大恋愛8話ネタバレと感想。演技が怖いと話題の小池徹平がついに…

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年11月30日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話が放送されました。

ドラまる
尚ちゃんが倒れた時に起きたハウリングは公平が犯人だったことがわかったんだよね。
ラマちゃん
真司は公平への警戒を強めるけど、まったく気にせず尚ちゃんに近づいてくるのよ。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話あらすじネタバレと感想

間宮真司(ムロツヨシ)と尚(戸田恵梨香)の生活は、たくさんの張り紙の中でも順調に育まれていました。

子供を持つために、婦人科医ならではの努力を続けます。

翌日、真司が取材に遅れそうになる時におにぎりを渡しますが梅干を入れ忘れていました。

それでも笑顔の真司は素敵です。

松尾公平(小池徹平)の診察をする井原侑市(松岡昌宏)は、尚が倒れた時の映像を見せます。

自分がやったことを覚えていないという公平に、治療を続けるわけにはいかないと通達しますが公平は拒否しました。

なかなか一筋縄ではいかない悪魔です。

その頃KITAレディースクリニックでは北澤薫(草刈民代)が侑市のことを考えていました。

やっぱり特別な異性になったのでしょうか。

そしてクリニックへやってきた尚は子供を持つことに決めたことを伝えました。

意外にも賛成してくれる母の様子に驚く尚と受付の沢田柚香(黒川智花)。

クリニックを出てくる尚の後をつけていた公平は、偶然を装い尚を誘い出し、自分の置かれた状況を説明していました。

公平が危険人物だと知らない尚は素直に話を聞いてしまいます。

その頃、薫の元にやってきた侑市は公平がわざとハウリングを起こしたことを教え、彼に注意を払うように伝えてくれました。

立て続けに入っている取材の最中、携帯を忘れたことに気が付く真司。

真司の担当編集者・水野明美(木南晴夏)が取りに行くことになりますが、自宅で尚と鉢合わせてしまいます。嫌な空気が流れましたね。

侑市は真司にも公平のことを伝えます。本当に誠実な担当医です。

薫と侑市がおしゃれなバーから居酒屋に移動して本心を語り合うシーンはしんみりしてしまいました。

取材が終わり帰ってきた真司は、起きてきた尚に今日一日の出来事を聞きます。

そして続編のタイトルを「もう一度、第一章から」に決めたと聞いた尚は喜んでいましたが、水野のことが気になって仕方がない様子でした。

ドラマ「もう一度君にプロポーズ」を思い出したのは私だけじゃなかったですね。

診察を受ける前の真司と尚のイチャイチャが相変わらずたまらない!

水野との打ち合わせで新聞の連載の依頼を受けた真司は、喜びます。

その時、真司は水野に続編のタイトルを教えたのですが、尚は自分が一番に教えてもらっていたことを忘れ、おいてけぼりにされた気分になってしまいました。

さらに、そのことを公平に愚痴ってしまいます。

公平がすでに「尚」呼びをしていて怖かったです。

このちょっとしたすれ違いが、徐々に二人の間に亀裂となってしまうのです。

公平と尚が会っていたことを木村明男(富澤たけし)から聞いた真司は、尚にそのことを問い詰めてしまいます。

公平のことを隠していた尚に真司は公平は危ない人物だと忠告します。

しかし、水野と自分を比較してしまう今の尚の耳には素直に響きませんでした。

ケンカをして家を飛び出してしまった尚に急いで電話をかける真司ですが、尚の携帯は冷蔵庫から鳴り響きます。

尚を呼び止めた公平は大量の睡眠薬入りの飲み物のを飲ませたあと、真司を呼び出します。

僕といる方が尚は幸せなんだと、今度は僕たちの純愛を書けばいいと真司を煽ります。

公平に殴りかかろうとする瞬間、睡眠薬入りのドリンクを飲んだ振りをした尚が真司を止めに入ります。

そして「忘れちゃえるところがこの病気の唯一の救いでもある」と公平に話します。

「恨んだところで忘れちゃうんだから、公平にも全部忘れてください」と。

「忘れたくないこともたくさんあるのにな。」公平の本心がちらりと見えました。

自宅に戻り、よく咄嗟に飲んだ振りをできたと尚をほめてあげる真司。

「他の誰かなんじゃダメなんだ、俺たちは。」

そう愛を確かめ合う二人に、待望の赤ちゃんがやってくるのです。

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
狂気の松尾公平も、同じ病気の尚ちゃんに言われた言葉が胸に突き刺さったみたいだね。

ラマちゃん
今日もムロ戸田のイチャイチャが見れて幸せよ。

ドラまる
尚ちゃんの担当医が侑市で本当によかったよね。

ラマちゃん
小池徹平さん、とっても好きなんだけど松尾公平はキライ!

ドラまる
侑市と薫の大人な関係も次週は進展がある?!

ラマちゃん
最後の最後にいつも素の二人っぽいやり取りが最高ね。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話あらすじ

2018年12月7日(金) 22:00時から放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話のあらすじをご紹介します。

努力の甲斐もあり、ついに尚(戸田恵梨香)が妊娠!

真司(ムロツヨシ)に早く伝えたいと嬉しさいっぱいで自宅に帰宅するが、水野(木南晴夏)が来ていて、ドアの外から声を掛けることができない。

尚は、病気の自分と水野を比べ、真司の仕事を支えられないことに落ち込むが、「自分にしかできないことがある」と妊娠を報告する。

妊娠を喜んだ夫婦は、尚がお腹の子を気遣えるように「尚は妊娠中」という紙を家中に貼ってまわる。

一方、薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)の関係にも進展が・・・。

そして、物語はついに最終章へ・・・。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。
驚愕のサイコパスぶりを見せつけていた松尾公平が、ようやく二人の前から去ってくれることに。

公平が最後に見せた表情は切なかったですが、その前に尚と一緒に永遠の存在になろうとしたり許せないことの方が多かったのも事実。
尚の「恨んでいたことも忘れちゃう」という言葉に私自身もハッとさせられました。

「忘れられちゃうのがこの病気のいいところ」自分の病気のことを知りながらこの言葉が言える尚のクレバーさに感心しました。

そして次週は待望の赤ちゃんが!

ドラまる
今週は水野と自分を比較してケンカしちゃったりしたけれど、仲直りできて本当によかった。
ラマちゃん
次週、二人の赤ちゃんが誕生。

病気のことで大変だけど、親バカなんだろうなぁ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA