東京タラレバ娘KEYは結婚してた?原作ネタバレとドラマ最終回情報!

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

東京タラレバ娘4話ラストで衝撃の展開がありましたね!

それは、KEY(坂口健太郎)が結婚していたという事実をさらっと早坂(鈴木亮平)にドラマの撮影後の2人飲みの席で打ち明けるというもの!

スポンサーリンク

東京タラレバ娘4話ラストのネタバレ!

以下、KEYが結婚していたという衝撃の過去が明かされる、KEYと早坂のBARでのシーンでのネタバレとなります。

早坂
いやぁでもエイジ役、KEYくんにお願いしてホント、良かったよ!イメージ通り、いや、それ以上だね!
KEY
(照れながらうなずく)
早坂
役者続けてみる気ある?
KEY
とりあえずは…
早坂
とりあえず?
KEY
先のことは分からないんで…
早坂
何か他にやりたいことがあるとか?
KEY
いえ…夢とか目標とかそういうの持ったこと無いんです
早坂
(少し困ったような表情をしつつ)じゃあとりあえずでやってみてよ。
KEY
(ハニカミながらうなずく)
早坂
倫子さんも言ってたしね。役者に向いてるって
KEY
え?
早坂
ごめん。聞こえちゃって…
KEY
いえ…
早坂
でも、なんかKEYくんと倫子さんって不思議だよね。
KEY
何がですか?
早坂
うーん…2人で話してる時はなんか他の人に見せない顔になるっていうか。倫子さんのああいう感じあんまり見たこと無いし、KEYくんも倫子さんといる時は素直に感情が出てる気がしたなぁ。気のせいかな。
KEY
そうかもしれないです
早坂
それはどうして?
KEY
あの人似てるんです、知ってる人に
早坂
もしかして、昔付き合ってた彼女とか?(笑)
KEY
いえ……結婚してた人です
早坂
(驚きの表情の後)えっ…結婚?

ここで場面は切り替わり、丸井(田中圭)に温泉旅行をドタキャンされた小雪(大島優子)の元にケンカをしていた倫子(吉高由里子)と香(榮倉奈々)が駆けつけ、仲直りをしてドラマ東京タラレバ娘4話は終了。

5話以降はKEYが結婚していたという過去がストーリーとリンクしつつ、倫子との関係が少しずつ変わっていくという展開になりそうですね!

スポンサーリンク

東京タラレバ娘KEYが結婚していたというのは本当?

ここからは原作のネタバレも含め、ドラマ『東京タラレバ娘』の最終回の予想などをドンドン書いていきますので、前知識無くドラマを楽しみたいという方は読まないでくださいね!

まず、東京タラレバ娘4話のラストで明かされた、KEYが結婚していたという過去ですが、これは原作でも作品の核として描かれている内容になります。

原作とドラマの東京タラレバ娘は年齢設定など微妙に違っていますが、KEYの過去については設定を変えてしまうとストーリー全体が破綻してしまうため、原作と変わらないはずです。

ちなみに原作でKEYが誰と結婚していたのか、そしてなぜそれが過去形になってしまっているのかは、2017年1月に発売された東京タラレバ娘7巻収録の24話で明らかにされています。

KEYが結婚していた相手は?

KEYが結婚していた相手は14歳年上の沢田陽子という医師でした。

KEYが子供のころに慢性腎炎で病院に通っていた際の担当医が沢田陽子だったという設定です。

その後KEYが高校生の頃に再開をするのですが、沢田陽子は進行性のガンと戦っていました。

そして、沢田陽子の夢がお嫁さんになることだったということを知ったKEYは告白をし、18歳の時に結婚をするという展開です。

しかしガンの進行は止まらず、沢田陽子は33歳という若さでこの世を去ってしまいます。

この33歳という年齢が原作ではタラレバ娘3人と一緒なんです!
さらに倫子と陽子が似ているという設定!
分かりやすくて良いですね!

東京タラレバ娘1話で居酒屋でKEYがタラレバ娘に厳しく当たるシーンがありましたが、それはもっと生きたかったのにそれが叶わなかった元妻陽子の面影が、馬鹿みたいに女子会をしていた倫子と重なって苛立ってしまったということだったんですね。

スポンサーリンク

ドラマ版『東京タラレバ娘』最終回はどうなる?

ちなみに東京タラレバ娘の原作コミックはまだ連載が続いているため、明確な結末は分かっていません!

そして、原作が終わっていないとはいえ、ドラマは10話?で完結しないといけないので、何かしらの結末は当然作られるわけですが、どうなるのでしょうか?

ちなみに原作コミックの最新刊7巻(2017年1月発売)では倫子と早坂が同棲を始めるというシーンが描かれています。

ただ、倫子の心のどこかにはKEYの影が残っていて…

という非常にワクワクする展開となっており、その結末はまだ出ていない状態です。

ベタな少女マンガであれば、最終的に倫子とKEYが結ばれるフラグ感満載ですが、原作者の東村アキコさんはそういったものをあまり好まないタイプのマンガ家さんというイメージがあります。

そのため、原作でもドラマでも最終回で倫子は誰とも結ばれず、それでも次の一歩を踏み出すような結末を迎えると私は予想しています!

特にドラマに関しては原作が続いているという兼ね合いもあり、早坂・KEYどちらかと結ばれるという結末を描いてしまうのは厳しいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA