黒革の手帖3話の動画を無料視聴する方法!感想とあらすじも

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年8月3日(木)21時より放送のドラマ『黒革の手帖』第3話の感想やあらすじをご紹介!

放送前は『黒革の手帖』第3話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『黒革の手帖』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さん参加型のユーザーボイス記事となります。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』第3話のあらすじ

原口元子(武井咲)が巡らせた策により、山田波子(仲里依紗)の新店オープンの話が頓挫。楢林謙治(奥田瑛二)から「文句があるなら『カルネ』のママに言え!」と言われた波子は、「楢林先生に何をしたの!?」と元子に詰め寄る。しかし、元子はそんな波子を軽くいなし、ボーイを使って店から追い出してしまう。

「銀座で商売できないように潰してやる…」と怒りを露わにする波子は、元子が東林銀行で何をしたのか、当時の次長・村井亨(滝藤賢一)から聞き出そうと…?

そんな中、『カルネ』に上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)が来店。橋田は元子に「ふたりきりで旅行に行こう」と提案するが、なかなか首を縦に振ってもらえず、元子に男がいるのではないかと嫉妬心を募らせていく。

一方、元子は楢林クリニックを辞めた中岡市子(高畑淳子)に、銀座にエステサロンを出店させようと焚き付ける。自分の人生を親身になって考えてくれる元子に心を許し始める市子だったが…?

ある日、『カルネ』に村井がやってくる。元子の横領事件をきっかけに大きく人生が変わってしまった村井は、元子を逆恨みしていた!

引用:ドラマ『黒革の手帖』公式サイト

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』第3話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『黒革の手帖』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

白い玄関
山田波子を演じる仲里依紗さん、そして中岡市子を演じる高畑淳子のお二人の演技力に圧倒されながら、「この一件が解決したら二人の出番はなくなるのかな」と少し残念に思っていたところなのですが、どうやら今後も出番があるようですね。

更には、お二人だけでなく第1話で滝藤賢一が演じていた銀行員も再登場して元子に復讐を試みるようでもあります。

この豪華な俳優陣が「黒革の手帖」の大きな魅力だと思うので、元子に脅された者達がまた彼女の下に現れて復讐を……

といった感じで登場人物達が簡単にリタイアしないのは嬉しいところです。

今後もバチバチとやり合ってほしいですね。

ペンネーム:白い玄関(30代・男性)

ももな
2話であっさりナミコは存在が終るのかと思っていましたが、カルネに乗りこんできた所で終りました。今後ナミコが復讐に行動を変化させる事になるんだろうなと予想されます。

又、お金の強奪は院長先生で終る事が無いと思います。

他の主要なクラブに通うお客さんでお金を不正に隠し持っている人はターゲットになるのだと思います。

又、元子は恐らく安島と恋に落ちると思います。恋に落ちないにしても安島が好意を抱くと思います。

元子はそんな感情に流されず出来れば、利用する位の自分本位の女であって欲しいと思います。

プッと出のホステスに荒されるクラブの経営は大変だなと思いました。

ペンネーム:ももな(30代・女性)

yuki
3話では波子と元子にお金を奪われた銀行側が仕返しを図ってきそうです。

その二人と病院長がグルになって元子を貶めるようになにか仕掛けてくると思います。

うまく避けながら元子は乗り越えると思いますが大ピンチになったところで安島さんが元子を助けて、二人は秘密を共有して強い何かで結ばれるのではないかと思います。

次回も元子のしたたかな対応で周りにガツンとダメージを与えてくれることを期待したいです。

元子が捕まるか逃れるかギリギリのところでやっているドキドキ感が楽しみです。

また、安島との恋愛模様にも期待したいです。

ペンネーム:yuki(20代・女性)

もりもり
楢林から金をゆすり、波子の店への資金援助を阻止した元子。

彼女が黒皮の手帳を武器に、持ち前の頭の良さとしたたかさで、どのようにのし上がっていくのかが楽しみです。

波子とのバトルも一層激しくなりそうであり、夜の街で繰り広げられる女たちの闘いからも目が離せません。

男の弱みを握って高みを目指す元子を憎む敵も多く、今後数々の危険が待ち受けているであろう過酷な展開が予想されます。

しかし元子には汚い男たちや権力に屈せず、逞しく美しく夜の街を生き抜いて、いつか頂点に立ってほしいと願ってしまいます。

元子がこの先、女性として、どのように成長していくのかも楽しみです。

ペンネーム:もりもり(30代・女性)

M&R
波子がすべて失って終わったので、第3話では元子が今度は仕返しされるのではないかと思いました。

そして、一番気になるあの黒革の手帖ですが、誰の事まで詳しく書かれているのかなと思います。

毎回あの手帖に頼ることで恨みもいろんな人から買うことにもなると思います。

なので、そこが一番はらはらするところだと思います。

しかし、それによって助かる人もいるので、正義の味方的部分も少し感じますし、見ていてスッキリします。

一番楽しみなシーンは、武井咲さんの衣装や髪型です。毎回きれいでドラマの中でもおしゃれだと思います。

3話も楽しみです。

ペンネーム:M&R(30代・女性)

まる
武井咲さんが、秘かに心の支えにしている様子の江口洋介さんに縁談の話があり、今後、どんなふうにドラマにかかわってくるのか気になります。

お相手は、江口のりこさんだったので、何らかの形で武井咲さんのお店にくることになるのか?

また、もともと武井咲さんがお世話になったお店のママの真矢みきさんも、ちょくちょくお店に来られるので、それも楽しみにしています。

やはり、銀座のママという貫禄と風格を感じます。

武井咲さんは、時々、やっぱり若いなと思うところがあるので、これから貫禄と風格が見えてくることを楽しみにしています。

ペンネーム:まる(30代・女性)

さわ
今後1番楽しみなのは、元子がどのような大胆な行動に出るかです。

元子は人を脅してお金を得たり、自分の願望のために手段を選ばないところがあるので、一般的には悪女になると思いますが、元子が悪事を働く相手は必ず悪人でした。

なので、元子は悪人を征伐するような印象を受けます。

これからどんな悪人たちを脅していくのか、とても楽しみです。

また、次回予告では、元子が以前働いていた銀行の幹部の人が出てきたので、この人がどんな行動に出るのか、また元子がどのような対応をするかが楽しみです。

銀座でママとしてのし上がっていくのはとても大変だと思いますが、クラブカルネが今後どのように成長して銀座で生き残っていくのか、期待大です。

ペンネーム:さわ(20代・女性)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』第3話 放送後の感想や評価まとめ

マロン

『黒革の手帖』第3話のストーリー解説

地方に飛ばされた村井亨のことろへ山田波子が訪ねて、原口元子の現況を聞き訪ねて行くってところがあって、まさかお店に乗り込んじゃうなんて!

しかも安島富夫と勝手に相席して、いつママのやらかしたことを喋っちゃうのかハラハラしちゃいました。

しかも帰宅途中で2人から刺されるような場面があって、本当に刺されちゃったのかと思っちゃったら実は空想だったっていう…。

ママが刺されることはなかったけど、私を殴って下さいって言って平手うちされて…

結局、村井亨にネクタイで首絞められちゃうなんて。

いいタイミングで安島富夫が助けに来てかっこよかったです。

『黒革の手帖』第3話の感想

武井 咲の悪女ぶりが意外にもはまってて、迫力もあるし見てて飽きない!

ちょっとした動きにも気を使っているのか、指先もキレイに揃えていたり綺麗に見えます。

ママが襲われてる時に、いいタイミングで安島富夫が助けに来てかっこよかったです。乱闘になるのかなと思っていたら、乱闘にならず警察に電話し出して、ママが慌てて電話を切っててあからさますぎだなって思っちゃいました。

そんなことしてら、安島富夫にバレちゃうちゃんってハラハラしながら見てました。

しかもどこかに連れて行って下さいって、これからどんな風に絡んでいくのか気になっちゃいます。

ペンネーム:マロン(20代・女性)

れれたん

『黒革の手帖』第3話のストーリー解説

波子の恨みが恐ろしすぎます。

波子役の仲里依紗さんの演技がすごいです。

前回のドラマの役柄からは全く変わって、すごく激情型のキャラクターを演じています。

最初はおとなしそうなキャラクターだったのに、派遣から夜の世界に転職してから波子は変化してしまいました。

その女の変わり身が怖かったです。

最初は仲が良かったのに、波子と元子との仲も変わってしまいすごく残念に感じます。

今後も元子と波子の戦いも続きそうな予感がします。

二人の戦いにいつ決着がつくのか見逃せない展開になってきました。

夜の世界は女同士の戦いもかなり熾烈を極めます。

『黒革の手帖』第3話の感想

波子の復讐が怖すぎます。

元子に自分の店の出店を阻まれて、恨みをはらそうと画策しています。

元子が波子に追い詰められそうですごく心配です。

そんな中、元子と安島は急接近します。

また、元子が銀行からのトラブルで恨んでいる輩が訪れます。

そんな人が店に訪れて元子はかなりピンチを迎えます。

元子がピンチを迎えて、ドキドキハラハラしながらその光景を観ていました。

この人物の登場がクラブカルネに今後影響していきそうな予感がします。

元子にはこのまま負けずに夜の世界で輝いていてもらいたいです。

夜の世界は争い事ばかりで怖くなりました。

ペンネーム:れれたん(30代・女性)

ここな

『黒革の手帖』第3話のストーリー解説

店の開店を邪魔されたナミコは元子を敵視するようになります。

まずは、どの様にして一端の派遣会社員が銀座に店を構えたのか情報を得ようとします。

東林銀行の松井を訪れ、情報を取ろうとしますが、彼はそれに応じません。

ナミコは元子の店を松井に教えます。店の営業中に押し掛け、妨害めいた態度を取ります。

楢林クリニックの院長は愛人の中岡市子が居なくなり、お金もなくなりすっかり意気消沈しています。

元子のそそのかしで中岡市子はエステサロンを経営しようと計画を立てます。

それでも楢林が気になり、クリニックに訪れたりします。そして院長も中岡を求める様になります。

中岡は元子の元に行き、エステサロンの経営は無かった事、退職金を院長に返金する様に求めます。

元子のお金への執着や幸せを否定します。

そんな中、松井の上司が左遷先で他界します。そんな事を聞いても元子は眉ひとつ動かしません。店の営業時間外に松井は乗りこみ、元子に金銭の要求、殺人未遂を犯します。

丁度、安島が訪れた事で命は取り留めますが・・・。安島に警察に連絡されたくない元子を少し訝しがられるに至ります。

元子はお金に勝ちたいと正直な気持ちを打ち明けます。そして、その為には次のターゲットが必要です。

上星ゼミナールに理事、橋田がその対象になります。

『黒革の手帖』第3話の感想

松井が出てきた事でナミコとは違った恐怖心が出てきます。

策略に富み、何でも思い通りの元子だと思っていましたが、やはり中身は人間。

そんなに上手くはいかない現実を見せられました。

松井は本当にお金に取り憑かれていると感じました。

自分のやっていた事は棚に上げながらも元子の成功は許容する事ができません。

しかし、確かにそれもそのはずです。松井達がした事は直接そのお金を自分のポッケに入れる事が出来た訳ではないからです。

そう思えば、元子への態度も分かる事が出来るかなと思います。

ナミコ、松井、そしてもしかしたら先生等も今後、元子の敵になるのではと考えるともっと他のやり方の方が賢明なのではと思って仕方ありません。

ペンネーム:ここな(30代・女性)

やすく

『黒革の手帖』第3話のストーリー解説

波子がカルネに乗り込み、グラスを投げつけて元子にどうやって店を開く金を用意したのかと聞く。元子は答えずに波子を追い出す。

波子はカルネのプレートをぶっ叩いて元子への復讐を誓う。

安島は亡くなった議員の地盤を継ごうと立候補したその妻に対抗するため政略結婚をしようとしていたが、今一その気になれない。カルネで元子に自分の生い立ちを話し、元子も自分の生い立ちを話す。

そこに波子から元子の居場所を聞きつけた銀行時代の上司・村井が店に来て、元子に金を貸すよう要求する。

一方市子は元子に金を返しに来て、元子は本当の女の幸せを知らないと言う。

また店に来た村井に首を絞められそうになったところを安島に助けられる。

そんな安島に、元子は『銀座でいちばんの店のママになりたい』『金に勝ちたい』と話すのだった。

面白かったポイントは、武井さんと江口さんの大人な色気のあるシーン。

『黒革の手帖』第3話の感想

最初の店での橋田とのシーンなどを見て、元子はママとして貫禄が出てきたなと思った。

安島とのシーンは大人っぽくて色気があり、ドキドキした。金持ちばかりを相手にする世界で、辛い生い立ちを背負った安島と元子が惹かれ合う様子が良く伝わった。

また、高畑淳子と武井咲の対峙シーンも見応えがあった。市子が自分の信念や価値観を元子にぶつけるが、元子は鼻で笑って流す。しかし、市子の言葉も心に残るものがあった。

人の幸せ、女の幸せとは何かを考えさせられた。

仲里依紗も感情むき出しの演技が良かったと思う。

滝藤賢一はまさにストーカーでかなり怖かった。

ペンネーム:やすく(30代・女性)

葉月

『黒革の手帖』第3話のストーリー解説

元銀行の次長が店に無理矢理押し寄せ元子を脅すが元子は屈しないで席を離れ追い返すようにします。

後日また元子しか居ない店に現れ持ち込んだ酒を元子にひっかけ、怒鳴り散らしながら今度はネクタイで元子の首を絞めようと…

そこに秘書が現れ間一髪助けられましたが、警察に電話したところ元子は警察には届けない。と言って事情を話せないままいました。

お互い惹かれあっているようにも思いますが、元子はまだお金にしか信用出来ないでいるように思いました。

元子は老舗のクラブ「ロダン」がどうしても欲しく次のターゲットを決めました。

その次のターゲットは進学塾の理事長です。

『黒革の手帖』第3話の感想

秘書は元子に惹かれているように思いますが政治家になるため好きでもない相手とお見合いをする事に。

相手も政治家になるための仕方ない結婚と分かっていて素っ気ない態度しか出来ません。事実、政略結婚です。

政治家になるためにはどうしようもない事なのかな?と思いました。

色々な事が入り乱れ交錯していくように思います。秘書は元子には何でも飾らず話せる相手だと思いますが元子はまだ100%信用出来ないでいるように思います。

初めて「黒革の手帖」を観た時とはストーリーが少し違いますが今回のも毎週楽しみにしています。

今後の展開にも注目です。

ペンネーム:葉月(50代・女性)

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』見逃し動画を無料で見る方法は?

『黒革の手帖』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『黒革の手帖』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『黒革の手帖』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

4話以降も各話の情報を随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『黒革の手帖』第4話(次回)の感想やあらすじはこちら

ドラマ『黒革の手帖』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA