大恋愛~僕を忘れる君と|あらすじと原作情報【戸田恵梨香主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年秋のTBS系「金曜ドラマ」枠は、戸田恵梨香さん主演、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』が放送されることが決定!

自分のことを忘れていく人を愛し続けられますか?

金曜の夜に感涙必至のラブストーリーが始まります。

こちらの記事では、2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介します。

ドラまる
脚本は1980年代のドラマや『功名が辻』、最近では『セカンドバージン』を手掛けてきた大石静さんが担当するんだね。
ラマちゃん
主演の戸田さんの相手にムロツヨシさんの名前があって、意外な組み合わせだなって思ったわ。

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』作品紹介

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は、2018年10月にスタートするTBS系「金曜ドラマ」枠で放送されるドラマです。

若年性アルツハイマーを患った女医が、運命の”最後の恋”に落ちる純愛ドラマです。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』気になるあらすじは?

北澤尚は、近々結婚が決まっている医師。

今までに燃えがるような激しい恋はしたことがないけれど、34歳という年齢や、相手の精神科医の井原侑市とは条件や価値観が一致していたため婚約をしていました。

結婚式があと一か月後に迫り、引越しをすることになった尚。

そこで運命の出会いが待ち構えていました。

引越し業者のスタッフの中に、尚が大好きな小説「砂にまみれたアンジェリカ」の作者・間宮真司がいたのです。

生まれてすぐに両親に捨てられた真司は、高校卒業後、職を転々としながら21歳の時に書いた「砂にまみれたアンジェリカ」で新人賞を受賞していました。

しかし、二作目に書いた渾身のミステリー小説が酷評され世間から小説家としては忘れ去られた存在でした。

最初は不愛想だった真司ですが、初めて出会った本気の恋に突き進む尚に次第に惹かれていきます。

尚の母で、「KITAレディースクリニック」の院長の北澤薫は「育った環境も学歴も教養も違いすぎる」とあまりに不釣り合いな二人の恋愛に大反対をします。

尚から一方的に婚約を破棄されてしまった井原は、尚の”ある異変”に気が付きました。

そして尚が若年性アルツハイマーにおかされていることが判明します。

真司はそれでもなお変わらずに彼女を明るく健気に支え続けます。

尚との出会いがきっかけとなり、眠っていた真司の才能が再び呼び起こされ、10年にわたる二人の愛の奇跡を小説につづっていくことになるのです。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』みどころは?

“ラブストーリーの名手”と称される大石静さんが、「肉体的な死よりも残酷な、“心の死”」をもたらす若年性アルツハイマーという病を取り上げ、新しい切り口で切なくも美しいラブストーリーを紡ぎ出していきます。

主演には若手演技派女優の戸田恵梨香さん。

コメディから、シリアス、ラブストーリーとどんな役柄でも演じきってしまう実力の持ち主です。

戸田さん自身、TBSでの主演はあの大人気シリーズ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」以来ということですが、ヒロインとして出演していた2017年のTBSドラマ「リバース」でも、素晴らしい演技を披露していました。

今回の尚という役どころも非常に難しい役になるのではと想像できます。

戸田さんは尚と真司の関係について「ムロさん演じる真司との楽しい時間は、すぐ終わってしまうかもしれないので、その時間をムロ(ツヨシ)さんと大切にしながら2人で本気で向き合って、本気で大恋愛したいです。」と語っていることから、早い段階で尚の病気の診断が下りそうですね。

そしてその奇跡の恋愛の相手役はムロツヨシさんです。

数々のドラマに出演されていますが、どの役でもムロツヨシ風といいますか、どことなく面白い雰囲気になっていますよね。

特に「勇者ヨシヒコ」シリーズのメレブは本当に楽しそうで、何度も見てしまいます。

そのムロツヨシさんが、純愛ものに出演と聞いて楽しみにしないわけがありません。

ご本人自身もお調子者のように明るく振る舞っていらっしゃいますが、とあるバラエティでご自身の過去について話されていたのを聞き、演技の幅はそこから来るのだなぁと妙に納得してしまいました。

そして、尚との婚約を一方的に破棄されてしまうのはTOKIOの松岡昌宏さんです。

この松岡さん演じる井原という医師も、真司と同様に尚を主治医として支えていくことになります。

しかも尚が病気になってから、尚への気持ちに気が付くというつらい立場です。

初めは尚と同じように、条件のいい相手ということで尚と婚約をしていましたが、自分の気持ちに気が付いてからどんな行動を起こすのでしょうか。

この三人の三角関係も見どころの一つとなりそうです。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』原作&脚本情報

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は原作はなく、脚本家・大石静さんのオリジナルストーリーとなっています。

【大石静さんのコメント紹介!!】

すっかり便利になった今、恋にも障害が少なくなりました。

障害がないと切ない想いも芽生えにくいせいか、世の中の男女は劇的な恋より、ちょっと楽しくリスクの少ない関係を好むようになったと感じます。

その風潮を否定もしませんが、ドラマの中では、常識や道徳のはるか向こうにある1組のカップルの“震えるような恋心“を、視聴者の方に体験していただきたいと願って、このドラマを書きました。

すべての人間にとってアルツハイマー病は、今そこにある危機と言えます。

それゆれこれまで幾度もドラマや映画で描かれて来ましたが、このドラマは新たな切り口で、この病気を描くことにも力を注ぎました。

日常生活の中では感じにくい激しい恋の刹那を、このドラマで、ぜひお楽しみ下さい!

公式サイトより引用

代表作
  • 時間ですよ たびたび(1988年/TBS)
  • ヴァンサンカン・結婚(1991年/フジテレビ)
  • 徹底的に愛は…(1993年/TBS)
  • ふたりっ子(1996年/NHK)
  • Days(1998年/フジテレビ)
  • 功名が辻(2006年/NHK)
  • セカンドバージン(2010年/NHK)
  • 家売るオンナ(2016年/日本テレビ)

スポンサーリンク

まとめ

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介しました!

ドラまる
あらすじを見ているだけで切なくなる物語だね。

若年性アルツハイマーについても、勉強したくなりそうだよ。

ラマちゃん
初回放送は10月12日(15分拡大版)よ。見逃せないわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA