありました。

パートさん同士の中でか、社員が絡んでくるのかは分かりませんが、その中でもハラスメントが起こっていて、秋津さん、高村さん、そして少し心を開きかけてくれるであろう弁護士の矢澤さんが力を合わせて事件を解決してくれることが楽しみです。

一話目のように、ハラスメントをしていると自覚していない人に、しっかりとしていることを伝えて、改善する余地を与えて欲しいと思います。

オープニングでは、「今日は被害者、明日は加害者」という言葉を言われていたと思います。

その言葉を胸に刻みながら、自分が加害者にならないように考えながら見ることが楽しみであり考えポイントです。

ペンネーム:たま(30代・女性)

なるとちまき
次回はセクハラが原因でスーパーのパートさんが全員やめるという事ですが、おそらく店長が変態店長なのかなと思います。

それか、辞めたいパートさん全員という事なので女性差別によるセクハラなのかもしれません。

オープンする予定のスーパーでのセクハラなので、やはりパートさんだけ何か待遇が良くない事が起こっているのかなと思います。

それを主人公が解決していくという事だと思うのですが、その解決方法がどの様な物なのかが楽しみです。

主人公とイケメン弁護士との関係性も気になるところです。

クズ中のクズ!というセリフもあると思うので、それも楽しみにしています。

ペンネーム:なるとちまき(30代・男性)

ぴよちゃん
第2話ではオープン間近の品川店のパート18人がセクハラを理由に辞めるということなので上司がどんなセクハラをしたのか気になります。

18人もの人数なので余程のことだと思います。

上司がどういう人なのかも気になります。

高村は女性なのでパートたちの気持ちが分かると思うので調査などに活躍してくれることに期待しています。

秋津の見事な問題解決にも期待しています。

富山の秋津の家族のやりとりも楽しみにしています。

第2話でも秋津の奥さんはまだ怒っているのか気になります。

弁護士の矢澤は高村のことを気になっているように見えたのでそれに関しても楽しみです。

早く第2話が見たいです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

とも
毎回1話完結という形なので、2話目が楽しみです。

唐沢さんが、どのように解決していくのかが楽しみです。

そして、最近、話題になっているハラスメントを取り上げたドラマなので、色んな意味で勉強になると思いました。

パワハラ、ハラスメント、コンプライアンス、よく出てくる言葉ですが、実際に事例を通して、認識を深めたいと思いました。

仕事をしているすべての人に観て欲しいと思いました。

主人やスーパーで働いている知人とかにもこのドラマを勧めてみようと思いました。

最近話題のハラスメントをテーマに取り上げたドラマなので、録画してでも観たいと思いました。

ペンネーム:とも(40代・女性)

えまもん
次の問題が起こるのは、ちょうどオープニングのお店のパートさん何十人が、いきなり辞めると言い出したっていうところで最後になったので、びっくりな感じですがすごい気になりました。

きっとパワハラが、原因でみんな辞めると言い出したと思いますが、1人のパートだけじゃなく10人以上が辞めると言いだすのは、相当なことがない限りあり得ないので、ここからどうやって本社の方、主人公の秋津や、社長が対応していくのかが見どころだと思います。

あと、秋津と、常務の確執もありそうな感じなところが気になりますし、秋津が本社で働いている時に、2人は何かあったのかな?と思います。

敵対してる2人は、今後どうなっていくか見どころです。

ペンネーム:えまもん(30代・女性)

2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

りえ

『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレ

今回はパートによくある人間関係や本社や社員のパートに対する扱いです。

人数が多い程、人間関係がたいへんであり、難しいです。

世の中には沢山の大手企業で働くパートさんがいて、各支店での色もよく描写されていたと思います。

基本的に移動のないパートさんが、なんとかみんなとあわせて上手くいくように回りにあわせていくが、本当の気持ちが出せない人間関係が現実の自分達の悩みとよく当てはまりました。

そして必ず居る仕切る主の様な存在のパートさんか結託から孤立していくところがリアルでした。

本社の信じた人の裏切り、救ってくれた人、こんな上司がいたら有難いですね。

『ハラスメントゲーム』第2話の感想

1話より身近で面白かったです。

自分も正社員で働く体力がないので、出来る範囲でパートとして働いています。

人件費削減にパートに入る時間が短くなったりします。

皺寄せはパートにきます。

本社の通達に適応し、頑張って達成しても、売上げに対する提案も受け入れられることはありません。

しかしその行為は他の時間をやりくりして時給貰っているばいいじゃないという考えのパートさんからは煙たがられます。

表面上はニコニコしながらも、端々の行為でのけ者にしていることも分かります。

人間関係の必ずある悩みが顕著に描かれていました。

思い当たる節のある方も多かったのではないでしょうか。

ペンネーム:りえ(40代・女性)

ぴよちゃん

『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレ

品川店オープン3日前になってパート18人が辞めるというトラブルがありました。

原因は丸尾隆文社長のセクハラです。

丸尾は身に覚えがありませんでしたが、高村真琴が気づき矢澤光太郎に広報の映像を見せてもらいました。

するとカットされていて、カットする前の映像を見ると丸尾社長が若くてフレッシュなコンセルジュを置く、疲れた中年のパートを見るとガッカリするという発言でした。

秋津渉は辞めても雇用保険は支払われないと言って辞めたくない数人の話を聞くことに成功しました。

リーダーの竹村に賛同できない空気だと言うのです。

秋津は竹村だけを契約解除して他の17人に戻ってもらおうとしました。

しかし17人のぱーとやコンセルジュたちは竹村が必要だと言いました。

最終的には竹村も入れて全員で無事に品川店のオープンを迎えました。

竹村に社長の映像を漏らしたのは水谷取締役でした。

『ハラスメントゲーム』第2話の感想

最初に18人もパートが一気にに辞めると聞いて、お店が成り立たなくなるので私もハラハラしながらこのドラマを見ていました。

たしかに社長の疲れた中年のパートを見るとガッカリすると言われたら、私も怒ると思います。

またカットされたのに竹村に水谷が密告していたのには怖いと思いました。

竹村は他のパートに煙たがられることもありましたが、社員以上に頑張って働いているのを見て尊敬しました。

また泣きながらあえて自分が悪者になっていると言ったのを聞いて感動しました。

波乱はありましたが、このことをきっかけに品川店の従業員の絆は強くなったと思います。

第2話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

パート

『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレ

主役の勤めるスーパーマーケットの新宿店がまもなくオープンというところなのに、急にパートの女性たちが社長のセクハラで、ストライキのような行動をおこした。

それをどうにか解決しようと、主人公たちが第1話同様に、あれこれ知恵を働かせて、なんとか解決に導いていく。

そしてどうにもならないかもしれないというところだった、会社の危機を救っていくというストーリー。

このドラマのタイトルを表現するように、セクハラ以外にも、いろいろなハラスメントの名称が出てきて、ストーリーの中に盛り込まられているけれど、あまり聞いたことがないようなものも出てきて、ちょっと分かりにくい。

『ハラスメントゲーム』第2話の感想

どけか頼りないようにも見える、唐沢寿明さんが演じる主人公ですが、実際はとても賢くて、思いやりのある、会社思いの人だということが第2話でもとても伝わってきました。

また、今回のストーリーの中心となったパート従業員かんの会社を思う気持ち、同僚のパートさん達を思う気持ちが、今時そういう人はいるのかな?と思うくらいでした。

やはり、出演されている、俳優さんや女優さんの演技が素晴らしいから、現実的でないような大袈裟なことも見ていられるのかもしれないですね。

現代社会では、ハラスメントの問題はとても多いということを考えさせられます。

ペンネーム:パート(40代・女性)

グリーンリンク

『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレ

開店前にパート18人が辞めようとする騒ぎが起こり、解決にコンプライアンス室長秋津と部下の高村真琴が乗り出す。

騒ぎの理由を言わないパート職員の大竹満寿子達に秋津は店長、コンシェルジュの女子社員達、顧問弁護士の矢澤から提供された丸尾社長のセクハラ発言映像と様々な方向から騒ぎの真相へとたどり着いていく。

その独自の行動や発言に高村達から反発されつつだったが、満寿子をクビにする芝居をうち、同時に満寿子を救いスーパーの開店に笑顔で復帰させた秋津、そして満寿子を誘導した犯人は社長と対立している常務の脇田の息の掛かった取り締まり役の水谷だったと脇田本人に報告する。

そして社長には言っていませんと不敵な笑みで部屋を出ていく秋津だった。

『ハラスメントゲーム』第2話の感想

毎回色んなハラスメント用語が飛び交いながら、それによる騒ぎが起こりますが本編のストーリーと同時に会社の権力争いや不審な行動をする秘書等と様々な思惑が騒ぎに関係していて、その狭間で奔走していく主人公の秋津と部下の真琴達。

と、複雑で分かりにくくなりそうな展開が続きますが、最後にはキチンとまとめられていて、秋津ね突飛な行動も納得出来る様に考えられており、その様々な犯人達の動機に対して熱く語る主人公が痛快な気分にさせてくれる、そんなドラマだと思って視聴させて頂いています。

個人的には今回も「世話ハラ」等という知らなかったハラスメントも大変勉強になりました。

ペンネーム:グリーンリンク(40代・男性)

やま

『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレ

大手スーパーの新規オープン予定の品川店舗で、女性パート社員18人が、社長からセクハラにあったと訴えを起こし、退職すると言いだす。

しかし、社長には全く身に覚えがない。

コンプライアンス室の秋津(唐沢)が、問題解決に乗り出すが、セクハラの詳しい内容は、分からない。

そんな中、女性パート社員をまとめている、大竹 (余)が、世話を焼きすぎるという、お節介ハラスメントをしていることも分かる。

大竹が、パートみんなを仕切っていて、今回の騒動が起こったことが分かり、セクハラと訴えた理由は、大竹が社長の広報のインタビューで失言したからだと分かった。

実は、社長を失脚させようともくろんでいた水谷取締役(佐野)が、インタビューの映像を大竹に見せていたのだった。

『ハラスメントゲーム』第2話の感想

今回のハラスメントは、水谷取締役によって仕組まれたものであった。

秋津が、クズ中のクズ!と怒鳴るシーンは、迫力があります。

インタビューで、ちょっと言った言葉が、ハラスメントなのかどうなのかという判断は、とても難しいと思いました。

相手が、ハラスメントと受け取ったら、ハラスメントになってしまうので、言動や行動に細心の注意が必要だと思いました。

現代社会において、ハラスメントは、よく取り上げられているので、いろいろ学ぶことがあります。

主人やスーパーで働いている知人に、このドラマを紹介したので、観てくれていて、面白い!と評判です。

ペンネーム:やま(40代・女性)

もこ

『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじネタバレ

開店を3日後に控えた品川店で騒動が勃発。

大竹満寿子を始めとするパート18人が辞めると言い出した。

秋津の巧みな話術で社長丸尾のセクハラが原因だと判明するが、詳細は分からない。

さらに女性社員に対する満寿子らの世話焼きハラスメントも明らかに。

話を聞いた高村は社長のある言葉を思い出す。

生活に疲れてるパートをみるとガッカリするよと夢がないという発言の画像を満寿子は何処かで知り、かばいながらも口をわらない。

満寿子の家に行くと17人のパートの人がいる。

その中の2人が辞めたくないと、秋津の所にきて、言いにくる。

満寿子に賛同する人はついてきてと怖くて賛同できないと言えないと。

秋津はある提案を上司に言いにいき、18人を呼び戻すと。

リーダー的存在の満寿子が先導したから。

しかし、パートの多くは会社にたてつけたくなかった。

年齢も上で職歴も長い満寿子の誘いを断れにくいそうだと。

これは、パワーハラスメントだと。

配信行為きょうようとパワーハラスメントでクビにしますと断言する。

そうすれば、17人は、戻るでしょと。

しかし、開店前日に、17人のパートは、満寿子がいないと店がまわらない。

いないと困るといいだす。

そこで、秋津は満寿子に逢いにいき、マルオウを愛してる気持ちを利用して、誰かをかばっている。

その人は、提案を読んでくれた人がいる。

満寿子をクビを提案したのは、社長の話を密告した人を探るためだった。

ゆさぶりをかけたと。

口を割らないのは、貴重だと。

開店日は、無事にオープンし、常務に密告者は、水谷取締役とわかる。

会社を愛する人を利用したことが許せないと秋津は言う。

『ハラスメントゲーム』第2話の感想

一番マルオウを愛してる満寿子を利用した、トラブルな話でしたが、普通にありがちなことも、ありますが、18人開店前に仕事をやめて、社長にパートがいてこそとわかってもらうために、動いたのは、なかなかない話だと思いました。

ベテランパートには、何言えず、賛同したくないって言えないのは、私も言えないので、仕方なく賛同しちゃうと思います。

秋津のような方がいると、色々と調べたり、解決方法を提案してより良い、職場の環境作りをしてくれるなと思います。

こういう方は、絶対に必要だと思いました。

働きやすい環境を現代でもやっていってほしい。

ハラスメントが多い時代なので。

ペンネーム:もこ(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA