【ブラックスキャンダル】4話ネタバレと感想。本当の操り人形は誰?

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年10月25日(木)にドラマ『ブラックスキャンダル』第4話が放送されました。

ドラまる
前回は「一滴残らず地球上から干されて消えて」が炸裂しなかったね。

相手は巻田だから今週は出てくるかな?

ラマちゃん
復讐の過程もそうだけど、純矢との関係も気になるところね。

こちらの記事では、ドラマ『ブラックスキャンダル』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックスキャンダル』第4話あらすじネタバレと感想

週刊星流の記者・巻田健吾(片桐仁)に自分の秘密を知られてしまった矢神亜梨沙(山口紗弥加)。

どうして5年前、捏造記事を書いたのかという疑問に巻田は答えることはしませんでした。

代わりに、三日以内にゴシップ記事を3つ用意するように脅されてしまいます。

「お前はこれから一生俺の操り人形だ」

片桐仁さん、はまり役すぎて嫌いになってしまいそうです。

フローライトでは社長の勅使河原友和(片岡鶴太郎)がチーフマネージャーの花園由祐子(平岩紙)と話をしていました。

亜梨沙からチーフマネージャーにしてほしいを言われた友和は前向きに検討していました。

それを知った花園は気が気ではありません。

事務所では亜梨沙が担当している小嶋夏恋(小川紗良)が順調に仕事を獲得していました。

その様子を面白く思っていなかったのが、俳優の稲沢晃(立花裕大)です。

自分の努力不足を棚に上げ、夏恋に辛く当たります。

くさった稲沢の元へやってきたの花園は、夏恋が五色沼仁(袴田吉彦)に枕営業していた過去を暴露しました。

五色沼のことは花園が仕向けたことなのに、どこまでも心の黒い女です。

社長の息子・勅使河原純矢(安藤政信)に呼び出された亜梨沙は、自分が藤崎紗羅(松本まりか)だった頃に一緒に来たレストランに連れて行かれます。

純也は「いずれ自分は社長になる。その時君がそばにいてくれたら。」と言います。

その様子を写真に収める巻田。

元婚約者との関係にまでずけずけと入り込んでくる最低の男です。

その頃、稲沢はマダムの相手をしていました。

相手を送り出した後、ゴシップ配信アプリの「芸能暴露くん」に接続する稲沢。こいつが発信元だったのかい!

夏恋のネタを投稿しようとして思いとどまり、本人に直接、枕営業の話の口止め料として100万円を要求することにしました。

亜梨沙に相談したい夏恋ですが、連絡がつかず途方に暮れてしまいます。

当の亜梨沙は巻田の身辺を調査していました。

元モデルの美しい妻と可愛い娘。幸せそうな巻田の家庭を見て復讐の炎が燃え上がるのでした。

翌日、ドラマのロケ中に「金は用意できたのか?」と迫る稲沢の姿がありました。

夏恋は脅しには屈しないと言い切ります。

稲沢が芸能暴露くんに接続しようとすると亜梨沙から、たった今の脅迫会話を録音したと告げられました。

警察に行こうとする二人に対し土下座をした稲沢を夏恋は許してくれましたが、亜梨沙は稲沢にある命令を下しました。

自宅に戻ると、巻田からネタの催促の連絡が入りました。

翌日、とっておきのスクープを持ってきたという亜梨沙は駐車場に巻田を案内します。

用意されたカメラを覗くと、稲沢と巻田の妻が逢引する姿がありました。

「いつものように撮ってくださいよ。少しは撮られる側の気持ちを分かりましたか。」

そう言う亜梨沙にこの写真を芸能暴露くんに投稿すると脅された巻田は、5年前、勅使河原友和に金をもらって捏造記事を書いたと言います。

土下座をする巻田に対し亜梨沙は「これから一生私の操り人形よ。」と告げるのでした。

壮大なブーメランが飛んできましたね。

事務所の屋上では、純矢が亜梨沙にキスをしていました。

その様子を見ていた阿久津唯菜(松井玲奈)の姿が。。。

スポンサーリンク

『ブラックスキャンダル』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
巻田が真相にいち早く近づいたのに、あっという間に大逆転だったね。

ラマちゃん
平気で嘘をつく花園にぞっとしたわ。

ドラまる
唯菜ちゃん可愛いけど、いつも密かに覗き見ていて正体が気になる~。

ラマちゃん
安藤政信さんがかっこいいのが辛いわ~。

裏の顔を見たくないのよー。

ドラまる
稲沢の相手の有閑マダムが牧野ステテコさんで、面白かったよ。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックスキャンダル』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックスキャンダル』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックスキャンダル』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

『ブラックスキャンダル』第5話あらすじ

2018年11月1日(木) 放送のドラマ『ブラックスキャンダル』第5話のあらすじをご紹介します。

矢神亜梨沙(山口紗弥加)と花園由祐子(平岩紙)は、勅使河原友和(片岡鶴太郎)から、ある大手企業のCMの仕事を取ってきた人間をチーフマネージャーにすると言い渡される。

それは久保寺徹(笠原秀幸)が経営する企業のCMで、出演者は久保寺を囲むパーティーで、久保寺の一存で決まると言う。

亜梨沙は小嶋夏恋(小川紗良)を、花園はソフィア(瑛茉ジャスミン)を推して、パーティーへ向かうが、そこでは熾烈な戦いが繰り広げられていて、想定外の大事件が起きてしまい…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックスキャンダル』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。
捏造記事を書いても、良心がみじんも痛くならない巻田の弱点が家族でしたね。

元モデルの美しい妻のなんと軽いこと。

今までも何かあったのではと疑ってしまいたくなる醜態でした。

これで巻田は亜梨沙の操り人形となり、復讐の手となっていくのでしょうか。

次は、ターゲットの一人・花園と直接バトルです。

平岩紙さんの悪女がここまで冷たい女性になるとは思いませんでした。

次回、花園のめぐらす罠がどんなものか今から楽しみです。

ドラまる
すっきり巻田の悪魔の手から脱出できてよかったよ。
ラマちゃん
いよいよ花園との直接対決かしら?

純也との関係も面白くなってきたわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA