ドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と】4話ネタバレと感想。再び小説を書き始めた真司。

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年11月2日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話が放送されました。

ドラまる
今日は第一章のクライマックス。

尚の病気が知れ渡り、侑市が自分の気持ちに気が付くんだよね。

ラマちゃん
徐々に病状が進んでいる尚。

前回の真司と侑市の名前の間違いはショックだったわ。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話あらすじネタバレと感想

倒れて入院していた間宮真司(ムロツヨシ)と気持ちを確かめ合ったはずの北澤尚(戸田恵梨香)。

「好き、侑市(松岡昌宏)さん。」

彼女の病気のことを気にして言葉には出さないけれど、名前を間違われたことに真司はショックを受けていました。

家に帰った尚はお風呂の準備をし、やかんに火をつけます。危険な予感ですね。

全てを忘れそのまま寝てしまった尚は、自分の病気の症状が進行していることを実感してしまいます。

日常生活もままならないと不安になる尚は、ここでも真司の名前を間違え、病室でもそうだったのではと不安になりました。

翌日、退院することになった真司の元に木村明男(富澤たけし・サンドウィッチマン)が見舞いにやってきました。

さりげない「奥さん」呼びに萌えです。

そこで、真司が小説家だったことを知った木村に、尚は一生懸命小説の良さを説明します。

侑市は再び母親から結婚相手を選ばされていました。

今度はモンクリの人です~。エデルヴァ役の桜井さんでしたね。

侑市の見合い相手としては合格な様子でした。

その頃、真司は小説のタイトルを考えていました。

このまま仕事をしないのは申し訳ないと、小説を書きながらも引越しのバイトをさせてくださいと木村にお願いしに来ます。

10年何の言葉も浮かばなかったが、尚と出会いまた書きたいと思うようになっていました。

「尚のことを書いていいか?病気も含めて、自分たちの人生に起きている出来事=大恋愛の顛末を書きたい。」

「好きに書いて」からのイチャイチャ~。照れてしまいますね。

尚が侑市の診察を受けるためにやってきた病院で、尚のクリニックの患者(高橋ひとみ)に見つかり、精神科外科に入っていくのを確認されてしまいます。

診察中に真司との結婚を勧める侑市に、自分のことを忘れていくのに真司に背をわせることはできないと答えます。

家に帰ると真司は尚に書き始めた小説を見せていました。

『脳みそとアップルパイ』

タイトルは尚のGoサインが出ましたね。

‐彼女はいつも急いでいた‐

それを読み始めた尚は「走りたくない、もうここで止まっていたい。」と真司に伝えます。

そんな尚の思いとは裏腹に、ついにアルツハイマーのことを世間に知られる時が来てしまいました。

クリニックの口コミに尚のアルツハイマーのことが書かれてしまい、次々にキャンセルがかかってしまいます。

そして、厚生労働省医師免許審議室から呼び出しがかかりました。

事情聴取に来てくれていた侑市も、尚はまだアルツハイマーになるかどうかはわからないと助言してくれました。

そして、診断が下った翌日から診察を取りやめたことを証言してくれます。

高橋ひとみさん、幹部の奥さんだったのですね。

結論は審議対象ではないということになりました。本当によかった。

診断書を書いたり、助言してくれたりと侑市の方が尚の力になれると考えてしまう真司。

つい、病室で名前を間違えていたことを言ってしまいました。

はじめてのケンカです。

「病気と恋がごっちゃになってるんだよ。」

話にならないと泣きながら帰ってしまう尚。

帰り道に待っていたのは侑市でした。

「尚にどうしても会いたくて来てしまった。」

一時間も待っていたという侑市は「僕に尚が必要なんだ」と告白します。

しかし尚は「彼(真司)の存在が一番生きる力をくれる。」そう返事をしました。

引き返した尚に真司が言った言葉は「別れよう。」

再び小説を書かせてくれるために神がつかわした女神だったのだと言い聞かせながら。

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話ネットの反応や感想

ラマちゃん
まさかのメレブとムラサキ(by勇者ヨシヒコ)の共演が!

嬉しいわ~!早く来週になれ~。

ドラまる
『絞って、そして乾かして』(笑)

真司のセンスじゃなくてムロツヨシさんのセンスだよね。

ラマちゃん
10年ぶりの小説を尚ちゃんに聞かせているときの二人のやり取りにキュンキュンしちゃうわ。

ドラまる
真司の「別れよう」は嫉妬じゃなくて、優しさからくる言葉だよね、きっと。

ラマちゃん
先週の予告だけれど、『今日から俺は!』とのコラボとか、収録の現場が絶対楽しそうとかいろいろ好きすぎるわ。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話あらすじ

2018年11月9日(金) 22:00時から放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話のあらすじをご紹介します。

尚(戸田恵梨香)に、「別れよう」と伝えた真司(ムロツヨシ)。

それは、尚の病気のことを考えて出した、苦渋の決断だった。

娘の様子を見て心配した薫(草刈民代)は、事情を聞こうと真司のもとを訪れるが・・・。

尚と顔を合わせたくない真司は、木村(富澤たけし)の計らいでバイト先の倉庫に泊まることに。

尚は、どうにかして真司と話そうと、バイト先を訪れるが、真司に気を使った木村が追い返してしまうのだった。

メールを送っても真司が待ち合わせに現れることはなく、尚はいつもの居酒屋で一人ぼっち。

そして、真司から尚宛ての宅配便が届いたある日、真司のアパートからは全ての荷物が撤去されていた。

それから、半年後・・・。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。
尚の病気のことがクリニックの患者さんに伝わってしまいましたね。

病気発覚後すぐに診察から身を引いたことを井原先生が証明してくれて事なきを得る形になったことが、真司には大きな出来事だったんですよね。

自分は口コミに書くくらいしかできないと思ってしまった切なさが、初めてのケンカのきっかけとなってしまいました。

そして、尚を幸せにできるのは侑市なのだと思ってしまった真司。

侑市に再度告白されても、真司への恋は変わることなく次週の結婚式につながっていくのだと思います。

徐々に忘れていく恐怖の中、つかの間の幸せを目いっぱい尚には感じてほしい。

一分一秒でも長く二人が笑いあっててほしいと願ってやまないです。

ドラまる
いよいよ真司が新しい小説を書き始めたね。

尚ちゃんは真司にとって必要な人で、尚ちゃんにとっても真司はかけがえのない人なんだよね。

ラマちゃん
結婚式のシーンもあったり、木南晴夏さんの登場もあったり次週が待ち遠しいわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA