大恋愛~僕を忘れる君と|2話ネタバレと感想。尚の病気を知った真司の気持ちは?

  • この記事を書いた人:tomopon
2018年秋ドラマ・戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』

2018年10月19日(金)にドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話が放送されました。

ドラまる
第一話は尚ちゃんのまっすぐな想いが突然爆発して、周りは驚いたね。
ラマちゃん
真司も戸惑いながらも尚の気持ちを受け入れて、二人の時間がスタートしたばかりなのに、尚の病気が判明するのよね。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話あらすじネタバレと感想

交通事故に遭い、病院での診察を終えた北澤尚(戸田恵梨香)は、急いで間宮真司(ムロツヨシ)の元へと向かいました。

部屋で待つ真司は、事故の話を聞き驚きますが今日は帰らないと言う尚と一緒に楽しく夜を過ごしていました。

何の障害もなく二人の時間を楽しんでいる最後の夜なのだと思うとすでに涙腺が緩んでしまいます。

井原侑市(松岡昌宏)から連絡をもらっていた尚は、出勤前に会いに行くことにしました。

約束の時間をすぎてやってきた尚に、侑市は彼女がアルツハイマーの前段階=MCI(軽度認知障害)の可能性があることを告げます。

若年性アルツハイマーの権威である侑市の診断を聞き、物忘れのテストを受けることになります。

テストは簡単なものでしたが、尚は途中で答えに詰まってしまいます。

皆さんも一緒にテストしましたか?梅・犬・自動車。案外忘れてしまっていました。

その頃、真司の家には尚の母・北澤薫(草刈民代)が手切れ金を持って乗り込んでいました。

娘と二人で頑張ってきた母としては、娘には幸せな結婚をしてほしいと願うのは普通のことですが、手切れ金は娘を悲しませることになりますよね。

検査を終え出勤してきた尚は、病気のことを薫に打ち明けました。

認めたくない薫に、尚はすでに自覚症状があることを告げ、診療に関しても自信を無くしてしまったことを話します。

そんな尚に、「二人で生きていこう。ママがあなたを守るから。」と励まします。

侑市の家では、尚の病気について話をしていました。

結婚する前でよかったという母・千賀子(夏樹陽子)は新しいお嫁さんを探さなくてはと言います。

本当に健康で孫を産んでくれる女性を探しているだけという感じでしたね。

侑市から入院を勧められた尚に、真司から珍しく「俺らしくないレストランで待ってます。」と食事のお誘いがありました。

前日、薫と一緒に行ったレストランでしたね。

そこで真司は一世一代のプロポーズをします。

薫の置いていった手切れ金を眺め、無性に窓を拭きたくなって拭いていたら、尚とずっと一緒にいたいという気持ちが沸き上がってきたと。

しかし、嬉しいはずの真司の言葉も病気を知ってしまった尚にとっては辛い言葉となって突き刺さりました。

乾杯をしてくれなかった尚を不思議に思いながら見つめていると、「やはり予定通り結婚しようと思うの。」と返答されてしまいます。

「何か言えない理由があるんだよね。」

そう問いかける真司に答えることをせず、話をはぐらかす尚。

帰宅した尚は、母に真司とは別れたと告げ部屋へと入っていきます。

辛いですよね。好きな人に好きだと言われたのに、喜ぶことも受け入れることができなかったんですから。

侑市の指示通り受けた脳波検査スペクト検査やPET検査などから、正式にMCIであると言う診断がおりました。

ゆくゆくはアルツハイマーになる可能性が高いこと、治療法はなく普通の人と同じ健康法で対処するしかないことを聞かされます。

侑市はセカンドオピニオンを進めてくれたり、本当に尚の気持ちに寄り添ってくれる素晴らしい人だと思います。

新居においてあった荷物をまとめ実家に戻る尚。

その引越しの日に、隣のマンションに真司が引越しの仕事をしにやってきます。

その時に、以前水漏れの対処をしてあげた女性から侑市と尚の結婚が破談になったと聞かされ、やはり何か隠されていると感じる真司ですが尚に連絡を取る勇気がありませんでした。

尚は真司との思い出の居酒屋に一人で行った帰り、再び発作のような症状に襲われます。

世界がゆがみ、自分がどこにいるのかさえ分からなくなってしまったのです。

恐怖にかられた尚が連絡を取ったのは真司でした。

連絡を受けた真司は呆然と歩く尚を見つけ駆け寄ります。

ついに尚は真司に病気のことを打ち明けました。

真司の家につき、落ち着きを取り戻した尚は「別れたの忘れちゃったみたい。」と可愛くおどけて見せます。

そして、これから自分がどうなっていくのかも全てを真司に話しました。

真司の口から出た言葉は、「尚が病気で喜んでいる自分に驚いている。」というものでした。

「自分には希望なんてなかった。だから、尚が病気であることはなんてことはない。どんな病気でも俺は一緒にいたいんだ。」

尚を心から笑顔にできるのはこの瞬間真司しかいませんでした。

辛い一時間の最後に、尚ちゃんの笑顔が見られてホッとしました。

スポンサーリンク

『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
最初から最後まで泣かせに来るドラマだよ。

ラマちゃん
ムロ節炸裂。モリモリっと沸いてきたらしいわ。

すぐに尚ちゃんが嘘をついていると気が付いたのは鋭いわね。

ドラまる
みんな一緒にテストを受けている気分になったよね。

ラマちゃん
真司の愛のセリフと、尚ちゃんとの可愛いやり取りに最後で一瞬で幸せな気持ちになったわ。

ドラまる
勇者ヨシヒコからメレブへの友情かな?

ラマちゃん
先輩、いい声でいいこと言うよね。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話あらすじ

2018年10月26日(金) 22:00時から放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話のあらすじをご紹介します。

自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司(ムロツヨシ)に告白した尚(戸田恵梨香)。

尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいた。

真司と一緒に暮らすことになった尚は、自分の貯金で古くて狭い真司のアパートから、新しいマンションへ引っ越したいと言い出す。

お金には困ったことのない尚の価値観に戸惑いを隠せない真司だったが、ようやく二人の関係を許すことにした薫(草刈民代)にも引っ越しを勧められ、尚の実家近くで新居を探すことに。

そんな中、尚の主治医が元婚約者の侑市(松岡昌宏)であることを知った真司は、一人で侑市のもとを訪ねるが…。

一方尚は、病気になった以上、これまでのようには診察を続けられないと薫に申し出る。

侑市と話した真司は、思いつめた様子で預金通帳の少ない残高を見つめ…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
真司がついに尚への気持ちを口にしてくれました。

最初は尚に断られてしまいますが、病気を知らされた後の二度目の告白は胸をうたれました。

これから待っている苦難をまだ想像できないであろう真司。

病気ごと受け入れると言う真司の言葉は、今の尚にとって何にも代えがたい安心になったことと思います。

最後のキスを止めるところ、また笑顔の尚が見られて心底嬉しかったです。

今回は、尚の感情がこちらにまで伝わって、最初から最後まで涙があふれてしまうシーンばかりでした。

演技派の戸田恵梨香さんの新しい代表作になる予感です。

ドラまる
尚ちゃんが、自分の病気を知って悩む姿は見ていて辛かったよ。
ラマちゃん
真司も尚ちゃんへの気持ちを確認して、ちゃんと向き合ってくれてよかった。

担当医になってくれた侑市も本当に素敵な男性よね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA