ドラマ【結婚相手は抽選で】6話ネタバレと感想。奈々の秘密が明らかに!

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年11月10日(土)オトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」6話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
龍彦は、北風のゲイ告白により、抽選見合い法の被害者を増やさないために立ち上がるようです。ひかりとも接触して、龍彦が変わって行く姿が楽しみです。
ラマちゃん
嵐望と好美の交際は進み、好美のお母さんに紹介するところまでくるようですが、お母さんは反対。なぜ反対なのか、二人はどうするのかな。

龍彦は、LGTBなどが被害にあっている抽選見合い法は問題だと、上申書を書き上げ、ひかりに託す。嵐望は好美にプロポーズし、母と会う。奈々と龍彦は打ち解けあうが、奈々が......。

スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』6話あらすじネタバレと感想

LGBTの勉強を始める龍彦。北風に、当事者の声を聞きたいと頼み、その人たちの声を無駄にしないと意気込む。

奈々は、お好み焼き屋でデートして以来、龍彦から1週間も連絡がないことを焦る。同僚に愚痴をこぼすと、もしかして、そういうタイプの方が合っているかもと言われる。

嵐望と好美は、好美の家で仲良く遊ぶようになっていた。

好美の母親は、3人目のお見合い相手とどうなっているか心配と連絡があり、一度、会って好美に合った人がみてあげようかと。

嵐望は、好美のお母さんに会って安心させてあげたい。結婚を前提にお付き合いしたいと、正式なプロポーズは、婚約指輪を買ってからするけど。

好美は、嵐望の言葉に喜び恥ずかしそうにうなずく。

龍彦は、北風に、劇団をやっている広瀬を紹介される。

広瀬は、LGBTが過ごしやすい社会を目指しているのではなく、LGBTも過ごしやすい社会づくりを目指したいと。

龍彦は、広瀬の国際的にも同性婚が認められてきているとの話を聞き、抽選見合い法に対する上申書としてまとめあげた。

LGBTも含む事情のある方が匿名で申告できるホットラインをネットでできるようにし、そのシステムを龍彦が作ると北風に伝える。

北風は、よくできた上申書だがどうやって政府に届けると。龍彦は、ひかりにダメ元で連絡してみると。

奈々は、祖母や父が家をリフォームと言い出すが、母親の思い出がつまった家を改築するのはいやだと反対する。祖母は、子供じゃあるまいし、それだから結婚できないと突き放す。

好美は、嵐望に会ってもらうため、母・あき恵を呼ぶ。あき恵は1週間も前にきてしまい、好美はびっくりしてしまう。

龍彦は、ひかりに会い、今の結婚見合い法では、LGBTの人たちの権利が奪われているとの上申書を渡す。

龍彦は、これを公にしてLGBTの人たちが注目されたら逆に迷惑ではとも思っていると。

自分が、中学生の時に立候補して挫折し、そのあと落ち込んだ人生を歩んでいて、それを打破したいという自己満足でやっていると。

その言葉を聞いたひかりは、龍彦が、愛読しているブログのたっちゃんであることに気づく。

小野寺は、断られた側にも回数制限がないことを責められ、テロ対策隊は税金で賄っており、それにモテない人間も養えということかと反論し、差別発言と問題になる。

元夫がセクハラで訴えられている、小野寺大臣も同じようなものだとの週刊誌記事がでると、厚生労働省大臣官房の山口から伝えられる。

小野寺は、大臣の自分がバッシングされるのは良いが、娘がこの事実を週刊誌で知るのは耐えられないと言うと、山口は、連絡をとりましょうかと。

ひかりは、見合い相手とはどうなっていると聞き、龍彦は、5回目でようやく連絡先交換ができたと。

非常に美しい人で、リーチだから付き合ってくれているのではと、龍彦は、どう接したら良いか分からないが、気になる相手ではあると。

ひかりは、恋愛の一歩かもしれないから、連絡をとって一歩進んでみてはどうかとアドバイス。

龍彦は、奈々に、SNSで連絡をとる。1週間も放っておいてと書いてくるが、食事を誘うと、何時にどこと気が向いたら行くと。龍彦は喜ぶ。

龍彦は、居酒屋で奈々を待っていると、ひかりから、例の上申書の件、個人ルートで動いてみると連絡が入る。

奈々は、居酒屋と安く見られたと文句を言うが、無理をしない方が良いと奈々のアドバイスに従い普段着できたと言う龍彦を微笑ましく見る。

奈々は、ハイボールをぐいぐい飲み、龍彦は驚く。奈々は、仕事をバリバリするタイプにも見えないし、家庭で育児をするタイプにも見えないと。

祖母がすぐにやってしまうからと奈々が言うと、龍彦は、お母さん代わりを一生懸命やれれてきたのですね立派な人だと。

龍彦がマイ箸で食べようとすると、奈々がお店の箸で食べなさいと言う。

龍彦は、強引な奈々に戸惑いながらも、奈々の前では、潔癖症が克服できそうな気になる。

奈々は、病気じゃない癖だといい、龍彦が、お店の箸で食べておいしいと言うのを嬉しそうに見る。

好美は、母・あき恵をつれて嵐望との食事会を行う。母親は、高級料亭に驚きながらも、お酒を飲まれますかと聞く。嵐望は、たしなむ程度にと答えると安心する。

あき恵は、着物スタイリストの銀林節子さんが嵐望の母親と知ると驚き、好美になぜ早く言わなかったと責める。

嵐望は、好美さんとの結婚を真剣に考えている許して欲しいと言うと、あき恵は、こんな男前で家柄も申し分ない人なら好美にはもったいないくらいだと言い結婚を承諾する。

食事会が終わり、嵐望が、好美と母・あき恵が送って行き、にこやかに別れる。

あき恵は、好美の部屋に帰ったとたんに、あの男は信用できない、好美の方から断った方が良いと。

好美はひどいというが、あき恵は、あんなにいい男が、好美を好きになるなんて何かあると心配する。

小野寺は、山口を通じて、ひかりに直接会うことになる。お互いにぎこちない挨拶をする親子。

小野寺は、週刊誌の記事で迷惑をかけたと頭を下げる。ひかりは、こんなことは平気だと言い、大事な話があると上申書を突き出す。

母親のあなたではなく、小野寺大臣に陳情にきたとひかりは堂々と言う。

奈々は、龍彦が、奈々の祖母が私のために育ててくれたと言ったことに、意外にポジティブ思考だと。

祖母は、自分の気に入るように奈々を育てただけだと。そして語り出す。

バイオリンを続けたかった、お母さんが子供たちに楽しくバイオリンを教えていたようにと。

でも、祖母から、実力がないのだからバイオリンはやめなさいと。ちゃんとした会社に入って、キャリアウーマンになって、立派な相手を見つけなさいと言われたと涙ぐんで話す。

「だから、バイオリンを弾くのをやめた」と奈々。

祖母は、結婚できないのは育て方が間違っていたというが、そう思っていないはず。

バイオリンも、仕事も、恋愛も中途半端で、変わりたいと思っていても変われない。このまま、結婚しても幸せにはなれないと、初めて本音を話す。

龍彦は、でも、テロ撲滅隊には行きたくない。

奈々は、リーチ女だとばれているのでしょう。だから、断ってと泣きながら言う。

ここまでがネタバレですが、第6話は、龍彦は、上申書をひかりに渡し、ひかりは、母・小野寺に。好美の母は、嵐望との結婚を反対。奈々は、本音を......。

龍彦は、北風のゲイの告白を受けて、ついに動き出しました。抽選見合い法の改定案の上申書を作るとは、顔が生き生きしてきて、オドオドする龍彦から変わって行きました。

ひかりと龍彦がついに会いました。同志という感じで、ブログのたっちゃんだということもすぐに分かりましたね。ひかりは、上申書を母・小野寺大臣に渡しうまく使うようですね。

ドラまる
ひかりの言葉に、奈々への気持ちに龍彦は少し気づいたようですね。積極的になった龍彦がいて嬉しかったですね。
ラマちゃん
ひかりと小野寺大臣のひさしぶりと言い合う言葉に、子を思う母と、大臣としかみてない娘が表れてましたね。

好美の母親と嵐望との会食は、やけに上手く行っているなと思いましたが。好美と二人きりになったとたん、母親が猛反対でしたね。何を感じてそう思ったのでしょうか。

龍彦は、強引な奈々が、背中を押してくれて、潔癖症が治って、自信がでてきて良かったです。奈々も、龍彦に素直になって、ついに、バイオリンをやりたかったと本音を話せました。

ドラまる
嵐望は、プロポーズの後、好美に何かを言いかけてやめてしまいましたね。それは何なんだろう。何か隠していることに、母親は気づいたのかな。
ラマちゃん
龍彦は、奈々を断るのだろうか。龍彦に合っている気がするし、奈々も素直になれる龍彦が合っている気がする。奈々リーチなんだから、もう少しゆっくり付き合ったらと言いたい。

スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』6話ネット上の反応

ドラまる
好美のお母さんの嵐望を見る目は間違っていない。何かあるにちがいないとの声がネットであがってきてます。

ラマちゃん
龍彦と奈々が別れないでほしい。次の展開が待ち遠しいと、ドラマに対する好感の声が高まってきてますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『結婚相手は抽選で』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『結婚相手は抽選で』6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『結婚相手は抽選で』7話のあらすじ

2018年11月17日(土)放送のドラマ『結婚相手は抽選で』第7話のあらすじをご紹介します。

奈々(高梨臨)に龍彦(野村周平)の方からお見合いを断って欲しいと頼まれ、抽選見合い事務局に断りの電話を入れた龍彦の気持ちはどこか冴えない。

しかし、ひかり(大西礼芳)から、上申書を小野寺大臣(若村麻由美)宛に提出したというメールが届き、「抽選見合い結婚法」改正に真剣に取り組む気持ちに切り替えていた。

ひかりは、自分が小野寺の娘であり、直談判したことを龍彦に話す。

そして龍彦はレジスタンスの団体「ASBE」(アズビー)を一緒に起ち上げた、広瀬(内田健司)や北風(松本享恭)をひかりに紹介する。

数日後、小野寺が会見を開き、「該当者が現在なんらかの病気、疾病を患っている場合は即時中断事項とする」と、「抽選見合い結婚法」の改定事項を発表した。

喜ぶ龍彦たち。

さらに新たな情報交換の場として、【抽選見合い結婚法目安箱】のSNSアカウントを起ち上げることを皆に熱く報告する龍彦の手は、マジックペンで汚れていた。

龍彦は、すでに潔癖症を克服しつつあった。そして、龍彦たちの活動に勇気をもらったひかりは、母である小野寺に、ある告白をするが…。

一方、好美(佐津川愛美)は嵐望(大谷亮平)から「大事な話がある」と切り出される。

嵐望から伝えられた告白の内容に、好美は驚き、絶望的に落ち込む。それは好美には到底受け入れる事の出来ない、嵐望の真実だった…。

そんな折、龍彦が起ち上げたSNSアカウント【抽選見合い結婚法 目安箱】が世間で反響を呼び、次第にマスコミに取り上げられるようになっていた。

ひかりの計らいもあり、龍彦たち、「ASBE」のメンバーと小野寺の面会が実現する。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『結婚相手は抽選で』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

龍彦は、被害者救済のため法改定の上申書をひかりに渡し、母・小野寺大臣の手に。好美の母は、嵐望を信用できないと。奈々は、何もかも中途半端で結婚できないと本音を語る。

ドラまる
龍彦は自信を取り戻し、レジスタンスの団体を立ち上げるようです。潔癖症も直ってきて、上申書を受けて大臣は改定案を出すいい流れになってゆくようで楽しみですね。
ラマちゃん
嵐望は、好美に何かを伝えるようです。それは、好美が受け入れがたいこと。嵐望が昔の恋人を引きずっているのか。なんだろう。

龍彦の被害者救済の動きが加速し、注目されるようになって行きます。どんどん龍彦が変わって行く様子が見ものです。

ドラマも終盤。龍彦と奈々、嵐望と好美、ひかりと小野寺の親子関係はどうなって行くのでしょうか。皆が幸せな方向に進むと良いのですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA