ドラマ【大恋愛】最終回ネタバレと感想。10年の愛の物語に涙が止まらない。

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年12月14日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第10話が放送されました。

ドラまる
今期、評判の高かった「大恋愛」も今日が最終回だよ。
ラマちゃん
息子の恵一の行方不明事件の後、尚ちゃんは姿を消してしまったのよ。

再び家族が集って幸せになってほしいわ。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第10話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第10話あらすじネタバレと感想

2019年12月。尚(戸田恵梨香)がいなくなったことを息子の恵一に宇宙人にさらわれアンジェリカ星に連れて行かれたと説明していた真司(ムロツヨシ)。

いまだに見つかっていない尚の消息が分かったと連絡が入りました。

時はさかのぼり2019年4月。恵一の行方不明事件のあった翌朝。

姿を消した尚を探すために井原侑市(松岡昌宏)や薫(草刈民代)がやってきました。

真司は「尚は帰らないつもりで出て行った」という侑市の言葉に辛い顔を浮かべるのです。

その侑市には新薬が承認されたと言う知らせが届いていました。

その知らせに、侑市の父はこんな時だからこそ薫とあいさつに来たらどうかと勧めました。

父から促され、井原家にやってきた侑市と薫に母・千賀子(夏樹陽子)はウエディングドレスデザイナーとしてドレスを用意し式をあげようと言います。

そして式は4年前に済ませたと言われ、怒って出て行ってしまったかと思った千賀子は薫用のドレスを作って待っていてくれたのでした。

恵一は今でも母を求め続け、4カ月。尚を探す真司はある病院で松尾公平(小池徹平)の姿を見つけます。

その様子はかなり病状が進行していました。

公平のやけに幸せそうな子供のような笑顔を見て、探さない方がいいのかなと考え始める真司。

そんな真司に木村明男(富澤たけし)は「やっと気づいたのか。衰えていく自分を見られたくないと言う彼女の気持ち」と話します。

しかし真司は「それでも寂しいんです」と言葉を返しました。

木村「わかってないだけで、お前は超絶ラッキーボーイなんだ」

やっぱり木村さんの言葉は、心に突き刺さりますね。

家に帰ると、水野明美(木南晴夏)が恵一の世話を終えて待っていました。

「先生の傍にいてもいいですか?」

水野の隠された想いに初めて触れることができました。

しかし、真司には尚しかいません。

2019年12月。薫は思い切って行方不明人を探すテレビ番組に出演しました。

とうとう見つかった尚。海辺の朝倉診療所にその姿はありました。

尚はアンジェリカの裏表紙の煙突にそっくりな煙突を見つけここにたどり着いていたのです。

診療所で洗濯物を取り込む尚を見つけた真司。

その顔は安堵の表情でしたが、尚は真司のことを忘れてしまっていました。

情報をくれた診療所の医師・朝倉は8カ月前に尚が突然現れ、事情を把握し尚をここに置いてくれるようになりました。

尚は全財産を朝倉に渡し、死ぬまでここにおいてほしいと願ったのです。

尚が失踪した時に持っていた荷物を渡される真司は、意を決してそのカバンを開けました。

そこには「砂にまみれたアンジェリカ」「脳みそとアップルパイ」「もう一度、第一章から」の三冊のほかにビデオカメラが入っていました。

カメラには幼い恵一の動画と、まだ記憶の残っているときの尚の記録が残されていました。

失踪してから尚が乗ったバスで見つけた煙突。

真司の短編小説集「西の空へ」も読み、短いながらも感想を残してくれました。

段々と日常生活もおぼつかなく、真司のことを思い出せる時間が少なくなってきていること。

それでも「真司好きだよ。」とほほ笑む尚。「真司に会いたい。」混乱の中でも必死で真司のことを想い続けている尚の姿が残されていました。

そして日課の海辺の散歩をしている尚の元に向かった真司は「はじめまして」と声をかけました。

アップルパイを持ってきていた真司は、尚と一緒に思い出のアップルパイを食べます。

本を読めなくなっていた尚に、彼女との小説「脳みそとアップルパイ」を読んであげました。

途中で「間宮真司」と名を呼ぶ尚に驚く真司。その物語が自分のこととは思わない尚は、初めて読んだ本のように楽しそうな笑顔を浮かべます。

恵一を尚の元へと連れていくことにした真司は、恵一に「お母さんと呼んじゃいけないんだ」という任務を与えます。

ちゃんとその任務を遂行できました。本当に賢い子です。

真司は尚の記憶が戻ることがないと感じていましたが、真司に会うと機嫌がいいと言う尚のために会いにくるようになります。

そして、着々と読み進めた小説は続編へと続くことになります。

そんな日々が続いたある日。真司は尚をあの居酒屋へと連れていくことにしました。

自分の娘にこんにちはと言わなくてはいけない薫の悲しさがとてもつらかったです。

恵一に「お母さんは?」と聞く尚に、恵一は「いないけど寂しくないよ。もうすぐお母さんは帰ってくるから。」と答えました。

もう、涙が止まりません。

浜辺で続編を読み進める真司に、尚が突然「真司、聞かせて」と声をかけます。

まさか、まさかここで。

尚「やっぱり真司は才能があるね、すごい。」そして真司は尚を抱きしめるのです。

この瞬間だけ。この一瞬だけ。神様は奇跡を与えてくれました。

2023年1月。

尚の発見から一年後、尚は肺炎で亡くなっていました。大きくなった恵一は、父親譲りの走り方をする小学生になっていました。

そして、水野から届いた真司の新刊本のタイトルは『大恋愛~僕を忘れる君と~』

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第10話ネットの反応や感想

ラマちゃん
真司という男性はどこに行けば会えますか?

最初から最後までステキの一言よ。

ドラまる
真司を覚えている間に記録を残してくれていた尚ちゃん。

涙なくては見れないよ。

ラマちゃん
恵くん、本当に偉いわ。

お母さんが本当に戻ってくるって信じて頑張っていたんだよね。

ドラまる
ほんの一瞬、以前の尚に戻った瞬間の表現。

素晴らしかったね。

ラマちゃん
もう登場しないかと思っていた公平が、実は尚の気持ちを真司に気づかせる大事なキーマンになったのよね。

ドラまる
神様、ありがとう!

ラマちゃん
インスタライブもお疲れさまでした!

二人の仲睦まじい姿、楽しみにしてたの。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』最終回・第10話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第10話のネタバレ感想をご紹介いたしました。
やっぱりハンカチを用意すべきでした。

最初から最後まで、涙が止まらなかったです。

真司のことを忘れてしまっていた尚をいきなり自宅に呼び戻すことをせず、彼女に寄り添うようにそばにいてくれるやさしさ。

会いたくて会いたくて探し求めた尚の今の姿は、真司にはつらい現実だったはずなのに。

そして、真司の願いを受け入れたかのように、ほんの一瞬神様は素敵なプレゼントをくれましたね。

この奇跡は真司の生きる支えとなることでしょう。

恵一と二人、尚の分までこれからの幸せを願わずにはいられません。

素敵な時間をありがとうございました。

ドラまる
涙涙の最終回だったね。

ほんのひと時、真司のことを思い出してくれた奇跡に感動だよ。

ラマちゃん
本当に素敵な素晴らしい時間をくれるドラマだったわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA