ドラマ【ドロ刑】6話の動画無料見逃し視聴はこちら|11月17日配信

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・Sexy Zone 中島健人主演『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話( 2018年11月17日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月17日(土)放送終了後〜2018年11月24日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじ

2018年11月17日(土)放送のドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじを紹介します。

勾留中の被疑者を現場に連れて行き犯行の経緯を説明させる“引き当たり捜査”を鯨岡(稲森いずみ)から命じられた斑目(中島健人)は、自分への期待にプレッシャーを感じる。

しかし、実際には車の免許を持っていない美希(石橋杏奈)を補佐するための運転手兼写真係だと知り意気消沈。

早速いつものバーに行き、雑用係を押し付けられたことを煙鴉(遠藤憲一)に愚痴る。

窃盗犯と泊りがけで地方に行く今回の引き当たりをお気楽旅行だとナメる斑目に煙鴉は、被疑者の人間を見るチャンスだが、逃亡の危険も伴う、と忠告するが…。

斑目たちが担当するのは、万引きの初犯でスーパーで捕まったところ、被害総額1500万円にのぼる65件の窃盗の余罪を吐いた専業主婦の鳥飼和子(余貴美子)。

鍵のかかっていない家を鋭く見つけ出して空き巣に入る“無錠の空き”と呼ばれる窃盗犯で、和子の犯行を全く知らなかった夫はショックからか入院しているという。

捜査には皇子山(中村倫也)と瑤子(江口のりこ)も補助として同行することに。

そして、和子が合流し、斑目たちの車は犯行場所の長野へ。

緊張で固まる美希と気の抜けた斑目の様子を観察していた和子は車内で朗らかに話しかけ、会話の主導権を握る。

現場に着き、記憶力のいい和子の供述で捜査は順調に進むと思われたが、突然住人が和子に罵声を浴びせ…!

一方、東京の煙鴉はある男からなぜか皇子山に関する資料を受け取っていた。

そして、何も知らずに和子の引き当たりを続ける斑目たちのまわりを怪しい人影がつけ狙っていて…。

そんな中、和子を悪い人とは思えず隙を見せる斑目は、和子が犯罪に手を染めた身の上を聞き、気の毒に思う。

報われない人生の中やっと出会った夫の連れ子だった娘との関係がうまくいかず、盗みをしている時だけ気が紛れたという和子に同情する斑目は、窃盗症(クレプトマニア)なのでは、と皇子山たちに話すが…。

その頃、13係では、細面(野間口徹)たちが和子の意外な経歴に気付き、捜査を案じていた…。

果たして、腹の底の知れない和子の本心と狙いとは!?

さらに、斑目たちに予期せぬ危険も迫っていて…!!

公式サイトより引用

2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
煙鴉の正体に確信を持った皇子山が、これからどのように煙鴉を追い詰めていくのかが気になるところです。

煙鴉とは、大切な人を殺されたという因縁のようなものがあるようなので、それが本当のことなのか、どのような事情で、過去に一体何があったのか、それが明かされていくのが楽しみです。

とは言え、予告では、煙鴉と斑目は変わらずに関わっているようなので、煙鴉がどのような思いで斑目との関係を続けていくのか、斑目は、煙鴉とこのまま良い相棒のままやっていけるのか、皇子山はどんな顔でいるのか、何やら怪しい雰囲気も出てきた中で、その辺りが次回の気になるところです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

neko
斑目と煙鴉、そしてその正体を追う皇子山の存在。煙鴉が何を企んでいるのか、まだよくわからないのだが、皇子山に「色眼鏡を外せ」と何だかアドバイスとも取れるような行動を取ったりして、今は敵のような雰囲気がしない。

ただ、皇子山は煙鴉の事を心底憎んでいるのか何かあるのか、彼に異様なほどの執着心が感じられる。

1課を去った事とも関連があるのか、気になるところである。

回を追うごとに、だんだん結束が強まる13係に、今まで孤立していた皇子山が加わりつつあり、大きな期待が膨らむ。

そして煙鴉が殺しを行っていた疑惑も、どこからわいてきたのか、本当なのか。

ペンネーム:neko(40代・女性)

mirokichi3
班目は再び捜査の前線で奮闘する事になります。

今度の事件は今までとは違った展開になりそうですが、どうなるのでしょうか。

果たして、班目は捜査にどんな影響を与えるのか気になります。

皇子山も班目に対して、見る目が変わってきました。

周囲の人達も班目の影響でどんな雰囲気になっていくの楽しみです。

煙鴉は斑目のために再び的確なアドバイスをしていくと思います。

次はどんな事を言って、事件の解決に結びつけるのか気になります。

また、班目と煙鴉のやりとりにも注目したいです。

斑目が煙鴉に対して、どんな心境でいるのか気になります。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

シャロワーズ
皇子山は大切な人が煙鴉に殺されたと口にしていたのを実際斑目は寝ているふりをしつつも聞いていた。

そのため、斑目は個人的に皇子山がなぜ捜査3課に異動されたかについて独自で調査することになった。

その結果、大事な人が殺された時、皇子山は絶対に煙鴉の仕業だと判断していたが、決定的証拠がなく、煙鴉を逮捕できず、怒りが爆発していたからだと分かることになるのではないかと予想される。

斑目は煙鴉のような方が殺しをやっていないと信じてあげるかどうかが楽しみなポイントである。

煙鴉はこれ以上近づいたら殺すと言った以上、皇子山は少しの間、煙鴉との距離を保つことになるかどうかにも期待したい。

ペンネーム:シャロワーズ(20代・女性)

ぴよちゃん
第6話では小平がたくさん出てくるみたいなので楽しみです。

天然で可愛いところはもちろん、事件に真剣に取り組むところも見れそうだと期待しています。

今度の犯人は今まで捕まらなかったことが奇跡ということなので、どんな人なのか詳細が気になります。

それを演じるのは大物女優の余貴美子さんなので役に合った演技をしてくれると期待しています。

また皇子山が大切な人を煙鴉が殺したと言っていたので本当なのか気になります。

私は犯人は別の人だと信じています。

またその女性の写真が出てきましたが、顔が隠れて見えない状況だったので第6話で顔が見れたら嬉しいです。

第6話も見るのが楽しみです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

グリーンリンク
次回は鳥飼和子という泥棒が出てきて、万引きで捕まる!

その理由とは?との見出しが予告編で流されていましたが、今度はどんな意外な出来事が起こり、斑目がそこでまたまた凄い直感力を発揮して事件を解決していくのか?すごく楽しみにしています。

引き当たり捜査を斑目がする事になるのも、正直あまり知らないワードなので興味深く感じており、そちらの方も楽しみにしています。

後は皇子山が、今回の最後に呟いた「大切な人を煙鴉に殺された」という下りが、とても気になっていていよいよ皇子山か煙鴉に執着している真実が少しずつ見えて来たと感じているので、それも楽しみなポイントです。

ペンネーム:グリーンリンク(40代・男性)

2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

さきママ

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレ

鯨岡は、美希に引き当たり捜査を行うように指示する。

相手は、万引きで逮捕された後に60件以上の窃盗の余罪を白状した鳥飼和子であった。

皇子山達がフォローしているとは言え、美希と斑目が中心となって動いていた引き当たり捜査は、どこか和子のペースに巻き込まれているようだった。

そんな中、引き当たり捜査中に和子が逃走を謀る。

所詮はただの窃盗犯だと冷たくあしらう皇子山に対し、美希や斑目は、仲違いしている娘に会いたいのではと考える。

そんな矢先、引き当たり中に美希が襲われる。

それを守ったのは和子だった。

そこから、意外な真相が見えてくる。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の感想

美希や斑目同様、和子は何かを隠していると最初から違和感はありました。

しかし、ずっと娘を庇っているのではないかと勘違いしながら見ていたので、真犯人が旦那さんだと分かった時には鳥肌が立つ思いでした。

そして、和子の、旦那さんを想う気持ちや娘を想う気持ちが強く感じられて、健気さが伝わってきました。

娘が反発する気持ちも分かります。

それでも、旦那さんや娘を支えようと努める和子の姿は、やり方は違えど立派に見えました。

最後の最後、孫も入れて四人で笑顔で会うことができて、本当に良かったし、これも斑目と美希の頑張りだと改めて感心しました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ra65

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレ

引き当たり捜査に抜擢された未希ちゃんと、その補佐を任された班目くん。

今回ばかりは未希ちゃんに大役が回りケムさんに早速愚痴をこぼす班目くん。

ケムさんからは人間をよく見るいい機会だと言われ、さらに逃げられないように注意するようにと忠告を受けます。

被疑者の鳥飼は人間の心理を深く読み取り考動させることが出来る頭脳犯と言われ、注意をしながら引き当たり捜査を行っていきますが、未希ちゃんが油断をした隙に逃走を許してしまいます。

その場は皇子山さんが捕まえ、事なきを得ますが、最後の引き当たり場所で皇子山産に恨みを持った男が未希ちゃんを襲いに来ます。

そこで未希ちゃんを庇った鳥飼に対し班目くんと未希ちゃんはある疑問を抱きます。

鳥飼は犯人ではなく、誰かを庇っているのではないかと。

そこで動き出した二人は鳥飼の夫が実は連続空き巣の犯人であり、鳥飼自身は病気になってしまった夫の代わりに万引きをし、わざと逮捕されたことが判明します。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の感想

未希ちゃんと班目くんの新人コンビが頑張りました。

二人の勘が当たり、犯人は誰かを庇っていることに気づきました。

先輩たちからは容疑者に心を開きすぎ、優しいだけじゃ強い人とは言えないと叱られてしまいましたが、二人は自分たちの力でちゃんと成長できました。

容疑者役の余さんが素晴らしく演技がうまかったなぁと思いました。

最後の取調室で未希ちゃんから旦那さんの余命を聞かされた時の演技が素晴らしかったです。

班目くんと未希ちゃんには特別優しく接していたのは二人を騙そうとしていたのではなく、本当の優しさだったのだと思いました。

ペンネーム:ra65(20代・女性)

mirokichi3

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレ

今回、班目は引き当たり捜査をする事になりました。

しかし、主役は同僚の美希で班目は運転手と写真係を担当する事になります。

行きつけのバーで煙鴉に自分が雑用を担当した事を愚痴にします。

煙鴉から気を引き締めて、捜査に臨むように忠告を受けますが、班目はやる気が出ませんでした。

主婦の鳥飼和子はスーパーで万引きを行った初犯でした。

しかし、その後65件に及ぶ余罪を自白しました。

彼女は鍵のかかってない家に侵入して、盗みを繰り返していました。

引き当たり捜査で長野県に向かう事になり、犯行現場に行き状況を自白させていきます。

途中、美希がプレッシャーのあまり体調を崩したしまいます。

そして、鳥飼は新人である班目と美希を言葉巧みに操り、味方につけようとします。

2人とも鳥飼は悪い人でないと思い、彼女を助けようとしました。

一方、13係では鳥飼の経歴を調べて、彼女が危険な存在である事が分かりました。

担当である美希と班目の身を他の刑事たちは案じました。

捜査は順調に進んだかに見えましたが、途中で鳥飼は逃げました。

先回りしていた皇子山によって確保されましたが、班目と美希は瑤子から厳しく怒られて落ち込みます。

最後の現場が終わり戻ろうとした美希と鳥飼はいきなり見知らぬ男に襲われます。

皇子山が駆け付けて、男を取り押さえました。

その男は以前、皇子山に逮捕されて恨みを持っていた人物でした。

鳥飼の行動に引っかかっている班目は煙鴉と話している時に気付き、急いで警察署に戻りました。

そして、改めて調べて本当の犯人が鳥飼の主人だった事が発覚しました。

主人や娘を守るための行動だと分かり、事件は解決に向かいました。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の感想

引き当たり捜査を担当する事にあった班目は旅行気分でやる気がありませんでした。

班目はまた雑用をさせられると煙鴉に話しますが、ちゃんと忠告する煙鴉は優しいと感じました。

気を抜いたら、危ない捜査になる事を知っているからのことだと思います。

班目の事が心配だからの行動だったと思いますが、煙鴉は冷静な人物であると思いました。

捜査を進めていく中で班目と美希は鳥飼に言葉巧みに翻弄されてしまいます。

しかし、2人は新人だからこその優しさであると思いますが、上司が厳しい事を言うのも分かります。

捜査を進めていく中で鳥飼の主人が真犯人である事が判明します。

鳥飼は主人や娘を守るためにわざと捕まりましたが、その人柄を班目と美希は気付いていたのだと感じました。

2人の優しさや勘は正しく、改めて捜査のやり方を考えさせられる事になったと思います。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

シャワーズ

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレ

美希が鳥飼の引き当たり捜査を担当することになり、斑目は運転手兼写真係をやるようにと鯨岡は指示した。

補助として皇子山も瑤子もついていくことになった。

鳥飼を車に乗せてから長野県信濃市に向かい、そこで引き当たり捜査を行った後、取調室にて美希は鳥飼と話した後、斑目も鳥飼と話した。

鳥飼の旦那が入院していることや、孫ができたことを斑目は知った。

一方、煙鴉は皇子山の資料を手に入れた。

斑目は幸恵に連絡するが、鳥飼と会いたくないと言われた。

鳥飼と同僚だった小林が現れるなり、鳥飼は美希に肘打ちをして逃走を図ったが、失敗に終わった。

瑤子は斑目と美希に注意した。

斑目は何か腑に落ちないのだと美希に話した。

残り1件の引き当たり捜査の最中、不審な人物が美希をナイフで襲うとのトラブルがあった。

それを皇子山が防いだ。

その人物は島袋で、皇子山に恨みを持っていた。

引き当たり捜査は終わったが、斑目は腑に落ちないと煙鴉に話した。

その時、小林の存在を思い出した。

調査の結果、鳥飼が窃盗犯ではなく、鳥飼の旦那である修が窃盗犯であることが判明した。

斑目はそのことを幸恵に知らせ、「会いに行こう」と説得した。

美希は、修が膵臓癌でもって3ヶ月であるため、被疑者死亡で不起訴になるのを待つだけだと鳥飼に話した。

後日、修、鳥飼、幸恵、孫の4人での写真を撮った斑目はその写真を煙鴉に見せて報告した。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の感想

斑目が感じている通りに、鳥飼は盗みをするような人間に見えないのだと最初は思っていた。

だが心理学部心理学科をトップで卒業したとなると、鳥飼は巧みな話術により、美希と斑目を操っているという可能性があるのだと思った。

しかし、それが目的ではなかった。

本当は自分の旦那が窃盗犯であるのをばれたくなかったからだと思うと、鳥飼は旦那のことも幸恵のことも考えていたのだと伝わってきた。

最終的には鳥飼家が仲良くなっていくような写真を斑目が撮ったとの展開になって安心した。

被疑者死亡で不起訴になるケースもあることに驚いた。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

ぴよちゃん

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレ

主婦なのに泥棒という鳥飼和子の引き当たりをすることになりました。

担当するのは小平美希で斑目勉は運転手兼写真係をすることになりました。

皇子山隆俊と宝塚瑤子も同行しました。

勉と美希は和子に手懐けられて隙を見て逃げようとしましたが隆俊に捕まりました。

煙鴉はあることを調べて勉に電話しましたが、直前まで美希を心配する勝手田利治の電話が多くて勉はマナーモードをして連絡が取れませんでした。

煙鴉は美希に電話して知らせた直後に美希が男に襲われそうになって和子が庇い、隆俊が捕まえました。

男は隆俊に恨みがあって美希を彼女だと勘違いして襲ったのです。

美希はあることに気づき隆俊に相談しました。

取調室で隆俊は和子に窃盗をやっていたのは和子ではなく旦那だと言いました。

娘の理想の父親を壊さないようしたのです。

美希は旦那の取り調べへ、勉は娘に真実を話しに行きました。

旦那は膵臓癌で命が短く、死亡扱いで不起訴になりました。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の感想

勉の写真係がカメラ小僧みたいで面白かったです。

あんな感じで撮られると、もし私もいたら思わずポーズをとってしまいそうです。

元気な勉が可愛いです。

また今回は美希がメインの回だったからか利治が異常に隆俊と一緒に行動する美希が心配だったところが面白かったです。

美希が襲われた後抱きしめてしまうから事前に取り抑えてもらっているシーンも笑いました。

本人がいる前で堂々とそんな発言をするのがすごい積極的だなと思いました。

和子が犯人ではなく、旦那が犯人だったのには予想外の展開でした。

また上手くいっていない義理の娘の為だと聞いて感動しました。

最終的に和子と娘の関係が良くなって良かったです。

第6話も面白かったです。

ペンネーム:ぴよちゃん(30代・女性)

すままりん

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじネタバレ

65件もの窃盗をはたらいた窃盗犯、鳥飼かずこのひきあたり捜査を小平美希がメインで捜査することになった13係。

班目努とともに、かずこの話を聞きながら捜査を進める。

粛々と窃盗に入った家を回っていると、元の同僚にばったり会ってしまい、美希を振り払って逃げるかずこ。

しかし皇子山に捕まる。

65件もの窃盗でも捕まらなかったのに、スーパーでの弁当箱万引きで捕まったことが、腑に落ちない努。

実は本当の犯人は、かずこの夫だった。

夫は5年前にリストラをされ、会社にいくふりをして窃盗を繰り返していた。

しかし、癌になり入院。

夫に、警察の手が回りそうなことに気づいたかずこは、父を信じている娘のため、万引きをして自分がつかまったのだった。

かずこが、万引きで捕まったことがひっかかり、真相を究明した努を、「成長したな」と煙鴉は誉めるのだった。

努は、入院している父親と娘、かずこを会わせることもできた。

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話の感想

捜査に関して、何か悩みがあると、煙鴉のいるバーへいき、愚痴をこぼす努。

そんな努にはっぱをかけ、始めはヒントを与えて努に捜査をさせていた煙鴉だが、だんだん努自身の鼻がきくようになってきて、それに対して嬉しそうな顔を見せる煙鴉の表情がとても穏やかだ。

煙鴉が大泥棒だということをわすれてしまうくらい、努や13係の刑事たちのことを心配しているところには愛情すら感じてしまう。

なぜ?と訊ねる努に、「おまえらには、しっかりしてもらわなくちゃ」と言ってるように、努だけじゃなく美希たちも育てたいという気持ちが伺え、微笑ましい。

ペンネーム:すままりん(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA