スリル黒の章1話感想とネタバレ!地味におもしろい!2話のあらすじも

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

2017年2月22日(水)に放送がスタートした『スリル!赤の章 警視庁庶務係ヒトミの事件簿』に続き、『スリル!黒の章 弁護士白井真之介の大災難』が2017年2月26日(日)22時からスタートしました!

『スリル!赤の章』はNHK総合での放送ですが、『スリル!黒の章』はBSプレミアムでの放送ということで視聴者はちょっと少ないかな…と思いますが、第1話の感想をネタバレありでまとめていきます!

スポンサーリンク

『スリル!黒の章』1話の感想とネタバレ

『スリル!黒の章』1話は名画をめぐるドタバタ劇でしたね。

あまり意識していなかったのですが、『スリル!黒の章』は”弁護士白井真之介の大災難”というサブタイトルが付いているので、毎回美味しい思いを出来そうな依頼に首を突っ込んでは思わぬ事件に発展してドタバタ…という感じになりそうですね。

山本耕史さんのコメディ要素の強い演技ってこれまでに私はあまり見たことがなかったのですが、今回の『スリル!黒の章』で演じている白井真之介の軽薄な雰囲気やちょっとマヌケでポップな演技が素晴しいですね!

さすが場数を踏んでいるだけのことはあります…!

『スリル!黒の章』第1話はバスキア風の名画を会社社長が保有しているという設定でしたが、モチーフはZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作氏かな?と感じたりしました。

そして、『スリル!黒の章』第1話の事件の真相は会社社長・松尾(忍成修吾)と、仲の悪い美術評論家(斉木しげる)がお互い投資に失敗したことで結託したというものでした。

ストーリーとしては分かりやすかったですが、途中で登場するヒトミ(小松菜奈)と外河(小出恵介)とのやり取りなど、50分間しっかりと楽しめましたね。

個人的には小松菜奈さんがたくさんみたいので『スリル!赤の章』の方が好きかなぁ…(笑)

スポンサーリンク

『スリル!黒の章』第1話 ネットの反応や感想は?

スタートするタイミングが微妙な次期ということもあり、こういうドラマをやっていることを知らない方も結構いそうですよね。

小松菜奈さんがドラマ初主演というトピックもあるので、民放だったらファッション誌などでも告知して結構人気出そうな作品なのですが、NHKだとそういうプロモーションは出来ないんでしょうか?

ちょっともったいないですね。

こちらの方は『黒の章』派ですね。

気持ちは分かります…!

軽薄な白井真之介を山本耕史さんがうまく演じていましたよね。

スポンサーリンク

『スリル!黒の章』第2話のあらすじ

2017年3月5日(日)22時から放送の『スリル!黒の章』第2話「弁護士・白井真之介の大偽装!?」のあらすじは以下の通りです。

白井(山本耕史)の元に「婚約者の弁護を頼みたい」と逆瀬川(野波麻帆)が訪れる。

彼女の勤める食品会社で殺人事件が起き、アリバイのない恋人の九条(前川泰之)が重要参考人となっているのだ。

刑事事件は割が合わないと渋る白井だが、背後に食品偽装が隠されていると知り、事件を引き受ける。

集団訴訟に持ち込み賠償金をせしめようというのだ。

一方、外河(小出恵介)の領収書の不備を追い事件に首を突っ込んだ瞳(小松菜奈)は、犯行時刻に疑念を抱く…。

公式サイトより引用

まとめ

出演者・撮影・演出など、さり気なくしっかりと作り込んでいるドラマ『スリル!』。

昭和生まれの私はNHK=古臭いというイメージでしたが、最近では挑戦的・良質な番組も増えている印象です。

ドラマ『スリル!』は放送していること自体が広まっていない印象ですが、地味におもしろい作品だと思いますので、是非広まってほしいですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA