ドラマ【大恋愛】6話の動画見逃し無料視聴はこちら|11月16日配信

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話(2018年11月16日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『大恋愛~僕を忘れる君と』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『大恋愛~僕を忘れる君と』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年11月16日(金)放送終了後〜2018年11月23日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『大恋愛~僕を忘れる君と』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです。

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『大恋愛~僕を忘れる君と』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『大恋愛~僕を忘れる君と』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『大恋愛~僕を忘れる君と』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじは?

2018年11月16日(金)放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじを紹介します。

素直な気持ちを伝え合い、ついに結婚した尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)。

周囲に祝福され、幸せな結婚式を挙げたのもつかの間、二人の行く手に新たな脅威が迫っていた。

新居に引越し、新生活をはじめた尚と真司。

ある日二人は、病院で松尾公平(小池徹平)と出会う。

若年性アルツハイマー病患者である公平は、病気が発覚した途端妻に去られ、生きがいである仕事も失いそうになっていた。

一見、子供好きで笑顔が爽やかな好青年の公平だったが、その裏に深い闇を隠し持っていた。

一方、真司は思い切って尚に「こどもが欲しい」と告げる。

尚は「無理だと思う」と伝えるが、迷いもあって・・・。

そんな中、尚は侑市(松岡昌宏)の勧めもあり、自身の病気について大学で発表することになる。

公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

mirokichi3
無事に結婚する事が出来た真司と尚は新婚生活を始めました。

2人で新たな生活を送るようになりましたが、どんなことが待ち受けているのでしょうか。

幸せで溢れている2人にどんな困難が降りかかってくるのか気になります。

尚の病気のために病院を2人で訪れますが、そこで同じ病気の人に出会います。

尚にとってはとても心強いと思いますが、真司はどんな心境になるのでしょうか。

真司も小説の担当者との関係性に何かあるのか心配です。

真司は尚と新たな事をしていこうと考えるはずです。

夫婦となった2人が、どのような結婚生活をしてくのか楽しみです。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

さきママ
今回出てきた真司の編集担当もそうですが、予告で映った謎の青年の存在が気になりました。

編集担当の女性は、真司に気があるように見えなくもなかったし、このまま何の関わりもなく居るとは思えません。

何かしら二人の壁の1つになっていくのではないかと感じているので、どのように絡んでくるかが楽しみです。

同時に、その謎の青年も、二人の今後の壁の1つになりそうで、不安を感じています。

とは言え、子作り宣言なども予告で映っていたので、二人の幸せが、次回からどのような形になっていくのか楽しみです。

また、そんな幸せな中で、尚の病気の進行もどうなるか気になっています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

シャワローズ
真司と尚は一緒に住む家を購入した上で、新婚生活を始めた。

真司はアルバイトをすることはなく、本気で小説家のまま過ごすことにし、真司の担当である水野とコミュニケーションを取りながら小説を執筆していたのに対し、尚はクリニックで働き続けた。

定期的に病院に行って、侑市からの勧めである新薬を体験するようになった。

それでも尚の病気は進行していく状況だった。

真司と尚は病気を受け入れた上で、幸せに新婚生活を満喫するという展開を予想する。

侑市は尚が真司と結婚してしまっても、主治医として尚の診察をし続けるかどうかということが楽しみなポイントである。

ペンネーム:シャワローズ(20代・女性)

ぱるる
いよいよ2人暮らしが始まりますが、次回予告に新キャラクターで小池徹平さんが出ていました。

彼がどういう役柄なのかは分かりませんが、きっと真司や尚にかかわってくると思うので次回が楽しみなような不安なような気持ちでいっぱいです。

そのほかに尚が妊娠したようなことも言われていたり、病院で搬送されたりもしていました。

尚は今後生活を送っていくのが難しくなっていくと思うので、何か大きな事故に巻き込まれてしまったのではないかと思います。

運ばれたのは侑市の病院なのか分かりませんが、なんとか大事にならずによくなってくれることを祈りつつ、次回の話を待とうと思います。

ペンネーム:ぱるる(20代・女性)

メリー
今回は、誤解も解け、真司もベストセラー作家となり、二人も結婚もしハッピーエンドで終わってくれて良かったですが、今後はMCIの段階にとどまらずアルツハイマー型認知症に発展していくなど色々な困難なことがおこってくるのではないかと予想します。

そこを二人がどう乗り越えていくのかが見どころですね。

たとえ忘れてしまったとしても、あの二人ならきっと乗り越えていけるのではないかなんて思います。

アルツハイマー型認知症は私も家族で経験しており、ところどころ感情移入してみています。

忘れてしまうということがまだわかっている段階が特につらいと思いますが、そこを戸田恵梨香さんがどう演じ切るのか、簡単ではない対応も、ムロツヨシさんがどう演じるか見どころだと思います。楽しみです。

ペンネーム:メリー(40代・女性)

Take
新婚生活が始まります。

一流の小説家になった真司だから、忙しかったりして、尚との生活はどうなるだろうと少し、心配ですが、あんな思いをして、やっと結婚したのだから、乗り越えてくれると思います。

真司の小説の編集者の人や、同じ病気の友達とかが出て来るみたいですが、どんな風に二人に絡んでくるのか、若年性アルツハイマーという病気だけでも、大変なことになるだろうに、登場人物が増えるのは、心配です。

「子供を作ろう」と真司は尚に言ってました。

それは、良いことのような気がします。

若年性アルツハイマーという病気にとっては、良いと思いました。

本当に子供が出来たらいいなぁと思います。

ペンネーム:Take(40代・女性)

2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

mirokichi3

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレ

2人は新居に引越しをして、新たな生活を始めます。

尚は真司に小説を書くのに集中してもらいたいために環境を整えてあげました。

尚は真司と一緒に病院に行き、侑市に感謝の気持ちを伝えます。

診察待ちの時間に松尾公平という男性と遭遇します。

彼は真司と尚の事が気になっていました。

ある夜、真司の紹介されている雑誌を見ていた2人でしたが、真司は尚に子供が欲しいと伝えます。

尚は自らの病気の事もあり、子供の事を考えてあまり気が進まずに周囲に意見を求めました。

侑市にも相談しましたが冷静な意見を伝えて、尚は改めて考える事にしました。

新薬の治験を受ける事を決めた尚は、診察後に侑市と食事をします。

医学部の学生前で講演して欲しいと頼まれて、承諾しました。

自宅に帰った尚は真司に昼間の出来事を話します。

学生の前での講演の事や治験の事を話して、真司は全面的に尚の事を受け入れました。

尚は講演の練習を進めていき、着々と準備を進めていました。

尚が真司の前で原稿を読んでいる時に連絡が入り、急遽講演に行く事が出来なくなります。

講演当日を迎えて学生の前に立ちました。

しかし、尚は体調に異変を感じて、その場に倒れてしまいます。

病院に運ばれた尚ですが、隣に居たのは公平だったのです。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の感想

無事に真司と尚は結婚する事が出来て、新居での新婚生活が始まりました。

周囲からも祝福されて、2人は幸せを手に入れる事が出来て良かったです。

ある日、真司は尚に子供欲しいと伝えましたが、尚は困惑しました。

自らの病気の事もあって迷ってしまうのも当然だと思います。

本当は子供が欲しいはずなので、気持ちは複雑だったはずです。

尚は侑一と診察を受けて、子供の事や治験の事を話しました。

そして、前向きに考える事が出来て、真司も尚に協力的で安心しました。

尚は講演の日に学生の前で倒れてしまい、病院に運ばれてしまいます。

この件で尚の病気が悪化しないか心配になりました。

また、尚のそばにいた公平の不敵な笑みはぞっとしました。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

シャワーズ

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレ

尚と真司は新婚生活を始めた。2人が病院に行くと、そこには公平と出会った。

侑市は尚が幸せだからこそ認知機能テストの結果は良かったのだと話し、どこまで回復するかはわからないけど規則正しい生活、睡眠、愛情は大切だと話した。

公平は侑市の診察にて、保育士の仕事が生きがいであるにも関わず、子供の親に知らせるのが怖いという園長先生から事務系の仕事を勧められたのだと侑市に話した。

真司と尚はアップルパイが贈られたため、木村らに分けてあげた。

真司は「脳みそとアップルパイ」の続編を書く気は無いようだ。

侑市はもうお見合いをしないと侑市の母に話した。

真司は尚に子供を作りたいと提案するが、母親が記憶を失うのは問題があると尚は言った。

侑市の意見では、子供を作っても大丈夫だが、尚の気持ちに迷いがあるならやめるようにという話だった。

尚は新薬の治験に参加することにした。

侑市は学生たちの前で尚がMCIのことでの心境を講義して欲しいとお願いした。

公平も去年に講義しており、尚と公平はお互いMCIであることを知った。

それから尚は講義で話す内容を作成し、読む練習をしていた。

講義前日、真司は水野からの電話により、野間と対談することになった。

そのため、尚の講義には30分遅れていく羽目になった。

講義当日、マイクのハミング音により、尚は意識を失ってしまった。

真司が病院に駆けつけると、公平が尚にキスするのを目撃してしまった。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の感想

もしも尚がMCIでなければ、尚は喜んで真司との間の子供を作る気だったのだろうと思うと、尚にMCIがあるとのことは悲しいことだと感じた。

子供を育てていくことは難しいことだが、真司は本気で母親や父親として子供を育ていく気持ちがあるのだと伝わってきた。

しかし、それは真司の体を壊してしまう時が来るので良くないことだと思う。

やはり子供を作るならば、母親としてのポジションを尚が務めることは重要だと感じた。

今は結婚して間もないから、子供のことはまだ考えなくても良いのだと思った。

新婚生活を楽しんでから子供を考えると良いのでは?と気になった。

ペンネーム:シャワーズ(20代・女性)

りんこ

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレ

尚と真司の新婚生活が始まりました。

ラブラブな新婚生活で、尚は真司の小説を書くことを邪魔しないように、リビングにベッドをおいて寝ていました。

真司は尚との子供を持ちたいと考えていて、そのことを尚に告げました。

しかし、尚はすぐに答えを出せませんでした。

記憶を失っていく母親、そして子供の気持ち、その後の真司の子育ての負担。

課題が多すぎました。

結局は、新薬を試して結果が良ければ子作りしようということになりました。

通う病院では同じ病気を持つ男性と出会い、そこには波乱が待っていました。

尚は講演会を井原先生に頼まれ準備を進めていましたが、当日の教壇に立った瞬間に倒れてしまいました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の感想

尚と真司の新婚生活がラブラブ過ぎて恥ずかしいくらいでした。

不意打ち過ぎるキスシーンがたまらなくて、キュンとしてしまいました。

尚がめちゃ可愛かったです。

愛し合っているならば、子供を持ちたいと思うのは自然なことかなと思ったけど、尚の場合は決して簡単なことではないと考えさせられました。

また、病院で知り合った男性が不気味な雰囲気をかもし出していて、だんだん怖くなってきました。

尚が講演会をするところにもいたし、倒れたあと病室に入り込んでキスしてたので、何がしたいんだ?と思ってしまいました。

好意はありそうだけど、怖かったです。

ペンネーム:りんこ(30代・女性)

POPOK

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレ

シンジと尚が一緒に暮らすために引っ越しをする。

お祝いにアップルパイがたくさん届く。

受診時に井原に報告する。

井原は母にせかされるが、お見合いを中断している。

小説の続きを書いてほしいと頼むが、シンジは世に出した以上あれは完結していると断る。

子供を作って家族、親子を経験したいと言う。

母親がいつかいなくなることを心配する尚。

母親・井原に相談。

新薬の治験に参加することを決意し、うまくいったら子供を考えると伝える。

尚は学生相手に講義を頼まれるが、講義中に倒れ、病院に運ばれる。

保育士の松尾が去年講義をしたが、忘れている。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の感想

最後の願いって言葉が切ない。

何気に頼りになる木村さん。

実際家族がアルツハイマーってわかっったらどうするんだろう。

見捨てはしないけど、ショックはあるかもな。

適度なストレスは脳を活性化するのか。

適度ってどの位なんだ。

難しい。

小説家って日常がなんでもネタになるからいいよな。

尚が倒れて松尾が笑ってるってどういうこと?何したんだろう。

幸せ者への嫉妬か。

尚の中でシンジの存在が忘れられていく。

でも、真実の愛でつながっていたら、本能でわかってほしいと思っちゃうな。

松尾、ひどい奴だな。

小池てっぺい、最近悪い役多くない?

ペンネーム:POPOK(30代・女性)

ミチコ

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレ

尚と真司が結婚して新居で新生活が始まります。

病院で認知機能が良くなっていた。

結婚を機に生活改善、愛情のおかげであったことが佑市の口から聞きます。

1人の松尾浩平が佑市のもとに受診、この男性も尚と同じ病気です。

真司は尚との子供を欲しがっているが尚は迷い佑市に相談して考えることにします。

佑市から学生たちに病気の話をして欲しいとお願いされ尚は引き受けることになる。

尚は新薬の治験を試してみることを真司に相談、講演の準備をするため練習も二人で取り組まれます。

講演会の前に尚が倒れてしまい真司が駆けつけた時、松尾が尚とキスをしていた。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の感想

真司がいつも側にいて尚を励ますことが出できて、尚に笑顔が戻ってきて良かったです。

アップルパイが家の中にたくさんあったシ-ンでは、尚がまた忘れて買ったのかと心配しました。

このままずっと幸せに過ごして欲しいです。

この夫婦の間に子供が生まれても、きっと優しい真司がいるので病気の進行が食い止められる展開になって欲しいです。

尚は講演会を上手にできるのか心配、音声が高く鳴り響いた時の緊張感と発作は辛い出来事になります。

西尾公平が尚が倒れた時の変な笑い方、尚とキスをしたのは病気のせいでしょうか、とても不気味で気持ちが悪かったです。

ペンネーム:ミチコ(50代・女性)

dai

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじネタバレ

明男と翔太に手伝ってもらい、新居に引っ越した尚と真司。

明男は尚の治療費の事など、親身に心配している。

引っ越し蕎麦を仲良く食べ、夜は真司が小説を書く姿を尚が見つめ幸せそうに微笑んだり、認知症テストの結果が改善している事を告げられ、喜ぶなど幸せな場面が続く。

尚の診察の後、保育士の公平が診察に訪れる。

真司は子供を作りたいと提案するが、尚は病気が気がかりで前向きになれない。

しかし、子供への希望はあるようで、尚が一人で診察に訪れ、子供について相談し、侑市からは前向きな返答を貰う。

その席で治験への参加を決意。

その後、病院の食堂で食事をしながら尚に学生の前で病気について、患者と医師の視点から講演して欲しいと侑市が依頼し、尚は喜んで引き受ける。

そこに公平が現れ、尚と同じ病気であることを知り、2人は意気投合した様子。

尚は一生懸命、学生に話す内容をまとめ、講演の練習を繰り返す。

そして迎えた当日、マイクの前に立ち、マイクのハウグリング音が鳴った途端に尚が倒れる。

ストレッチャーで運ばれる尚を見て、何故か微笑む公平。

病室で真司を呼ぶ尚に公平が『ここにいるよ』と声をかけ、キスをする。そこに駆けつけた真司が現れ、公平を押しのけて尚に寄り添う。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の感想

引っ越し蕎麦を仲良く食べる所や、家でのシーンは幸せな新婚夫婦で心が暖まる。

尚が周囲に子供について相談する場面は、若年生アルツハイマーだけではなく、様々な病気の人にも通じることで、社会への問題提起に繋がると思う。

薫や柚香の考えも正しく、一方で真司や侑市の前向きな姿勢も正しい。

答えの無いデリケートな問題で考えさせられた。

好青年の公平の本性がラストで明かされ、驚きだった。

『彼の狙いは?』というテロップが出るまで想像もせず、ラストのシーンは衝撃的で、階段でスキップしている姿は悪人にしか見えない。

初めて尚をみた時から、企んでいたのだろうか?

だとしたら、新しい事を忘れて行く病気との矛盾も生まれるが、次回への注目は増した。

ペンネーム:dai(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA