ハラスメントゲーム|1話の動画見逃し無料視聴はこちら【10月15日放送】

  • この記事を書いた人:yatarou

唐沢寿明さん主演ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話(2018年10月15日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ハラスメントゲーム』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ハラスメントゲーム』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ハラスメントゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ハラスメントゲーム』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ハラスメントゲーム』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年10月15日(月)放送終了〜2018年10月22日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送前ですが前クール『ラストチャンス 再生請負人』の傾向から、最もお得に『ハラスメントゲーム』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハラスメントゲーム』配信予想

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ハラスメントゲーム』の配信状況は以下のようになると思われます。

ドラマ『ハラスメントゲーム』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ハラスメントゲーム』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじは?

2018年10月15日(月)22時00分より放送のドラマ『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじをご紹介します。

業界大手の「マルオースーパー」練馬店に、1円玉がメロンパンに混入していたとのクレームが入る。

コンプライアンス室の高村真琴(広瀬アリス)曰く、売場主任・佐々部(尾上寛之)が昨夜、不審な電話を受けたといい、その内容から女性社員によるパワハラ絡みの犯行を疑う。

だが新店舗への影響を恐れた社長・丸尾(滝藤賢一)は警察に届けることを拒む。

そんな中、富山中央店店長・秋津(唐沢寿明)に突然本社への異動命令が下り…。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

しーちゃん母さん
唐沢寿明さん久々ですね嬉しいです。

今、話題ですよね。様々なハラスメント。

コンプライアンス室長って凄いストレスがたまりそうな役職ですね。

でも現代の会社には無くてはならない大事な部署だと思います。

どんなお話なのかはまだ分かりませんが有りがちな会社のアルアルを解決してスッキリしたいと視聴者は思ってると思います。

上司だから言いたいことも言えず泣き寝入りしたりした事、みんな一度や二度ではないと思います。

最近、スポーツ会でもパワハラ問題、取り上げられてますもんね。

タイムリーです。

誰かが勇気を出して声に出さないと解決しないハラスメント。

そこの部署の人達は公平に裁いていただきたい。と願うばかりです。

ペンネーム:しーちゃん母さん(50代・女性)

ペンネ
白い巨塔の財前教授のイメージが強い唐沢 寿明がスーパーマーケットの店長で左遷されたそうですが、コンプライアンス室長として本社に戻され、会社のハラスメントを解決するという役柄で期待できます。

しかし、唐沢室長の背後には社長や重役の思惑が隠れているそうです。

もしかすると、経営陣はハラスメントをしている中間管理職を、炙り出してリストラの罠として唐沢を利用しようと考えているのかも知れません。

唐沢が経営陣の尻馬に載って安直な判断をする事なく冷静にパワハラやマタハラやセクハラ問題の解決に奔走して欲しいです。

そこには人間関係がガラスのように脆く、ちょっとした迂闊な、或いは既成概念にとらわれたり軽率な言動によって崩れてしまう職場の風景があるような気がします。

そして知的なイメージがぴったりの唐沢が壊れた人間関係を仲介役になって対立を修復するプロセスを見てみたいです。

ペンネーム:ペンネ(60代・男性)

青紅葉
コンプライアンスという言葉を最近よく聞いたり、目にしたりします。

コンプライアンス室は企業が法律違反を犯さないか、社会通念上許されないことをしていないか、企業内部からチェックするための部門です。

日常的にセクハラ、マタハラなど様々なハラスメントが取り上げられている時世なので、普段、外部からは知ることの難しい企業の内側をドラマで見ることができるのは、興味深いと思います。

ドラマなので、大げさに脚色されることはあるのでしょうが、実際にこの仕事についている方が不快な思いをすることの少ないようにしてもらいたいものです。

個性的な俳優さんが出演されるようなので楽しみです。

ペンネーム:青紅葉(40代・女性)

はるか
最近は、企業でも社員に対してコンプライアンスを資料にして学ばせたりしているので興味深いドラマです。

言葉では、何となく分かるけれどだから何だと考えるとよく分かっていないのが、コンプライアンスだと思います。

今回は、スーパーでおこるコンプライアンスの問題をコメデイタッチで描くので楽しみです。

唐沢寿明さんと広瀬アリスさんが、どのようなコンビになるのか注目ポイントですね。

パワハラやセクハラなどコンプライアンス問題は、どの企業にも問題になっているので面白そうですね。

コンプライアンスは、何となく企業の規則のようなものかなと思っています。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ラベンダー

『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレ

マルオースーパー練馬店へメロンパンに異物が混入していたとのクレームの電話が入った。

昨夜、若い女性からパワハラがあったとの電話がかかったと佐々部主任からコンプライアンス室の高村に伝えられた。

本社から富山中央店の店長秋津の元へ一本の電話がかかる。

入院した社員の穴埋めをするために本社に来てほしいとのことだった。

マルオースーパー品川店のオープンまでに異物混入した犯人を捜すように丸尾社長に命じられた。

秋津たちはクレームの電話をした小川さん宅へ出向き、謝罪と調査のためにメロンパンを渡すように言った。

秋津たちは、証拠品のメロンパンや防犯カメラの映像を手に入れ、犯人探しに入った。

すると防犯カメラの映像が15秒間カットされていることに気づく。

いろいろ調査をした結果、練馬店の佐々部主任が犯人だと分かった。

丸尾社長は謝罪会見を行い、秋津は今回は被害がなかったので、佐々部主任のことも上に報告せずマルオースーパーを守ることに成功した。

そんな中、品川店のパート従業員18人が突然やめると言い出した。

『ハラスメントゲーム』第1話の感想

秋津さんが急に本社に呼び出されて、異動になるシーンを見て会社員は大変だと思った。

異物混入事件が内部の犯行だったとは意外だった。

秋津がパワハラ問題に対して、正面から向き合い事件を解決していく様子は見ていて、スカッとする。

一番印象的だったシーンは、秋津が佐々部主任に熱く語りかけるところだった。

「武藤店長が一円玉を拾えということは貴方を育てようとしているからだ。間違ったことをしている人間に注意すらしないことを見殺しという。その方が残酷で無慈悲なパワハラなんだ。」という言葉は心に残った。

最近、世の中がパワハラで問題になっている中、信頼関係があればパワハラは存在しないのではないかと思った。

ペンネーム:ラベンダー(50代・女性)

たま

『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレ

富山のマルオースーパーで働く秋津(唐沢寿明)は、昔本社にいたがある出来事がきっかけで転勤させられてしまったのだ。

そんなある日、マルオースーパーのメロンパンを買った女性から、1円玉が混入していた!とクレームが入る。

その解決をするために本社に呼び戻された秋津さんは、コンプライアンス室の室長となり、高村(広瀬アリス)と弁護士の矢澤(古川雄輝)と一緒に解決に向けて、クレームを入れた女性や、1円玉が出たスーパーに聞き込みに行く。

1円玉混入の瞬間もなかなか見つけられなかったが、秋津は防犯カメラが編集されていたことに気づき、社員同士のメールにて犯人を見つけ出した。

本人は犯行を認めようとしなかったが、秋津がしっかりと本人を反省させ、1円玉が混入していた女性とも和解をすることができ、スカッとするドラマだった。

『ハラスメントゲーム』第1話の感想

唐沢寿明さわや、広瀬アリスさん、志田未来さんなど出ている人が演技派の方々ばっかりで釘付けになって見ることができました。

秋津さんの明るいけど、少し闇もあり、情熱的な部分がとても格好でよかったです。

最後にマルオー常務の人が昔したことも分かり次からも見やすい展開です。

志田未来さん演じるシングルマザーのお母さんは、お金が欲しいんじゃなく、謝ってもらいたい!っと思った気持ちは痛いほど分かりました。

子どものために買ったもので、子どもが死んでいたかもしれない恐怖が本当に伝わってくるような迫真の演技でした。

最後には1円玉を混入した人に、ハラスメントをしているのはお前だ!っと秋津さんが言ってくれた時にはスカッとしました。

そして、チャンスを与えあげる優しさもあってよかったです。

ペンネーム:たま(30代・女性)

なるとちまき

『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレ

主人公は大手スーパーの元本社勤務だがパワハラが原因で富山のスーパーの店長に左遷される。

そのスーパーとは別のスーパーで異物混入事件が起こる。

被害者は若いシングルマザーと5歳の男の子。

その事件を解決する様に主人公は本社に戻される。

コンプライアンス室に配属された主人公は女秘書とイケメン弁護士とともに事件解決に臨む。

社内メールからスーパーの売り場主任が犯人と分かる。

売り場主任の動機は店長からのパワハラメールだと訴えるが主人公はその脚本だと言う。

売り場主任が自分の立場を利用した店長へのパワハラだと言い売り場主任を改心させる。

被害者の親子は本社社長の謝罪会見でスーパーを許す。

しかし今度は別のスーパーでセクハラが起こりパートさんたちが全員辞めると言う…

『ハラスメントゲーム』第1話の感想

面白かったですね。

半沢直樹をほうふつとさせる出来かなと思います。

普段はドラマを見ないのですが、このドラマは色々と伏線もありパワハラと言う闇もあるので見ていて共感できるところがあります。

出演されている役者さんも有名な方ばかりで、店長役の田中直樹さんははまり役でした。

ダメ売り場主任もクズっぷりがよく出ていたので面白かったですです。

主人公のクズ中のクズ!というセリフはなかなか印象に残るセリフで、とても良いと思いました。

このドラマは人気が出る予感がします。

半沢直樹を面白がっていた世代にはハマるかもしれません。

ペンネーム:なるとちまき(30代・男性)

ぴよちゃん

『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレ

マルオスーパー練馬店で買ったメロンパンを子供だ食べようとしたら1円玉が出てきました。

本社にはクレームが届きました。

富山中央店店長の秋津渉に本社から人事の電話がありました。

病気で入院した社員の穴埋めで秋津はコンプライアンス室長になりました。

社長からは品川店オープンまでに異物を混入した犯人を探せと言われました。

秋津は高村真琴と弁護士の矢澤光太郎と一緒にお客様のところへ証拠のパンを借りに行きました。

本当かどうかと言われてお客様は嘘ついていると疑われていると思って怒りました。

お金が欲しいのではなく、きちんと謝ってほしいだけと言いました。

練馬店には店長の武藤と佐々部がいました。

秋津は防犯カメラに注目しました。

矢澤は9時間の映像を早送りで見たので見落としがあるのではないかと思い高村と残業をしてチェックをしました。

すると15秒編集でカットされていました。

コンプライアンス室は緊急のときのみ全社員の社内メールを見ることが出来ました。

そこで武藤から佐々部に送ったメールが出てきたのです。

そのメールの腹いせに佐々部が1円玉を入れたのでした。

武藤への脅迫も意味していました。

しかし店長のメールは勤務態度の佐々部を見捨てずに育てようと思ってのメールでした。

社長の謝罪会見では経路は判明しておらず、品川店オープン前に包み隠さず謝罪ということにしました。

『ハラスメントゲーム』第1話の感想

パワハラやセクハラは私も知っていますが、ドラマ中に知らないハラスメント用語が出てきたり定義を説明されたりと勉強になりました。

練馬店でメロンパンを買った母親がお金が欲しいわけではなくて子供の笑顔が見れたらそれで良いと言ったことばに感動しました。

良い母親だと思います。

また謝罪でギフト券を貰ったときに子供がこれでメロンパンがたくさん買えるねと言ったのがとても可愛かったです。

異物混入は怖いです。

それを従業員が入れたとなるともっと怖いです。

武藤店長は良い人だと思います。

秋津は佐々部にパワハラで訴えたければ訴えて良いと言ってきちんと叱ったのにはかっこいいと思いました。

現代らしくて面白い第1話でした。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

とも

『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレ

大手スーパーが売られているメロンパンに1円玉が入っていたというクレームをお客さん(志田)から受け、このクレームが入った店舗にコンプライアンス室長、秋津(唐沢)が突然異動になり、問題を解決するというもの。

異物混入の犯人は、売り場の主任(尾上)だった。

売り場の主任(尾上)は、縁故入社で、左遷されて、店舗へ異動になっていた。

仕事ができなくて、店長(田中)に叱られていて、仕返しに異物を混入したもの。

そんな中、他の店舗でパートがセクハラを受けたとの報告もあった。

特に売り場の主任役の尾上は、役に合ってました。

『ハラスメントゲーム』第1話の感想

久しぶりに唐沢さんが主人公のドラマなので、チエックしていました。

ハラスメントゲームというタイトルから、パワハラのような感じの企業ドラマかと思っていましたが、大手スーパーでの話でした。

商品に何かが混入しているというクレームは、よくありそうなことですが、まさか社員が犯人だとは思わなかったので、びっくりしました。

社員が犯人で、その背景にハラスメントがあったという設定。なかなか面白いと思いました。

佐野さん、小倉さん、高嶋さん、滝藤さん等、大物俳優が揃っているドラマなので、今後のドラマの展開が楽しみです。

ペンネーム:とも(40代・女性)

えまもん

『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじネタバレ

スーパーでパンを買ったお客様は、パンの中に1円が入っていた為、クレーム対応に追われる大手な会社の社長は、どこから1円が入ったのかを調べるために、他のスーパーで店長をしていた秋津を呼び寄せる。

秋津は犯人探しをしていくが、結局1円玉を入れたのはクレームがでたお店の従業員だった。

その従業員は、店長にキツく言われた腹いせに、1円玉を入れたのだった。

すぐさま社長に報告。

記者会見では、内部の反抗とは言わずに社員を守り、会社も守り、クレームのお客様にも謝罪し、お許しをもらえ、最後はみんなが傷つかずにハッピーエンドに終わりました。

『ハラスメントゲーム』第1話の感想

ハラスメントゲームという名の通り、パワハラがテーマになっているドラマで、現実でもパワハラの上司がいる会社なんて今はいっぱいいる中で、何を訴えてるドラマなのかな?って気になります。

主人公の秋津も3年前は、本社いる人間だったのに関わらず、後輩にパワハラを訴えられて、地方のスーパーの店長に移動させられ、また本社に戻ってくるという、話の内容も面白いところだなと感じました。

ドラマにでてくる、俳優さんや女優さんもみなさんすごい方ばかりで、演技が上手で最後までどうなっていくのかな?と思いずっと、見てました。

このドラマを見ると、どこまでがパワハラでどこまでがセーフなのか微妙なところな感じだなと思いもありました。

ペンネーム:えまもん(30代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『ハラスメントゲーム』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA