ドラマ【結婚相手は抽選で】3話ネタバレと感想。4話あらすじも

  • この記事を書いた人:Kawai

2018年10月20日(土)オトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」3話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
人を傷つける法律があっていいのかと龍彦は思うようになり、ブログに書いて、その思いを訴えるようです。国により、テロ撲滅隊の情報が消される事態がどうなるの若者たちは。
ラマちゃん
奈々は、1回断ってしまい後が少ないのに、次の相手にも気に入られてしまうようですね。どうするのかな。そのお店に、嵐望も現れるようで、微妙な空気になりそうです。

奈々は、2回目も断りたいのにしつこい男が、好美も相手との微妙な考え方の違いに戸惑う。龍彦の周りも、抽選見合いに振り回される。龍彦は、3回目に臨み、雰囲気が良くなるが......。

スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』3話あらすじネタバレと感想

人を傷つける法律なんてあっていいのかとブログに書く龍彦。ブログを読むひかり。

奈々は、祖母から、レベルの低い男だったら、難病だと嘘を言って断るようにと。

嵐望は、3回目のお見合いに臨み、後がないリーチだと同僚から言われる。

好美は2回目のお見合い相手からデートに誘われる。いい人ではあるがそれ以上でもそれ以下でもないと。同僚から、1回目だけでは男は分からないからじっくりねとアドバイス。

龍彦の同僚も、龍彦同様2回断られたと、この先見合いが続くと思うとへこむと。

見合法ができる前に結婚した同僚も、焦って結婚してしまった。価値観が少しづつ違うことが分かり後悔していると。

抽選見合い法の被害者は多いのではと龍彦は思うのであった。

奈々は、2回目の見合いに臨み、相手の春川に気に入られる。

春川は、お互いのことを知りあうために、なんでも聞いてくださいと奈々に言う。

何も聞かない奈々に、春川は、やはり自分には興味がないんだ。次断ると、テロ対策隊に行かなくてはならないから、無理やり見合いしているのではと指摘される。

奈々は、焦って、そうではないと言い、春川は、なら、見合い相手として見てくれているんだと。

奈々は、祖母に言われた、難病だからと言い、春川から断って下さいと言ったのだが、春川は、それなら、自分があなたを支えますと言われてしまう。

好美は、2回目のお見合い相手に、お好み焼きに誘われるが、広島風で、関西風に慣れた好美は箸が進まず、微妙な違いを感じる。

龍彦の部屋では、オタク仲間の鯨井や北風が集まり、鯨井はまたふられたと落ち込む。

北風は、テロ撲滅隊のことを調べたが、ネットから情報がまったくなくなっていると、国が作為的に消していると指摘する。

すでに、100人ほどが入隊していると噂があるとも言う。

奈々は、2回目の見合い相手春川から、お付き合いしたいのだが連絡先を教えてもらえなかったと事務局を通して連絡が入る。

テロ撲滅隊のことが怖くて奈々は、しかたがなく、自宅の電話番号を教えるようにと伝える。

ひかりは、テロ撲滅隊に入った女性の厳しい生活をネットにアップしようとするが、すぐに削除されてしまう。

小野寺は、テロ撲滅隊の情報が流れないようにしていることに、この国は民主主義国家ではなかったのかと怒る。

厚生労働省の担当役人・山口は、与党が支援しているから仕方がないと、テロ撲滅隊への入隊者特に女性が増えていると助言する。

小野寺は、女性は結婚と恋愛はいっしょと考えるから、好きでもない相手と結婚させられるぐらいなら、入隊した方がましと考えるのだろうと分析する。

テロ撲滅隊の予算が増大し、野党はそこをついてくると小野寺はなんとか手を打たねばと思案する。

龍彦は3回目の見合い相手・早苗の前でも、マイストローを出して驚かれる。

龍彦は、早苗が恋愛をしたことが無い理由を聞くと、早苗は、もてないからに決まっていると言う。

早苗は、龍彦が結婚しない理由は、理想が高いからかと問うが、龍彦はそんなことはないと。

雑誌とかで女性は高級レストランにつれていってもらったとかで男性を選ぶから、自分にはお金もないし無理だと。

早苗は、結婚したいと思ってますか、必然性を感じてますかと問う。

龍彦は、炊事洗濯は趣味で、困ってないし、結婚に必然性を今は感じていないと素直に言う。子供が欲しくなったら必然性が出てくると思うが、親になる自信がないと。

早苗は、その話を聞き、急に、お酒を飲みに行きましょうと誘う、龍彦は、もしかしたらうまく行くのではと。

好美は、関西風のお好み焼きデートに行くが、今度は相手が、微妙な顔をする。

両親が共働きで、鍵っ子だったから、結婚したら、女性には家に入って欲しいと思うという相手に、好美は、母親が働く姿を見てきたから、自分は働いて支えたいと言い、家族の考え方に微妙な差があることを感じる。

奈々は、高級レストランで、高い食事を注文すれば、相手の春川が引くだろうと考えたが、春川は動じない。

春川がトイレに行っている間に、嵐望がお店に入ってきて鉢合わせとなる。

奈々は、結婚を考え直してと言うが、嵐望は、母性を感じないと結婚は考えられないと言われる。

春川がトイレから帰ってきて、この人が彼なのと春川に言うと、嵐望は、奈々を立てて、ふられたと言う。春川は、見合い相手ですと怪訝な顔をする。

春川は、元彼と遭うとは、なぜふったのですかとズケズケ聞く、奈々は嫌そうな顔をしてそんなことを普通聞かないと怒る。春川は、次のデートどうすると聞くが、奈々は、いやな顔をする。

龍彦と居酒屋で飲む早苗は、兄に子供ができてその手が可愛くてと、子供は好きですかと聞く。

龍彦は、好きかなと答えると、早苗はトイレに行くと出て行く、その隙に、オタク仲間にSNSで連絡をとり、奇跡的に上手く行っていると連絡する。

龍彦は、アニメの話で盛り上がり、アニメオタクは嫌いですかと言うと、早苗は、そんなことないですと言い、いいお父さんにきっと龍彦はなれると。

早苗は、私は、お母さんになれないと突然告白する。5年前に子宮頸がんになって、子宮を全摘出することになり、子供が産めない身体になった。

なんで私だけと思ったが、5年経ってようやく整理がついたところに、政府が妙な法律を勝手に作ったと。

若くして病気で、私のように結婚を避けている人もいるのに、法律がなければ、自分の意志で結婚を避けていれば良かったのに、無理やり結婚をさせようとするなんて、涙を流して語る。

それも、少子化のための法律なんて、子供ができない人にとって、抽選見合い結婚法は、欠陥だらけの法律だと。

早苗は、結婚したくないから、明日、私から見合いを断ると涙を流していう。

龍彦は、「そんなのだめです。テロ撲滅隊は女性の行くところではない。男性の方が向いているから、自分から断る」と。

早苗は、それを聞き、龍彦さんは本当に優しいのね、だったら、男の優しさ貫いてよ、私にだって女のプライドがあるのよ、自分から断らせて。

翌日、事務局から、龍彦に、早苗からお断りの電話があったと連絡が入る。龍彦は、真実を話そうとするが、早苗の言葉を思い出しやめる。

龍彦は、怒りがおさまらず、ブログに、抽選見合い結婚法は、国家の国民に対するイジメだと書き込む。

そして、中学時代、生徒会長に立候補し、校内にイジメがありイジメを見て見ぬふりをするのもイジメだと言っていた自分を思い出す。

翌日、小野寺大臣から、結婚見合い抽選法の改定案が出され、対象者が、自力で、結婚相手を見つけた場合、除外となると発表される。

好美は、自力では無理だと思うが、今の見合い相手は何かが違うと。食べ物の好みや、家庭像や今はたった2mmの違いでも、結婚して家族になったら、そのずれが大きくなるのではと。

龍彦の部屋では、オタク仲間の鯨井や北風がまた集まり、鯨井は自力で探せないからこの法案に乗っているのにと。

北風は、いくらこんな改定をしても意味がないこんな法律くそくらえだと叫ぶ。

奈々はその報道を見て喜び、昔付き合っていた男に連絡をとるが、結婚していたり、抽選見合いで仲良くなった人と結婚したりと諦めるしかなかった。嵐望の顔が浮かぶ。

龍彦の国家の国民に対するイジメと書いたブログに、在日韓国人から返信が入り、選挙権がないだけでなく、抽選見合い権もないないなんて日本人と認められていないみたいでミジメだと。

龍彦はブログの画面をじっと見つめ思いを巡らせる。

ここまでがネタバレですが、第3話は、皆が、見合いに戸惑う。龍彦は、初めて良い雰囲気になるが、相手の女性が子供が産めない身体であると分かり......。

奈々は、しつこい男に捕まってしまったね。でも、テロ撲滅隊にはいきたくないと悩むようで、可愛そうになってきました。嵐望からもはっきりと断られるしどうなるのか心配です。

好美も、相手との価値観の違いを感じているようでしたね。こういうことは、恋愛ではよくあることですね。好美のいった最初の2mmが広がって行くという言葉に納得しました。

ドラまる
嵐望は、3回目の抽選見合いの葉書を持ってました。もう2人も断ってしまったのか、それほど、嵐望の母性に対する思いは強いのか、これから明かされてくるのですよね。
ラマちゃん
龍彦の周りも、断られてへこむ人や、抽選お見合い前に結婚して、やっぱり結婚すべきではないと感じている人や、これは、離婚率が増えてしまうのではないのかな。小野寺大臣大丈夫。

龍彦の相手の早苗は、オタク話にもついてきて良いお父さんになれると話題もはずむし、絶対うまく行くと思ったら、子供ができない身体で結婚しないと決心した女性で、悲しかったです。

早苗がテロ撲滅隊に行くのはおかしいと思い、龍彦から断りの電話をいれると言った時かっこ良かった。でも早苗にも女のプライドがあるからと断るシーンはすごく良かった。

ドラまる
龍彦が、前回の怜子、今回の早苗と、抽選見合い法が、国家のイジメと書くまでになってきました。この不満が、大きな反対の渦になって行くのかもしれませんね。
ラマちゃん
中学時代に生徒会長に立候補してたのですね、その時の姿は堂々として、今の龍彦と違う。イジメにあったのかな。今の達彦がブログに書いている姿が本当の龍彦なんだね。

スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』3話ネット上の反応

ドラまる
考えさせられるドラマ、在日外国人の方に対する配慮などいろいろな意見が出ています。

ラマちゃん
女性目線で心がえぐられたとの声も、龍彦のお見合い相手の言葉に共感したりする方もいて、人間ドラマになってきてますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『いつまでも白い羽根』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『結婚相手は抽選で』3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『結婚相手は抽選で』4話のあらすじ

2018年10月27日(土)放送のドラマ『結婚相手は抽選で』第4話のあらすじをご紹介します。

龍彦(野村周平)は、ここまでの自身の経験、会社の先輩の話や投稿を受け、立ち上げたブログ「抽選見合い結婚法の被害者たち」に積極的に書き込みを始めた。

そんな中4度目のお見合いに臨んだ龍彦は、相手の女性に会って1時間で潔癖症を理由に断られしまう。

「カスくじ!」…これまで何度かお見合いで断られてきたとはいえ、やっぱり気持ちが沈み、いつにも増して激しく手を丁寧に洗う龍彦だった……。

一方、内閣府特命担当大臣 抽選見合い結婚法担当の小野寺(若村麻由美)から、該当者が自力で結婚相手を見つけた場合はこの法律から除外するという改定案が発表され、奈々(高梨臨)は、一か八かで嵐望(大谷亮平)に連絡し、馴染みの店で再会する。

嵐望が見合い相手に断られ続けているという意外な事実を知った奈々は、「私と……結婚してください」と意を決して告白したが、「俺が求めるのは、母性の強い人。奈々には感じられない」とやはり嵐望に断られてしまう。

自暴自棄になり泥酔した奈々は、すっぽかすはずだった見合い相手との待ち合わせ場所へ……。

その夜、同じくお見合いを終えた北風(松本享恭)が龍彦の自宅にやってきた。

部屋で偶然、龍彦が書いたブログを見た北風は、「匿名でも、もっと自分のこともさらけ出してくれたら、共感してもらえるんじゃないかな」と龍彦を励ました。

勇気をもらった龍彦は、潔癖症の原因となった中学時代の出来事をブログに綴り始めたのだった。

好美(佐津川愛美)は、お互いの理想の家族像の相違からお見合い相手と別れ、新たなお見合いに臨んでいた。

緊張している彼女の隣に座ったのは…。

そして、龍彦の5回目のお見合いの相手は、集合時間に30分以上遅れて会場にやって来た。いかにも無理目な感じの服装をした彼女が、けだるそうにサングラスを外すと…。

公式サイトから引用

まとめ

ドラマ『結婚相手は抽選で』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

奈々は、しつこい男が断れず、好美は、価値観の差を感じる。龍彦は良い感じになるが、子供が産めないため結婚を諦めた女性で断られる。龍彦は、国家のイジメではないかと思う。

ドラまる
自力結婚できれば除外されるため、奈々は、嵐望にすがるようですね。嵐望は、断ったわけではなく、断られたということが分かる。なぜ、男前の嵐望が興味がありますね。
ラマちゃん
龍彦は「カスくじ」とひどい言われようで断られ可愛そう。ついに、ブログに、中学時代に何があったのか書くようです。何があったのかな。

龍彦は、ブログを通して、何をこれから訴えて行くのか、フリージャーナリストのひかりもそれを見ている。小野寺大臣の考え方を改めさせるのだろうか。

龍彦は、4回目の相手にヒドイことを言われ、5回目は、サングラスをつけた無理目な女性。サングラスと言えば、奈々なのか、そうなら、どうなるのか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA