ドラマ【ドロ刑】2話ネタバレと感想。斑目くん(中島健人)の可愛さが渋滞中!

  • この記事を書いた人:maru
2018年秋ドラマ・Sexy Zone 中島健人主演『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話が、2018年10月20日(土)に放送されました。

ドラまる
1話ではバラバラだったメンバーが、いよいよ「13係」として集まったね!
ラマちゃん
13係の初の事件。

あの個性的なチームがどうやって捜査するのか楽しみだわ!

こちらの記事では、ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話のネタバレや感想などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

2018秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話・ネタバレ

13係、初の事件

異動早々に大泥棒を捕まえたことで、精鋭を集めた捜査三課の新設部署「13係」に選ばれ、浮かれていた斑目勉【まだらめつとむ】(中島健人)。

しかしそこは、精鋭ではなく何かしらの問題を抱えた人が集められた“お荷物部署”だと知り、やる気喪失。

そんな中、係長・鯨岡千里【くじらおかちさと】(稲森いずみ)から、チーム最初の事件が発表された。

住人が寝静まった家に忍び込み、盗みを働く“ノビ”という泥棒による事件。

捜査三課の持つ犯罪記録がすべて頭に入っている手口捜査のスペシャリストだが、極度の人見知りの細面隆一【ほそおもてりゅういち】(野間口徹)は、家でお菓子を食べる等痕跡をわざと残す独特の犯行手口から、ノビの大物・通称“黒蛇”こと大堂吾郎【だいどうごろう】(笹野高史)の犯行だと推測。

勝手田と大堂の過去

大堂の“ヤサ”(住居)を探すため、各々操作に出た13係ですが、誰も本気で探す気は無い様子。

駅前で真面目に探していた斑目ですが、見つかるわけない…帰ろうかなぁ…と。

そこへ煙鴉【けむりがらす】(遠藤憲一)が現れた。

大堂のヤサ割り(住居の特定)が誰もやる気がないとの斑目の愚痴を聞いた煙鴉は、必死で張り込んでいる勝手田利治【かってだとしはる】(丸山智己)の姿を見せる。

勝手田に合流するが、斑目が目を離したすきに、勝手田の前へ大堂が現れた。

勝手田は昔、大堂のことを追って、あと一歩のところで失敗し、左遷されたことがあったのです。

顔がバレていない斑目は、ひとりで大堂を尾行することになるが、またもや失敗してしまい…。

翌朝、落ち込む斑目のもとに煙鴉から大堂の神奈川の住所が書かれたメモが届いた。

13係のみんなですぐに家の周りを張り込み、行動を把握、ノビに入る日を待つことに。

神奈川県警 VS 13係

日々張り込む中で、ノビに入る日は近いと判断した一行は全員総出で張り込みに。

そこに突然現れたのは…神奈川県警!?

神奈川県警も目をつけており、邪魔な存在の13係に嫌がらせをしてきたのです。

話を聞いた煙鴉が言うに、管轄外の13係が大堂を逮捕するには、現行犯逮捕が1番良い。

「徹底的に泥棒の気持ちになれ。俺がお前を悪にしてやるよ。」

今回も煙鴉は斑目を助けてくれる様子です。

泥棒の気持ちになって家探し

現行犯逮捕するためには、侵入する家を予測し、その周りを張り込む捜査方法しかない。

煙鴉に予測方法を教わり、なんども大堂の行動範囲を確認する斑目。

ある程度予測はしているのですが、イマイチ決め手に欠ける様子。

そんな中、県警が動き出し、今晩が勝負となりそう。

13係もこっそり張り込みを再開しましたが、肝心の斑目が風邪で寝込んでしまいました。

いよいよ”ノビ”決行日

その晩、大堂は全身黒のフードを被って出掛けて、ある家に忍び込みます。

その家から出て来たところを、追ってきた県警に現行犯逮捕!

13係は間に合いませんでした…と思いきや、その男は大堂ではない!?

見事張り込みを撒いた大堂は、次々金銭を盗んでいく。

部屋に飴を見つけて食べようとすると、突然声が聞こえ、部屋の明かりがつきました。

そこには、おでこに冷えピタをしている斑目の姿が。

オトリ作戦と現行犯逮捕

大堂は張り込みを撒くために、こっそりオトリを用意していたのです。

その男を大堂だと思った県警がいなくなった隙を狙ったのでしょう。

念入りに下見をしていた大堂は、絶対にどこかの家に侵入する。

そう見た斑目は、候補の家を3件あげ、それぞれ張り込んでいました。

中でも本命と感じた家の住人に交渉し、斑目は中で張り込みをしていたのだという。

ただ風邪で寝込んでたのではなく、休みながらも張り込んでいたんですね!

「窃盗の現行犯で逮捕します」

逃げられそうになるも、勝手田のサポートにより無事逮捕。

斑目、またしても大活躍!

勝手田と大堂の乗るパトカーを見送る斑目。

そこに、今回も助けてくれた煙鴉がやってきます。

「ケムさん、お願いがあります。呼んでください。救急車。

そう言い倒れてしまう斑目。

風邪が悪化しすぎてしまったようです。

その姿を遠目で見た皇子山隆俊【おうじやまたかとし】(中村倫也)は、煙鴉がいることに驚き。

自称ジャーナリストの男(煙鴉)を何やら怪しんでいる様子…?

スポンサーリンク

2018秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話・ネットの反応や感想

1話放送後から中島健人さん演じる斑目が可愛いと話題の本作ですが、2話はその可愛さが渋滞していたと話題に。

ラマちゃん
酔い姿や病気で寝込んでるシーンでキュンキュンしちゃった女子は多いはず♡

ドラまる
13係の個性的なメンバーも面白いよね!

稲森いずみさんのキャラクターは思わず笑顔になっちゃうな〜!

ドラまる
たしかにテンポが良くて1時間あっという間だね!
ラマちゃん
1話ごとに完結するから、見終わった後もすっきりするのよね♪

スポンサーリンク

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

2018秋ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第3話・予告

犯人逮捕に貢献して以来、勝手田(丸山智己)から一方的に“後継者”と認められ熱血指導を受けるはめになった斑目(中島健人)。

お茶汲みや掃除など一見捜査と関係のない無駄な雑務をさせられウンザリする。

一方、皇子山(中村倫也)の下についた美希(石橋杏奈)は「流行りの店に行かないと流行りの泥棒は捕まえられない」という謎の名目で連日フレンチの会食に連れ回され、げんなり。

そんな中、高度なハッキング技術で電子キーの金庫を破る金塊強奪事件が発生する。

相当計画的な犯行と見た鯨岡(稲森いずみ)は13係の手に負えない事件は早々に諦めて検挙率の上げやすい自転車泥棒で数を稼ごうと最初から諦めモード。

斑目は『精鋭部隊』とは程遠い13係からの異動を願い出るが相手にされず…。

引用:『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』公式サイト

まとめ

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第2話のネタバレや感想などを紹介しました。

ドラまる
まだ2話だけど、期待以上でこれから先の展開がますます楽しみだな!

予告の皇子山と煙鴉のバーのシーンは一体どうなっちゃうんだろう・・・!

ラマちゃん
3話ゲストの寛一郎くんと中島健人くんはプライベートでも仲良しなんだって!

共演シーンは見逃せないわね!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA