ドラマ【大恋愛】8話の動画見逃し無料視聴はこちら|11月30日配信

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話(2018年11月30日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『大恋愛~僕を忘れる君と』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『大恋愛~僕を忘れる君と』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月30日(金)放送終了後〜2018年12月7日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『大恋愛~僕を忘れる君と』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです。

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『大恋愛~僕を忘れる君と』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『大恋愛~僕を忘れる君と』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『大恋愛~僕を忘れる君と』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじは?

2018年11月30日(金)放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじを紹介します。

だんだんと病状が進行していく尚(戸田恵梨香)だったが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意した。

産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々。

一方、侑市(松岡昌宏)は、診察に訪れた公平(小池徹平)に尚のスピーチのときの映像を見せ、ほかの患者に危害を加えるならばほかの医師を紹介すると注意するが、公平は了承せず…。

そんな中、尚は薫(草刈民代)に子どもを産むことにしたと報告に行く。

子どもには断固反対していたはずの薫だったが、すんなりと受け入れた様子を見て、尚と柚香(黒川智花)は“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐる。

その帰り道、スーパーで買い物をしていた尚の前に公平が現れて、何も知らない尚は…。

本の売れ行きが好調な真司は取材が殺到し、担当編集者の水野(木南晴夏)がかいがいしく世話を焼いていた。

尚が自宅に帰ると、玄関にハイヒールがあり、部屋から出てきた水野と鉢合わせしてしまう…。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
松尾のことを警戒している真司とは違って、松尾にされたことを覚えていない尚が、松尾に良いように惑わされてしまわないか心配です。

今回、真司に来ていた映画化や続編の話ですが、それを受けるとなると、真司はとても忙しくなり、尚からどうしても目を放す時間が増えてしまうと思います。

普通の夫婦でも、そんな状態ではすれ違いが起きそうなものを、そこに松尾という存在が入ることで、余計に拗れるのではないかと予想しています。

ただ今回、侑市には松尾の悪事が知られたので、侑市が上手く間に入って、松尾の悪事を止めてくれたらなと期待しています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

シャワーズ
侑市は公平がわざとマイクのハウリング音を引き起こしたことを知ったため、公平に問い詰めた。

公平は素直に認めた上で、侑市にも責任はあるのだと主張した。

侑市は公平の外来と尚の外来をなるべく同じ日にしないように調整することになった。

その一方、尚のアルツハイマー病が進行している最中、真司と薫はそのような尚が見たくないと感じていても、それでも支えていくとの展開になるのを予想する。

公平の件は解決することができるかどうかということ、真司と尚は前向きに子供を作ることになるかどうかということが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

mirokichi3
症状が徐々に悪化している尚は悩んだ結果、真司との子供を作る事を決めました。

真司も承諾しましたが、尚は果たしてどうやって進めていくのでしょうか。

病気の事もあるので、慎重に進めていくとは思いますが、身体への負担はどうなのか心配です。

また、尚の病気が改善する方法はないのか気になります。

薫は酔いつぶれて、侑市に介抱してもらいましたが、その日から心境の変化がありました。

今まで逞しく生きてきた薫は侑市の優しさに触れて、好意を持つようになったと思います。

果たして、これからどうように発展してくのでしょうか。

侑市の心境もどうなっていくのか気になります。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

たかは
侑市は尚の母親である薫を女性として意識し始めたのかもしれません。

尚のことでショックを受けている薫のことが放って置けなくなったように見えます。

薫も侑市に対して好意を抱いているようで、二人の今後の関係が気になります。

しかし、侑市の母親が黙っていないと思うのでそう簡単にはいかなそうです。

一方、尚は自分の病気が進行していることを知って真司との子供を望むようになります。

子供がいることで生きる希望を持てるようになるかもしれないので、尚と真司には是非子供を作って欲しいです。

尚も真司も良いママとパパになりそうです。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

ゆりこ
松尾がこれから尚にどうアピールしていくのかがとても気になります。

悪い手をどんどん使って尚の症状をどんどん悪化させて記憶をなくさせようとしてくるのではないかと思いました。

そして、尚の病気が進行して前まで覚えていたこともだんだん忘れていってしまっているので、次の8話ではまた忘れてしまっていることが増えてきそうな気がします。

尚の病気の進行に伴って、今まで強かった真司も涙を流したり、弱った部分も見せてきたので真司がこれからどうなってしまうのかも見どころだと思います。

尚の病気がどれだけ進んでしまうのか、松尾はどこまで尚のと真司の邪魔をするのか、その2つのことを真司はどう対応して感情を出していくのか、とても楽しみです。

ペンネーム:ゆりこ(10代・女性)

りんごさん
子供を持ちたいと決心し、気持ちが変化した尚がどのような生活を送るのかなと思っています。

子作りを決めたことを忘れてしまわないかが心配です。

妊娠したという幸せな報告が次回あったらいいなぁと思っています。

あと、記憶が失われていってるので夫婦で勘違いの喧嘩がおきないか心配です。

出版担当の人の記憶がないので、浮気してると勘違いしちゃいそうだなと勝手に想像してしまいました。

あともう一つ気になるのが、尚のお母さんと井原先生が急接近してそうなところです。

あり得ない組み合わせだと思ったけど、良い感じになりそうで、今後の関係が気になります。

ペンネーム:りんごさん(30代・女性)

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

尚の倒れた原因であるハウリングを起こしたのが松尾だと知った薫や真司は、怒りを抑えられずにいた。

しかし、それを尚に伝える前に、松尾が尚に接近してくる。

そして、わざと自分といた方が楽なのだと尚に吹き込み始める。

一方で、ある時スマホを忘れた真司の代わりに、担当の水野が自宅までスマホを取りに行く。

しかし、そんな水野に遭遇した尚は、自分が忘れ物を届けにも行けない人だと思われていると感じてしまう。

更に、真司から小説の続編タイトルを聞いたことを忘れてしまった尚は、真司が自分よりも水野に先にタイトルを教えたと勘違いして激怒してしまう。

喧嘩になったことで、尚は家を飛び出してしまうのだった。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の感想

松尾の言動に恐怖心を強く感じた回でした。

でも松尾は、尚と真司の愛を甘く見すぎていたなと思いました。

どんなに二人の仲を引き裂こうとしても、二人の愛の深さは誰にも壊せない物なのだと改めて感じさせられました。

そして、そんな中で、松尾を許して諭した尚は、とても立派だったと思いました。

睡眠薬を飲まされそうになるという怖い思いをしたにも関わらず、ハウリングを起こしたのが松尾だと知ったショックもあるだろうと思われたのに、そんな中であれだけの優しい言葉を掛けられたことは、本当に素晴らしいと感じました。

さすがの松尾も、心に響いただろうと思いました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

mirokichi3

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

尚は真司の意志を尊重して、2人の子供を産むことを決意しました。

そして、尚は薫と柚香にその事を思い切って伝えます。

薫からは反対されると思っていた尚でしたが、意外にも賛成されます。

薫は侑一に好意を抱くようになり、心境に変化があったのでした。

真司は小説家として、多忙な日々を送っていました。

ある日、侑市から連絡を受けて真司は公平の事を注意するように伝えられました。

公平は今を1番に考える行動をしているため、攻撃的な部分が目立っていました。

そのため、尚に対する好意が膨らみ、どんどん行動がエスカレートしていきます。

真司は担当編集者の水野と打ち合わせをしていました。

打ち合わせの内容を耳にした尚は落ち込みました。

公平に相談する尚でしたが、公平の言葉や表情を怖さを感じるようになります。

尚は家の近くまで送ってもらいましたが、その光景を元同僚の木村達に見られてしまいます。

心配した木村は真司に連絡を受けて、その事を聞く事になります。

帰宅した真司は尚に問いただしますが、喧嘩をしてしまい家を出てしまいます。

待ち伏せしていた公平は尚を後ろから追いかけて、車に誘い睡眠薬入りの飲み物を飲ませようとします。

公平は真司に連絡をして挑発し続けますが、そこに尚が現れて公平を説得しました。

仲直りした真司と尚は自宅に戻り、お互いの気持ちを改めて確かめ合いました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の感想

尚は真司の思いを尊重して、子供も産むために奮闘する事になりました。

薫にその事を相談しましたが、あっさりと賛成したのには驚きました。

侑市に対して好意を抱くようになり、ガラッと心境が変わったと感じました。

そして、侑市の事を頼るようになって、2人には新たな雰囲気が流れていました。

公平の行動が徐々にエスカレートしていましたが、理性が崩壊しているように見えました。

何も知らない尚が公平と一緒にいる姿にとても心配しました。

真司は公平から尚の事を問われますが、そこに尚が現れて公平を説得します。

信頼している夫婦だからこそ、お互いを必要としている言葉に表現している2人の姿は素晴らしかったです。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

たかは

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

症状が進行していく尚だが、真司との子供を望むようになり子作りに励む。

尚は真司としあわせな日々を送っていたが、公平が偶然を装って尚に会いにきた。

侑市は公平がまた危害を加えるかもしれないと母親の薫と真司に注意を促すのだった。

そんなことを知らない尚は優しく接してくれる公平に愚痴を言うようになった。

尚が公平と会っていることを知って、真司は公平が尚にキスをしたことを伝えた。

尚は真司に信用されていないことが悲しくて、真司に不満をぶつけるのだった。

尚は真司が自分と対等に向き合ってくれないことがやるせなかった。

公平は喧嘩をして家を出ていく尚を追いかけ、睡眠薬を飲ませようとするが尚はそれを拒否した。

尚から全部忘れてくださいと言われた公平はその場を去っていくのだった。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の感想

尚は真司との子供を望むようになり、前向きに頑張っていました。

病気は進行していますが、大好きな真司との生活に幸せを感じ充実した日々を送っているように見えました。

しかし、公平が現れたことで状況が一変してしまいます。

順調だった二人の関係にも溝ができてしまいます。

公平は幸せそうな尚に嫉妬しているのだと思います。

自分は病気のせいで何もかも失ったのに、尚が幸せそうにしているのが許せないのだと思いました。

尚はそんな公平の思いに気付かずに、優しくされたことで次第に心を開いていきます。

また尚に何かあったらどうしようと思いましたが、最後は尚自身が公平を突き放してくれて安心しました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

シャワーズ

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

真司は数々の取材を受けるために家を出た。

侑市は公平に映像を見せ、他の精神科医を紹介すると話したが、公平は「医者は患者を選ぶことができない」と拒否した。

尚はクリニックに足を運び、薫と柚香に対し、子供を生むことにしたと報告した。

公平はクリニックの時から尚を追いかけ、スーパーで声をかけた。その後、喫茶店で対談した。

侑市は公平の件を薫に打ち明けた。

真司はスマホが家にあるとのことで水野が取りに行くことになった。

尚が帰宅すると、水野が家の中にいることに驚いてしまった。

侑市はさらに真司にも公平の件を打ち明けた。

真司は今日何をしたかと尚に聞いた結果、尚は公平と会ったことを言わなかった。

小説の続編のタイトルを「もう一度、第一章から」に設定すると真司は話した。

公平が尚を家の近くにまで送ったのを木村と小川は偶然的に見てしまった。

木村はそのことを真司に話したそうで、真司は尚に聞いた。

真司は公平の件を尚に話した。

尚は真司と自分が対等ではないことに不満を感じ、家を出てしまった。

真司は尚を探しに行く一方、公平は睡眠薬を含んだ飲み物を尚に飲ませようとした。

真司は公平に対する怒りが出て、一発殴ろうとしたのを尚が止めに入った。

尚は公平に「忘れるところがこの病気の唯一の救い。だから全部忘れてください」と話した。

尚は睡眠薬を含んだ飲み物を飲むとの演技をしていた。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の感想

ただただ公平の行動が恐ろしく感じた。

睡眠薬まで用意し、遠くの世界に行くとの発言が出ているとのことは公平は尚と一緒に死ぬ気だったのでは?と気になった。

誰もかも公平の行動に許せなく感じているとの状況であるのに対し、尚は公平を恨むことはしないという判断を取ったというのは立派だった。

果たして公平の行動が原因で尚の病気は進行してしまったかどうか気になるところだが、公平はこれから立ち直っていって欲しいのだと感じた。

それに、尚と真司はお互い愛しているとのことが物凄く伝わってきた。

これこそ大恋愛だと言っても良いのだと思った。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

のんのん

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

尚と同じアルツハイマーの松尾は、偶然を装いスーパーで尚に声かける。

健康な人とは対等でいられないという松尾に尚も心がゆれる。

真司がスマホを忘れたとき、尚に頼まずに編集者に取りにこさせたり、続編小説のタイトルを一番に教えてくれるはずだったのに、編集者に話してたと思ってしまったから。

本当は聞いてたのに覚えていなかっただけなのに。

でも、そんな自分が嫌で、部屋を飛び出てしまう尚。

外では松尾が車を停めていた。

尚を追いかける松尾。尚を心配するふりをして、睡眠薬を入れたコーヒーを渡す。

尚を追いかけてきた真司に、尚はもう別の世界に行ったとほくそえむ松尾。

怒りで、殴ろうとすると尚が止めに入る。

尚は、飲むふりをして、実はコーヒーをのんでいなかったのだ。

忘れてしまう病気だから、松尾のことは恨まない。

松尾にも全て忘れてくれという尚。

松尾は諦めた帰るのだった。

無事に帰ってきた真司と尚。

たとえ病気で真司のことを忘れてしまっても、たとえ尚のためにすごく疲れていても、お互いにお互いでないとダメなんだと愛情を確かめあい、子作りに励むのだった。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の感想

尚と同じアルツハイマーの松尾。

わざと、ハウリングを起こさせて尚を失神させたり。

それもアルツハイマーの症状のひとつなのだろうか。

いや、きっと病気を抱えてなお、周囲に愛されてる尚が羨ましく、自分のものにしたかったのだろう。

それにしても、睡眠薬を入れたコーヒーを飲まずに、気絶したふりをしていたなんて、なぜそんな頭が働いたのだろう。

そうか。

喫茶店で、松尾に蝶の標本を見せられて「死ねば、ずっと綺麗なままでいられる」と言われたときに、松尾の危険性に気づいたのだろう。

二人が愛しあった証、尚がこの世に生まれてきた証を残すため、子供をうむことを決意した尚と真司。

少しでも長く、普通でいられたらどんなにいいか。

お互いを信じる力は奇跡をおこすかもしれないと期待せずにはいられない。

ペンネーム:のんのん(50代・女性)

美智子

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

子供を作ることを決めた尚と真司は計画的に妊娠活動を行う。

尚が倒れた時の映像に松尾がわざとハウリングを起こしたことで、今後危害を与えてくる可能性がある薫と真司に話す侑市だった。

真司が水野と仕事の打ち合わせをすることに嫉妬してしまい、尚は松尾に真司に愚痴を言う。

尚は些細なことで喧嘩をして外に出ていくと、松尾が家の前に車に乗っていた。

松尾は尚に睡眠薬の入った飲み物を尚に飲ませ眠らせ、真司を呼びだし尚は別の世界にやったと告げ尚は小説の道具だとふざけた顔で言う。

しかし寝たふりをしていた。

尚は松尾に対して怒りではなくは病気のことに前向きであることを告げる。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の感想

ようやく子供を作る決意が固まって良かったです。

松尾が尚に徐々に近づいてきて嫌な予感、尚にどんな危害を与えるのか心配だった。

真司に尚は小説の道具しか思ってないと言った時の松尾の顔がやばい感じで迫ってきて恐ろしかった。

尚は産婦人科医だったこともあり、患者の気持ちを察して松尾に説得のある言葉を使った時は凄く心に伝わった。

松尾も尚の言葉に素直に聞き入れ立ち去りホットしました。

尚の前だと素直な気持ちに戻れたのでしょうか、もう二度とこのようなことはないと確信できた。

尚はどうして飲み物を飲んで寝たふりをしていたのか不思議だった。

ペンネーム:美智子(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA