【大恋愛~僕を忘れる君と】7話ネタバレと感想。感涙必至!深まる夫婦の絆。

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年11月23日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話が放送されました。

ドラまる
尚と真司の新婚生活に突然割り込んできた公平という男性。

行動が予測不能で怖かったね。

ラマちゃん
二人の幸せの時間がいつまで続くかわからないのに、大変なことになったわ。

そして、尚ちゃんは二人の子供を持つことに前向きになってくれるみたいだけれど、どうなるかしら。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話あらすじネタバレと感想

学生への講演を行おうとした北澤尚(戸田恵梨香)は、マイクのハウリングのために反射性失神を起こしてしまいました。

その知らせを聞いた間宮真司(ムロツヨシ)は病室に急いで向かいますが、そこで見たのは松尾公平(小池徹平)が尚とキスをしている姿でした。

公平は鼻歌を歌いながら病室を去ります。怖い怖い。

真司のこともわからなくなっていた尚を見て、なぜこんなことになったのか、井原侑市(松岡昌宏)に問い詰める真司は感情が抑えられませんでした。

「尚を今朝の尚に戻してください」真司の切実な願いでした。

翌日、目を覚ました尚はスピーチのことも真司のことを忘れていたことも覚えていませんでした。

その頃『脳みそとアップルパイ』の映画化の話しが持ち上がったと担当編集者・水野明美(木南晴夏)から連絡を受けた真司は、それよりも続編を書く気になったと告げました。

また、尚の病室へとやってきた公平は真司に堂々と「キスしてあげた」と言い放ちます。

「尚ちゃんがほしい」どうせみんな忘れてしまうのだから、何も怖くないという公平はやはり一筋縄ではいかない危険人物でした。

「同じ病気のものでなければ本当の気持ちはわからない。」この公平の言葉が真司に突き刺さりました。

そんな真司に、尚は挑戦しようとしていた新薬が効いて症状が改善したら、子供を持つことを考えたいと話してくれました。

侑市も、公平の怪しい行動・言動から公平のことをマークするようになりました。さすが井原先生!

家に帰った真司から続編を書くことを決意したことや映画化のことを伝えられ喜ぶ尚でしたが、病院でした子供の話はすっかり忘れてしまっていました。

引越し屋に久しぶりに挨拶に行く真司は木村明男(富澤たけし)と小川翔太(杉野遥亮)を飲みに誘います。

「愛は基本疲れるものだぞ」木村先輩の言葉刺さりますね~。

もう一つの恋って、やっぱりママ・北澤薫(草刈民代)のことですか!

気になる尚の病状は?

診察前のテスト、やっぱり一緒にやってしまいました。

検査・テストの結果、尚の症状は以前よりも進んでいることは確実となりました。

侑市の想像以上に進行が早くアルツハイマー病に進行してしまったため、MCI用の新薬の投薬が受けられなくなってしまったのです。

あんなに好きだった黒酢はちみつのことも新鮮に感じる尚。それを受け入れてくれる真司の愛を感じます。

尚の症状を聞いた薫が酔いつぶれているところを介抱にきた侑市。なんでこの二人が?と思ったら侑市父からの連絡で来たんですね。

「生きていくのは試練ですから。」尚を挟み、同じ思いの同志のような二人です。

侑市が自宅に戻ると、研修医からスピーチの時の映像が送られてきました。

そこには公平がスピーカーを故意に操作している映像が映し出されていました。

その行動を見てアルツハイマー病の症状ではないと言い切る侑市の言葉に、少し安心してしまいました。

出会った時からの思い出の道をたどる尚と真司。

再び店長とバイトにアテレコする尚。あんなに楽しい思い出がこんなに辛いものなるなんて。

「今夜のこといつまで覚えているかな?」「忘れていいよ。大したことじゃないから。」

こんな素敵なことが言える真司を心から尊敬します。

そして、尚は「やはり子供を産みたい」と心の内を話してくれたのでした。

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話ネットの反応や感想

ラマちゃん
公平の異常性がはっきりしたわ。

ドラマ「リバース」で共演した小池徹平さんと戸田恵梨香さんの縁で”蕎麦”のキーワードが飛び交ったね。

ドラまる
公平への怒りも、侑市への感情も、尚への愛もすべて痛いほどわかるね。

ラマちゃん
病気になる前も、病気になってからもずっと違う形でもいいから仲良くいてほしいの。

ドラまる
木村先輩の言葉は染みわたるね~。

ラマちゃん
この二人は同じ気持ちの同志みたいに感じたわ。

恋に発展するのかしら?

ドラまる
尚ちゃん、かわいいよ!

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話あらすじ

2018年11月30日(木) 22:00時から放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじをご紹介します。

だんだんと病状が進行していく尚(戸田恵梨香)だったが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意した。

産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々。

一方、侑市(松岡昌宏)は、診察に訪れた公平(小池徹平)に尚のスピーチのときの映像を見せ、ほかの患者に危害を加えるならばほかの医師を紹介すると注意するが、公平は了承せず…。

そんな中、尚は薫(草刈民代)に子どもを産むことにしたと報告に行く。

子どもには断固反対していたはずの薫だったが、すんなりと受け入れた様子を見て、尚と柚香(黒川智花)は“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐる。

その帰り道、スーパーで買い物をしていた尚の前に公平が現れて、何も知らない尚は…。

本の売れ行きが好調な真司は取材が殺到し、担当編集者の水野(木南晴夏)がかいがいしく世話を焼いていた。

尚が自宅に帰ると、玄関にハイヒールがあり、部屋から出てきた水野と鉢合わせしてしまう…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

涙無くしては見られない回となりましたね。

まさか鉛筆が出てこなくなるのがこんなに早いなんて。

当事者のように悲しくなってしまいました。

そんな尚を包み込むように支えてくれる真司という存在が、見ている人の支えにもなっているように感じました。

そして、やはり公平があのスピーチのハウリングを起こした犯人だったんですね。

同じ病気の人に対して、どうしてこんなひどい仕打ちを行えるのか理解できません。

しかし、病気が進行しても尚と真司の絆が崩れることはなく、尚が前向きに真司との子供を持ちたいと願ってくれたことを嬉しく思いました。

自分がわからなくなることがわかっていても、真司との子供を産みたいという尚の願いがかなってくれることを望みますが、次回は公平や水野のことで波乱が起こりそうです。

ドラまる
公平の犯した罪に侑市が気が付いてくれてよかった。

真司と一緒に公平から尚ちゃんを守ってあげてほしいよ。

ラマちゃん
徐々に進む尚の病気のせいで、次回は真司と喧嘩しちゃうみたい。

早く誤解が解けるように願うわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA