わにとかげぎす取り立て屋・島田と堀田の俳優(キャスト)は誰?

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平さんが主演を務めるということで、早くも注目を集めているTBSテレビの夏ドラマ『わにとかげぎす』。

今回公式サイトにて、光石研さんが演じるホームレスのオヤジを執拗に追いかける闇金も営む取り立て屋役として、話題の超人気ラッパー・DOTAMAさんとACEさんが出演することが決定いたしました!

こちらの記事では、ドラマ『わにとかげぎす』で取り立て屋の島田と堀田を演じることになるDOTAMAさんとACEさんについて掘り下げていきます!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『わにとかげぎす』取り立て屋役はDOTAMAさんとACEさん

こちらでは、ドラマ『わにとかげぎす』の追加キャストとして発表されたDOTAMAさん(島田役)とACEさん(堀田役)の簡単なプロフィールをご紹介いたします。

島田 / DOTAMA

栃木県出身のDOTAMAさんは、1984年11月19日生まれで現在32歳。

学生時代からラップを始めており、2003年頃から「ULTIMATE MC BATTLE」を筆頭としたMCバトルへ多数出場し、大きなインパクトを残すことに。

2005年8月には、初のソロ音源『DOTAMATICA EP』を自主制作にてリリース。

2007年に音楽レーベル・プロダクション「術ノ穴」に所属し、2010年4月にファーストフルアルバム『音楽ワルキューレ』が発売されました。

まだこの時点では地元・栃木でサラリーマンとしても働いていたDOTAMAさんでしたが、2012年に一念発起し、脱サラして上京することを決意。

翌2013年には園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』のオーディションに参加し、見事合格し、初の映画出演を果たすことに。(実際に公開されたのは2014年)

2016年にはテレビ朝日のMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』にチャレンジャーとして出演し、激しいステージを繰り広げ注目を集めました。

現在では、J-WAVEの『WORD FREAK』でACEさんと共にナビゲーターを務める(2016年10月~)他、AbemaTVの『AbemaPrime』にもレギュラー出演されています。

2017年6月21日にはニューシングル『謝罪会見』のリリースも予定されており、今後の活躍がますます期待されていますね!

堀田 / ACE

日本育ちのブラジル人であるACEさんは、1990年3月17日生まれで現在27歳。

小学生の頃からフリースタイルラップをすでに始めていたそうで、18歳以降には数々のフリースタイル大会で優勝を飾り、注目を集めました。

2015年にはファーストアルバム『STRAIGHT』をリリース。

テレビ東京の『超流派』やテレ朝の『フリースタイルダンジョン』でも大活躍を見せており、様々なバラエティ番組にも出演し、大人気を博しています。

ドラマでは『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』(2016)にて遠藤憲一が挑戦したラップの作詞を手掛けた他、パフォーマンスも披露。

さらに2016年のリオオリンピックでは、CMソングにも抜擢されるなど、今現在のフリースタイルラップ界を先頭に立って牽引している人物こそACEさんであると言えるでしょう!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『わにとかげぎす』DOTAMAさんとACEさんはどんな役?

こちらでは、ドラマ『わにとかげぎす』でDOTAMAさんとACEさんが演じることになる役柄について見ていきたいと思います。

まずこのドラマは、『行け!稲中卓球部』や『ヒミズ』、『ヒメアノ〜ル』などで知られる古谷実さんのストーリー。

主演の有田哲平さんが演じる富岡ゆうじという男は、38歳にしていまだ独身・童貞。しがない警備員として、深夜のスーパーで働いています。

そして、自分の人生に嫌気がさした富岡が「友達が欲しい」と願った時から、彼に様々な出来事が降りかかってくるのです。

そんな富岡のもとに借金取りに追われる謎のホームレスのオヤジ(光石研)が転がり込むことになるのですが…。

その2人の取り立て屋を演じるのが、DOTAMAさんとACEさんということですね。

DOTAMAさんは、闇金も営む取り立て屋の社長・島田を演じています。

賢く、知的な要素を持つ反面、プライドが高く凶暴性も兼ね備えた男である島田を演じるDOTAMAさんは、今回の出演について…

ドラマ出演の話を聞いたときは、うれしかったです。 原作も以前から読ませて頂いていたので、感激でした。しかも、多才で素晴らしい個性をお持ちの有田さんと、ご一緒させて頂けて光栄でした。
お芝居は、普段のLIVEで自分の歌詞を発しているので違和感はありませんでしたが、ステージと違い、音が鳴っていないことにやや緊張しました。
拙い演技ですが作品の世界観を損なわないよう、全力で臨みました。
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されています。すでに原作をご存じだったようで、果たしてどんな演技を披露してくれるのでしょうか?!期待が高まりますね!

一方のACEさんは、島田の部下である堀田を演じています。堀田は、血気盛んな物怖じしない半グレという役どころ。

今回のドラマ挑戦について、ACEさんご本人は…

台詞を言うのは、恐怖でしかなかったですね。タイミングを間違えたらどうしよう、とかいろいろ悩んでしまって。いつもとは土俵が違うので、ミスを恐れた部分がありましたけど、思い切りやりました。
(公式サイトより引用)

…と、語っておられました。普段から言葉を操ることにかけては右に出る者のいないであろうACEさんですが、やはりドラマとなると色々と様子が違ったようですね。

峠田浩プロデューサーは、この2人の起用理由について…

お二人の言葉を発する独特のリズムや声の使い方が大好きでオファーしました。某番組も大好きなんで。セリフという縛りの中で演技として、どんな表現をしていただけるのか、本当に楽しみだったのですが、想像を超えていました。アドリブの芝居にも強いなという印象で、まだまだ撮影シーンも残っているので、どんどん暴れまわって欲しいなと思っています。
(公式サイトより引用)

…と、コメントされており、フリースタイルラッパーだけあってアドリブへの対応力も素晴らしいとのことで、どんな暴れっぷりを見せてくれているのか…注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

くりぃむしちゅーの有田さんを主演に起用し、今回はさらに大人気ラッパーであるDOTAMAさんとACEさんを起用することとなったドラマ『わにとかげぎす』。

起用理由や意図も明確で、単に話題性を狙っただけのものではなさそうなので、フリースタイルという手法を得意としている彼らだからこそ可能な演技が期待出来るかもしれませんね。

色々と挑戦的(実験的)な姿勢を色濃く見せているだけに、今後のさらなる情報解禁(主題歌など)にも注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA