嘘の戦争6話の感想とネタバレ!興三(市村正親)はどうなる?7話あらすじも

  • goro560
  • この記事を書いた人:ゴローさん

嘘の戦争6話の感想とネタバレをまとめました!

30年前の一家心中に見せかけて殺された家族の復讐を次々に成し遂げた浩一(草彅剛)は、娘の楓(山本美月)との交際報告を理由に、ついに事件の黒幕である仁科興三と二度目の再会を果たします。

スポンサーリンク

嘘の戦争6話のネタバレ

兄の晃(安田顕)と楓(山本美月)の信頼を手に入れた浩一(草彅剛)は、仁科一家が待ち構える興三(市村正親)の家に招待された。

仁科家一同が顔を揃えた食事会で互いに探り合う浩一と興三と弟の隆(藤木直人)。

興三と隆のふたりは浩一の亡くなった両親と弟の話を聞き、浩一の動揺を誘う。

浩一もやり返すように、隆から以前聞いた仁科家に迫る脅威は何なのかと尋ねる。

千葉陽一の父親がちょっとした仕事のトラブルで興三を逆恨みし、息子の陽一は他人を使って私を脅迫してきたバカだと罵ることで浩一の感情を逆なでしようとした興三。しかし、浩一の表情は変わらない。

浩一は興三に楓との結婚の許しを願い出るが、興三は首を横に振る。経営コンサルのような他人の努力を使う仕事をする人間を私は気に入らない。仁科家と病院の世界しか知らない楓のような娘を騙すのはさぞ簡単だったろう。と興三は浩一に意見をぶつける。

僕は何を言われても構わないけど、彼女がバカにされるのは我慢できないと反論する浩一。二人だけでも幸せになってみせます。と楓の手を取り部屋を出て行こうとする浩一を興三は試してすまなかったと止める。

この場で婚約してしまえばいい。と結婚を認める興三を前に浩一は楓を幸せにすると誓った。

一方、ハルカは何者かにつけられている気配を感じ、物陰に隠れてやり過ごすと一台の黒塗りの車が通り過ぎる。

楓は浩一に病院でハルカに会った時の話をする。ハルカのことを元カノと思っている楓は、浩一のことを諦めきれていない元カノがいるようでは結婚しないと告げる。

浩一を受け入れたかに見えた興三だったが実は違った。浩一をそばに置くことで何かしらの尻尾をつかみ懐柔できないものかと企んでいた。もし懐柔できない場合は、殺すことも厭わない。

仁科家を出る際に隆の娘が持っているコアラの人形を見て、アボリジニの伝説であるコアラの話をする浩一。その話を聞き何かに気づいたように微笑み去る隆。

浩一は帰ってからも隆がなぜコアラにまつわる伝説に引っかかったのか気になっていた。ネットで再度調べると、その言い伝えに出てくる少年の名前がクーボだということに気づく。自分は先ほどウーボと間違え、千葉陽一として書いたブログにもウーボと間違いて書いていた。

バレてしまったものは仕方ない。バレた嘘よりももっと大きな嘘を仕掛ける。

隆は楓から浩一の胸にあった傷跡を確認し、千葉陽一が育ったと思われる児童養護施設の園長である三瓶(大杉漣)と浩一が会っている事実も掴んだ。隆は浩一が千葉陽一であると確信し児童養護施設にのりこんだのであった。

今、千葉陽一がちょうどいるから会って話すといいと言われ、千葉陽一に会う隆。振り返った千葉陽一の顔は、浩一ではなく千葉陽一のブログに載っている男であった。30年前の事件の話をされ、隆は完全に千葉陽一を信じきってしまった。

三瓶から仁科家には関わらない方がいいと言われ、仁科家という言い方に引っかかる浩一。

興三からの電話で明日会いたいと言われた浩一は、興三に連れられ仁科コーポレーションの工場を建てようと考えている土地に来ていた。その土地はかつて自分が暮らしていた村で、村一番の貧乏であった自分の家嫌で夜も寝ずに働き続け今の仁科コーポレーションがあるというエピソードを話す興三。顔の表情を変え、お前の狙いは何だ!と詰め寄る。

どんな思いをしてこの会社をここまで大きくしてきたかわかるか。お前の脅迫には屈しない。ヒートアップしてきたところで持病の心臓の発作が出て倒れてしまう。

父と母と弟と30年間犠牲にしてきた自分の報いを受けろ。と興三のもとを去る浩一。

しかし30年前の記憶がフラッシュバックし、興三のもとに再び駆け寄ってしまう。

こんな簡単に死なせてたまるか。お前の地獄はこれからだ。生きて俺の復讐を受けろ。と必死で心臓マッサージを繰り返しながら叫ぶ浩一の姿で6話は終了、7話に続く…

スポンサーリンク

嘘の戦争6話の感想

嘘の戦争6話もドラマタイトルに負けない嘘のオンパレードでした。

人を欺くにはどうしたらいいか、いかに人を信じ込ませるか。心と心の駆け引きに揺れ動く人の心情がとてもわかりやすく描かれているドラマだと思います。

30年前に宿した報いの炎を絶えず灯してきた浩一が、復讐相手の家族でありながらも自分に心を許してくれる楓や晃に出会ったことでその決意がゆれ動いてしまう。

悲しい復讐劇で幕を閉じるはずのドラマなのに、回を追うごとにハッピーエンドを望んでしまう自分がいるこの先の展開は読めても結末まではわかりませんね…!

今後も期待してしまうドラマのひとつです。

スポンサーリンク

嘘の戦争7話あらすじ

浩一にとって少しずつ心を開くようになっていってしまった存在である晃だったが、彼もまた30年前のOL殺人事件に関わっていながらも何の罰も受けずにのうのうと生きてきた人間のひとりで会った。

浩一は意を決して晃に狙いを定め、事業拡大のための工場を全面改修するように仕向け、晃をどん底に陥れる計画を進めていくのであった。

まとめ

嘘の戦争の6話はここまで!ラストシーンでは興三が心臓発作で生死をさまよっていました。

興三の生死はこれからの展開に大きく関わってくるので、7話も頭のシーンから目が離せなさそうです!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA