黒革の手帖(2017)3話ネタバレ。村井(滝藤賢一)が暴走!武井咲に貫禄も

  • この記事を書いた人:Keiji

武井咲さんの演じる悪女は大丈夫なのか・・・

先代の女優さん方に心配されるなか、見事に独特の悪女を演じているのではないでしょうか。

ドラマの展開はスピード感がありながらも、自然に入り込めるようになっており、割と見やすい物語となっております。

前回に引き続き波子(仲里依紗)暴走で今回もトラブルの予感満載ですが、元子(武井咲)がどんな仕返しをするのか、楽しみです。

元子の100倍返しに期待しつつ、ドラマ『黒革の手帖』3話のネタバレと感想をお送りします!

スポンサーリンク

ドラマ『黒革の手帖』3話のネタバレと感想

店で怒りを爆発させる波子。しかしまだ怒りが収まらないようで、銀行で何があったのかを探る。

支店長を誘惑して話を聞き出そうとするのでした。女の闘いが勃発といったところでしょうか。それにしてもキャラが変わりすぎですね。

一方元子は、安島(江口洋介)とお店で語らう。過去の話に花を咲かせ、安島が政治家になったきっかけや元子の父親について話す。

しかしそんななか、突然登場したのは、銀行の次長、村井(滝藤賢一)だった。

ふてぶてしい態度で登場した村井は、金を貸してくれと願い出る。あなたに貸すお金はありませんときっぱり断る元子でしたが、これがさらに恨みを買うことになるのです。

銀行関係のことは、もう少し後になるかと思いましたが、意外に早く登場しましたね。

夜道を歩く元子。波子と村井に追われ、刺される・・・という夢を見ます。目が覚めた元子に、村井から電話かかってきます。

銀行の支店長が亡くなったとの報告でした。葬儀に出ろと言われるも、これを断る元子。突然インターホンが鳴り、やってきた人物は中岡市子(高畑淳子)でした。

市子は、前回元子と一緒に奪ったお金を返しに来たのです。お金に対して異様な執着を見せる元子に対して、今本当に幸せ?と問いかけました。

エステサロンの提案も、物件の紹介も全て断った市子は、元子とは違う道を歩むため決別しました。

場面は変わり、閉店後の店に村井がやってくる。葬儀に来なかった元子に対して、ありったけの怒りをぶちまけるものの、元子は意に介さない様子。

しかも慰謝料代わりに金をよこせと今度は強引に迫る。怒り狂った村井は、ネクタイで元子の首を絞める!危機的状況に現れたのは・・・安島でした。

間一髪のところで救われた元子は、それでも警察には通報しないでと徹底して拒否する。

お金に興味がない安島と、お金が何より大事と考える元子。

正反対の考えを持つ二人だが、互いに興味を持つようになっていくのでした・・・

そして次の標的を、借名口座を持つ橋田(高嶋政信)に定めました!

ドラマ『黒革の手帖』第2話(前回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『黒革の手帖』第4話(次回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『黒革の手帖』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『黒革の手帖』3話に対するネットの反応は?

今回もテンポよく進み、順調に悪女街道を進む元子でしたが、ここでネットの反応を見てみましょう!

彼もまた人物崩壊がすごいですね。元々悪いことをしていたので自業自得といえばそうなんですが・・・

でも元子の言う通りそこそこのお給料もらっているのだから十分幸せと言えるでしょうね。

テンポが速いので見逃し厳禁なドラマです!一話で人物が豹変しますからね。俳優さんも切り替えに大忙しですが、次回も楽しみです!

2017年夏ドラマ『黒革の手帖』見逃し動画を無料で見る方法は?

『黒革の手帖』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『黒革の手帖』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『黒革の手帖』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『黒革の手帖』4話あらすじ

銀座のクラブの最高峰である『ルダン』が売りに出されると耳にした原口元子(武井咲)。売り値は3億とも言われるその店舗を是非とも手に入れたいと考える元子は、黒革の手帖を捲りながら次なる一手に思いを巡らせる。

そんな中、元子は上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)から一泊二日の温泉旅行に誘われる。安島富夫(江口洋介)と元子の仲を疑う橋田は、『カルネ』に居合わせた安島を牽制するように旅行の話を。元子が返答に窮していると、長谷川庄治(伊東四朗)が来店する。長谷川の来店を知った橋田は大慌て。実は橋田は長谷川から、あまり気乗りしない案件を持ちかけられていたのだ。

後日、橋田とともに料亭『梅村』を訪れた元子は、そこで安島と婚約者の堂林京子(江口のりこ)と鉢合わせする。安島を気にする元子の様子に嫉妬心を掻き立てられた橋田は、元子を無理矢理自分のものにしようと…!?

数日後、『梅村』の仲居、島崎すみ江(内藤理沙)が『カルネ』で働きたい、とやってくる。

一方、橋田から大金を奪い、その金で『ルダン』を買い取ろうと考えていた元子は、ある計画を実行に移す!

公式サイトから引用)

まとめ

今回波子の活躍に期待していたのですが、あまり動きはありませんでした。

元子がなぜお金に対し、異常な執着を見せるのかが本当の意味で明らかになってきています。それと正反対の考えを持つ安島と、次第に惹かれあっていくのですが、その片鱗が見えましたね。

少し自分の考えに対し、迷う元子が垣間見れてキャラが少しブレるように感じましたが、次はまた悪女っぷりを発揮するでしょう!

ドラマ『黒革の手帖』第2話(前回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『黒革の手帖』第4話(次回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『黒革の手帖』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA