脳にスマホが埋められた動画を無料で見る方法!最終回ネタバレと感想も

  • この記事を書いた人:YUKIKO

ドラマ『脳にスマホが埋められた!(脳スマ)』いよいよ最終回(11話)!!

黒部社長がスマホ人間だとすれば、今夜すべての謎が明かされるのでしょうか?

ケイタがスマホ人間になった理由とは!?そして消されてしまったスマホ人間たちは!?

全ての伏線が今夜すべて明かされるのでしょうか?気になりますね。

それでは、『脳にスマホが埋められた!(脳スマ)』最終回(11話)の動画を無料見る方法とネタバレ&感想をお届けしていきます!

スポンサーリンク

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

もちろん、無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

Huluで今すぐ視聴

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『脳にスマホが埋められた!』最終回(11話)ネタバレと感想

「石野さんと黒部社長は親子なんでしょ!石野さんは、本当は黒部歩絵夢さんなんですよね」と折茂圭太(伊藤淳史)が石野柳子(新川優愛)に本当の事を聞き出そうとしていると、そこに慌てた様子で部々香(安藤なつ)が入ってきて、黒部社長(岸谷五朗)はスマホ人間かもしれないと二人に言いました。

部々香が圭太に脳内スマホを作動する動きをするように言い、圭太が言われた通りにしてみると部々香が見た黒部と同じ動作をしました。

部々香は同じだといって、新しい機能ステルス機能のついたスマホ人間プレミアムかもしれないというと柳子は「それならかなり厄介ですね」と言いました。

圭太が娘の愛花(髙嶋琴羽)を連れて公園に来ると、愛花は別れた妻が結婚することを話しました。

そこに、柳子がやってきて、愛花はどういう関係かと聞くといっしょに住んでるけどシェアハウスということを説明すると、愛花はそろそろ帰るねと言って帰って行きました。

その日の夜、圭太と柳子がいっしょに帰ってくると、柳子は誰かにつけられてる気がするといい、家に帰ってくると、柳子は圭太に「黒部のことを黙っていてごめんなさい」と謝り、柳子の会社をつぶしてデザインを盗んだと言うのもうそだと言いました。

エグザルトンは黒部と柳子のデザイナーだった母親の二人で作った会社でちょうど成長期に、柳子が生まれましたがその頃の黒部は浮気の全盛期で出産から復帰した母親が作ったデザインもそのときの恋人のものにして売り出したと話し、母親は会社もデザイナーも辞めてしまいそのあとすぐに離婚をしたということでした。

柳子は「これは母の無念を晴らす復讐なんです!!」と言うと圭太は黒部もスマホ人間なら柳子が娘だということに気づいているはずといい黒部がスマホ人間であることを明日、確かめると言いました。

翌日、圭太は黒部社長がスマホ人間だと言うことを確かめるためにメッセージを送り、黒部の苦手なトカゲの画像を見せると黒部は反応しまし、圭太はスマホのメッセージで「近々お話したいです」と告げました。

その日の夜、愛花が圭太をつけてることに気がついて家に連れてきて話を聞くと、「パパを取られちゃう気がしたの!一緒に住んでるんでしょ、すっごくキレイでスタイルもいいしパパあんな人好きでしょ」と言いました。

愛花は邪魔しようとしたと正直に話すと圭太は、「どんなことがあっても愛花はパパのだいじな娘だから」と言って、愛花を優しく抱きしめました。

可愛い♡パパを取られたくないからって尾行するなんて…そんな娘可愛すぎでしょ!

柳子が帰ってくると、圭太は黒部と話をして柳子のことをどう思ってるのか聞いてみるといいそして、できれば仲直りしてもらいたいと話します。

柳子は「なんのために」と拒否しますが、圭太は嫌いだったら遠ざかればいいはずだけど、復讐したいたい気持ちの中にかまってもらいたいという想いがあるからそばにいるんじゃないかといいました、すると柳子は、「いいかげんにしてください!あいつと仲直りするくらいなら、死んだほうがましです、今の話に関しては、本当に余計なお世話です」そういい部屋に行ってしまいました。

そこに、黒部社長から、「明日8時に社長室で待ってる」とメッセージがきました。

翌朝の8時、圭太は社長室に入り黒部がいつからスマホ人間になったのかと聞くと、「気にもずっと前、流れ星を見たときから」と答え向けに生えている毛を出すと、それを見た圭太は「社長にも毛が?」と驚くと黒部は「金色の毛、私はケイトリンと呼んでいる」と言いました。

毛ビンに毛イトリン…金色の毛が生えるのネーミングセンスまで似てくるのか(笑)

金色の毛はスマホ人間に共通しているようでした。

黒部は個人的に研究施設を立ち上げてステルスアプリをインストールしたと言い、その名前は「SPMB(スマホマンブラザーズ)」でした。

そして黒部「そんなことより話は歩絵夢のことだろ?」と話し出し、スマホ人間になりたての頃に柳子が娘だと気づいたと言い、圭太がだいぶ振り回されていて迷惑をかけたことを黒部は謝りました。

圭太は、「今日は、黒部社長の本心を聞きたくてきました、娘さんのことをどう思ってるのか?」と聞くと黒部は「なるほどな、この世で一番憎い、二度と顔も見たくない」と答えました。

圭太がエレベーターから降りると、総務課の人たちと合い、元気のない顔をしてる圭太に、仕事だったら手伝うと言うと言ってくれたので、ひとつお願いしました。

パタンナー室で柳子が仕事をしてると、総務課の女子たちが、新しいブランドを立ち上げることになりそのショーのためのモデルをしてもらいたいと柳子に言いました。

柳子がしぶしぶOKすると、ショーは今日だからと着替えと言って部屋に連れて行くと柳子が連れて行かれた部屋にはいつも柳子指名で型紙を作らされていたPSJの服がかけられていて、柳子はそれを着て準備をしました。

実は圭太が総務課のみんなに頼んだお願い事だったんです。

電気が消え音楽がなり始めたので、柳子がステージに出てランウェイを歩き始めるとそこには誰もおらず、観客は黒部ひとりだけでした。

二人は驚いた顔をし、黒部が「歩絵夢、ひさしぶり…」というと柳子は「どうして…」というとそこに、圭太がやってきました。

圭太は「このファッションショーは、黒部社長の話を聞いて、僕が企画しました、僕の独断です石野さんに見てもらいたいものがあります」

そう言い、今朝黒部社長と話をしていたときの動画を流しました。

すると、柳子は「私帰ります、こんな人と同じ空間に痛くありませんから」と言って帰ろうとしましたが、圭太が「いいから見ろ!たまには僕の言うことも聞いてください」というと「わかりました」と言ってくれたので動画を再び再生し始めました。

なるほどな、この世で一番にくい、二度と顔も見たくない。これが、歩絵夢にいわれた最後の言葉だ!今まで数々の言葉を女性から浴びてきたけど、一番傷ついた…

「お金を振り込んできたけど一切使われてなかった、そんな彼女がエグザルトンに入った、成長していても娘の顔ってのはすぐにわかるもんだな、ただ話しかける勇気がなかった、私を死ぬほど憎んでいるということはわかっていたから、私と歩絵夢はいつか家族に戻れるだろうか」と動画の中で圭太に聞きいていました。

そこで動画は終わり柳子は、「気持悪い、キモイキモイマジきもい、死んでほしい、」と叫び始めます。

「いまさら何なの?父親ぶって、なに言ってんの?」という柳子に黒部は「ごめん」というと「謝らないでよ、謝るくらいならはじめから浮気なんてしないでよ!あなたの性で家族が壊れたんでしょ」と柳子が怒鳴ると「私が最低の父親だったのは事実だ、すぐに許してくれとは言わない君の信頼を取り戻すまで、何だってしようと思ってる、本当にすまなかった」と黒部は言いましたが柳子の怒りは収まらず、

「口では何とでも言えるの!お金だけ渡して、ずっと私たちのことほったらかしてたくせに」というと黒部はその場を去ろうとしました。

すると、圭太は、「家族に戻りたいと言うのは本気だと思ういます、口だけじゃないと思います」といいます。

そして、PSJと言うブランドの名前も何かの略じゃないかといいますが黒部社長が歩きかけますがは、圭太は「社長!」と叫びました。

黒部社長は、「歩絵夢のP、歩絵夢の母親の修子のS、黒部仁のJだ、PSJは私が企画を立てて、修子がデザインを、そして君が型紙を作った!家族三人のブランドなんだ」と言いました。

「お母さんがデザインって?」と柳子が聞くと「お母さんが若いころに作ったデザイン画だ」と黒部はいい、「母の事を否定したくせに」

と柳子が言うと「お母さんのほうが、デザインを書いたのが後だった、先に書いたデザインをデザイナーを優先するのは、わかるな?」と黒部は当時の事情を話すと柳子は「だからって、許さない!私はこれからもあなたを許すつもりもないし、これからもずっと大嫌い!!でも、復讐だけはしないであげる」と言いました。

黒部は「歩絵夢・・ありがとう」といい、柳子は圭太に「折茂さん、私のことだましたんですね」と言いました。

「ごめんなさい」と謝る圭太に柳子は「いいえ、ありがとうございました!知らないこと、いっぱいあったから」と言い、柳子の目からは涙がこぼれおちました。

すると、圭太の携帯に電話がかかってきて元妻からでした。

夜8時でしたが、愛花がまだ家に帰ってないようでタクシーに乗っていたと言う情報があったと言うことでした。

圭太が行こうとすると、黒部が止め「待て、力になりたい!警察よりも、きっと頼れる存在だぞ、われわれスマホマンブラザーズは」

そう言って、スマホマンブラザーズの本当の目的は地球の平和を守ることだと言い「わかりやすく言うと、正義の味方ってやつだ。見てろ!」そういって、黒部が指を鳴らすと、行方不明になっていた安達が登場し「スマホマンブルー」そして林家ペーも「スマホマンピンク」と言って登場しました。

え~え~っ!!ここでこれまでのスマホマン登場!?しかも地球の平和だと~!話の展開がぶっ飛びすぎでしょ!!

そして黒部が「スマホマンブラック」とパフォーマンスをした後、「警察にも頼れない困った人を助けるすごい事業だろう」と黒部はいい、愛花のいそうな場所の心当たりを圭太に聞きましたが、思いつきませんでしたが、圭太が昨晩乗せたタクシーの運転手がちょっとなれなれしくて怪しいと言うと、黒部は圭太の脳内スマホを利用して、「ハイパータイムシフト」を起動しました。

脳内スマホは自動で24時間記録されていて、そのタクシーの運転手の画像を見ると、林家ペーの得意技でスマホマンピンクが生年月日を検索しました。

そして、タクシーの運転者証から名前がわかると、安達のスマホマンブルーがSNSを使い検索をしました。

個人情報もわかるようで、携帯の番号を確認し、スマホマンブラックの黒部に転送して、GPSを使って所在地を特定しました。

黒部社長と圭太と柳子がその場所に行くと、タクシーに乗った愛花を見つけました。

圭太が追いかけると、逃げるように走り出し、黒部はGPS情報を圭太に転送しました、圭太はその場所に先回りしタクシーを止め、運転手を引きずり出し「愛花に何をした!!」と押さえつけると、愛花が出てきて止めに入りました。

そして「運転手さんは私のお願いを聞いてくれたの」といい母親と喧嘩したので家に帰りたくなく、圭太とよく言った公園に行きたいとお願いしただけでした。

黒部と柳子もその場所につき「解決したな、いい親子だな」と黒部がしみじみ言うと「いや、ああはならないから」と柳子に言われ黒部は
「そうだね」と苦笑いしました

翌日、総務課では、栗山五月(篠田麻里子)のデザイナー昇進が決まってパーティーが開かれていました。

柳子も部々香も圭太も出席し田西譲司(岡田龍太郎)がケイタリングで料理を振舞っていました。

圭太は、再び総務課に戻るように社長から命令があたようでそのことをみんなに話すとまた一緒に働けると喜んでくれました。

圭太が食べてると、社長からメッセージが入り「田町で強盗事件発生。犯人は品川方面に逃走中。出動せよ、スマホマングリーン」と。

圭太は、食べるのをやめ「ちょっと出ます」と言って駆け出すと柳子が「折茂さん、がんばって」と応援し、その様子を見ていた部々香は微笑みました。

走りながら圭太は心の中で、「石野さんの言うとおり、僕は気の小さい人間だから最初はスマホ人間だなんて、まるで心のない機械になってしまうのかと不安になったけど今では、こんな自分が存在してもいいかなと思えるようになってきた」とつぶやきました。

そして圭太は、緑色のマフラーを巻いて、ハイパーブーストを起動しましたすると周りの人がスローになって止まってしまいました。

圭太は犯人を追って走り出しました。

その後、スマホマングリーンとなりどのような日々を送るようになったのかそれはまたいつか、お話します。

いやいやいやっ!ツッコミどころ満載なのに笑い転げてる間に終わってしまいました。

正義のヒーローって!!

あんなに怪しい雰囲気前回に醸し出していた黒部が全力でヒーローとか面白すぎでしょ!!

最終回にしてやられた~って感じの終わり方でしたけど本当に最後まで楽しませてくれたドラマでした。

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』第10話(前回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』視聴率一覧はこちら

Huluで今すぐ視聴

スポンサーリンク

『脳にスマホが埋められた!』最終回11話ネットでの感想や評価

ほんとにほんとに最終回最高でしたね!まさかのちびノリダー!?ウケすぎて鈴木おさむさんにあっぱれでした。

ちょっぴり声の出演でしたが、ファンの方には興奮ですよね!siriならぬkajiこの機能欲しい~♡

いやほんと、このラストまだ見てない方はぜひ早く見て楽しんでほしいっ!!

このドラマのある意味キーパーソン的存在でしたね!ぶぶちゃんの的確な物言いが大好きだった私としては、スピンオフでぶぶちゃんやってほしい。

まとめ

最終回、最高に面白かったです!

黒部と柳子の親子のシリアスは話からのぶっ飛んだ戦隊もの(笑)

岸谷さんの真剣な表情で決めるスマホマンブラックのキメポーズ最高でした!!
一体どんな終わり方をするんだろうと思っていましたが、まさかのスマホグリーンで締めくくるとはさすが!!

鈴木おさむさんらしいナイスなラストでした、しかももしかするとその後のスマホマンがあるかも…と思わせられた最後に続編期待しちゃいます。

このドラマの主演が伊藤淳史さんでスマホマングリーンになるって、ちびノリダーの成長した姿を描いたようで、ちびノリダーの時からの伊藤さんを知っているものとしては最終回終盤はめちゃめちゃ楽しく見れました。
林家ぺーさんのスマホピンクもこのためだけにぺーさんが選ばれたのだとしたら面白すぎですよね(笑)

最終回はいい意味で期待を裏切ってもらえて楽しかったですね!ほんと深夜枠だったのがもったいないと心底思ってしまいました。

笑いあり、涙あり、笑い笑いで最後まで楽しめたドラマでしたね!!

1話から最終回までお付き合いいただきありがとうございました。

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』第10話(前回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『脳にスマホが埋められた!』視聴率一覧はこちら

Huluで今すぐ視聴

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA