【ブラックスキャンダル】1話ネタバレと感想。袴田吉彦の叫びに話題騒然。

  • この記事を書いた人:tomopon

2018年10月4日(木)にドラマ『ブラックスキャンダル』第1話が放送されました。

ドラまる
山口紗弥加さん連ドラ初主演作品が始まるよ。
ラマちゃん
数々のドラマに出演されてたから、初主演ということに驚いたわ。

こちらの記事では、ドラマ『ブラックスキャンダル』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ブラックスキャンダル』第1話あらすじネタバレと感想

顔中に巻かれた包帯を外す女性。

女性の名は矢神亜梨沙(山口紗弥加)。

彼女は5年前、偽りの会見によって社会的に抹殺された女優・藤崎紗羅(松本まりか)でした。

顔を変え声を変え新しい人物となった彼女の狙いは復讐。

ターゲットは芸能事務所社長の勅使河原友和(片岡鶴太郎)、同社員の花園由祐子(平岩紙)、テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)。

この三人に陥れられ、5年前偽りの不倫報道をされたのです。

そして、記事がねつ造であることを釈明しようと開いた会見に、相手とされる棚城健二郎(波岡一喜)が乗り込んできて一方的に不倫を認めてしまいます。

紗羅の言い分は世間には届きませんでした。

実の母も、娘の件で取材を受けている最中に、焼身自殺を図るというショッキングな事件を引き起こします。

そして、渦中の紗羅は世間から姿を消したのでした。

5年後。

健二郎が勅使河原友和と花園に頼まれて1億でニセの証言をするように依頼されていたと、後輩の女優で今は事務所の稼ぎ頭となっている阿久津唯菜(松井玲奈)から聞いた紗羅は亜梨沙となって舞い戻ってきたのでした。

その亜梨沙は、勅使河原が運営している事務所フローライトにマネージャーとして潜入していました。

最初のターゲット・五色沼に近づくために所属タレントの小嶋夏恋(小川紗良)に目をつける亜梨沙。

次に受けるオーディションのドラマのプロデューサーが五色沼でした。

なかなかオーディションに受からない夏恋に、花園は枕営業をするように仕向けます。

悩んだ夏恋に亜梨沙は、「他の誰かになろうとしないこと。自分の可能性を信じてください。」とアドバイスを送ります。

しかし、夏恋は自信を持つことができず、五色沼が待つホテルに向かってしまいました。

ホテルから出てくるところを、亜梨沙の同僚の犬飼遊真(森田甘路)に見られてしまいます。

ここで、犬飼と一緒にホテルに入ろうとしていた女性が今後のアイドルとつながるんですね。

犬飼から報告を受けた亜梨沙は口外しないように忠告しました。

再び夏恋をホテルに呼び出した五色沼をはめるために亜梨沙が動き出します。

自身が用意したホテルに呼び出し、真っ暗な部屋で五色沼が入ってくるのを待ちました。

到着した五色沼は相手が夏恋だと間違えたままなすがままに、目隠しされ、後ろ手に手錠をかけられ下着姿にされてしまいます。

目隠し状態のまま、ベラベラと本性を現してしまう五色沼。

その姿は、ネットでライブ配信されているドラマの制作発表の記者会見とつながれていました。

亜梨沙の復讐はこれだけにとどまりませんでした。

後日、謝罪会見を開く五色沼ですが、ここでも苦しい言い訳を繰り返します。

地方への関連会社に移動となった五色沼に会いに行く亜梨沙。

今まで、枕営業をさせられた被害者全員に証言をしてもらったと告げました。

そして、その動画を一か月に一人ずづ公開していくと宣言したのです。

世間から忘れさせない。

総勢60人の証言は5年かけて彼を苦しませ続けることになります。

土下座する五色沼に5年前の記者会見のことを詰め寄りますが、何の話をしているのかピンと来ないと言われてしまいます。

自分の事件を覚えていない五色沼に詰め寄るときの亜梨沙は、元の紗羅の人格が見えていましたね。

いつもは本当の自分の話し方とか癖を隠しているのがヒシヒシと伝わってきました。

紗羅のことを思い出した五色沼ですが、健二郎の登場を知らなかったが視聴率がよかったと高笑いをします。

最低な男です。

そんな五色沼に亜梨沙は「一滴残らず地球上から干されて消えて。」と言い残し、一つ目の動画を公開しました。

その様子を密かに撮影している週刊星流の記者・巻田健吾(片桐仁)の姿がありました。

スポンサーリンク

『ブラックスキャンダル』第1話ネットの反応や感想

ラマちゃん
山口紗弥加さんと松本まりかさんの最強ダッグ。

全く違う雰囲気の二人なのに、同じ人と思わせるテクニックに驚愕よ。

ドラまる
復讐劇ってことでつながってたのかな。

木村多江さんも怖かったね~。

ラマちゃん
片桐仁さんが、抑えた演技で迫力あるわ。

ドラまる
爽やか好青年だったのは遠い昔のことなのかな。

振り切ってて逆にすごいね。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックスキャンダル』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ブラックスキャンダル』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ブラックスキャンダル』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

『ブラックスキャンダル』第2話あらすじ

2018年10月11日(木) 21:00時から放送のドラマ『ブラックスキャンダル』第2話のあらすじをご紹介します。

矢神亜梨沙(山口紗弥加)が阿久津唯菜(松井玲奈)の出演するドラマ撮影現場を訪れると、そこには共演者として、俳優の棚城健二郎(波岡一喜)とその父、棚城正則(山下真司)がいた。  

健二郎は、5年前、ありもしない藤崎紗羅との不倫関係を認め、紗羅を地獄の底に突き落とした張本人でもあった。

現場で横柄なふるまいを見せる健二郎に対し、父の正則は「芸能界のお父さん」と呼ばれるほど好感度の高い俳優で、共演者やスタッフに丁寧に挨拶をしたり気遣いを見せていた。  

亜梨沙が健二郎を見ていると、正則と健二郎のマネージャーだと言う保田静江(朝加真由美)が亜梨沙のもとに挨拶に来る。

亜梨沙が『フローライト』のマネージャーだと知ると、「健二郎がご迷惑をおかけして申し訳ありません」と健二郎の横柄なふるまいに頭を下げた。

健二郎は、元『フローライト』所属の俳優で、5年前の藤崎紗羅との不倫騒動で、当時の妻とは離婚し、事務所も辞めさせられていた。

今、健二郎は、正則が独立して作った事務所に所属していて、静江が一人で、正則と健二郎のマネージメントをしているとの事だった…

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ブラックスキャンダル』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

昨年、同時間枠で放送された『ブラックリベンジ』を彷彿とさせる復讐劇の始まりです。

主演の山口紗弥加さんが連ドラ初主演ということに驚きを隠せません。

さすが演技派女優、積み上げてきたキャリアが違いますね。素晴らしい演技力でした。

今回復讐された五色沼役の袴田吉彦さんも、あの一件以来吹っ切れた感がありますね。

最後の叫びは絶対意識されていると思うのですが、ご本人的にOKだったことに覚悟を感じました(笑)

鶴太郎さんのヨガシーンなど、役者さんのプライベートをとことん意識して作られているので、いろんな見方で楽しめそうです。

ドラまる
記者会見でのまりかちゃんの心からの叫びは胸をうったよ。

次なるターゲットは棚城健二郎だね。

ラマちゃん
二世の薬物問題って、リアルにも聞くわね。

芸能界の闇を暴きまくるドラマになりそうね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA