ソースさんの恋最終回ネタバレ感想! ソースの謎と正直とミカのラストは?

  • この記事を書いた人:波波

美大生の正直(千葉雄大)と恋人の事故死で心に傷を負っているミカ(ミムラ)との純愛を描くソースさんの恋。

いよいよこのドラマも最終回を迎えました。

前回はミカの通うクリニックの事務局長・白鳥新二(松田悟志)が彼女への歪んだ想いを暴走させましたね。

ミカの恋人で4年前に事故で亡くなった兄の新一の名前を語ってミカにメールを送り、過去の記憶を無理矢理思い出させ、クリスマスに逢いに行くと約束をしました。

ミカは新一の死を受け入れられずにいたので生きていると知ってそれを信じてしまったのです。

正直は新二のとんでもない企みからミカを守り、彼女の愛を取り戻すことができるのでしょうか?

それではソースさんの恋8話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

ソースさんの恋8話感想!(ネタバレあり)

クリスマスイブ、正直はミカへのプレゼントを持って家を訪ねます。

しかしミカは「婚約者の新一さんが今日帰って来たの」と言うではありませんか。

事故で亡くなったはずの新一がミカの家にいる訳がない…正直は茫然としてしまいます。

困り果てた正直は朝子(岩崎ひろみ)に電話を掛け心当たりがないか尋ねます。

実はミカの家にいる“新一”は新二だったのです。

新一と新二では見た目は全然違います。しかしミカは新二を新一と思い込んでいるようです。

新一になりすました新二はミカに携帯電話で撮った写真を見せます。

そこにはミカと新一が仲睦まじくしている姿が…しかしそれは新一の顔が新二にすり替わっている偽造写真でした。

これは記憶操作でしょうか!?もう卑怯を通り越して異常ですね…。

ミカの家に現れた新一が新二だと知った正直はミカの家のインターホンを鳴らし、携帯へも電話をしますが全く反応してもらえません。

正直は新二の病院を訪ねます。

「どうして新一さんのふりをしてミカさんを騙すんですか?!」

正直は憤りを新二にぶつけます。

「答えは一つだよ。君にミカを取られたくないからだ」

亡くなった人を生きていると思わせるなんて無理だと言う正直に、新二はミカには時々新一兄さんのことを思い出してもらっていたと答えます。

実は彼は時々、夜になるとミカの家に新一の携帯を使って電話をかけていたのです。

「僕を忘れないで、ソースを買っておいてって言っておいたんだ」

ミカにソースを買わせていたのは新二だったのですね!そこまで周到に記憶操作していたとは…。

新二は兄が亡くなる前からミカのことが好きだったこと、しかしミカが自分の気持ちに気が付かず兄ばかり見ていたこと、兄の死後ようやく信頼を勝ち取ってきたと語ります。

それなのに関係ない正直のような人間にミカを取られるのは我慢ができないと。

僕も正直もミカにとっては新一の代わりだと新二は言います。

「ミカは君なんて本気で好きじゃないんだよ…(中略)ミカは、僕の、ものだ」

「あなたはまともじゃない!!」

激昂した正直は新二に掴みかかりますが、簡単に突き飛ばされます。

そして二度とミカの家にもクリニックにも近付くな、もし近付けば警察を呼ぶ、と再度釘を刺して去って行きました。

正直は再びミカに電話をかけます。

ようやく繋がった電話で新一が本当は亡くなっていることを話そうとした正直でしたが、真実の記憶を取り戻すとミカの心が壊れるから絶対に言わないでと言った朝子の言葉を思い出し口にできません。

ミカは別れられなくなるから家に来ないでと言います。

「ミカさんに逢えて僕は幸せでした。4年前に河原で会った時からミカさんは僕の恩人で、女神だったから」

正直の言葉を聴いて4年前の河原での出来事をありありと思い出したミカ。

そしてその記憶を辿っていく内に本当の新一の姿や彼の事故のことを思い出したのです。

ミカの異変に気付いた正直が慌てて彼女の家に駆け付けると、ミカはコンビニで買ったソースを部屋に全部ぶちまけて放心していました。

自分のせいで新一が死んでしまったことを激しく責めるミカに、正直はミカのせいではないと必死で訴えます。

「これからは、僕が守ります!ずっと傍にいるから…だから一人で苦しまないで下さい」

正直はミカを抱き締め語りかけます。

ミカは正直の胸で号泣するのでした。

正直はミカに新一の事故のことを思い出させてしまったことを謝ります。

しかしミカはクリスマスを一緒に過ごそうと約束したのに正直を追い返してしまったと逆に謝ります。

「でも代わりに約束する。私、もう逃げない。これからはきちんと生きてくから…。心が強くなるまで時間がかかるかもしれない。でも、それでも待っててくれる?」

「はい」

そう答えてしっかりとミカの手を握る正直。

ところがミカは正直の前から姿を消してしまいます。

8年後、正直は大学で絵の指導をしながら画家として活躍していました。

間宮賞の特選を取ったミカの絵には『ソース』と題が付けられていました。

ある日、『ソース』を買いたいという人物が正直の個展にやって来ます。

「この絵…これ下さい」

彼の元に再びソースさんが戻って来ました。
「ありがとうございます」

正直はミカをしっかり抱き締めたのでした。

最後に「これ下さい」とミカさんが言うところでぐっと来ましたね!

正直がミカの家に駆けつけた時は一瞬最悪の事態を想像しましたが、無事にハッピーエンドで良かったです。

それにしてもミカがコンビニにソースを買いに来ていたのも全部新二が仕組んでいたことだったのですね!

ミカの記憶を操作するための長期計画だったとは…衝撃です。

でもそのお陰で彼女は正直に出逢えたのですから、運命はどこまでも新二に皮肉ですね(苦笑)

いくら記憶が混乱しているからとはいえ新二の顔を見ても新一だと信じて疑わないというのは少し無理があるかな…という気はしましたが。

そのあたりはこのドラマでは厳しく突っ込まないというお約束もいつの間にかできていましたね(笑)

ミカさんの最後の台詞、ここでそうきたか!と思わされましたし、その言葉で正直くんの流す涙がとても綺麗で感動的なラストシーンでした。

個人的には8年後のヤス(栩原楽人)が売れっ子の小説家になっていたのも衝撃的で笑ってしまいました(笑)

スポンサーリンク

ソースさんの恋8話ネットの反応や感想は?

そうなんですよね、キュートな悪役という言い方がピッタリです!

新二はまともじゃないし悪い奴なのですがどうしても画面に映ると笑ってしまいました(笑)

自分のことを受け入れてくれる女性を見つけて幸せになってくれるといいですね。

ベタだけどハッピーエンドで良かったという声が多かったですね。

ベタだからこそハッピーエンドには違いないだろうと思っていましたが、ちょっとハラハラもさせられました(笑)

千葉さんの涙がきれいだったという声もかなり多かったです!

ミムラさんの透明感も素敵でしたね。綺麗な人は涙もとても綺麗なのだな、と思いました。

こちらも千葉さんの涙について書かれていますが、あの涙があったからラストシーンは余計に感動的でしたよね。

それに前髪を上げてスーツを着ると表情まで大人っぽく見えました。改めて千葉さんは素敵な俳優さんだなぁと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

少女漫画のようでもあり、韓流ドラマのようでもあり、純粋な二人の恋を丁寧に描いていたソースさんの恋。

初めは二人の恋の障害はミカの抱えている心の病と過去の恋人の事故死だけだと思っていましたが、途中から新二が信じられないくらい暴走してきて意外な展開でした。

ミカのようにショッキングな事件には遭わなくとも、現代社会では心を病むということは決して他人事ではないと思います。

そんな不安定な気持ちをミカのように誰かに受け入れてもらえること、真っすぐ向き合ってもらえることは何よりの薬になるのだなぁと感じました。

話としてはベタでツッコミどころも多々ありましたが、だからこそ正直がミカを想う純粋な気持ちが際立っていたように思います。

終わってしまったのが寂しいですが、久し振りにピュアな恋愛ドラマに浸ることができて幸せな時間でした!ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA