ドラマ【ドロ刑】8話の動画無料見逃し視聴はこちら|12月1日配信

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・Sexy Zone 中島健人主演『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話( 2018年12月1日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月1日(土)放送終了後〜2018年12月8日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじ

2018年12月1日(土)放送のドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじを紹介します。

煙鴉(遠藤憲一)が斑目(中島健人)の前から姿を消して数週間。その帰りを待ちわびる斑目の一方、皇子山(中村倫也)はある病院のセキュリティールームで起きたデータの窃盗事件の犯人が煙鴉だと睨んでいた。

そんなある日、煙鴉がいつものバーに、しれっと現れる。皇子山が煙鴉を疑っていると伝えた斑目に、煙鴉は「大人の言うことを信用するな」と意味深な言葉を語るが、その時、斑目の携帯に職場から急な呼び出しが入り…。

急いで戻った斑目を待っていたのは、器物損壊で捕まったという男(大友康平)。

取調べ室で、完全黙秘を貫き身元不明、指紋まで焼き消す徹底ぶりで正体を隠す男が、自分は煙鴉だと言い出し…!!

13係では自称・煙鴉の“煙鴉である証拠”を聞き出そうと一同が意気込む中、男は2年前に窃盗に入った家の住所を告げる。

裏をとると、確かにそこでは煙鴉が犯人と考えられている未解決の窃盗事件が起きていて…。

煙鴉しか知り得ない情報を吐かせることで本人である確証を掴もうと、取り調べ室では“秘密の暴露”をさせようと試行錯誤する。

しかし、男が暴露したのは取り調べを担当した左門(板尾創路)や皇子山たちの知られたくないプライベートの秘密!

なぜか13係メンバー全員の裏情報を掴んでいる男に取り調べチームは驚愕と動揺を隠せず・・・。

一方、2年前の事件を再捜査する斑目は“鑑識が探さないところに証拠はある”という煙鴉の言葉をヒントに、現場の目立たない窓に開いた小さな穴を見つける。

その夜、自分のニセモノが現れたことを知り憤慨する煙鴉は斑目に、一流の泥棒は理にかなった動きをする、と新たな助言をして…。

翌日、自称・煙鴉の男が新たに自白した未解決窃盗事件の再捜査をする斑目は煙鴉の助言に従って再び新たな証拠を見つける。

そんな中、パソコンの普及によりアナログな手口捜査の需要が減ってリストラに怯える対人恐怖症の細面(野間口徹)は、指紋も名前も捨てた正体不明の男の孤独に一人思いを巡らせていた。

そして、2年前の事件現場で見つかった指紋がある意外な人物のものと判明し、捜査は混乱を極める!

果たして自称・煙鴉の男の正体は!?そしてその目的とは一体!?

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

シャワーズ
煙鴉は皇子山真里のことを探っているのを受け、皇子山は早くも煙鴉の居場所を突き止めないといけないのだという情熱を持つようになった。

皇子山の話を聞いた斑目はどうしても煙鴉が殺人犯だと思えないと感じていた。

その時、新たな泥棒が浮上し、13係は捜査することになった。

その結果、泥棒を検挙することができたという展開を予想する。

皇子山真里とはどのような人物であるかということ、煙鴉は何をしようとしているかということ、斑目は煙鴉にまた会えることができるかどうかということ、係長は何を知っているかということが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

のんた
今回は、いつものように煙鴉は出てこなくて、どこかで注射をうって横になってるシーンが何回か出てきて、どこだろうと思ってたら病院のセキュリティ室の天井裏とのことにビックリです。

しかも、皇子山が煙鴉の部屋を調べると、癌についてや、自殺関連の本があって、煙鴉は癌で余命が少いのかもしれない。

週刊誌に、女医の自殺の記事が出ていたが、ひょっとして煙鴉の姉なのだろうか。

だから点滴岳で、屋根裏に潜んでまで、真相を明らかにしようとしてるのかもしれない。

そして、その真相を明らかにするために、斑目を刑事として育てようとしていたのだろうと思う。

煙鴉の偽物が出てくるが、これも本物煙鴉が、事を成し遂げるためなのだろう。

ペンネーム:のんた(50代・女性)

ぴよちゃん
第8話では自称煙鴉が出てきたのでどんな取り調べになるのか気になります。

そして本当の煙鴉はどうするのかにも注目しています。

第7話で煙鴉が見ていたデータに皇子山と書いていたので、隆俊の奥さんか姉か妹だと思います。

隆俊の過去もそろそろ知れそうなので楽しみです。

それを見て煙鴉がどうするのか気になります。

第8話では隆一がメインの回になるみたいなので、隆一がどう活躍するのか気になります。

隆一は人見知りですがこのことで少し克服ができていたら嬉しいです。

頭の良さを活かすのにも期待しています。

人懐っこい勉との絡みも楽しみです。

第8話も早く見たいです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

ぷしこ
遠藤憲一さんの登場シーン、少なすぎませんか? 

番組開始からずっと遠藤さんの出番がないのはおかしいと思います。

ダブル主演ですから次週からはもう少しバランスの良い構成で作られていたら良いなと思います。

来週は遠藤さんにスポットが当たったストーリーにしてくれればいいなと思います。

中島健人さんがメインのドラマかもしれませんが、あまりジャニーズファンのためよりの感じにならない方が良いなと思いました。

さて、そろそろ中村倫也さんが遠藤さんが実は泥棒だということを突き止めそうですね。

ドラマも終盤に入ってくるので楽しみです。

ペンネーム:ぷしこ(30代・女性)

あかね味
今後中島くんがどれだけ魅力を発揮してくれるかどうかと、刑事同士のやりとりが面白かったので、そちらを楽しみにしたいです。

いちばん最後に病院のことで新たな展開の前置きがあったのですが、今回はじめて見たのでよくわからなかったです。

ストーリーがその病院のことにずっとからんでいくみたいなので、これまでもその病院といろいろあったのかなと思います。

病院の手術執刀医師の2人は良いキャラクターだと思ったので、その人たちがまた引き続き活躍してくれるといいなと思います。

来週も見てみようと思います。

今回のラストがスッキリ終わったので、毎回スッキリ解決してくれるんですかね。

ペンネーム:あかね味(40代・女性)

ちょろ
次回だが、まずは予告で出てきた自称・煙鴉という男。

なぜ自分がそうだと名乗り出たのかが、気になった。

そして、そのことを本物の煙鴉はどう思うのか。

そこに、煙鴉が絡んで物語が展開していくのかが気になるところ。

どのようなストーリー展開で、その男の本当の正体と目的はなんなのかが見所なのかなという気がする。

そして、斑目の前から姿を消していた煙鴉の前にまた現れてくれるのか、あの女医のデータはなんの為に盗んだのかと、皇子山との関係がどのように進んでいくのかがポイントなようにも思える。

次回も色々気になる点があり、とても楽しみ。

ペンネーム:ちょろ(30代・男性)

2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

さきママ

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレ

突如、煙鴉を名乗る男が現れた。

13係のメンバーで取り調べをするが、その男は何故か皆の秘密を知っており、それをネタに取り調べを先へ進めなくしていた。

斑目は、本物の煙鴉を知っているが故に、何故そのような嘘をつくのかと憤りを感じていた。

男の取り調べでは、何件かの窃盗が自供された。

それぞれの被害者宅を調べると、過去に13係が関わった窃盗犯の形跡が発見される。

それは、その男が煙鴉ではないことを示していた。

男は自分が無実になることが分かっていながらも煙鴉を名乗っていると気付いたメンバーは困惑を隠せない。

そんな中で、今まで取り調べ経験のない細面が取り調べをすることになるのだった。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の感想

今まで全く目立ってこなかった細面さんが、ついに取り調べを行い始めて、見ているこちらが緊張しました。

でも、取り調べというよりは、似たもの同士のただの雑談に見えて、どこか落ち着いて見ることが出来ました。

男の暴露の中では、美紀が実は猫を被っていたという事実が一番衝撃を受けました。

男に煙鴉役を頼んだのが本物の煙鴉だったと分かった時の驚きや戸惑いは凄かったです。

斑目をミスリードして色々と動かしたりしたことも、何故そのようなことをするのかと考えてしまいました。

今までの怖くも優しいケムさんはどこにいってしまったのか、少し寂しくなりました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

シャワーズ

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレ

器物損壊を引き起こしたため、その男の取り調べを13係が担当することになった。

その男は自分が煙鴉であるのだと主張した。

男の指紋は焼き消されてしまっているため、指紋を取ることができない。

取り調べを担当する左門らに対し、男は左門らの秘密の暴露をした。

斑目がその男のことを煙鴉に話すと、探るようにと指示された。

斑目は現場の換気扇から指紋をとることに成功した。

拘置所にて男は「もうすぐ」だと感じていた。

皇子山は病院から真里のデータを盗んだのは煙鴉の仕業であると指摘したが、煙鴉は認めなかった。

男は細面に対し、友達に騙されたと話した。

皇子山は男に対し、拘留延長が決まったと指摘する。その時、男は怒り出してしまう。

皇子山によると、男は自分が無実だとわかっていたからこそ逆手に取ったそうだ。

後に男は犯人ではないと判断し、釈放された。

煙鴉は斑目に対し、男に5日間煙鴉のフリをすれば5000万円を支払うのだと依頼したそうだ。

係長は取り調べのことで細面に褒めた。

係長は真壁に対し、煙鴉を逮捕するために13係を作ったと口にした。

斑目は利用されたことに気づくのに対し、煙鴉は俺を捕まえてみろと挑発した。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の感想

色々と悩んでしまう細面を斑目らが慰めて行った。

細面の背中をしっかりと押してあげた。

だからこそ細面は取り調べを担当し、男と向き合うことができたのではないかと感じた。

細面は手口捜査をするだけではなく、取り調べの捜査までもできるようになるということは心強いので、どんどんと成長していって欲しい。

一方、煙鴉が徐々に恐ろしい男になっていっているのだという印象を受けた。

男に煙鴉のフリをさせた上で、5,000万円も支払ってまで何がしたいのだろうと思った。

斑目も今までのように煙鴉を甘えるわけには行かず、ちゃんと煙鴉を捜査していって欲しい。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

neko

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレ

煙鴉が姿を消してから数週間。

斑目はイマイチ調子が出ない。

その頃、煙鴉は拳銃の包みを開けて橋のたもとに佇んでいた。

いつものバーで飲んでいる斑目のもとに、煙鴉がしれっと現れる。

斑目は皇子山が疑っている事を知らせる。

そんな斑目に「大人の言う事を信用するな」と言う。

そんな中、「自分が煙鴉だ」という男が警視庁のガラスを割り、器物損害で捕まる。

指紋は取れない、身元を証明するものを全く持っていない。

ただこの男、13係の名前やプライバシーをなぜか知っていた。

そんな中、対人恐怖症で取り調べが出来ない細面は一人思いをはせる。

1件目も2件目も、前科のあるものの仕業で煙鴉のものではなかった。

いつもは事務所にいる細面が、取り調べを見に来た事がどこか変化があって気になる部分。

そして細面が取り調べに。

細面の経歴と言葉に、男は心を開いていった。

騙した方が悪い、と。

自殺しようとしていた男に、5日間自分のふりをすれば5000万やると言ったのは何と煙鴉だったのだ。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の感想

個性の強い13係りのどこか自虐的なやり取りが毎回面白い。

今回は煙鴉だという男が現れ、しかも13係の秘密をよく知っている様子。

プライバシーを男に暴露され、取り調べもろくに出来ず、皇子山ですら動揺する事に。

斑目の「ゾンビに油揚げ」発言がちょっとクスッと来た。

煙鴉はいつものように、斑目に助言する。

それがいつもどうも謎なのだが、親子のような人間関係が、このドラマでの見どころでもある。

秘密を暴露され、疲弊した13係のメンバーがバーに現れ、煙鴉に出頭をお願いするシーンも、何か変てこりんで面白かった。

細面が取り調べに出てきて、自分の事を晒し晒され、男と心を通わせたシーンにはちょっと感動した。

しかし最後の最後にショッキングな展開。

急に煙鴉がこわくなった。 

ペンネーム:neko(40代・女性)

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレ

警視庁にわざと捕まった男は煙鴉を名乗った。

過去の泥棒した家は伝えるが自分のことについては黙秘していた。

侵入した家を再捜査すると以前捕まった犯人たちの証拠が次々と見つかったがその男に関わるものはなにもなかった。

男は取り調べをする警察の私生活を知っておりみんな自分のことがバラされるのが嫌だっただめ煙鴉に自首するよう説得しに行くが自首はしない。

誰も取り調べをしたくなく、細面が取り調べをすると自分のことを少しずつ話すようになった。

男は煙鴉を名乗っていただけだったが、最後に証言した家からはその男のDNAが見つかった。

男は釈放されると思っていたため驚くが、犯人ではなかったため釈放された。

煙鴉を名乗ったのは本物の煙鴉に依頼されたためだった。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の感想

なぜ煙鴉を名乗る必要があったのかなと思ったが、家族を守るためだったことにびっくりした。

取り調べを行う中でそれぞれの私生活のことについていろいろ知っていたからびっくりした。

意外な一面ばかりでとても面白かった。

斑目が取り調べをして自分のことをはかせて行くのかなと思っていたけど、取り調べすらすることなく細面が取り調べして心を開かせていたので想像してたことと違ってびっくりした。

無事釈放されて家族のもとに帰れたのでよかったと思った。

煙鴉を名乗ったのは煙鴉から依頼されたことにはびっくりした。

そして、斑目は煙鴉に騙されていたことにびっくりした。

ペンネーム:蓮(20代・女性)

ちょろ

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレ

いつものバーに何事もなかったように現れた煙鴉。

病院のデータの窃盗事件の犯人は煙鴉だと疑う皇子山の事を話すと大人の言う事を信用するなと言われる。

そんな中、器物破損で捕まった男が、煙鴉だとなのり完全黙秘なうえ指紋まで消していた。

やっと男が口を開き話したのは、2年前の事件で煙鴉の犯行ではといわれている事件だった。

偽者が現れた事を、煙鴉に話すとアドバイスをくれる。

斑目は自白した事件の再捜査をしたが、本当は煙鴉が5日間だけ偽の煙鴉を演じるように頼んでいた。

そして、捜査していた三件目の家から斑目と皇子山のDNAがでて来る。

実は斑目の事は利用していたことがわかり、本場はこれからだから捕まえてみろいい…

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の感想

今回もおもしろかった。

色んなことを知っていた謎の男がプライベートな秘密を暴露し、最後細面の取調べで色々話し細面も一歩踏み出せたのはよかった。

でも、まさか煙鴉が頼んでいたのにはビックリした。

偽の男に頼んだ経緯とその男が最後家族に会えたのは感動的だったのに、まさかの展開で驚いた。

また、斑目と皇子山のDNAを盗み出しまでして、まさか斑目を利用していたとは思ってもみなかった。

第13係りも煙鴉逮捕のために作られたみたいだし、これからどうなるんだ!と想像が凄く膨らみ、とてもおもしろく見れた。

第8話も凄くよかった。

ペンネーム:ちょろ(30代・男性)

のりぼー

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじネタバレ

今回は偽の煙ガラスと、取り調べを行う刑事とのやり取りが主体でストーリーが進んでいきます。

その取り調べで、刑事たちの個人的な秘密を暴かれ取り調べする刑事たちは偽の煙ガラスの取り調べができずにいた。

そのなかで、未解決の被害現場を調べるように偽の煙ガラスに仕向けられる。

斑目は、その現場で犯人の指紋などの証拠を発見するが、すべて、違う過去の犯人たちのもの。

偽の煙ガラスの目的がなんなのかわからないまま、最後の取り調べを迎える。

最後に取り調べを行う刑事は自分の必要性のなさを自覚し、そろそろ首になる事を確信している眼鏡の刑事だった。

しかし、同じように自分の居場所を帰る場所を求める犯人の境遇を感じ、取り調べで初めて自分の事を語りはじめた。

そして、今回はすべて、煙ガラス本人が仕組んだ事だった。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話の感想

今回は取り調べのやり取りのなかで、緩い感じの笑いを交えながら、何の目的なのかをずっと気になりながら、見てしまう回でした。

そして、クライマックスのほうは、ぐっと惹き付けられる内容でした。

煙ガラス本人がすべて、仕組んだ今回の偽の煙ガラスの取り調べ。

煙ガラスの本当の目的がなんななのかが、ますます気になってしまいました。

今までは、刑事たちの捜査を手助けするような動きとは一転して、今回は刑事たちを利用、騙す転回。

斑目も煙ガラスの今回の真相の話を本人から聞いて、なんの目的なのか?疑心を抱いていた感じでした。

今までの友人という関係が変化し始めるように感じました。

ペンネーム:のりぼー(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA