ドラマ【中学聖日記】9話ネタバレと感想。聖がついに晶へ告白!

  • この記事を書いた人:てつや
2018年秋ドラマ・有村架純主演『中学聖日記』
ドラまる
2018年秋ドラマ『中学聖日記』第9話が2018年12月4日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
聖は晶とともに、晶の父のいる島へ。

事実上の駆け落ち状態となった2人の運命は…?

こちらの記事では、ドラマ『中学聖日記』第9話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『中学聖日記』第9話のあらすじネタバレと感想

父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、父を探すため家を出て一人フェリーに乗り込んだ晶(岡田健史)。

晶から連絡を受けた聖(有村架純)は、晶の言動を放っておけず晶がいると思われるフェリー乗り場へ向かいます。

そこでフェリーに乗り込む晶を見かけた聖は、思わず自分もそのフェリーに乗り込みました。

聖と晶が対面をしたその瞬間、フェリーは出発。

「なんで来たんですか?」という晶に対し、「これで最後」なんて言われたら放っておけないという聖。

晶の言った「最後」はあくまで聖に連絡するのはこれで最後という意味だったのでした。

こうして、2人はそのまま山江島へ。

晶が康介に行っていることを愛子(夏川結衣)に知らせていないことを知った聖は、すぐに愛子に連絡するように言います。

晶は言われた通り、愛子にメールを。

翌日、山江島に到着した2人は康介が家具職人であるという情報をもとに康介の居場所を探します。

そして、島の人から有力な情報を聞いた2人は康介の居場所を突き止めました。

13年ぶりの再会を果たした晶と康介。

2人の再会に聖も安堵の表情。

しかし、そのころ晶の行方が分からない愛子(夏川結衣)は晶の行きそうな場所を片っ端からあたっていました。

ですが、晶の姿はどこにもありません。

聖と一緒にいるのではないかと疑う愛子ですが、いかんせん聖の連絡先を知らないため確認しようがありません。

そこで、愛子は勝太郎(町田啓太)に会いにいくことを決断。

愛子は勝太郎の会社まで行き、聖の連絡先を聞きます。

勝太郎は、もし自分のところに聖から連絡があった場合は自分も愛子に連絡すると約束しますが、そんな勝太郎の様子を見ていた原口(吉田羊)は内心心穏やかではありませんでした。

一方、山江島は1日1本しかフェリーが出ないということで帰る手段をなくした聖。

その日の夜は康介の家に晶とともに泊まることになります。

その日の夕方、山江島で非日常なひとときを過ごした聖と晶。

聖は晶に、小宮第一小学校の保護者の前で自分と晶と関係について打ち明けたことを話します。

副担任も外されこの先の教師生活がどうなるかわからないけど、今の学校が好きだってことは逃げずに言うつもりという聖。

そんな聖を思わず抱きしめ「守ります」という晶。

さらに晶は、進学せずに就職すると言い出しました。

「先生がいればどうでもいい。」

晶のその言葉を聞いた聖は、「戻ろう」といいます。

その夜、聖は勝太郎から何件も不在着信が入っていたことに気づきます。

聖から折り返えしの電話がかかって来た勝太郎は慌てて電話を取ります。

勝太郎のところに愛子が来たことを知った聖は、思わず晶と一緒にいることをバラしてしまいます。

駆け落ち同然の2人の行動に苛立ちを隠せない勝太郎は「下手そりゃ犯罪だぞ」と聖に感情をぶつけます。

晶が愛子に連絡をしていたというのは嘘で、なおかつ愛子が勝太郎のところまで来たことを知った聖は、康介に事情を話し空いてるホテルに泊まるといって出て行ってしまいます。

一方、聖に対しムキになる勝太郎を見た原口は、勝太郎が聖に嫉妬しているのではないかと言います。

翌日、改めて勝太郎と話し合った原口は、勝太郎に別れを告げました。

そのころ山江島では天候の影響により、当日のフェリー欠航が決まりました。

今日も山江島での宿泊を余儀なくされた聖はバンガローを予約します。

一方、晶は康介から昔の話を聞かされていました。

仕事がうまくいかず酒を飲んで愛子に怒鳴り散らしていたこと、それでもすぐに離婚しなかったのは父親がいなくなる晶を思ってのことだったということ。

そんな愛子の言葉に余計腹を立てた挙句、康介は逃げるように家を出て行ってしまったとのこと。

もし本当に聖が好きなら自分のように逃げるな、ちゃんと愛子に理解してもらえるよう努力しろと伝えます。

そこへ、島の人が訪ねてきます。

聖が予約をしていたバンガローの受付に来ていないことを伝えに来たのです。

島の人からそれを聞いた晶は必死に聖を探します。

聖は、悪天候で足を滑らせ怪我をしていたのです。

聖を見つけた晶は聖をおぶってキャンプ場まで。

「こうなったのは自分のせい」という晶の言葉をきっかけに、これまでのことを振り返る聖。

「花火大会の時から時間が止まったまま」と本心を晶に打ち明けました。

そして、ついに聖は「黒岩くんが好き。と口にしました。

ついに聖は晶への想いを口にしたのでした。

そのころ、愛子は聖の母・里美(中嶋朋子)に会いに行っていて…。

以上が「中学聖日記」9話の大まかなあらすじ。

ついに、聖が晶への想いを口にしました!

これは9話の大きな見どころでしたね。

とても印象的なシーンでした。

ですが、ここでゴールではなくむしろここからがある意味スタートです。

2人に更なる試練が待ち受けていることは間違いありません。

「中学聖日記」、今後も目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『中学聖日記』第9話のネットの反応や評価は?

ドラまる
晶の父がいい人でよかった!
ラマちゃん
予告の感じから晶の力になってくれそうな感じだったけど、その通りの人だったわね!

ドラまる
ついに聖が晶への想いを口に!
ラマちゃん
もう2人のハッピーエンドしか考えたくないレベルよね。。

スポンサーリンク

ドラマ『中学聖日記』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『中学聖日記』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『中学聖日記』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『中学聖日記』10話のあらすじは?

2018年12月11日(火)放送のドラマ『中学聖日記』10話のあらすじをご紹介します。

キャンプ場で一晩二人きりの時間を過ごし、ついに想いが通じ合った聖(有村架純)と晶(岡田健史)。島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は何かを感じたのか曇ったままだった。

東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)だった。里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する想いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉を投げかけられる…。

一方、晶は将来的に自立し聖との関係を認めてもらうため、進学することを決める。そんな中、晶の元にある人物が訪ねてきて…。
一度は想いが通じ合った晶と聖、それぞれの立場で新たな決断を下すことになる…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『中学聖日記』第9話のあらすじネタバレと感想と10話のあらすじをご紹介しました。

ついに聖が晶に「好き」と口にしました。

これで完全に両想いとなった2人ですが、2人にはまだまだ試練があります。

お互いの親を説得しなければならないという課題です。

晶が愛子を説得するのも相当難しいと思いますが、聖が里美に理解してもらうのも大変そうですね。

ドラまる
10話では2人の母親が協力!?
ラマちゃん
これはまたもや相当手ごわそうね。。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA