ソースさんの恋2話ネタバレ感想!ミカの夜の顔の秘密は?!

  • この記事を書いた人:波波

先週はコンビニからの帰り道、ソースさん(ミムラ)の家まで付き添うことになった正直(千葉雄大)が、帰り際に彼女から急に抱き締められるというところで終わっていましたね。

1話から急展開でしたがソースさんには一体どんな秘密があるのか、徐々に明らかになってきそうです。

それではソースさんの恋2話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

ソースさんの恋2話感想!(ネタバレあり)

「会いたかったわ…しーちゃん」

抱き締められた正直はソースさんの口から出た全く知らない名前に動揺します。

正直が自分はしーちゃんではないと否定すると、ソースさんは貧血を起こして倒れそうになります。

ソースさんは正直に、自分の名前は後藤ミカで、4年前にあったあるアクシデントが元で時折記憶が混乱することがあると説明します。

昼間は平気ですが夜になると不安になったり、ボーっとして自分でも何をしているのか分らなくなると言います。

だから夜のソースさんには不可解な言動が多かったのですね。

今夜は不安だから泊ってほしいとミカから頼まれ、終電もなくなったので、正直はそのまま彼女の家に泊まることになります。

ほとんどよく知らない男性を自宅に泊めるのは一人暮らしの女性としてはありえないのではないかなと思いましたが、正常な判断ができないほど不安感が強かったのでしょうか。

自分のことを正直に話しすぎてしまったと後悔していましたが、本能的に正直のことを信じて頼ってしまったというのもあったのかもしれませんね。

正直はミカの心の奥に隠された不安や悩みや辛さを何とかしてあげられたらという思いを強くしながら彼女の絵を描くのでした。

翌朝、職場で鼻歌を歌っていたミカに同僚の吉田朝子(岩崎ひろみ)は「そろそろ恋でも始めた方がいいわよ」と言います。

ミカの過去を知っているらしい朝子は、入社して2年経つけれどミカが鼻歌を歌うのを初めて聴いた、そしてピンク色のオーラが出ていたと語ります。

正直に出会ったことで何年も心を閉ざしていたらしいミカに変化が現われているようです。

一方正直は大学で同級生の佐々木由紀(萩原みのり)に会い、ミカの家にスケッチブックを忘れたことを思い出します。

その夜、コンビニに再びソースさんが現れます。

正直はスケッチブックを家まで取りに行かせてもらいたいと頼みます。

しかし一緒に夜道を歩いている時、ミカが急にパニック発作のような症状を起こし「病院に連れて行ってほしい」と正直に頼みます。

何かに脅え続けるように震えるミカに「僕が必ず助けますから」と優しい言葉をかける正直。

病院で出会った事務局長・白鳥新二(松田悟志)が“しーちゃん”なのかと思い悩む正直。

ミカは正直の優しい言葉に心を動かされながらも、こんなに弱いのではまだ恋なんてできない…と病院のベッドで苦悩します。

翌日の夜コンビニにやって来たミカが正直に「これは一体どういうこと?」とスケッチブックを見せます。

そこにはソファに腰かけるミカの姿が…裸身の彼女の姿がありました。

これは絶対絶命のピンチですね!

教授面接に提出するために描き直したミカの絵は衣服を着用していましたが、ミカの家に置き忘れたスケッチブックの絵は裸だったのですから。

彼はどうやってこの窮地を切り抜けるのでしょうか?

スポンサーリンク

ソースさんの恋2話ネットの反応や感想は?

確かに断る男はいないですね…ソースさん優しい顔して罪な女です(笑)

ミカの病院の事務局長である白鳥の存在はこれから大きくなってきそうですね。彼女に対して特別な感情を持っていそうです。しーちゃんが彼のことだとは安易に思えませんが…。

スポンサーリンク

ソースさんの恋3話あらすじ

事務局長の白鳥と会った正直は、彼にミカの恋人なのかと尋ねますが、逆にもうミカと個人的に会わないでほしいと言われてしまいます。

また、11月が一年で一番寂しい季節だと言うミカ。

…断片的な内容しか分りませんが、少しずつミカの核心に迫っていくようですね。

まとめ

少しずつソースさんの秘密が明らかになってきましたがまだ謎な部分が多いですね!

4年前のある事件が元で精神的に不安定な状態になっているということは分りました。

その事件とソースを買うという行為は何か密接なつながりがあるのかもしれませんね。

どんな悩みがあるのかは分らないけれども、彼女を守りたい、何とかしたい、と思う一途で純朴な正直には好感が持てます。

難しいことは考えないでゆったりと大人の恋に浸ることができるので素敵なドラマだと思います。

次回も楽しみに待ちたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA