ドラマ【大恋愛】3話ネタバレと感想。ラストの尚の一言に衝撃が走る。

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年10月26日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話が放送されました。

ドラまる
病名が判明しても一緒にいることを選んだ真司と尚。
ラマちゃん
尚ちゃんに合わせようと、真司は無理をしちゃうのよね。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話あらすじネタバレと感想

アルツハイマーの前段階であると打ち明けられた間宮真司(ムロツヨシ)は北澤尚(戸田恵梨香)の寝顔を見つめながら、この先の困難をまだ想像できずにいました。

すでに思い出せることと思い出せないことがある尚は、一緒に幸せを感じられるうちにもっといいところに引越しをしたいと言います。

尚の貯金額を聞き、驚く真司。

方や開業医で、方やアルバイトですから仕方がないですよね。

一緒に住むことを母の北澤薫(草刈民代)に相談に行きます。

何もかもを承知で引き受けてくれる真司を薫は受け入れることにしたんですね。

その時に元婚約者の井原侑市(松岡昌宏)が主治医だということを初めて知る真司は、複雑な表情を浮かべます。

侑市と自分を比べてしまい尚だけに負担をさせたくない真司は、引越しをするために小説を書くふりをしてアルバイトの時間を大幅に増やすことにしました。

そして、尚が帰ってくる前にアパートの掃除を完璧に済ませ、嬉しがる彼女を見てご満悦の真司でしたが、その後痛烈な「でも狭い~」の一言が。

贅沢女はどこまでも贅沢ですね。でも二人のやり取りは微笑ましくて大好きです。

その頃、侑市は母の井原千賀子(夏樹陽子)から新たなお見合いの話を持ちかけられていました。

愛や恋に興味のない侑市はさっさと済ませようとします。

ここで選ばれた三人と後ほど会いますが、個性が半端なかったですね。

真司のアパートで布団に包まる真司に尚は、記憶の確認をしようと言います。

「好きな小説の名前は?」「砂にまみれたアンジェリカ。」

「これは忘れないな。」の一言が真司の頼みの綱のように聞こえて切なくなってしまいます。

次の質問は母の旧姓。そして真司が捨てられた神社の名前。

この三つが言えなくなったら別れようという尚。

記憶の砂がこぼれないように真司は尚の頭の鍵をかけました。

オープニングの砂のシーンの意味が伝わってきました。

尚の勤めるクリニックで、母の診察の助手に回った尚は病気の進行を感じていました。

尚が気になっていたマンションの内覧の日。

待ち合わせに来ない尚に真司は電話を入れますが、電話を受けても自分が予定を忘れていたことに気が付かない尚。

携帯のカレンダーを見てようやく自分が内覧の日を忘れていたことを思い出します。

さらに帰宅した真司は、ドアノブに刺さったままの鍵に気が付きますがそっとポケットにしまいました。

尚を傷つけまいとする行動の一つ一つに優しさが感じられます。

幸せすぎて怖いと涙をこぼす尚への思いやりがあふれていますね。

意を決して侑市に会いに行った真司は、尚の今の状態と治療を知りたいと話しますが、家族ではない人には教えられないと言われてしまいます。

侑市の態度は医者としてもっともな対応です。

後日診察に訪れた尚は、テストを受けながら、直前に会った痴ほうと思われる夫人の様子にショックを受け涙を流してしまいます。

「病気が進行する前に心が壊れてしまうんじゃないか。生きているのが嫌だと言ったら殺してくれますか。」

尚の気持ちも痛いほど伝わってきますね。

そんな尚に、侑市はMCIが対象の最新薬が治験に入ったことを告げ、「希望を捨てたら病気に負けてしまいます。あなたらしくポジティブにいてください。出会った頃みたいに。」と話しました。

尚のことをよく知ってくれている侑市が主治医で本当によかった。

侑市の言葉を受け、クリニックに出勤した尚はデータをまとめる作業をしてみることにしたと薫に伝えました。

その頃、小説を書いているふりをしてバイトを詰め込んでいた真司が腹痛で倒れてしまいます。

疲労や水分不足からくる尿管結石で入院することになりました。

同僚の小川翔太(杉野遥亮)から連絡を受けた尚は、自分のことしか考えていなかったと謝ります。

「私ひどいよね。」

真司「ひどいけど、好きなんだ~。尚ちゃん。」

「好き、侑市さん。」

二人の間の音がかき消されました。

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
僕もほくろ押したいよ~。

ムロツヨシさんは、今日から俺は!にも出演中だね。

ラマちゃん
元婚約者が主治医と聞いて真司は複雑だったわね。

ドラまる
新たにお見合いをして、尚への気持ちを再確認しちゃった侑市。

お見合い相手も濃かったからねぇ。

ラマちゃん
今日は小川君大活躍だったわね。

ドラまる
確実に進行している尚の病状を見ていて、真司の気持ちを想像すると辛くなっちゃうよ。

ラマちゃん
楽しいとき、苦しいとき、不安なとき、どれをとっても素晴らしい演技ね。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話あらすじ

2018年11月2日(金) 22:00時から放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第4話のあらすじをご紹介します。

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)。

病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。

だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。

名前を間違ったことに気づいていない尚。

“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。

一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。

翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。

真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。

そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者が、尚の病気に気づいて…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

ほくろを押させてくれる彼氏とほくろを押せる彼女。幸せな時間はあっという間。

尚ちゃん自身も、病気の進行に怯え辛いとは思いますが、最後の名前の間違いはショックでした。

侑市へのコンプレックスから、キャパオーバーの仕事をして尚と一緒にいる努力をしてきた真司の気持ちを思うと切なくて耐えられません。

これからもっとつらい現実が二人には立ちはだかるのかと思うと今から泣きそうです。

さらに、侑市が尚への気持ちを再確認し、次回から二人の間に割って入ってきそうですね。

ドラまる
尚と真司の二人の幸せな時間が、本当に永遠に続けばいいのにと思ってしまうよ。
ラマちゃん
逆に、限られた時間だと感じているから濃い時間を過ごしているのかもしれないわね。

次週は二人の間に侑市が入り込んでくるわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA