マジで航海してます4話ネタバレ感想!暴走する燕を救ったものは?

  • この記事を書いた人:波波

海が大好きで航海士になりたくてたまらない坂本真鈴(飯豊まりえ)と、何となく商船大学に入学したものの海や船には何の興味もなく後悔している石川燕(武田玲奈)。

正反対の二人の女の子が航海士を目指して船の上で奮闘する青春船舶コメディ『マジで航海してます。』。

3話では真鈴と鳴海新太(勇翔)がロープワークを通してお互いを信頼し合うことができ絆が強まりました。

やっとまとまりかけてきた5班のメンバーたちでしたが、何やら雲行きの怪しい終わり方でしたね。今回は何が待ち受けているのでしょうか・

それではマジで航海してます。4話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

マジで航海してます。4話感想!(ネタバレあり)

木暮健介(井澤勇貴)が夜中に隠れて携帯電話で妻に連絡を取っているところを見つかり、罰として5班のメンバーは久しぶりの休暇がお預けになってしまいます。

しかし航海士の藤原茜(岩井堂聖子)の計らいにより、船内の清掃が終わり次第上陸して休暇を取っても良いと言い渡されます。

ただし一つだけ条件があり、船内作業着を着用するように、とのことでした。

班のメンバーが大喜びする中、燕だけはこんな格好で上陸とかあり得ない…と呟きます。

上陸したメンバーたちは大はしゃぎでしたたが、燕は作業着で出歩く恥ずかしさに耐えきれず、真鈴とともに男子たちとは別行動すると言い出し、古着屋へ服を買いに行きます。

そんな燕に真鈴は「燕ちゃんは格好よりも商船大の実習生に見られることが恥ずかしいんじゃないんですか?」と確信を突きます。

そこへ「燕じゃね?」と彼女に呼びかける人物が現れます。

それは燕が商船大に入るきっかけを作った予備校時代の友人・海斗(三原大樹)でした。

海斗は商船大に落ちた後自分探しをしていたが、今は歌舞伎町でホストをしていると言って燕に名刺を渡すと、連れの女性と一緒に去って行ってしまいます。

呆然と立ち尽くす燕でしたが、やがてショックと後悔の念に駆られ、叫び声を上げると店を飛び出していきます。

商船大に来たのは間違いだった、私が航海士なんて無理…今まで我慢してきた思いが燕を暴走させます。

気が付くと燕はすっかり迷子になっていました。

しかし真鈴は持ち前の野生の勘と根性で燕の居所を見つけます。

そんな真鈴の元に新太から連絡が入り、メンバーは居酒屋で全員集合しました。

小暮は妻が妊娠していることが発覚して狂わんばかりに喜んでいました。

父親になる前は迷いがあったがこれからは本気で航海士を目指す、と言う小暮を横目に燕は浮かない顔をしています。

そこへ近くのテーブルにいたよっぱらいの男性たちが真鈴たちに絡んできます。
「税金使って気軽に船で旅行できて良い身分だよな!」

言いがかりにムッとするメンバーたち。

真鈴は言い返そうとしますが、新太はやめておけ、と言います。

ところが燕は酔っ払いたちに食ってかかります。

日本の貿易のほとんどは船。船員たちが汗を流して船を動かしているお陰で私たちの生活は成り立っている。実習生たちはまだプロの船員ではないが皆それを目指して厳しい練習を頑張っている。気楽に遊んでいるわけではない。

「皆に謝って下さい!」

血相を変えて訴える燕に、酔っ払いたちは気まずそうに謝って店を出て行きました。

燕はメンバーたちに一浪していたこと、予備校時代に好きになった人に勧められて商船大を受験したが自分だけが受かったこと、海も船も好きではないが適当にやり過ごそうと思っていたこと、しかし皆の真剣な姿を見ていると自分がすごく失礼なことをしているという気持ちになったということを語ります。

「だから大学辞めようと思う…ごめんなさい」

燕は皆に頭を下げます。

しかし大和(桜田通)は「勝手に決めるなよ!」と怒鳴ります。

自分も海や船に興味が持てずにいたが、燕が苦手な水泳を頑張っている姿を見て、自分も頑張ろうと思ったと言います。

「燕がいたから今日まで頑張ってこれたんだ。だから辞めるなよ。燕が辞めるなら、俺も辞める!」

大和がそう言うと、真鈴も「私も辞めます!」と手を挙げます。そして次々に手を上げるメンバーたち。

店内にいたお客さんも口々に「姉ちゃんならなれるよ!」「頑張れ!」と声を掛けます。

船の上では連帯責任は当たり前。燕は仲間だから」

思いがけない展開に戸惑いつつもありがとうと言う燕。

燕はやっと本気で航海士を目指す決意をしたのでした。

その頃船長の林田(温水洋一)から呼び出しを受けた教官の横山(堀部圭亮)は、真鈴の父親について思わぬ事実を知らされていました。

入学以来ずっと後悔ばかりの燕でしたが、大和の言葉とメンバー全員の気持ちに押されてやっと航海士を目指す決意をすることができましたね!

燕が酔っ払いのおじさん相手に食ってかかるところは意外でしたが、いつもメンバーに対して申し訳なく思っていたことが伝わってきますね。

燕の偉いところはどんなに向いてない、好きじゃない、と思いながらも決して一つ一つのことをおざなりにせず、真剣にやってきたところではないでしょうか?

水泳の授業も人一倍苦手なのに投げ出さずに取り組んでいた。だから大和はそんな彼女が好きになったのですね。

メンバー全員が彼女を仲間と認めてくれたのもそんな姿勢があったからだと思います。

前に進めて良かったですね!

スポンサーリンク

マジで航海してます。4話ネットの反応や感想は?

武田玲奈さんの涙を浮かべながらの台詞にはぐっときましたね!

5話完結という短さなのでもう最終回?!という声が多かったです。番外編を望む声も。

スポンサーリンク

マジで航海してます。5話あらすじ

練習船実習もそろそろ終わりが近づいてくる。

真鈴と燕は今では親友と呼べる仲に。

そんなある日、雷に遭遇。稲光に思わずうずくまってしまう真鈴。

「真鈴にも苦手なものがあるんだね」と笑う燕だったが、真鈴の怯えた表情を見て只事ではない気配を感じ取る。

この雷をきっかけに、真鈴の中でこれまで抑えてきた本当の自分が蘇る。そして、真鈴と燕に最大のピンチが訪れる。

(公式HPより引用)

まとめ

燕が長い後悔から解き放たれたことにより、メンバーは一丸となって旅の終わりに向かって進んでいくことになりますが、4話の最後にチラッと出てきたとおり、真鈴には思いがけない秘密があったようですね。

それは真鈴の父親の死に関わることのようです。

このことが現在の真鈴にどう災いするのでしょうか?

また大和は航海が終わるまでに燕に告白することを決意しましたね。

真鈴の直面する大きな課題と、大和と燕の恋の行方。

最終回も見どころが沢山ありそうで見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA