【ウツボカズラの夢】6話見逃し動画無料視聴方法。あらすじと感想も

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年9月16日(土)23時40分より放送のドラマ『ウツボカズラの夢』第6話の感想やあらすじをご紹介!(27時間テレビ放送との兼ね合いから9月9日の放送はありません。ご注意ください。)

放送前は『ウツボカズラの夢』第6話の展開予想や見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『ウツボカズラの夢』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

ドラマ『ウツボカズラの夢』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『ウツボカズラの夢』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ウツボカズラの夢』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

フジテレビは『コードブルー3』をなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された

・コード・ブルー シーズン1(2008年)
・コード・ブルー スペシャル(2009年)
・コード・ブルー シーズン2(2010年)

『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ『ウツボカズラの夢』第6話あらすじ

2017年9月16日(土)23時40分から放送のドラマ『ウツボカズラの夢』第6話のあらすじをご紹介します。

今度こそ失敗しない――東京に戻ってきた末芙由(志田未来)は、一旦仁美(国生さゆり)の家に身を寄せ、どうすれば鹿島田家に戻れるか考えを巡らせていた。

「あの家は嫌いだけど…あの家にいたい」

一方、仁美は尚子(大塚寧々)に対してカードを切ることに。未芙由の協力で入手した美緒(川島鈴遥)と恋人の密会写真を尚子に見せ、美緒の妊娠の真相を告げたのだ。

仁美の言葉に青ざめる尚子。二人の関係は再び逆転する。尚子からの謝罪を勝ち得た仁美は意気揚々と家に戻る。と、それを待ち構えていたように尚子に電話をかける未芙由。

「未芙由?声聞けてほっとした。今ちょうど誰かと話したかったの」

混乱している尚子にやさしく応える未芙由。何も知らぬ態で尚子の相談に乗りながら、鹿島田家に戻るチャンスを窺う。

しかし、なかなか「戻って来てほしい」という言葉を引き出せない未芙由に、仁美が助け舟を出す。

「暇な時にNPOのあたりに行けば、尚子さんの秘密が分かるかも」

自分が狙われていると知らない尚子。美緒の事で誰にも相談できず、苦悩している中、吉岡(松本利夫)がNPOの活動資金目当てに自分に近寄っていたことを知ってしまう。

「そうか。お金が必要だったから私に子供の頃のこととか理想とか話したんだ。ご飯に誘ってくれたのも親切だったのもお金の為なんだ。そうよね、そりゃそうだ」

自分が情けなくなる尚子。そんな尚子に吉岡は「それだけではない」と、隠し続けてきた尚子への思いを吐露してしまい……
そんな2人を遠くから密かに見つめる目があった――未芙由だった。

そんな中、鹿島田家で別の問題が起きようとしていた。

雄太郎(羽場裕一)が隠し持っていた大金の入った通帳を、隆平(上杉柊平)が持ち出してしまったのだ。いわくつきの金だけに大事に出来ず、ただ右往左往する雄太郎。その様子に隆平に何かあったのでは、と感付いた久子(松原智恵子)もまた別の思案を始める。

次の一手を考える未芙由。そこに見覚えのない番号から着信が……

相手は久子だった。

「隆平の事、調べてくれたらお礼をします」

未芙由の手元にカードが揃う。鹿島田家に戻るためにやるべきこととは……

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』第6話 放送前の展開予想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ウツボカズラの夢』第6話の見どころや展開予想をご紹介いたします。

由乃
鹿嶋田家の妻の友人との駆け引きにより、鹿嶋田家に無事戻ることはできるがまた新たな鹿嶋田家内の問題が頻発しそう。

悩みはあると言っていたが、みふゆの鋭い観察力で改めて家族の心に入っていくことができ祖母とも何か契約的なものを交わしてスパイのような生活していくのではないかとみています。

みふゆの同世代と違ったずる賢い部分がどう発揮されていくのか描かれていくのか楽しみでニヤニヤしてしまいます。

女性らしさが成長していき新たな居場所が見つけられるのか、どろどろとした女性に成長していくだけなのかというのが私の気になる一番のポイントです。

ペンネーム:由乃(20代・女性)

まる
志田未来さんが東京に戻ってきて、いよいよ第二章の幕開けという感じがします。

大塚寧々さんと松本利夫さんの関係を羽場裕一さんに知らせるだけでなく、松原智恵子さんにまで知らせて、自分の居場所を確立させようとします。

その動きをする中で、鹿島田家で生きていくには、羽場裕一さんを頼っていても意味がないことに気づき、息子を気にかけるふりをし、さらに松原智恵子さんとの距離を縮めていき、信頼を得ようとします。

今までは、まだ情もありましたが、それを捨てて冷徹な部分が前面に押し出されて、まだ19歳とは思えないほどのしたたかさが見られると思います。

ペンネーム:まる(30代・女性)

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』第6話 放送後の感想や評価まとめ

ケーコ

『ウツボカズラの夢』第6話のストーリー解説

みふゆは仁美の家に身を寄せ鹿島田家へ戻る画策をする。

仁美はボランティア活動に戻り、尚子に美緒の妊娠騒動の真実を告げる。

それを聞いた尚子は美緒を叱責するが、その姿を久子に見られてしまう。

失意の尚子にみふゆは電話で話しを聞き、寄り添い鹿島田家に戻るタイミングを計る。

更に尚子はボランティア活動の場でもただの金づるだと思われていたことを知りショックを受けるが、吉岡のひたむきな言葉に心動いて抱きついてしまう。その場面をみふゆはカメラにおさえていた。

そんなみふゆの元に突如久子から隆平の事を調べるよう電話がかかってきた。

一方、雄太郎は通帳がなくなり、会社に横領の事もバレて、久子に愛想を尽かされ、そんな姿を見て雄太郎を見限ったみふゆはまんまと尚子に戻ってきてと言わせる。

『ウツボカズラの夢』第6話の感想

ドラマとしてどんどん面白い展開になってきたなと思います。

色んなところで引かれてきた伏線がどんどん派生していって、飽きさせないストーリーで感心しています。

仁美のしたたかさに反比例する息子役の純粋さや、志田未来ちゃんみたいな可愛い顔した子がこんなブラックでダークな画策をする子だという点も、何の苦労もなさそうな尚子なのにそれなりに共感できる悩み葛藤があり、魅力的なキャラ設定でもあり楽しませてもらっています。

久子も本領発揮といったところで、威厳を見せつけ始めたのも、上品でありながら迫力があり、とてもかっこいいなと思います。

ペンネーム:ケーコ(40代・女性)

MIHO

『ウツボカズラの夢』第6話のストーリー解説

国生さゆりさんの助けを借りて、再び東京に戻ってきた志田未来さんは、大塚寧々さんから、家に戻ってくるように言われることを待っていましたが、なかなか自分の思うような言葉は出てきませんでした。

そこで、また国生さゆりさんに教えてもらった通り、ボランティアに行った大塚寧々さんを監視していると松本利夫さんと抱き合うところを見かけ、写真を撮り、夫の羽場裕一さんに見せます。

それでも、まだ家に戻ることはできませんでしたが、松原智恵子さんとも連絡を取り合い、羽場裕一さんが職場で横領していたこともわかり、ようやく大塚寧々さんから家に戻って欲しい、と頼まれました。

『ウツボカズラの夢』第6話の感想

登場する女性がみんなどうかしているのではないか?と思うほど、おかしな行動ばかりしていて、混乱してきました。

ただ、みんなに共通しているのは、お金であることは間違いないと思います。

もちろん、無いよりもあるに越したことはありませんが、すべてをお金に支配されて、行動が完全にお金中心になっていて、それはそれで大変そうに見えます。

金の切れ目が縁の切れ目、という古い言葉も思い出しました。鹿島田家に暮らすことが、そんなに良いことのようには思えませんが、今の志田未来さんにとっては、東京での居場所を作ることが大事なのかなと思いました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

MIHO

『ウツボカズラの夢』第6話のストーリー解説

未茉由(志田未来)は仁美(国生さゆり)の家に居ながら鹿島田家に戻りたいと考えていました。しかしなかなか戻るチャンスが訪れません。

鹿島田家に戻りたいと願う未茉由に仁美は、ある場所へ行けばおもしろいものが見れると教えます。

仁美から聞いた場所に行ってみるとそこには
泣きながら吉岡(松本利夫)に抱きつく尚子(大塚寧々)の姿がありました。未茉由はその様子を写真に撮ります。

雄太郎(羽場裕一)は会社のお金を横領していたことがバレて証拠の書類を慌てて処分しています。未茉由からの電話に雄太郎は「今すぐ家に来て手伝って欲しい」と答えました。

未茉由は鹿島田家に戻れるかもしれないと思い雄太郎に会いに行きます。しかしそこへ久子(松原智恵子)が現れ愛人の杏子(真木恵未)が訪ねて来たこと、そして会社のお金を横領した件について会社に連絡をしたことを話し始めました。

雄太郎は久子に今すぐ会社に戻るよう言われます。鹿島田家のリビングで呆然と立ち尽くす未茉由の元へ尚子が困った様子で近寄ります。

尚子は雄太郎が会社で横領していたことを知り慌てて帰宅したようです。リビングにいる未茉由を見て「来てくれてありがとう、しばらく家にいて欲しい」と訴えます。

未茉由にとうとうチャンスが訪れ鹿島田に戻ってくることが出来ました。次は失敗しない、二度とこの家から出て行きたくないと強く思うのでした。

鹿島田家で暮らし続けるためには久子との関係が重要だと考えた未茉由は「鹿島田家でまたお世話になります」と久子に挨拶に行きました。

『ウツボカズラの夢』第6話の感想

まさか横領していたとは思いませんでした。

あのような大金の入った貯金通帳をまさか本棚に置いておくなんて不用心だなぁと思いました。

父親と同じことで失敗するって雄太郎(羽場裕一)も隆平(上杉柊平)も恥ずかしい息子だなぁと思いました。

結局、この家で1番偉いのは久子さんなんだねと思いました。

尚子さん(大塚寧々)はおばさんになるのが怖い人なんだなと思いました。「大きな子どもが2人もいるのに何言ってるんだこの人は」と思いました。若い頃からきれいだと言われ続けるとこんなおばさんになるのかなぁと思いました。

泣きながら吉岡(松本利夫)に訴える尚子さんを見て「もう諦めなさい」と言ってあげたくなりました。

ペンネーム:MIHO(40代・女性)

まとめ

2017年夏ドラマ『ウツボカズラの夢』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

7話以降も各話の情報を随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『ウツボカズラの夢』第5話(前回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『ウツボカズラの夢』第7話(次回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『ウツボカズラの夢』キャストやネタバレ一覧はこちら

[PR]『ウツボカズラの夢』の動画をFODで無料視聴する

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ウツボカズラ昨日放送(16日)のチャプター7辺りを視ていくと、謝るシーンがある後ろのドアに不自然な膝まつく人影あります。録画したかた観てください‼

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA