ドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と】5話ネタバレと感想。Nに捧げる小説。

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年11月9日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話が放送されました。

ドラまる
真司と尚の物語。第一章が完結するよ。
ラマちゃん
真司の担当編集者で木南晴夏さんが登場するのよね。

本気の恋愛をしているムロツヨシさんに突っ込みを入れていそうね。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話あらすじネタバレと感想

間宮真司(ムロツヨシ)から別れを告げられた北澤尚(戸田恵梨香)は、必死にすがりますが真司は出て行ってしまいます。

「尚ちゃんのことは全部覚えてる」という言葉が真司の気持ちを表していましたね。

翌日、真司の元へ母の北澤薫(草刈民代)がやってきました。すごい剣幕ですが、正直、真司の真意は伝わらないだろうなと思いました。

引越しセンターで木村明男(富澤たけし・サンドウィッチマン)に尚と何かあったことを悟られ、真司は木村の隠れ家(会社所有の部屋)に身を隠すことにします。

真司は隠れ家で小説を書き進めていました。

‐俺でいいのか。大事な時間を無駄使いしているかもしれないぞ‐

一方、診察で尚の異変に気が付く井原侑市(松岡昌宏)。この人も鋭いですね。

尚は何とか真司に会おうと、いつもの居酒屋で来てくれるのを待ちますがやっては来ませんでした。

さらに自宅には、尚の荷物が送り返されていました。

嫌な予感がした尚が真司のアパートへ行くと、そこはもの抜け殻でした。

‐彼女は俺に再び小説を書かせるために神が使わしてくれた女神だったに違いない‐

そして、真司の書く小説は二人の離別の後の彼女の消息を知ることはなく”完”となっていました。

それから9か月後。

まだ尚はあの三つの質問をスマホを使い繰り返し確認していました。

この質問に答えられなくなったとき、尚が決めていたのは自ら死ぬことでした。

廃人のようになってしまった尚は、まるで別人のようです。侑市には真司と別れたと言っていなかったのですね。

侑市から新薬の治験に参加するように薦められますが乗り気になりませんでした。

薫に頼まれて、花屋に出かけた尚は本屋に立ち寄ります。

そこで見つけたのは「脳みそとアップルパイ」

‐共に砂漠を歩こうとしてくれたNさんに捧ぐ‐

そして本を読み始めた尚は、自分たちの物語が間宮真司の言葉でつづられていることに喜びを感じていました。

その頃、真司はサイン会まで開くベストセラー作家となっていました。きました、皆さん、ムラサキ&メレブですよ!

その頃、侑市も母親の千賀子(夏樹陽子)が知らずに真司の小説を買っていました。

設定だけで、自分の息子たちのことだとわかりそうなものですが全く気が付いていませんでしたね。

でも、この母の行動がナイスでした。

尚は小説を読み終えると別れを選んだ時の真司の本心を知ることとなります。そして侑市もその一人でした。

20年ぶりの小説が注目され、インタビューでは「(尚とは)一生会うつもりはありません」と答えていましたが、侑市から連絡を受けた真司は会うことにしました。

居酒屋のバイトの女性、やっぱり子供生まれていました!しかも店長の子供ではなかったんですね。

真司は侑市から、尚とはあの後、医師と患者以上の関係にはなっていないと告げられました。

「無駄なやせ我慢でしたね。」

そう真司に伝えた侑市は尚を店に呼び出していました。なんていい人なんでしょう。

離れていた9ヶ月間を埋めるように二人は話をします。

そして真司は尚にプロポーズをしました。

「名前間違えちゃうけど、いい?」「いつか、真司のこと忘れちゃうけどいい?」

たくさんたくさん質問をする尚に、真司は何度も「いいよ。」と答えました。

もう真司なら何でもいい。尚ちゃんだったら何でもいい。

そう語る二人が迎えた結婚式。

木村に牧師を依頼するとは、一生思い出に残る結婚式になりますよね。

本当に幸せな尚ちゃんの笑顔。

病気のことをみんなに打ち明け、今は死んでしまいたいくらい幸せですと話しました。

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話ネットの反応や感想

ラマちゃん
真司、ちゃんと小説を書き上げていたのね。

『脳みそとアップルパイ』は第一幕よ。物語はまだまだ続くのよ。

ドラまる
うつ状態の尚ちゃんは見ていられなかったね。

ラマちゃん
ムラサキが紫色の手帖を使ってて、絶対わざとだと思ったわ。

ドラまる
プロポーズから、母親への挨拶、結婚式と最高の流れだったね。

ラマちゃん
尚ちゃんの笑顔が永遠に続けばいいのにと思うわ。

本当に素敵な笑顔ね。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話あらすじ

2018年11月16日(木) 22:30時から放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじをご紹介します。

素直な気持ちを伝え合い、ついに結婚した尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)。

周囲に祝福され、幸せな結婚式を挙げたのもつかの間、二人の行く手に新たな脅威が迫っていた。

新居に引越し、新生活をはじめた尚と真司。

ある日二人は、病院で松尾公平(小池徹平)と出会う。

若年性アルツハイマー病患者である公平は、病気が発覚した途端妻に去られ、生きがいである仕事も失いそうになっていた。

一見、子供好きで笑顔が爽やかな好青年の公平だったが、その裏に深い闇を隠し持っていた。

一方、真司は思い切って尚に「こどもが欲しい」と告げる。

尚は「無理だと思う」と伝えるが、迷いもあって・・・。

そんな中、尚は侑市(松岡昌宏)の勧めもあり、自身の病気について大学で発表することになる。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

侑市の懐の深さを感じずにはいられない展開でしたね。

二回も振られた女性への気遣いが紳士的です。

悩んでいる彼女に対し、踏み込むべきなのか躊躇し、真相を知ったときさりげなく二人を引き合わせる。こんなにいい人がいるでしょうか。

また、今回は主演の戸田恵梨香さんにも演技力の高さを再確認させられた回となりました。

あまりにも落ち込む姿を見て、病気が進行してしまったのかと心配しましたが、小説を読むことで真司の本当の気持ちを知り再び笑顔を取り戻してくれて本当に安心しました。

母の薫の喜びようが忘れられません。

ステキな結婚式を見られて、私まで幸せな気持ちになれました。

ドラまる
ついに結婚した真司と尚。

二人の前に、同じ若年性アルツハイマーの青年が現れるんだよ。

ラマちゃん
次回は放送時間が少し変更よ。

22:30から始まるのでお間違いなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA