ドクターX(第6シリーズ)|1話ネタバレと感想。やっぱり大門は「致します」より「致しません」!

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年10月17日(木)にドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話が放送されました。

ドラまる
大人気シリーズ『ドクターX』が再始動。

ついにシーズン6に突入だよ。

ラマちゃん
今回も失敗しない大門未知子のかっこいい手術が見られるのね。

こちらの記事では、ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話あらすじネタバレと感想

とある山中。

放浪しているのはフリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子)です。

後ろ姿だけでかっこいい!

と思っていたら、彼女は案の定お金が底をつき、山中をさまよっていたのでした。

一緒に来ていた神原晶(岸部一徳)さんとははぐれてしまったようです。

ポツンと一軒家に遭遇した大門はそこで怪しげな人物・日系二世のブラジル人のニコラス丹下(市村正親)に出会います。

その頃、東帝大学病院では一年後に経営破たんの危機を迎えていました。

一方、ブラックバス料理に舌鼓をうっていた大門とニコラスは、落石に挟まれた鮫島有(武田真治)の救助に当たっていました。

挟まれた腕の壊死を避けるために躊躇することなく斧を振り下ろす大門。

「私失敗しないので」一回目いただきました。

救急で駆けつけたのは加地秀樹(勝村政信)でした。

大門は切断した腕を接合するために氷漬けにし保存した腕と共に病院に同行していきました。

東帝大学病院では院長の蛭間重勝(西田敏行)が海外ファンドから300億の出資を受けることになったと告げます。

そのために到着したのは「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれるニコラス丹下でした。

『東帝大学病院リバースプラン2020』を遂行するために丹下が連れてきたのはあの山中で大門に腕を切られた新事務長の鮫島です。

腕は大門に元に戻してもらえたようですね。

そしてAI技術を駆使した医療を行うために次世代インテリジェンス手術担当外科部長に潮一摩(ユースケ・サンタマリア)、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長に浜地真理(清水ミチコ)、次世代超低侵襲外科治療担当部長には加地の就任が発表されました。

そこへやってきたのは大門です。

丹下に「理想とする外科医だ」と呼ばれてやってきたというのです。

会議に出席していなかった丹下は食堂で料理を振る舞っていました。

そこで晶さんからの恒例の大門の勤務条件の提示です。

「医師免許を持っていなくてもできる仕事はいたしません」もいただきました!

しかし、丹下とは笑顔でハグまでして意気投合しています。

彼はどこまで味方でいてくれるでしょうか。

合理主義を通すため様々な部署でコストカットの変革を進める丹下。

そんな中、胸の痛みを訴える食堂のおばちゃん・岩田一子(松坂慶子)の検査をする大門はAIが判断した肺塞栓症という診断と喧嘩しています。

AIによる診断の元、大門の指示した検査を待たず一子の手術が行われることに納得のいかない大門は手術を止めようとします。

大門は丹下は自分とは何かが違うと感じ始めていました。

一子の手術は無事に終わりましたが、右腕の痛みは消えていませんでした。

再び倒れた一子は吐血してしまいます。

一子は肺塞栓症ではなく肺がんにかかっていたのでした。

外科的治療ができないと思われたため、ここで出てきたのは内科の浜地。

しかし大門は自分が手術をすると譲りません。

話を聞いていた丹下からAIのナビ通りにオペをすることを条件に手術を許されます。

ナビ通り手術を行い、ナビは終了を指示しましたが大門は手術を続けます。

手術の失敗による損失ばかりを気にする丹下に、

「何十億かかろうと知るか、おばちゃんは死なせない。私失敗しないので。」

と言い放ちました。

二回目の「失敗しないので」かっこよかったですね~。

無理な手術で危険な状態を引き起こしたように見えましたが、大門は以前の肺塞栓症の手術によって傷ついていた肺の切除を進めていたのでした。

ポツンと一軒家で反省会を行う丹下と潮は、きわめて特殊な症例を大門が見つけ出したという結論に達しました。

アンコントロールな職人=大門未知子

そう認識され、丹下が切り捨てることに決めたのは蛭間。

翌日、院長室にいた蛭間に逮捕状が出されていました。

そして院長の椅子に座る丹下がいました。

大門の手術報酬を受け取るためにメロンを持った晶さんは、反対に無断オペの手術室使用料を請求され追い返されてしまいました。

さすがコストカッター、一筋縄ではいきませんね。

お礼と言って一子が大門に手渡してくれたのはお弁当ではなく、大金でした。

お金がないと嘆いてたのを一子は知っていましたからね。

未知子に中身を知られていないことをいいことに晶さん独り占めです。

後日、病院ですれ違う大門を”友人”と呼ぶ丹下。

丹下は一子の快気祝いに大門を誘いますが今度こそ「致しません、無駄なので。」と答えた大門だったのでした。

スポンサーリンク

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話ネットの反応や感想

ドラまる
「致しません」も変わらずやったねぇ~。

ラマちゃん
最初は可愛い~大門が見られたわ。

ウィンクが素敵。

ドラまる
可愛いかと思ったけど、やっぱり大門はかっこよかったんだ。

ラマちゃん
蛭間院長、大門にも慣れちゃって相変わらずだったね。

早々に逮捕されちゃったけど。

ドラまる
やっぱりこの三人は外せないけど、今日は海老名先生が中心だったね。

ラマちゃん
大門がケンカしたAIの声が池田さんで嬉しすぎたわ。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ドクターX(第6シリーズ)』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話あらすじ

2019年10月24日(木) 21:00時から放送のドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第2話のあらすじをご紹介します。

ニシキグループのCEO・二色寿郎(モロ師岡)が「東帝大学病院」に入院。

肝移植を望んでおり、手術が成功した暁にはファンドに10億円の出資を約束してくれていることもあって、院長代理のニコラス丹下(市村正親)は特患として丁重に迎える。

しかし二色には移植のための肝臓提供に同意してくれる家族がおらず、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)はカンファレンスで、「ドナーが見つかるまで内科的治療で症状の軽減を図る」と発表。

大門未知子(米倉涼子)は内科的治療に疑問を呈しつつ、「ドナーがいなきゃオペできないじゃん」と、不満を口にする。

 一方、未知子は病棟で、退院しようとしてたドミノ師の古沢研二(清原翔)を発見。

肝がんステージⅢを患い、生体肝移植を待ちながらも治療費の滞納で退院を余儀なくされていた古沢を、未知子は強引に病室に連れ戻す。

 古沢の恋人・二色由理(上白石萌歌)は、新たに担当医になった未知子に「私の肝臓を研ちゃんにあげてください」と懇願。

だが未知子には、「日本では他人同士の生体肝移植は認められていない」とすげなく断られてしまう!

 やがて由理が、行方不明だった二色の末娘だということが判明。

移植プロジェクトチームは、由理にドナーになってくれるよう説得を開始する。

しかし由理は、「あんな人、親じゃない」と聞く耳を持たない。

そんな由理に、古沢を救う策を思いついた未知子はある交渉を…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

やっぱり痛快すっきりする仕上がりでしたね~。

無駄を嫌うという部分では丹下と大門は共通しているのですが、その方法が相いれない二人。

これから蛭間以上にバチバチしていきそうですね。

それはそうとして、市村正親さんと米倉涼子さんがそろって楽しそうに踊り始めた時はミュージカルの世界に強制送還された気分になりました。

ドラまる
今世紀最大のコストカッターはやっぱり大門とは一線を画していたね。
ラマちゃん
これからも大門VSアイちゃんが続きそうね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA