ウツボカズラの夢ドラマキャストとあらすじ!原作結末ネタバレも

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年8月のフジテレビ系(東海テレビ制作)「オトナの土ドラ」枠は、志田未来さん主演が主演を務める女たちの欲望を描いたドラマ『ウツボカズラの夢』が放送されることが決定いたしました!

本ドラマは、2008年3月に双葉社より刊行された直木賞作家・乃南アサさんの同名小説を基にしたストーリーとなっており、非常に注目を集めていますね!

こちらの記事ではドラマ『ウツボカズラの夢』のキャストやあらすじと合わせて、原作情報や初回と最終回の放送日についてもまとめていきます!

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』キャスト一覧

斉藤 未芙由(さいとう みふゆ)/ 志田未来

1999年にセントラル子供劇団に入団した志田未来さん(現在の所属事務所は研音)は、2000年のTBSテレビドラマ『永遠の1/2』で子役としてデビューを果たしました。

2005年には日本テレビドラマ『女王の教室』にメインキャストとして出演し、ザテレビジョンドラマアカデミー賞新人俳優賞を受賞

翌2006年には、日本テレビドラマ『14才の母』で連続ドラマ初主演を務め、中学生で妊娠してしまうという難役を見事に演じきり、第15回橋田賞新人賞などを受賞するなど高い評価を獲得します。

さらに、2008年の日本テレビドラマ『正義の味方』でも主演を務め、ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞

2010年には映画『誰も守ってくれない』(公開は2009年)で第33回日本アカデミー賞新人賞を獲得し、10代にして実力派女優としての地位を確かなものとしました。

最近でも『なるようになるさ。』(2013)、『まっしろ』(2015)、『レンタル救世主』(2016)など、様々なジャンルの作品に出演し、存在感を発揮しています。

そんな志田未来さんが本作で演じるのは、ウツボカズラ女の斉藤未芙由。

自らは動かず、獲物の欲望を利用して目的を達成するという食虫植物のようにしたたかな女である未芙由ですが、志田未来さんご自身はこの役柄について…

今回、私が演じる未芙由は、ただただ自分の居場所を見つけること、幸せになるということを考えて必死に生きています。 その姿が、悪女であり、したたかでもありながら、そうしなけば一人で生きていくことができない孤独な女性だと思います。
今まで演じたことのない役柄ではありますが、新しい自分をお見せする気持ちで頑張ります。
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されています。志田未来さんのこれまでのイメージに全くない悪女的要素を一体どのように表現してくれるのか…要注目ですね!

鹿島田 尚子(かしまだ なおこ)/ 大塚寧々

元々はモデルとして芸能界入りしていた大塚寧々さんは、1992年にフジテレビドラマ『君のためにできること』で女優デビューを果たしました。

1993年には『スキャンダル』で連続ドラマ初主演。翌1994年には『やさしい嵐』で映画初出演。

2001年には大ヒットしたフジテレビドラマ『HERO』(2001)や『Dr.コトー診療所』シリーズなど、話題作に立て続けに出演を果たします。

最近でも『残念な夫。』(2015)や『怪盗 山猫』(2016)、『カインとアベル』(2016)、『母になる』などに出演し、素晴らしい演技を披露してくれていますね。

今回大塚寧々さんが演じているのは、未芙由の母の従妹である鹿島田尚子。

未芙由の母が亡くなったことで、彼女を東京へと呼び寄せることになるのですが、鹿島田家が裕福だったことで未芙由が“ウツボカズラ女”へと変貌を遂げるきっかけとなるキャラクターなのだとか。

そんな尚子というキャラクターについて、大塚寧々さんはご本人は…

尚子という女性は、糸の上を歩いているような不安定なところがある女性だと思います。
その時その時の尚子の気持ちを大切に演じたいと思っています。
(公式サイトより引用)

…というように語っておられました。その不安定な様をどのように演じてくれるのかに注目ですね!

福本 仁美(ふくもと ひとみ)/ 国生さゆり

1985年におニャン子クラブのメンバーとして芸能界入りした国生さゆりさんは、翌年に、シングル『バレンタイン・キッス』でソロ歌手としてもデビュー。

1986年からは女優としても活動を開始し、フジテレビ系ドラマ『キスより簡単』(1986)や映画『いとしのエリー』(1987)で主演を務めるなど、人気を博しました。

最近でも土曜ワイド劇場などの2時間ドラマに多数出演しており、常に第一線で活躍され続けていますね。

本作では尚子(大塚寧々)の友人で、周囲に隠しているが実は生活が破綻しているという福本仁美役を演じており、一体彼女がどういった役回りを果たすことになるのか…要注目です!

吉岡 啓介(よしおか けいすけ)/ 松本利夫(EXILE)

EXILEのメンバー(パフォーマーとしては引退している)として大人気の松本利夫さんですが、最近では自身が組長を務める劇団EXILE“松組”の旗揚げ公演を行うなど、俳優としても活躍されています。

映像媒体においては、2009年の映画『LONG CARAVAN』で初めて出演(同時に初主演も飾った)し、2011年には『ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA』という作品でドラマ初出演を果たしました。

同年には、テレビ朝日ドラマ『ハガネの女 season2』や日本テレビドラマ『ろくでなしBLUES』などにも出演されていますね。

その後も映画『リトル・マエストラ』(2013)や『謝罪の王様』(2013)、連ドラ初主演となった『ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜』(2014)などに出演しており、俳優としてのキャリアも十分といったところでしょうか。

そんな松本利夫さんが演じるのは、尚子(大塚寧々)が手伝っているNPO団体の主宰・吉岡啓介。

この吉岡という人物がどういった役割を担っているのか現時点では不明ですが、松本さんの演技に期待したいと思います!

鹿島田 雄太郎(かしまだ ゆうたろう)/ 羽場裕一

1980年代後半からドラマや映画に出演していた羽場裕一さんは、野田秀樹さん主宰の「夢の遊眠社」で舞台役者としても活躍されていました。

最近でも『ゴーストライター』(2015)や『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』(2015)などに出演し、印象的な演技を披露してくれています。

本作では尚子(大塚寧々)の夫である鹿島田雄太郎を演じており、鹿島田家にやってきた未芙由(志田未来)に興味を示すようですが…。

その“興味”というのが一体どのようなものなのか…その辺りが注目ポイントになりそうですね!

鹿島田 久子(かしまだ ひさこ)/ 松原智恵子

1960年代から映画やテレビドラマで活躍されていた松原智恵子さん。

その美貌から「1960年代を代表する名古屋美人の1人」とも称され、吉永小百合さんと和泉雅子さんと合わせて「日活三人娘」と呼ばれるなど、大人気を博していました。

72歳の今でも、2016年の映画『ゆずの葉ゆれて』で第1回ソチ国際映画祭主演女優賞を受賞するなど、第一線で活躍されています。

そんな松原智恵子さんは、雄太郎(羽場裕一)の母・久子役として登場するようですが、一体どんな役回りを演じることになるのか…要注目です!

鹿島田 隆平(かしまだ りゅうへい)/ 上杉柊平

鹿島田家の長男・隆平を演じる上杉柊平(うえすぎしゅうへい)さんについては、以下の記事で詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください!

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』のあらすじは?

長野で育った純朴な少女・斉藤未芙由、18歳。

そんな未芙由でしたが、母を亡くしてしまったことで、彼女の人生が大きく変わっていくことに。

父が愛人を家に引き入れ、未芙由の居場所がどこにもなくなってしまったのです。

そんな時、亡き母の従妹である鹿島田尚子から「しばらくうちに来れば」と声を掛けられた未芙由は、その誘いに応じ東京へと向かうことを決意。

裕福な鹿島田家を前にした未芙由は、自分が望んでも決して手に入れらることの出来ない“富”を目の当たりにすることに。

「世の中、理不尽だ……」そう思った未芙由は鹿島田家の中に何とか居場所を探し始めます。

これが、“ウツボカズラ女”としての目覚めでもありました。

“ウツボカズラ女”とは…

自分からは動かず、獲物の欲望を利用して目的を達成する
食虫植物のような女。日本全国に生息。
(公式サイトより引用)

…というもの。“持てる者”を養分として自らの手を汚すことなく成長を遂げていく未芙由。

やがて“ウツボカズラ女”は、夫に逃げられたセレブ妻、男を財布に見立てる計算不倫女、妊娠で妻の座を得た地味女など、彼女の周りにも現れることになり…。

ただただ幸せになりたいという一心で、欲望をむさぼり合う女たち。

果たして…最後に笑う女は一体誰なのか?!

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』ネタバレを随時更新中!

以下、オトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』各話の感想とネタバレを抜粋してご紹介しています。

記事の続きは各話の詳細記事へのリンクをクリックしてご覧ください。

ドラマ『ウツボカズラの夢』第1話感想とネタバレ

長野の実家を追い出された斎藤未芙由(志田未来)。母が亡くなり、父親が愛人を引き入れたことにより居場所を失ったのです。

そんな未芙由は、東京にいる母の従妹のもとに身を寄せることに・・・

裕福な家庭ではありましたが、色々と問題がある家族のようでした。そこで未芙由は、住まわしてもらう代わりに家事全般をこなします!と提案する。

少し冒頭部分から登場人物が多くて、構図を理解するまでに時間がかかりました。そして私は、若干『家政婦は見た』のような雰囲気が感じられました。

あるとき鹿島田で家事をしているところ、 雄太郎(羽場裕一)から電話が入ります。内容は資料を届けてほしいとのことでした。

雄太郎の部屋から資料を取り出した際、怪しい箱を偶然見つけてしまいます。それは・・・浮気相手へのプレゼントでした。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『ウツボカズラの夢』第1話ネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『ウツボカズラの夢』第2話感想とネタバレ

家事をこなすことでなんとか家に置いてもらえることになった未芙由でしたが、条件として専門学校に通うことを突きつけられる。

まずは無職を脱するためにとりあえず高級な洋服屋でアルバイトを始めるのでした。

そんな中ある日の食卓で料理を褒められ、その関係の道を勧められます。鹿島田家の人間は海外も視野に入れたように話しますが、未芙由にはその発想はできませんでした・・・

将来の展望もお金があるのとないのとではここまで違うのかと実感するのです。

食卓の最中、娘の美緒(川島鈴遥)が帰宅し、自分の部屋を掃除するな、入ろうともするなと頑なに拒否。何かありますねこれは。

そして家族が寝静まった後、旦那の雄太郎(羽場裕一)が帰宅。今度食事に行かないか?と誘いを受ける未芙由。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『ウツボカズラの夢』第2話ネタバレ詳細記事はこちら

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』原作の結末は?

以下、原作小説『ウツボカズラの夢』の結末ネタバレが含まれています。

ネタバレを知りたくない!という方はこちらをクリックして次のブロックまで移動してください。

ドラマ『ウツボカズラの夢』は、乃南アサさんの同名小説を基にしたストーリーとなっており、脚本は藤井清美 さんと中村由加里さんが担当することが決定しています。

作者の乃南アサ(のなみ あさ)さんは、1988年に『幸福な朝食』で日本推理サスペンス大賞の優秀作を受賞し、華々しくデビューを飾りました。

1996年には、『凍える牙』で第115回直木三十五賞を受賞

さらに『地のはてから』(2011)で第6回中央公論文芸賞を受賞。

2016年には『水曜日の凱歌』で第66回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなど、デビュー以来常に最高の評価を獲得し続けています。

そして、本ドラマの原作となる『ウツボカズラ女』は、2008年3月に双葉社から刊行(2011年に文庫化)されたもの。

現在「双葉社」の公式サイトでは試し読みが出来ますので、気になる方はチェックして見て下さい。(双葉社HPはコチラ

さて、ここからは原作の結末について掘り下げていきましょう!

!!!ネタバレを含みますので、ご注意ください!!!

あらすじに関しては上述したドラマの内容とそれほど大きな相違はありません。

少し異なるのは、鹿島田尚子と雄太郎に2人の子供(大学生の兄・隆平と高校生の妹・美緒)がいることでしょう。

この2人は非常に重要なキャラクターですので、おそらく現時点でまだキャストが発表されていないだけで、登場することは間違いないはず。

そんな鹿島田家は、未芙由がやってきたことで、やがて崩壊の一途を辿ることになります。

まず未芙由にちょっかいを出してくる夫・雄太郎。そして年下の男に熱を入れ上げ始める妻・尚子。

大学生の長男・隆平は年上の女性に夢中で、高校生の娘・美緒は色んな男をとっかえひっかえした挙句妊娠してしまうのです。

やがて、雄太郎は鹿児島に転勤し、美緒は海外留学、尚子は浮気をして家には寄り付かないという状態に。

そして、年上の女性との関係が終焉を迎えた隆平が家に戻ると、これまで見向きもしなかった未芙由と関係を持ち始め…。

さらに一族の長である祖母・久子が倒れ、未芙由が献身的に介護することで、彼女の心を掴みます。

こうして、未芙由は鹿島田家の全権を掌握し、隆平と結婚するに至るのです。

この全ての出来事を未芙由が仕組んだという訳でもなく、相手の欲望を利用して自らの糧にしていくという、まさにウツボカズラのように鹿島田家そのものを手に入れてしまったのです。

プロデューサーを務める松本圭右氏さんは…

乃南先生と映像化のお話をさせていただいた時に、「弱者は決して敗者なわけではない」というお言葉をいただいたのですが、まさにそこを目指して、視聴者の方々に楽しんでいただける作品にしたいと思っております。

…と語っておられ、このドラマのテーマが“格差”だということを明かしてくれました。

乃南アサさんが仰ったという「弱者は決して敗者なわけではない」という言葉がドラマの中で一体どのように表現されているのか…要注目ですね!

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』放送はいつからいつまで?

最後にドラマ『ウツボカズラの夢』の初回放送日と最終回放送日の情報をご紹介します。

『ウツボカズラの夢』の放送話数は全8話、放送開始日も8月5日(土)とすでに決定しております。

以上を踏まえて、2017年のカレンダーに当てはめると…

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』放送日程

初回(第1話)放送日 2017年8月5日(土)
最終回(第8話)放送日 2017年9月23日(土)

…となりそうですね。放送日程に変更などが生じましたら、随時更新してまいります。

ドラマ『ウツボカズラの夢』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『ウツボカズラの夢』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ウツボカズラの夢』の見逃し動画配信を見たいという方は是非チェックしてください。

なお、2017年夏の最注目ドラマ月9『コード・ブルー』のシーズン1とシーズン2全話が期間限定で見放題となっているので、FODを試すには、かなりオススメのタイミングになっています!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

“ウツボカズラ女”というものがいわゆる悪女とは一線を画すものの、こういった役柄を志田未来さんが演じるということは、非常に興味深いですよね。

子役時代の印象が非常に強いからこそ、こう感じてしまうのだと思いますが、現在24歳と大人の女性へと変貌を遂げつつある志田未来さんにとって、この作品が大きな転機となるのかもしれません!

当サイトでは『ウツボカズラの夢』放送開始後も各話あらすじ・ネタバレや感想など、随時記事を更新していきますので、ぜひお楽しみ下さい!!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA