『ウツボカズラの夢』松本利夫(MATSU)演技は上手い?下手?評価と感想!

  • この記事を書いた人:三井チエ

2017年8月5日からスタートするフジテレビ系(東海テレビ制作)「オトナの土ドラ」は、志田未来さん主演のドラマ『ウツボカズラの夢』。

原作は、直木賞作家・乃南アサさんの同名小説です。

ドラマの見所はいろいろありそうですが、今回の記事では、元EXILEの松本利夫さん(MATSU)に注目したいと思います。

スポンサーリンク

「EXILE一の演技派」は演技に情熱を燃やし、劇団も旗揚げ

まずは、松本利夫さんの、これまでの役者としての経歴や評価を見てみると――。

「EXILE一の演技派」。 松本さんはファンの間でそう呼ばれてきました。

当初はEXILEのダンサー、パフォーマーとして活躍をスタートさせた松本さんですが、演技に対する情熱と意欲は早い時点から人一倍、あったようです。

俳優としての経歴は2007年から始まります。

『太陽に灼かれて』で舞台デビューし、2009年には『LONG CARAVAN』で映画デビュー。

2011年、『ヘブンズ・フラワー』でドラマデビューと、着々と歩を進めてきました。

2013年の映画『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』、2014年のドラマ『ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜』では主役を務め、2016年には自らが組長となって劇団EXILE 松組を旗揚げしています。

2017夏ドラマ『ウツボカズラの夢』で松本利夫さんが演じる吉岡啓介はどんな役?

「ウツボカズラ」とは……飛んできた虫を、蜜の入った袋で捕獲して食べてしまう、ちょっと怖い食虫植物のこと。

主人公は、ウツボカズラのように「待ち受けて、奪う女」という設定です。

一見、したたかで計算高そうですが、どこか傷ついて弱い面を持ち、一人で生きていくことができない孤独を抱えている女性、とも予想できそうです。

いったいどんなスリリングなストーリーが展開されるのでしょうか?

松本利夫さんは、NPO団体で猫の保護活動をしている心優しい男・吉岡啓介(よしおかけいすけ)として登場します。

表向きは社会貢献に取り組む真面目な人物、しかし「寄付があまり集まらず経済的に苦しんでいる」という設定で、どこか裏がありそうな匂いも漂ってきます。

スポンサーリンク

松本利夫(MATSU)演技は上手い?下手?「大根役者」との酷評も…

松本利夫(MATSU)さんは、演じる役柄そのものにも、バラエティがあります。

ドラマ『同窓生』では、鮮やかな手つきのカリスマ美容師であり、家庭に戻ると携帯を壊したり椅子を蹴るエキセントリックなDV夫、という二面性のある難しい役柄に挑戦しました。

一方、NHK『経世済民の男』では、日銀総裁・深井英五を演じています。さまざまなタイプの人物を演じ分けていこう、それによって芸幅を増やし演技を磨こう、という意欲が伝わってきます。

役者としての意欲や演技力を評価する声も。

一方で、松本利夫(MATSU)さんには、厳しい意見も見られます。

連ドラ初主演となった『ビンタ!』では演技が下手だと酷評を浴びたこともありました

  EXILEのダンサーMATSUこと松本利夫さんが初の主演を務めるドラマ『ビンタ』(日本テレビ系)がスタートし、主演のMATSUさんの演技が下手過ぎると批判が殺到しているようだ。EXILEのファンの中では演技派と知られるMATSUさんだったが、視聴者から酷評が出ており、このままでは大根役者のレッテルを張られてしまうのでないだろうか。
(pumpkin-news 2014年10月17日)

「MATSUの演技にがっかり」「これまで、EXILEにしては演技ができる印象だったけど、期待外れだった」「演技に幅がないことが、露呈してしまった」といった、松本の演技への酷評が目立つ……MATSUはEXILEのほかのメンバーと違い、役者仕事の時だけ本名で出演するなど、演技へのこだわりは随一。しかし、残念ながら今作では、これまでにないほどの不評。ネット上で定着しつつある『EXILEは大根』のイメージを、MATSUが拭うのではないかと期待されていたが、かなわなかった」   (日刊サイゾー  2014年10月17日)

ただ、こちらのドラマ『ビンタ!』は2014年放送、2015年にEXILEのパフォーマーを卒業、自らが組長を務める劇団EXILE 松組は2016年旗揚げということで、俳優・松本利夫として生きていく意識が年々強まっているのは間違いないでしょう。

『ウツボカズラの夢』が放送される”大人の土ドラ”枠は深夜ドラマながら、SNSを中心に大きな盛り上がりを見せる注目度の高いドラマ枠です。

この作品で松本利夫さんの演技を初めて見る視聴者の方も多いと思われるので、どのような演技を見せてくれるか、ドラマの内容と合わせて注目していきたいと思います。

まとめ

EXILEの中でも人一倍、役者の仕事に意欲を燃やしてきたMATSUさん改め、松本利夫さん。

演技へのこだわりは随一のようですが、2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』で演じる「猫の保護活動をしている吉岡啓介」役は、心優しい面とは別な一面もありそうな気配。

いったい、どんな新しい演技を見せてくれるのか、注目です。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA