カルテット高橋一生(家森諭高)元妻役の女優と息子役は誰?4話感想も

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

まるで毎回舞台を見ているかのような会話劇が魅力のドラマ『カルテット』。

「全員、片思い」
「全員、嘘つき」

というキャッチコピーの意味が少しずつ分かってきていますが、まだまだ謎だらけの展開…

そんなカルテット第4話は高橋一生さん演じる家森諭高(いえもりゆたか)がメインの回でしたね!

スポンサーリンク

高橋一生の元妻役の女優は誰?

カルテット第4話で明らかになったのは家森諭高(高橋一生)の過去!

なんと、バツイチ&子持ちというまさかの設定!

そして、元妻の名前は大橋茶馬子(おおはしちゃまこ)というインパクトのある名前…

さらに大きな口と少し色黒の肌、関西弁とキャラクターもインパクト満点でしたね…

そんな大橋茶馬子(おおはしちゃまこ)役を演じている女優さんは誰なのか気になった方も多いのではないでしょうか?

高橋一生さん演じる家森諭高(いえもりゆたか)の元妻役の女優さんは高橋メアリージュンさんです。

1987年11月生まれで現在29歳です。

カルテットでの大橋茶馬子役の年齢は公表されていませんが、息子の大橋光大(おおはしこうた)が小学生ということで、実年齢とほぼ同じ年齢設定くらいのイメージでしたね!

ちなみに高橋メアリージュンさんは滋賀県の大津市生まれということで、カルテットでの関西弁がナチュラルだったのも納得ですね!

ハーフ系の顔立ちだけど少しオリエンタルな雰囲気だなぁと思って調べてみたところ、お母さんがスペイン系のフィリピン人(お父さんが日本人)ということで、これも納得…!

スポンサーリンク

高橋一生の息子役の子役は誰?

今大人気の高橋一生さんがバツイチ子持ちという驚きの設定が明らかになったカルテット第4話でしたが、元妻役の高橋メアリージュンさんと合わせて、息子役の子役が気になったので、調べてみました!

家森諭高の息子・大橋光大(おおはしこうた)役を演じているのは大江優成(おおえゆうせい)くんです。

Wikipediaにもまだページがありませんが、所属事務所(株式会社舞夢プロ)のWEBサイトによれば、これまでにも

・レディ・ダ・ヴィンチの診断
・四月は君の嘘
・はじめまして、愛しています。
・僕だけがいない街
・怪盗山猫
・マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜

といった様々な人気ドラマ・映画に出演しています。

これからさらなる活躍が期待される子役さんですね!

スポンサーリンク

カルテット第4話の感想

今回は高橋一生さん演じる家森諭高(いえもりゆたか)フィーチャーの回ということで、女性カルテットファンにはたまらなかったのではないでしょうか?

高橋メアリージュンさんとのリアリティのある言い合いも元夫婦感が非常に出ていて良かったですね!

息子・こうた君とヴィオラを弾くシーンの高橋一生さんのやわらかい表情も素敵でしたし、『カルテット』はキャストのみなさんの演技力だけで何時間でも見ていられますね…!

第5話も楽しみです!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA