黒革の手帖ネタバレ感想を最終回まで更新【武井咲主演2017夏ドラマ】

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

松本清張さんの代表作であり、過去に5度にもわたって映像化されてきた傑作小説を、若手人気女優の武井咲さんが主演を務めているということで、大きな話題を集めているテレビ朝日2017年夏の木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日:毎週木曜夜21時00分から放送開始予定)

こちらの記事では2017年夏ドラマ『黒革の手帖』のネタバレと感想を初回から最終回まで更新しています!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『黒革の手帖』ネタバレ&感想更新中!

以下、2017夏ドラマ『黒革の手帖』各話の感想とネタバレを抜粋してご紹介しています。

記事の続きは各話の詳細記事へのリンクをクリックしてご覧ください。

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第1話感想とネタバレ

昼間は派遣社員として銀行で働き、夜は銀座のホステスとして働く原口元子。

それは全て、亡くなった母の借金を返済するためだったのです。

必死で働いて、ついに借金を返済。しかし物語は、ここから始まるのでした・・・

ちなみにトレンディーエンジェルの斎藤さんも冒頭で銀行にクレームをつける嫌なお客役で登場しましたよ!

ここはほんとにおまけ程度なでしたが・・・

そして斎藤さんの悪態をSNSにアップした罪を背負わされて、銀行の派遣契約を切られることに。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第1話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第2話感想とネタバレ

自分のクラブを持つという夢を叶えた元子(武井咲)。

相変わらず議員の秘書の安島富夫(江口洋介)などの大物を狙ってさらなる高みを目指している様子。

そんななか銀行の元同僚山田波子(仲里依紗)をクラブのホステスとして雇うことに。

最初は真面目に働く波子でしたが、次第に欲望をあらわにし、クラブにトラブルを招くことに・・・

クラブの常連に気に入られ、次第に調子に乗っていく波子は、他のホステスの客に手を出し、喧嘩に発展。タバコが引火し店はボヤ騒ぎを起こすなどしっちゃかめっちゃかな事態になりました。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第2話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第3話感想とネタバレ

店で怒りを爆発させる波子。しかしまだ怒りが収まらないようで、銀行で何があったのかを探る。

支店長を誘惑して話を聞き出そうとするのでした。女の闘いが勃発といったところでしょうか。それにしてもキャラが変わりすぎですね。

一方元子は、安島(江口洋介)とお店で語らう。過去の話に花を咲かせ、安島が政治家になったきっかけや元子の父親について話す。

しかしそんななか、突然登場したのは、銀行の次長、村井(滝藤賢一)だった。

ふてぶてしい態度で登場した村井は、金を貸してくれと願い出る。あなたに貸すお金はありませんときっぱり断る元子でしたが、これがさらに恨みを買うことになるのです。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第3話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第4話感想とネタバレ

銀座のNO.1クラブ「ルダン」が売りに出されることを知った元子。もちろん手に入れる気満々です。

そのためには大金が必要になり、黒革の手帖に記された裏帳簿を元にゼミの理事長橋田常雄(高嶋政伸)に目をつけるのでした。

店の常連でもある橋田は、偶然安島(江口洋介)と元子が仲良くしているとこを目撃し、嫉妬心に駆られる。

彼もまた自分のほしいものを手に入れるために手段を選ばない人間でした。そう、彼は裏口入学によって多額のお金を手に入れていたのです。

元子を自分のものにしたいと考えた橋田は、箱根旅行に誘う。返答に困るなか現れたのは、長谷川庄治(伊東四朗)でした。

どうも橋田は長谷川に対して苦手意識を持っており、色々な秘密を握られていました。そのためその場はなんとか難を乗り切った元子だったのです。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第4話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第5話感想とネタバレ

銀座で一番のママになる。その夢、いや野望を叶えるための計画は進んでいきます。橋田は島崎すみ江(内藤理沙)を気に入ったようで、元子の思惑通りと言ったとおりの展開となりました。

店に来た政財界のフィクサーである長谷川(伊東四朗)から、ルダンが売りに出された情報を詳しく得る。どうやら長谷川がルダンを売りに出した人物との情報があります。

高級料亭梅村は、橋田の物になっており、それを奪い取って転売してルダンを手に入れる計画を描いている元子。そしていよいよ橋田本人のもとへ乗り込むのです!

梅村を譲ってくださいと言い放ちます。しかも2億相当の物件を2千万でと・・・さすが元子。無茶苦茶な条件です。

もちろん橋田は飲む気はない。しかし、ここで登場するのが黒革の手帖でした!橋田の脱税の証拠が記されているのです。さらに、すみ江がUSBに保存してきた裏口入学のデータもダメ押しで突きつける!!

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第5話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第6話感想とネタバレ

手付金5000万を長谷川(伊東四朗)に支払い、計画は順調に進む。

2週間後に2億5千万支払えなければ、違約金1億円、そしてカルネも譲渡しなければならないとなっています。

なにやら不穏な空気が漂いますが、悪女はいったいどうなってしまうのでしょう・・・

そして突然料亭梅村の名義が元子(武井咲)になっていないとの電話が!このままでは2億が手に入りません。

橋田(高橋政伸)のもとへ向かう元子。問い詰めるも、なにやら橋田は余裕があり、誰かにアドバイスをもらったとのことでした。

音を立てて崩れていく計画。盗んだUSBも、ダミーでした。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第6話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』第7話感想とネタバレ

自業自得と言えばそうなります。元子はこれまで多くの人間を脅迫まがいの仕打ちをしてお金を奪ってきたのですから。

自分の店カルネを、よりにもよって元上司村井亨(滝藤賢一)と元同僚山田波子(仲里依紗)に奪われそうになってしまいます。元凶は、長谷川庄治(伊東四朗)との契約に違反したことです。

もちろん、これも夜の首領である長谷川を的に回したからなのですが、それでも元子はなんとか抵抗しようとします。そして安島富夫(江口洋介)を頼り、なんとか弁護士を紹介してもらいました。

裁判に持ち込み、契約は無効だったと闘いを挑むことも可能になり、反撃のチャンスが!

しかし最初はうまくいくはずだったのですが、やはり長谷川の力が強力すぎて弁護士も手を引くしかありませんでした。命すら危うくなりますからね、仕方ないことではありますが・・・

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』第7話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

2017夏ドラマ『黒革の手帖』最終回(第8話)感想とネタバレ

安島(江口洋介)から受け取ったある封筒を武器に、闇社会の首領長谷川(伊東四朗)のもとを再び訪れる元子(武井咲)。

その度胸に感服され、ついにルダンを取り戻し、ちゃっかりルダンも手に入れるのでした。

しかし契約書にサインする途中で、長谷川が謎の病気?を発症。そのまま死亡してしまったようです・・・

ん?なんで?と思ったのが正直なところで、せめて病気で長くないという描写がほしかったのですが。なんともあっけない最期となりましたね。

それでも元子は死亡した長谷川の手を取り母印を押させる。さすが悪女!やることはきっちりこなすのですね。

安島に連絡を取り、後処理は任せてくれとのことでその場を後にする元子。すいませんここまでポカーンとしてしまいました。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『黒革の手帖』最終回(第8話)の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『黒革の手帖』視聴率一覧はこちら

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』見逃し動画を無料で見る方法は?

『黒革の手帖』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『黒革の手帖』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『黒革の手帖』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年8月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』はどんなドラマ?

武井咲さんが主演を務めることが決定したテレビ朝日の木曜ドラマ『黒革の手帖』は、松本清張さんの同名小説を基にしたストーリーとなっています。

ドラマのイントロダクションとして、公式サイトで以下のように記載されています。

武井版・最強悪女が
愛と欲望渦巻く夜の世界で
孤高の戦いを挑んでいく…

松本清張 没後25年となる2017年―

「清張史上最強」と言われるあの“悪女”がまたもテレビ朝日に甦ります。
1980年に刊行後、これまでも映像化され、そのたびに高視聴率を叩き出してきた『黒革の手帖』。
いつの時代にも色褪せない不朽の名作がこの夏、武井咲を主演に迎え、華やかに幕を開けます!
(公式サイトより引用)

過去に5度にもわたって映像化されてきた、松本清張さんの不朽の名作『黒革の手帖』。

テレビ朝日においては、1982年版(主演:山本陽子)、1996年のスペシャルドラマ版(主演:浅野ゆう子)、2004年の連ドラ版及び2005年のスペシャル版(主演:米倉涼子)と、その内4度を占めています。

そして、「松本清張没後25年」という節目の年である2017年に自身初の清張作品となる武井咲さんを主演に迎えることになった訳ですが、中川慎子プロデューサーはこう語っています。

2017年夏、黒革の手帖に最年少ヒロインが誕生します!
今年24歳を迎える武井咲さんが、劇中でも銀座最年少ママという新たな設定と共に、稀代の悪女の物語に新風を吹かせます。
黒革史上、最も若く、最もしたたかで、最も大胆なヒロイン・原口元子の華麗なる軌跡をどうかご期待下さい。
(公式サイトより引用)

これまでの原作やその他のドラマ版と異なり、「銀座最年少ママ」という変更点を加えるようで、この辺りがどのような味を出してくるのかが注目ポイントになりそうですね。

また、公式サイトの締めくくりとして…

いつの時代も色褪せない骨太の原作に加え、昨今広がる一方の“富の格差”、ガラスの天井を突きつける“男社会”など、現代が抱えるタブーにも鋭く切り込み、一石を投じていくであろう今作。武井咲による、2017年版『黒革の手帖』は、この困難な時代を生きる視聴者の日常に、大きな風穴を開けるに違いありません!
(公式サイトより引用)

…このように結んでおり、「富の格差」や未だ消えることのない「男性優位社会」といった諸問題に深く切り込んでいくようで、いかにしてこれらを原作と融合させていくことになるのか…注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

『黒革の手帖』原作は松本清張さん

ドラマ『黒革の手帖』は、松本清張さんの同名小説を基にしたストーリー。

1909年12月21日生まれの松本清張(まつもと せいちょう)さんは、1992年8月4日に亡くなるまで、様々な名作を生み出し続け、現代でもなお愛され続ける巨匠として名を馳せています。

印刷工として働いた後に広告図案の職に携わるようになった松本清張さんは、1951年に書いた処女作『西郷札』が『週刊朝日』の「百万人の小説」の三等に入選。

直木賞候補にもなったこの作品をきっかけに、翌年には「或る『小倉日記』伝」を発表し、見事芥川賞を受賞することに。

1955年の『張込み』以降、推理小説を執筆するようになり、『点と線』や『壁の眼』、『ゼロの焦点』などを次々に発表し、ベストセラーとなりました。

その後も『砂の器』、『わるいやつら』、『けものみち』、『黒の回廊』などの今でも根強い人気を誇る作品を次々と打ち出します。

そして、1978年から1980年にかけて週刊新潮で連載されていたのが、本ドラマの原作となる『黒革の手帖』なのです。

現在は、新潮文庫から発売されている他、電子書籍でも読めるようになっておりますので、興味のある方は是非チェックして見て下さい!(新潮社HPはコチラ

ドラマ『黒革の手帖』の期待度や感想は?

ドラマ放送開始後は各話の感想やネタバレをご紹介していきますが、放送開始前なのでTwitterでの期待度や感想・反応をご紹介していきます!

まずはコチラのツイートからご紹介します。やはり米倉涼子さんの残したインパクトは相当強いらしく、こちらの方のような声が多数寄せられていました!

さて、お次はコチラ。「綺麗」というよりは「カワイイ」系の武井咲さんですので、確かに銀座よりも原宿というのは分かる気がしますね~。

こういった声も非常に多い訳ですが…

…こちらの方がおっしゃるように、ある意味大化けのチャンスだと思って、体当たりで臨んでいけば、女優としての新たな道が見出せるのではないでしょうか!

果たして、初めて演じるという「稀代の悪女」をどう演じきってくれるのか…注目して見ていきたいと思います!

まとめ

良くも悪くも様々な話題を集めている今夏放送予定のテレビ朝日ドラマ『黒革の手帖』。

歴代の女優(特に米倉涼子さん)と常に比較され続けることになるであろう武井咲さんへの世間への風当たりは、日に日に強まるばかりです。

何とかこの逆境を跳ね返し、女優としての新境地を切り開いていくことが出来れば、またさらに上の段階へと登っていくことが出来るでしょう!

当サイトでは2017夏ドラマ『黒革の手帖』放送開始後にネタバレや感想などを全話更新していきますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA