ドラマ【ブラックスキャンダル】9話ネタバレと感想。黒幕はあの人!

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年11月29日(木)にドラマ『ブラックスキャンダル』第9話が放送されました。

ドラまる
唯菜の裏切りに遭い、亜梨沙は自分が女優・藤崎紗羅であったことを世間に知られてしまったんだよね。
ラマちゃん
先週の唯菜役の松井玲奈さんはすごかったね。

包帯姿の衝撃はまだ新しいのに、今日は5年前の真相が明かされるのよ。

こちらの記事では、ドラマ『ブラックスキャンダル』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックスキャンダル』第9話あらすじネタバレと感想


阿久津唯菜(松井玲奈)の裏切りに遭い、藤崎紗羅(松本まりか)であったことを公表されてしまった矢神亜梨沙(山口紗弥加)。

残念なことに世間の反応は唯菜に味方する流れでした。

亜梨沙が担当していた小嶋夏恋(小川紗良)も少なからずショックを受けている一人でした。

自分を育ててくれていたことも復讐の一環だったのだと思われてしまいます。

責任を取ってフローライトを退職することに決めた亜梨沙。

その頃、水谷快人(若葉竜也)は勅使河原友和(片岡鶴太郎)の元を訪れていました。

相変わらずのヨガですね。

水谷は自殺したとされていた姉が何者かに突き落とされた映像を友和に突き付けます。

事務所から出てきたところを報道陣に囲まれる亜梨沙を助けてくれたのは、花園由祐子(平岩紙)でした。

一瞬で5年前の雰囲気に戻る二人がすごかったです。

花園も差し替えられた記事について探ろうとしてくれていました。

一緒に友和の自宅に向かうと、そこには首をつって自殺している友和の姿がありました。

そして残された書には「わが生涯に一片の悔いあり」と記されていました。

なんでここでちょっとラオウ!?これツッコミ待ちですよね。

水谷を呼び出した亜梨沙は、5年前の真相を聞くことになります。

5年前、女優を夢見ていた水谷の姉は志半ばで自殺していました。

しかしそのことを不審に思った水谷は、姉は殺されたのだと週刊星流の記者・巻田健吾(片桐仁)のところに助けを求めたのです。

巻田が水谷の姉が自殺ではなく他殺だという証拠となる新たな映像を入手したため、記事が公表されるはずでしたが急きょ紗羅の不倫報道に差し替えられたのでした。

殺人を隠すために自分が利用されたと嘆く亜梨沙。

その後、ソフィア(瑛茉ジャスミン)の件で警察から釈放された水谷に再び近づいてきた巻田。

封印していた事件の真相に迫る映像を1000万で売ると言ってきたため、水谷は巻田を殺して映像を手に入れていました。

その映像を亜梨沙に渡した水谷。水谷の姉と付き合っていたのは勅使河原純矢(安藤政信)でした。

スポンサーリンク

『ブラックスキャンダル』第9話ネットの反応や感想

ドラまる
怖い怖い(;゚Д゚)

最後の唯菜の病室に向かう時の笑顔に背筋がゾっとしたよ。

ラマちゃん
山口紗弥加さんの演技に「さすが」の一言よ。

ドラまる
松井玲奈さん、今日もインパクト大だったね。

ラマちゃん
花園が追い出されたときに、紗羅のことを今でも信じているって言っていたのよね。

ドラまる
確かによく確認したら、見出しと関係ない内容だったね。

ここでもブラックリベンジと強いつながりを見せたんだ。

ラマちゃん
シリアスな場面なのに、突然のラオウオマージュに笑っちゃったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックスキャンダル』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックスキャンダル』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックスキャンダル』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

『ブラックスキャンダル』第10話あらすじ

2018年12月6日(木) 放送のドラマ『ブラックスキャンダル』第10話のあらすじをご紹介します。

勅使河原友和(片岡鶴太郎)が自殺した。

矢神亜梨沙(山口紗弥加)が、勅使河原純矢(安藤政信)に、水谷快人(若葉竜也)の姉の死の真相を問いただすと、「そうだよ、俺が殺した」と認める純矢。

そして、純矢は、さらなる衝撃の事実を亜梨沙に告げるのだった…。

その後、純矢は新たに事務所を立ち上げることになり、看板女優となる小嶋夏恋(小川紗良)に目をかける。

そして亜梨沙は、真の復讐へと立ち上がるのだが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックスキャンダル』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。
亜梨沙が紗羅だと知り、また戻って来てくれた花園の頼もしいこと。

いろんな回り道をして、確執もあったけれど、二人の絆はまだどこかで残っていたのだと感じられました。

そして、一連の事件を引き起こした張本人・純矢の魔の手が唯菜にも降りかかってしまったようです。

最後、点滴バッグに手を伸ばす純也の行動は恐怖でしかありませんでした。

そして、5年前の真相を知ってしまった亜梨沙が放った予告での「一滴残らず干されて消えよう」という言葉、純矢と一緒にこの世から去ってしまいそうで続きが早く見たいような見たくないような。

泣いても笑っても次週は最終回。どんな決着を見るのでしょうか。

ドラまる
水谷くんも事件の決着は自分でつけると言っていたよね。
ラマちゃん
唯菜は本当に死んじゃったのかしら。

純矢の周りの女性陣はみんな不幸になっていくわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA