中学聖日記|最終回(11話)の動画見逃し無料視聴はこちら【12月18日配信】

  • この記事を書いた人:yatarou
2018年秋ドラマ・有村架純主演『中学聖日記』

ドラマ『中学聖日記』第11話(最終回 2018年12月18日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『中学聖日記』最終回(第11話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『中学聖日記』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『中学聖日記』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『中学聖日記』最終回(第11話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2018年12月18日(火)放送終了後〜2018年12月25日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『中学聖日記』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『中学聖日記』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『中学聖日記』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『中学聖日記』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2018年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2018年10月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

原作マンガを無料で読む方法もご紹介!

あまり知られていないのですが、FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンを利用すると、原作コミックス『中学聖日記』が2冊無料で読むことが出来ます。

FODプレミアムは登録時に100ポイント、毎月8の付く日(8日、18日、28日)に400ポイントの合計1,300ポイントが1ヶ月の間にもらえます。

『中学聖日記』のコミックスは1冊600ポイントで読めるので、1ヶ月で2冊無料で読めるという仕組みです。(登録してすぐに2冊読める訳ではないので、要注意!)

初回1ヶ月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かからないので、是非この機会にお試しください!

FODプレミアムで『中学聖日記』原作コミックスを無料で読む

2018年秋ドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじは?

2018年12月18日(火)放送のドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじを紹介します。

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。

ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。

後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。

しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは…。

全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。

募る晶への想いを胸に秘め、彼女が最後に出した答えとは。

そして、それぞれが選ぶ道、“禁断の恋”の結末は―?

ドラマ公式サイトより引用)

2018年秋ドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

mirokichi3
聖と晶は一緒にいる時に警察が現れて、通報を受けた事を知ります。

愛子とはキャンパスですれ違って気付かれていないはずなのに誰が通報したのでしょうか。

一体、2人はどうなっていくのか気になります。

聖は原口の後押しを受けて、晶との関係を保つことが出来ましたが、再び試練が訪れます。

警察に事情を説明する事になりますが、2人の関係はまた離れてしまうのか心配です。

2人の関係がこれからどう発展して、どんな結末を迎えるのか期待しています。

原口は勝太郎と別れますが、2人の関係は本当に終わってしまったのでしょうか。

それぞれの今後の展開に期待しています。

ペンネーム:mirokichi3(30代・男性)

dai
まず『警察に通報したのは一体誰なのか?』は視聴者みんな気になるのではないだろうか?一番に愛子が思い浮かぶが、大学の場面では気付いている様子はなかったし、今回の感じ感じからは考えにくい。

嫉妬に狂った勝太郎が犯人か、意外にも原口とも考えられる。

原口は今回、聖から保証人を受ける際に席を立ち、顔を洗うシーンがあったが、あれは聖への好意を表しているのだろうか?そこも注目ポイントと言える。

やはり最後に晶と聖がどうなるのか?ドラマの冒頭の手紙の場面から考えると、再び離ればなれになってしまうことも考えられるが、流れ的には結ばれる可能性が高いだろう。

ペンネーム:dai(30代・男性)

SAKU
いよいよクライマックスに向けて動き出している二人ですが、二人が結ばれるには色々な障害がありすぎますね。

最終的にはどうやって着地していくのか気になります。

聖のキャリアや晶の進路もどうなっていくのでしょうか。

ラストに、急に衝撃の展開でしたね。

聖があそこまで決断してからの、突然の晶からのもうやめよう宣言は驚きましたが、ちゃんと聖の事を思っての事と分かってホッとしました。

最後に警察が来てしまったのにはちょっと恐怖を感じてしまいました。

誰が通報したのでしょうか。

いずれにせよ、最終回では聖には幸せになってほしいです。

ペンネーム:SAKU(30代・女性)

大福
次回はついに最終章です!

警察が現れたという事は聖は捕まってしまうのかなと思います。

聖と晶はどうなってしまうのかとても気になる所ですが今の思いは本当にこの二人に幸せになってほしいただそれだけです。

聖に全ての責任を負わせてしまうのはかわいそうで見てられません。

聖の気持ちを考えると女性として辛いです。

こんなに、数々の障害を乗り越え気持ちも我慢してきたのだから聖には幸せになってほしいのです。

晶も聖の事一生守ってほしい!

あと、原口さんもとても気になっていて体調の変化は妊娠したのかなと想像しています。

原口さんはどんな道を選ぶのか注目しています。

原口さんも幸せになってほしいなと思っています。

最終回は最後まで見届けたいです。

きっと泣いてしまいそうですが二人の幸せを願って放送日まで待ちたいと思います。

ペンネーム:大福(30代・女性)

ドラマチェッカー
聖と晶のやりたいことは、一緒にいること。

この結論は、ゆるがないだろう。

警察に通報したのは、愛子なのだろうか?という疑問も残る。

他に通報する可能性があるといえば・・・数人の顔が思い浮かぶ。

大学進学、自立、聖との生活を思い描く晶は、これからどう進んでいくのか。

そして、教師という仕事を失った聖は、晶といるためにどんな選択をするのか。

個人的には、勝太郎がどうすれば聖との関りを断ち切れるのかにも注目したい。

とっくの昔に自分への愛情が無くなっている女性に執着する姿には哀愁さえ感じる。

彼の人生が進むことを願う。

ペンネーム:ドラマチェッカー(30代・男性)

なるはや
次回は最終回になりますが2人にはうまくいってほしいなと思いますし誰にも邪魔してほしくないとも思います。

今回の話の最後に警察に補導され未成年誘拐というとんでもない事になってしまってますが、どうか無事に解決の方向へと向かってほしいと思いますし母親の心配もわかりますが、晶の事を信頼・信用してもう少しだけ柔軟な対応をしてもいいのではないかと男親ならではの感じ方・考え方かもしれませんが、そう思ってしまいました。

確かに自分の子供である娘が教師の男性とこのような事になってしまったら、納得いかないだろうし理解もできないとさえ思うかもしれません。

矛盾しているとは思いますがそれだけ難しく、簡単に答えが出てこない問題だと思いました。

次回は最終回ですが2人にはうまくいってほしいと思います。

ペンネーム:なるはや(40代・男性)

2018年秋ドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

たかは

『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

聖は愛子からの通報で警察に連行されてしまいます。

必死で弁明しますが警察からは厳しく注意されてしまいます。

やっと解放された聖は、翌日愛子から言われた待ち合わせ場所に向かいます。

しかし、そこで待っていたのは愛子の代理人である弁護士でした。

弁護士からは今後晶と会わないという誓約書を書くように言われてしまうのでした。

誓約書の話を聞いた晶は聖に会いに行きますが、聖は会おうとしませんでした。

聖は晶の将来のためにもう会わないことを誓い、誓約書を愛子に渡しました。

そして聖はバンコクで日本語を教えることに決めるのでした。

それぞれの道を歩き出した聖と晶ですが、5年後二人は再会を果たしました。

『中学聖日記』最終回(第11話)の感想

愛子がまさかそこまでするとは思っていなかったので驚きました。

ただ普通に愛し合っているだけなのに、歳が離れているというだけで周りから大反対されてしまって二人が可哀想でした。

聖は誓約書を書くように言われて悩みますが、晶の将来のためにもう会わないことを誓います。

とても聖らしい決断だと思いました。

晶のことを思っているからこその決断だったと思います。

そして晶もそんな聖の思いを理解したのだと思いました。

このまま二人は別々の道を歩んでいくのだと思いましたが、5年後バンコクで再会を果たします。

これでやっと二人は一緒になれるのだと嬉しくなりました。

ペンネーム:たかは(30代・女性)

ぷしこ

『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

有村架純さんはあきらのお母さん側の弁護士から示談の話を持ちかけられ、二度と会わないように警告され、誓約書を書くように迫られた。

誓約書のことを知ったあきらは激昂して、家を飛び出して、有村さんの家に行った。

有村さんはあきらに会わなかった。

町田啓太さんと吉田羊さんのはからいで有村さんとあきらは最後に話をする機会を得た。

あきらは有村さんには二度と会わないと言い、有村さんは外国で働くことを決めたと言った。

お互いの幸せを願って別れた。

五年後、大人になったあきらがタイで働いているあきらがのもとへ迎えに行った。

『中学聖日記』最終回(第11話)の感想

友近さんが有村さんを抱き締めて、有村さんが泣くシーン、良かったです。

私も聖の目線で見ていたので、訴えられて、あきらとの恋も失いそうで、母親からも見離されて、とても心細く思っていた時だったので、友近さんに抱き締められて泣きそうになりました。

岡田さんは初めて見る役者さんでしたが、感情をうまく表情に出せていたと思います。

ドラマが始まった当初は、中学生と恋愛なんて…と嫌悪感を感じました。

しかし、岡田さんの熱意がすごく伝わってくる演技で、しかもなかなかカッコよかったので、聖の立場なら抗えないし、仕方ないと思わせてくれました。

ペンネーム:ぷしこ(30代・女性)

ドラマチェッカー

『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

晶と一緒にいたところ、未成年者誘拐を疑われて警察に連行された聖。

晶の母・愛子は、晶の言い分を聞き入れず、携帯を取り上げ、聖の連絡先を消す。

愛子は聖に日を改めて会うことを提案するが、待ち合わせ場所で聖を待っていたのは、代理人の弁護士だった。

弁護士は、警察や教育委員会には連絡しないかわりに、示談してもう2度と晶に近づかないことを約束するよう聖に要求する。

悩んだ末に、聖は、晶には二度と会わないという誓約書にサインした。

そんな中、聖に会いに来た原口が倒れる。

病院に付き添った聖は原口が妊娠していることを知り、原口に問いかけるが、原口は、勝太郎とは一緒にならず、一人で産み、育てることを決意した。

原口は、聖のことも気にかけ続け、聖と黒岩を同じ場所に呼び出した。

少し離れた場所で言葉を交わした2人の決断は・・・

『中学聖日記』最終回(第11話)の感想

原口さん!原口さん!神ってるどころの活躍ではない。

自分の妊娠を差し置いて、聖と晶のアシストに徹する。

他の周囲の人物がかすんでしまって、聖と晶と原口さん3人のドラマだったっけ?と思うぐらい。

愛子さんの行動には、疑問はないし、あれしかないと思うんだけどね。

ここからは、呼び方を変えるけど、黒岩くんの行動ダイジェストを見るとはちゃめちゃだった!

晶も18歳だし、もう2、3年経って成人したら、聖と会うのはダメなのかな。

いや、やめたほうがいいのかな。

と思ってたら最後は5年経った!

誓約書返してくれてありがとう愛子さん。

あなたは、一つも間違った行動してなかったよ。

ペンネーム:ドラマチェッカー(30代・男性)

SAKU

『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

未成年者誘拐罪の疑いで警察に連れていかれてしまう聖(有村架純)。

晶(岡田健史)の大学見学で、晶が聖の手を取って走る所を晶の母・愛子(夏川結衣)がみていたのです。

晶も取り調べで説明するも未成年だからと取り合ってもらえません。

嫌疑不十分で釈放された聖。

聖に、後日話し合いをしようと言う愛子でしたが、次の日の待ち合わせに現れたのは代理人の弁護士でした。

今後晶に一切合わないという誓約書にサインをすれば示談にするというのです。

期限は一週間でした。

東京で勝太郎(町田啓太)に聖の事を聞いた律(吉田羊)は心配して聖に会いにきてくれます。

レストランで突然律が倒れてしまいました。

律はなんと勝太郎の子を妊娠していたのです。

入院中の病院から、早速大事な商談で東京に帰るという律に「今はお腹の子が大事だから戻って安静にしてください。」と強く言う聖のお陰で律はひとりで母親になる覚悟ができたと言います。

色々迷ったが、自分自身の正解を探すという律。

契約書の期限の前日、晶が聖のアパートを訪ね会いたいと言いますが聖は応じませんでした。

示談の日、聖は契約書にサインをします。

晶の事を本当に考えるなら未来や距離を大切にするべきだったと言い、もう会わないと言います。

愛子は晶に先生がサインをしたのはあなたを思っての事で、何故こうなったのか考えなさいと言うのでした。

勝太郎・律に呼び出されて一人で観覧車に乗る聖ですが、観覧車の下で律から電話を受け取ったのは晶でした。

晶も聖に幸せになってほしいからもう会わないけれどずっと幸せを願っていると言います。

聖は晶に海外で働くことにした一人で立っていく力を晶がくれたと告げます。

晶が頑張れと叫び二人は別れました。

何年か後、大人になった晶と聖は再会を果たします。

ついに愛子が二人の事を許してくれたのでした。

2人は笑顔で抱き合いました。

『中学聖日記』最終回(第11話)の感想

楽しみにしていた最終回でした。

初めの方は晶君のお母さんが、警察に通報したり弁護士さんを用意したりさすがに怖すぎました。

いくら何でも会っていただけで誘拐の疑いとかかけられたら、悲しすぎますね。

不倫をしていたわけでもないのに。

息子が未成年だから気持ちはわかるのですが怖すぎます。

母親の愛情は深いものですが、ちょっと違う気がしてしまいました。

中学生の次は未成年だからと反対されて、難しいですね。

聖にとっては迷った時にいつも勇気をくれるのは律の存在ですね。

律の役柄が聖の助けになっているように思いました。

その律に赤ちゃんが出来て嬉しく思いました。

律が聖に言った「自分自身の正解を探す」と言う言葉も素敵だなと思いました。

すべてを失いそうになった聖の自分自身の正解とはなんだろうと考えながら見ていました。

晶の未来を思っての聖の決断に泣けてしまいました。

確かに晶はずっと聖の事を先生と呼んでいましたね。

最後にそれぞれの道を歩き始めた聖と晶ですが、ラストでまさか大人になった晶の事を愛子が本当に許してくれるとは思いませんでした。

ラストシーンの二人はお互いに大人になったうえでの素敵なカップルに見えました。

ペンネーム:SAKU(30代・女性)

dai

『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

警察に通報したのは愛子であった。

お互いに連れ去りを否定し、警察からは注意で終わるが、愛子は強い口調で晶を責める。

聖の部屋に母が訪ねてきて『もう信じられない』と突き放す。

翌日、愛子に指定された場所に行くと待っていたのは、代理人の弁護士で今後、晶に近づかないという誓約書へサインを求められる。

原口は自分が大学へ連れて行ったことが原因だと詫びている最中に原口が倒れ、救急車で運ばれる。

原口の荷物から聖は母子手帳を見つけ、勝太郎の子供を妊娠していることを知る。

翌日、原口はシングルマザーになる決意を聖に話す。

誓約書のサインの期限が迫った前日、愛子と弁護士の会話を聞いた晶は家を飛び出し、聖を探す。

聖が誓約書にサインしようとした時、晶が玄関のドア越しに語りかけるが、聖はドアを開けずに帰す。

翌日、愛子と弁護士に会いサインした誓約書を渡し、もう晶と会わないと誓う。

夜、愛子は晶に誓約書を見せて、晶を試すように語りかける。

後日、勝太郎は聖を呼び出し原口からの指示で観覧車に乗せる。

観覧車に乗って下を見ると晶の姿があり、晶と電話で話し、晶はもう会わないが、聖の幸せを願っていると告げると、聖は日本を離れることを告げる。

そして晶は聖にエールを送り、立ち去る。

聖は勝太郎から受け取った晶の日記を読み、晶との日々を思い出す。

ラスト、晶は大学受験に向かい、聖は母に電話しバンコクへ旅立つ。

そして現地の子供に日本語を教える先生になる。

5年後、聖が中学教師時代のように夕焼けを撮っていると後ろからシャッター音がして振り返ると、スーツを着た晶の姿があり、2人は笑顔で抱き合う。

『中学聖日記』最終回(第11話)の感想

通報者が愛子であったことに驚いた。

晶の誕生日がはっきりしないので、何とも言えないが間もなく、18歳になる晶に対して未成年の誘拐というのは違和感がある。

所々に愛子の情が映し出されるが、警察沙汰にして弁護士を通した上で晶に『まず受験に集中しなさい。話しはそれから』というのは正直、矛盾し過ぎていると思う。

そこまでされれば、余計に受験に集中できなくなりそうだ。

観覧車の場面で『誰も報われない結末だった』と思ったが、原口は勝太郎と、そして5年後には聖と晶が結ばれ視聴者の希望通りの結末になって良かったと思う。

個人的には愛子とジョフィも結ばれることを期待していたが(笑)

ペンネーム:dai(30代・男性)

どら日記

『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

聖と晶は大学で再会するが、晶が聖を連れて外に出てしまう。

これを見ていた晶の母親は警察に通報する。

そして、尋問され未成年者を誘拐した疑いで連行されてしまう。

晶の母親はこの件を示談交渉しようと弁護士を雇っていた。

示談には条件があった。

それはもう晶に2度と会わないという誓約書にサインすることであった。

聖にとってはとても辛いものだった。

晶がこの誓約書の事を知り聖に会いに行く、しかし聖は家には入れなかった。

晶が若すぎるため安易な行動すると聖にしては落ち着いた判断をした。

この事があり決意し誓約書にサインをした聖だった。

この誓約書にサインした聖の気持ちを徐々に受け入れる晶だった。

そんな時、聖は勝太郎から呼ばれて、観覧車に乗せられる。

すると下にいた原口から電話がかかってくる。

そして現れたのが晶であった。

聖は海外に行くことを話す。

晶は聖に大きな声で頑張れと叫んだ。

最後の別れの瞬間であった。

そして5年の月日が過ぎた時に、聖の後ろで写真を撮る晶が現れる。

晶は晴れて成年にな、り二人は再会を許されたのであった。

『中学聖日記』最終回(第11話)の感想

未成年の恋愛を許せない母親が警察に通報するという最終手段をとってきた。

確かに未成年者と成人との付き合いは、青少年育成条例に引っ掛かる場合もある。

未成年者はまだ未熟というところもあり、一人前になってからというところでしょう。

恋する事は良いかも知れないが成人側が考えてあげないといけない事である。

聖はそこを気づいてあげるのが遅かった。

誓約書が効いて二人はきちんと別れることが出来た。

あの思い出の詰まった晶の日記を読んだ聖は辛かったでしょう。

5年後に晶の母親が誓約書を持たせて聖に会う。

これで二人は許されたという事でしょう。

晶の母親は二人の事を良く理解してくれていた。

こんな、恋は自分には到底辛くて出来ない。

ペンネーム:どら日記(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2018年秋ドラマ『中学聖日記』最終回(第11話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年1月から同枠でドラマ『初めて恋をした日に読む話』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA